2016年04月02日

My The Beatles TOP25

旦那様が2日連続飲み会、しかも深夜帰宅でむかつくので
こんな時間に好きな音楽を聴きまくっている。

久しぶりにPCのiTunesを開いたら、トップ25と言う項目があったので
眺めてみると私の再生回数の上位25曲が並べられていた。

全部ビートルズの曲だったので、以下、再生順に列挙してみようと思う。
※()内はアルバム名。
意識していないけど、結局私の好きな上位25曲ってことになるのかな。

1.If I Fell(A Hard Day's Night)
2.You're Going To Lose That Girl(Help!)
3.It Won't Be Long(With The Beatles )
4.Think For Yourself(Rubber Soul)
5.Nowhere Man(Rubber Soul)
6.The Word(Rubber Soul)
7.Don't Bother Me(With The Beatles )
8.Little Child(With The Beatles )
9.Not A Second Time(With The Beatles )
10.Day Tripper(1)
11.We Can Work It Out(1)
12.Eleanor Rigby(1)
13.All I've Got To Do(With The Beatles )
14.Till There Was You(With The Beatles )
15.I Feel Fine(1)
16.I'm Happy Just To Dance With You(A Hard Day's Night)
17.Can't Buy Me Love(A Hard Day's Night)
18.The Night Before(Help!)
19.I Saw Her Standing There(Please Please Me)
20.You Won't See Me(Rubber Soul)
21.In My Life(Rubber Soul)
22.All My Loving(With The Beatles )
23.Eight Days A Week(1)
24.Paperback Writer(1)
25.Penny Lane(1)


なんか上記によると、私が好きなアルバムは「With The Beatles」
「Rubber Soul」「1」あたりの様子。
posted by kaori at 01:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

理由もなく好きな曲

暗い気分の時は、さわやかな気分でリフレッシュしたくなる。
かる〜い調子のモーツァルトだけど、たまにはこんな短調も良い。
聞いてみると、軽い中に暗さが合って今の私の心境なのかも。

posted by kaori at 21:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

花のワルツ

今日は珍しく日曜日にお花のレッスン。
いつも癒されるBGMがかかっているのですが、
レッスンも終わりかけの頃、チャイコフスキーのバレエ曲
「くるみ割り人形」の「花のワルツ」が流れました。

思わず踊りたくなるようなその調べは、私の好きなクラシック曲の一つです。
この曲の中で好きなのは、途中でちょっとマイナーになるところ。
でもまた明るい調子に戻るので後味が良いのがまたいいところです。

私の今の気持ちは、まさにこの花のワルツの主旋律そのもの。
なぜかというと、それは多分・・・『春』がやってきたから。

posted by kaori at 19:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

たまにはクラシックでも

先日真央ちゃんの感動的なソチオリンピックのフリーの演技を見て
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番が聴きたいな〜と思っていたら
iTunesの曲リストの中に2006年にインストールしたのがあった!

深みがあっていいですね。ロシアの曲。
夜に聴くのにちょうどいいかも。
そのままいろんなクラシックの曲を聴いていたけれど、
モーツァルトは明るすぎて軽すぎて夜に聴く雰囲気ではなかった(^_^;)
やっぱりモーツァルトの曲は朝が似合う!

子供の頃、父がよく聞いていたラジオ番組「朝のバロック」を
聞きながら朝食をとっていたことを思いだす。
パンを食べながらモーツァルトの曲を聴いているととても似合ったんだけど、
納豆にご飯に味噌汁でクラシックって・・・似合わないと思ってた。

今はバッハのブランデンブルク協奏曲を聴きながら書いている。
子供の頃はこの曲を聴きながら年賀状を書いていたことを思いだす。
あまり好きではなかったけれど、今聞くといい曲。
歳を重ねてわかる良さなのかな?
posted by kaori at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー

飼い主様に連れられてポールの東京ドーム公演の最終日に行ってきました。
後楽園は私の職場から近いので、定時ダッシュで間に合いました。
ところが、後楽園駅は大混雑!一体、何万人のお客さんが来ているのでしょうか。

私はこんなに大がかりなコンサートは初めてだったので、あまりの人に驚きました。
東京ドームでの公演も初めてでした。
S席だったけれど、ポールは小さくしか見えなかったので双眼鏡とモニターで見ました。

ビートルズの曲は全部わかるけれど、ソロとウィングスの曲は知らなかったので
ちょっと前から通勤時に聞いて予習していました。
おかげさまで楽しむことができました。

ビートルズの曲は今までコピーバンドしか聞いたことがなかったから
本物をライブで聴くことができて、本当に感動しました。
ポールは歌も楽器(ベース、ギター、ピアノ)も上手いですね!
ソロやウィングスの曲もとても良かったです。

日本語も結構話してくれたし、英語はモニターに字幕が出るので理解できます。
みんなで歌ったりして楽しかったな。
アンコールの後は、周りは赤くて光る棒を持って前後左右に振っていました。
会場が赤い光で染まってとってもきれいだったー!!
でもなぜか私は棒をもらえず、、、残念。

照明効果も派手だったし、(定番らしいけれど)炎も噴き出したし、
演出も豪快でした。最終日と言うこともあり、会場は大盛り上がりでした。

<2013年11月18日 東京ドーム セットリスト>
1. 「Eight Days A Week」 (ザ・ビートルズ)
2. 「Save Us」 (新作『NEW』収録)
3. 「All My Loving」(ザ・ビートルズ)
4. 「Listen To What The Man Said」 (ウイングス)
5. 「Let Me Roll It」(ウイングス)
6. 「Paperback Writer」 (ザ・ビートルズ)
7. 「My Valentine」 (ソロ)
8. 「Nineteen Hundred And Eighty-Five」 (ウイングス)
9. 「The Long And Winding Road」 (ザ・ビートルズ)
10. 「Maybe I'm Amazed」 (ソロ)
11. 「I've Just Seen A Face」 (ザ・ビートルズ)
12. 「We Can Work It Out」 (ザ・ビートルズ)
13. 「Another Day」 (ソロ)
14. 「And I Love Her」 (ザ・ビートルズ)
15. 「Blackbird」 (ザ・ビートルズ)
16. 「Here Today」 (ソロ)
17. 「NEW」 (新作『NEW』収録)
18. 「Queenie Eye」 (新作『NEW』収録)
19. 「Lady Madonna」 (ザ・ビートルズ)
20. 「All Together Now」 (ザ・ビートルズ)
21. 「Lovely Rita」 (ザ・ビートルズ)
22. 「Everybody Out There」 (新作『NEW』収録)
23. 「Eleanor Rigby」 (ザ・ビートルズ)
24. 「Being For The Benefit Of Mr. Kite!」 (ザ・ビートルズ)
25. 「Something」 (ザ・ビートルズ)
26. 「Ob-La-Di, Ob-La-Da」 (ザ・ビートルズ)
27. 「Band On The Run」 (ウイングス)
28. 「Back In The U.S.S.R.」 (ザ・ビートルズ)
29. 「Let It Be」 (ザ・ビートルズ)
30. 「Live And Let Die」 (ウイングス)
31. 「Hey Jude」 (ザ・ビートルズ)
32. 「Day Tripper」 (ザ・ビートルズ)
33. 「Hi, Hi, Hi」 (ウイングス)
34. 「Get Back」 (ザ・ビートルズ)
35. 「Yesterday」 (ザ・ビートルズ)
36. 「Helter Skelter」 (ザ・ビートルズ)
37. 「Golden Slumbers」〜「Carry That Weight」〜「The End」 (ザ・ビートルズ)


当日の様子は、ここのレポートがとても詳しいです↓
http://blog.kouchu.info/2013/11/Paul20131121.html
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

Another Day

今週はポールのライブに行けるので、Beatles以外の曲を予習しています。

ベストアルバムを聞いていましたが、私が一番好きだと思ったのは
ソロとしての最初のヒット曲「Another Day」です。
メロディがきれいなので好きですが、歌詞も良いです。

一人暮らしOLの悲哀というか…あ〜わかるわかるという感じです。
私も今朝、この歌に出てくるような夢を見ました。
(そして驚きのあまり、目が覚めました。)

「Another」 の意味は「もうひとつの」だと思っていましたが、
ここでは「いつもと同じ」という意味のようです。
一時期、私も毎日が同じことの繰り返しでつまらないな〜と
思っていたことがあったので、当時の思いと重なりました。

posted by kaori at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

オリビアを聴きながら

杏里の歌のように、今日は昼間から「オリビア」こと
「オリビア・ニュートン=ジョン」を聴いていました。
別に失恋したわけではないけれど・・・。

5月にぴったりな爽やかな曲が多いですよね。
気持ちが軽やかになります。
涼しい風が心の中を吹き抜けていくかのようです。
失恋の時に聴くと慰められるっていうのがよくわかります。

一番有名なのは「Have You Never Been Mellow」ですが、
「Goodbye Again」も好きです。
アルバムだけに入ってる曲のようですね。

最近は30年くらい前の洋楽にはまっています。
この辺りは私好みの曲が多いです。
posted by kaori at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

RAIN

今日はビートルズのコピーバンドで、ブロードウェイでも公演したという
「RAIN」のライブショーを見に、渋谷の東急シアターオーブへ行って来ました。

14時から約2時間の公演でしたが、「エド・サリバン・ショー」
→「シェアスタジアム」→「フラワームーブメント」→
ラストアルバム「アビイ・ロード」までを時代を追って再現していて
衣装なども本物そっくりで大変見応えがありました。

何よりもジョンやポールの声や歌い方、喋り方がよく似ていました。
演奏の仕草などもとても似ていて面白かったです。
新しく大きな会場でしたが、ほぼ満席だったのではないでしょうか。
照明の技術も、立体感があってとても綺麗でした。

今年の10月に「ラブ・ミー・ドゥ」のデビューから50周年を
迎えたビートルズですが、今年はいろんなイベントが全世界で行われているようです。

私はビートルズのリアルタイムを知らない世代ですが、
このような形でライブを見ることができて嬉しかったです。
真ん中のちょうどいい席で見ることができたので、
2ヶ月前から予約しておいてよかったです(^^)

■レイン ービートルズに捧ぐ
http://www.rain-in-japan.com/index.html
posted by kaori at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

似ている曲

昨日に続き、「似ている」シリーズ第二弾です。

帰りの電車の中で、最近はまりつつあるネットラジオを聞いていました。
NHK-FMのアルバムの2曲目の曲を紹介するという番組でした。
70年代から80年代前半の洋楽が中心だったのですが、
Billy Joelの「The Stranger」を聞いていて
何かの曲に似ている・・・と思っていたら、
西城秀樹の「ギャランドゥ」にすごく似ていると思いました。





あと同じくBilly Joelの「Uptown Girl」は、
KANの「愛は勝つ」に似てますね!!





両方とも古い歌ですが・・・
洋楽に影響を受けてるってことですね。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

象牙海岸

今日は朝から竹内まりやの「象牙海岸」が頭から離れず、
お花のレッスンからの帰り道にも小さい声で歌っていた。

メロディもいいし、歌詞もいいよね。
夏にドライブに行ったら聴きたいわ〜。
というか、車も持ってないし、しばらく運転してないんだけどね。



先日、ある食品に不備があったため、今後は注意してくださいと
メールで伝えたところ、今日の午後、メーカーの人がわざわざ自宅まで来てくれて、
商品の代金とお詫びの品を届けてくれた。
悪いのはもちろんメーカーの方だけど、消費者に丁寧に謝罪し、
今後再発防止に努めるという前向きな姿勢も感じられたので、
私には怒りの気持ちはなく、むしろ好印象を受けました。

私は不快な気持ちにはなったものの、クレームというほどのことは言ってないけれど、
特に食品業界は、品質管理をしっかりしてもらいたいから、お客様の声を大事にして
今後は不備のないようにがんばってもらいたいと思います。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

February 4=?

February 4=

・・・「ビートルズの日」!!

ビートルズの愛称「Fab4」=Fabulous(すてきな、すばらしい) 4(人組)にちなんで、
February 4である本日はビートルズの日だそうです。

2年前の春から聞き始めたビートルズですが、今ではすっかりはまってしまい
全ての曲を何度も聴いているほどのファンです。

どの曲が一番好きか?どのアルバムが一番好きか?と聞かれても困るのですが、
私はどちらかというとジョンが作った曲が好きなのかもしれません。
ちょっとマイナーなメロディーが好きなので・・・。

ビートルズの曲で有名なのはやはり「Yesterday」「Let it be」あたりでしょうか。
CMやTVのBGMにも使われているので、皆さんも知らず知らずのうちに
ビートルズの曲を聴いていることだと思います。

例えば・・・

「Help!」⇒テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」オープニング
「Ob-La-Di,Ob-La-Da」⇒アサヒオフCM/ホンダステップワゴンCM
「All You Needs Is Love」⇒ドコモCM
「All Together Now」⇒バドワイザーCM
「Across the Universe」⇒三井不動産レジデンシャル
「Magical Mystery Tour」⇒Apple CM/三菱自動車CM
「Hello Goodbye」⇒公文CM

などなど。

以前はCMにはカバー曲しか使えなかったようですが、
2008年より原曲使用ができるようになったそうです。

他にもいい曲はいっぱいあります。
私が最近好きなのは、アップテンポの曲やロック調の曲です。

「Please Please Me」
「All My Loving」
「I Feel Fine」
「And Your Bird Can Sing」
「Dr.Robert」
「Hey Bulldog」
「Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey」

こういう曲を聴いていると踊りたくなります。
家で聴いているときはタテ乗りしてます。(笑)

機会があったらいろんなアルバムを聴いてみてください。
ジャケットも古さを感じさせないデザインです。
iTunesでもDLできるよ。(Appleのまわしものじゃありません)

posted by kaori at 12:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

カーテンコール

今日は今年初めてのフラワーアレンジメントのレッスンに行ってきました。

作品は雪柳を使った春らしいアレンジでした。
とても大きく、豪華な作品ができて満足です。
私の部屋の一角だけがレストランか結婚式会場のようになっています。

教室ではいつもイージーリスニングの曲が有線で流れています。
古今東西のインストゥルメンタルの曲でとても落ち着きます。
私の好きなビートルズの曲もよくかかります♪

聴いていて『いいな』と思った曲はその場でノートに時間を書いておき、
レッスンが終わった後で、有線へ曲の問い合わせをしています。

今日も前から『いいな〜』と思っていた曲があったので、忘れないうちに時間をメモ。
帰宅してから問い合わせをしたところ、やっと曲名がわかりました!!

それがこちらの「カーテンコール」。
1996年リリースのGLAYのアルバム『BELOVED』に入っている曲ということです。
私は当時流行っていたGLAYを聴いていなかったので、今日原曲を初めて聴きました。

ご存知の方も多いかもしれませんが、とてもきれいでいい曲です!
ピアノで弾きたくなるような、美しいメロディラインです。



▼カーテンコール(Wikipediaより)
作詞・作曲:TAKURO
この曲の原型はTAKUROが中学生のときに出来ており、YOSHIKIに絶賛されたといわれている。
ベストアルバム『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』にも収録されている。

Wikipediaで調べたところ、GLAYの曲を作曲しているTAKUROはビートルズが好きなんですね。
割とアップテンポの曲が多いと思っていたけれど、このバラード曲はとても心に響きました。
今までちゃんとGLAYを聴いたことはなかったので、今度ベストアルバムを借りてみようと思います。
posted by kaori at 20:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

Finger Piano

実家に帰ると、パソコンの使えない母がiPad2を片手にインターネットをしていた。
すぐに起動できるし大画面のタッチパネルで操作できるので、
タイピングのできない母にも操作が簡単にできるようだ。

母が使っているのは、インターネットの他に、マップを見る程度。
いつも新聞の日曜版で「数独」を楽しんでいたので、
無料のアプリをダウンロードした。
すると、使い方をすぐに覚えて楽しんでいた。

次に、ピアノ演奏のアプリもダウンロードしてみた。
この『Finger Piano』というアプリ、クラシックの曲なら100曲以上楽しめる。
好きな曲を選ぶと、音ゲーのように、鍵盤のナビゲーターが出てきて
その通りに鍵盤を押すと、音が鳴って曲を弾けるようになっている。

こんなかんじです↓


私も何曲か試してみたが、有名な曲を弾くことができてとても楽しい♪
バッハのようなバロックもいいし、ドビュッシーのような幻想的な曲もいいけれど
アメリカ民謡やイギリス民謡は懐かく温かいメロディーで、
口ずさみながら弾くことができる。
ビートルズの曲もあったらいいのにな〜。

このアプリがとても楽しかったので、なんだかこのアプリのために
iPadがほしくなってきた・・・!!
そのためには、WiFi環境を自宅に備えないとね。。。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

Piano Concerto♪

小学生の頃、朝起きて1階に降りると、父がステレオの前で新聞を広げていた。
大きなスピーカーからは、NHKラジオのバロック音楽が流れていた。

父の好きなバッハのチェンバロの曲もよく流れていたけれど、
私は朝に聴くモーツァルトの曲が明るい雰囲気で好きだった。
苦手な体育のある日でも、気持ちが少し軽やかになった。

先日、フィギュアスケートを見ていたら、私の好きだった
モーツァルトのピアノ協奏曲第23番第2楽章が流れた。
これは朝に聴くよりも夜に聴くイメージだけど・・・。
子供の私はこの曲を聴くと勝手に『外国のお葬式』を思い描いていた。

子供の頃にこんなにきれいな曲を聴けたことはとてもいい経験だった。
他にもバッハ、ショパン、チャイコフスキー、ベートーベンなど
クラシック好きの父のおかげで、私は数々のいい音楽に触れることができた。
本人は教育とか全く意識してないだろうけど、私は感謝している。

こっちが第2楽章。『外国のお葬式(by kaori)』夜にお茶でもしながら静かに聴くといいよ。


こっちが第1楽章。『爽快な朝(by kaori)』朝食をとりながら聴くと爽やか〜!
posted by kaori at 22:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

In My Life

くしゃみと鼻水は落ち着きましたが、まだ鼻づまりと喉の痛みがあるので
今朝医者に行ってきました。
やはり喉が腫れているとのことで、薬を5種類もらってきました。
今日も早く寝て週末までに回復したいです。

仕事も緊急事態が発生し、その対応で一日が終わりました。
先週は自分の能力のなさに落ち込んだけれど、
他人と比べず、とりあえず自分のできる範囲でがんばらないとね。

少々疲れたので、こんな時はゆっくりした曲を聴きたい気分。
The Beatlesのアルバム『Rubber Soul』から『In My Life』をどうぞ。
この曲の間奏がバロック調で好きです。



In My Life / The Beatles (1965)

There are places I'll remember
All my life though some have changed
Some forever not for better
Some have gone and some remain
All these places have their moments

With lovers and friends I still can recall
Some are dead and some are living
In my life I've loved them all

But of all these friends and lovers
There is no one compares with you
And these memories lose their meaning
When I think of love as something new

Though I know I'll never lose affection
For people and things that went before
I know I'll often stop and think about them
In my life I love you more

Though I know I'll never lose affection
For people and things that went before
I know I'll often stop and think about them
In my life I love you more
In my life I love you more
posted by kaori at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

ピアノコンサートへ

今日は友人Sちゃんのピアノコンサートへ行ってきました。

2年前にSちゃんたちが作ったピアノサークルのコンサートだったのですが、
こちらのサークルのブログ作成について、私が協力したこともあり、
私もこちらのピアノサークルの運営を陰ながら応援していました。

久しぶりのピアノコンサート、とてもよかったです。
私は5歳から高校生までピアノを習っていたので、
ジャンルを問わず、ピアノの曲を聴くのが好きです。

ドビュッシーのアラベスク1番やシューマンのトロイメライなど
私の好きな曲も聴けてうれしかったです。
男性は力強く、女性は優しい弾き方だったように思いました。

ピアノの難しいところは、技術的なことはもちろんですが、
いかに音を感情的に表現するか、というところだと思います。

私がピアノを習っていた頃は、よく先生に『もっと歌うように』と言われました。
この『歌うように』弾くというのが私には難しかったです。
これは感覚的なところなので、その人のセンスによるところも大きいです。

今習っているフラワーアレンジメントでも、先生が『雰囲気を生ける』
『凛と見えるように』というようなことを言います。
これも感覚的なところなので、頭で理解するのではなく、
感覚で覚えるしかないのですね・・・。ピアノと通じるところがあります。

絵も同様。私は水彩画や油絵、色鉛筆画も習いましたが、
技術的なところまでできたとしても、あとは「感覚」なんですね。
やはり、こちらもその人が持つ「センス」によるところが大きいです。

だから、芸術はどんなものでも、
「その人がどう生きていたのか、どういう個性を持つのか」によって作品が変わります。
同じものを創ったり演奏したりしても、全く同じものはないです。

その人の人生観や性格が色濃く出るから、
「世の中でたった一つの自分の作品」なのです。

ピアノの演奏にもそれがよく表れていました。
私が今、子供の頃に発表会で弾いた曲を弾いたとしたら、
いったい、どんな演奏になるのでしょうか・・・。

P.S ピアノサークル2周年おめでとう!今日はSちゃん、お疲れ様でした!!
posted by kaori at 21:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

Goodbye To Love

あー今日も忙しい一日だった。
仕事以外に特に話題もなし。

てなわけで、昨日の夜に何度も聴いたカーペンターズから
私の好きな曲を紹介します。

『Goodbye To Love』(邦題:愛にさようならを)です。
短大時代に語学留学先の英会話学校で『Top Of The World』を覚えてから
カーペンターズが好きになって、何度もベストアルバムを聴いていました。
大学に入ってから入ったGFDCでもカーペンターズの曲が2曲も踊れて
とてもうれしかったのを覚えています。



この曲、歌うとかなり体力を消耗します。
なぜならフレーズにとても長いところがあるからです。
でも、それを美しい声で歌うカレンは本当に素晴らしい!です。

バラードですが、間奏と最後のギターソロがロックっぽくてかっこいいです。
詩も悲しいけれどいいですね。この詩を見ていたら、誰かのことを思い出しました。
大学時代の私はこの曲を聴いて、いったいどんなことを考えていたのでしょうか…。

Goodbye To Love

I'll say goodbye to love
No one ever cared if I should live or die
Time and time again the chance for love has passed me by
And all I know of love is how to live without it
I just can't seem to find it

So I've made my mind up
I must live my life alone
And though it's not the easy way
I guess I've always know

I'd say goodbye to love
There are no tomorrows for this heart of mine
Surely time will lose these bitter memories
And I'll find that there is
Someone to believe in and to live for
Somthing I could live for

All the years of useless search
Have finally reached an end
Loneliness and empty days will be my only friend
From this day love is forgotten
I'll go on as best I can

What lies in the future is a mystery to us all
No one can predict the wheel of fortune as it falls
There may come a time when I will see that I've been wrong
But for now this is my song

And it's goodbye to love

I'll say goodbye to love
posted by kaori at 21:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey

朝からこの曲が頭から離れない。



ホワイトアルバム2枚目に入っている曲で、私はこの曲を昨年の今頃だっただろうか、
今は休業中のビートルズのライブハウス『キャバーンクラブ』で聴いた。

初めて聴いたときは、にぎやかで軽い感じの曲だな〜。
あまり好きになれない・・・それよりもこの曲の次の
『Sexy Sadie』の方が好きだなぁと思った。

ビートルズの曲では一番長い曲名だそうだ。
歌詞の内容はジョンが自分とオノ・ヨーコの事を歌ったもので、
「自分とオレの猿(日本人?)以外はみんな何か隠してやがるぜ」
という意味である。

よくわからん歌詞だけど・・・。
聴いているうちにだんだん好きになってきた。
特に『Everybody's got something to hide except for me and my monkey.』
のところは最高!!!一緒に歌うとかっこいいし、気持ちがスッキリする!

この歌のタイトルを見ていると、高校の時に流行ってたミスチルの
『everybody goes』を思い出すんだよね・・・。
歌詞は全然違うけど、なんとなく似ていると思うのは私だけだろうか?

posted by kaori at 21:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

NO REPLY

雨がザーザー降っていたけれど、急に思い立って六本木へ。
数か月ぶりにビートルズのライブハウス「Abbey Road」へ行ってきた。

平日だというのに1st stageから3rd stageまで満員。
2nd stageでは、誕生日に加えて、なんとプロポーズがあってびっくり!
お祝いの曲として『All you need is love』がプレゼントされたよ!!
お二人ともとても幸せそうでした黒ハート

この「Abbey Road」、本当は「3.11」の夜に行くことにしてたんだよね。
ところが電車も止まるし、電話もつながらないしで、結局中止になった。
あれからすごく行きたくて行きたくて、ほんっとーーーーーに行きたくて!!
そんで我慢できなくて、昨日行ってきちゃった(ノ´∀`*)

行こうかどうしようか、実は迷ってたんだけど・・・。
でも、思い切って行ってよかった!
最後のステージまで聞いていたかったけれど、
次の日も仕事だから4th stageの途中で帰った。無念・・・。

iPodで聴くのと、ライブで聴くのとで、印象が変わる曲が結構ある。
今日よかったな〜と思ったのは、『No Reply』
『If I were you I'd realize that I…』のところが特にいい!



----------------------------------------------------------
No Reply

This happened once before
When I came to your door, no reply
They said it wasn't you
But I saw you peep through your window
I saw the light, I saw the light
I know that you saw me
'Cause I looked up to see your face

I tried to telephone
They said you were not home, that's a lie
'Cause I know where you've been
And I saw you walk in your door
I nearly died, I nearly died
'Cause you walked hand in hand
with another man in my place

If I were you I'd realize
That I love you more than any other guy
And I'll forgive the lies
That I heard before when you gave me no reply

I tried to telephone
They said you were not home, that's a lie
'Cause I know where you've been
And I saw you walk in your door
I nearly died, I nearly died
'Cause you walked hand in hand
With another man in my place

No reply, no reply

------------------------------------------------------------
前にもこんなことがあった
君の家へ行ったのに 返事がなかった
うちの人は いませんよって言った
でも見たんだ 君が窓からのぞいているのを
部屋には明かりがついていた
君だって僕に気づいたはずだ
外から見上げたときに目が合ったんだから

電話をかけてみた
うちの人は君は出かけたって言うけど そんなの嘘さ
君は家にずっといたんだ
君がドアから入っていくのを見てたんだから
死にたいくらいだったよ
だって 君は僕の代わりにほかの男と
手をつないで戻ってきたんだから

もしも僕が君なら
僕以上に君を愛せる奴はいないと悟っただろう
前に居留守をつかって
嘘をついたことも許してあげただろう

電話をかけてみた
うちの人は君は出かけたって言うけど そんなの嘘さ
君は家にずっといたんだ
君がドアから入っていくのを見てたんだから
死にたいくらいだったよ
だって 君はほかの男と
手をつないで戻ってきたんだから

返事がないんだ 返事がないんだ
------------------------------------------------------------

■Abbey Road
http://www.abbeyroad.ne.jp/index.htm
posted by kaori at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

I'm so tired

連日の長時間残業で顔が笑えなくなってしまった。
それくらい疲れてるみたい。

今日はキリのいいところで休憩したら、それ以降集中力が続かなくなったので
昨日より1時間早く帰ってきた。
それでも3時間以上残ってたけど・・・。

んなわけで、今日の気分はこの曲。
そういえば、ホワイトアルバムのジャケットをデザインした人が
先日亡くなったんだってね。
このジャケットデザイン、当時としては斬新だったみたいです。



---------------------------------------------------------
I'm So Tired

I'm so tired, I haven't slept a wink
I'm so tired, my mind is on the blink
I wonder should I get up and fix myself a drink
No, no, no

I'm so tired, I don't know what to do
I'm so tired, my mind is set on you
I wonder should I call you but I know what you would do

You'd say I'm putting you on
But it's no joke, it's doing me harm
You know I can't sleep, I can't stop my brain
You know I'd three weeks, I'm going insane
You know I'd give you everything I've got
For a little peace of mind

I'm so tired, I'm feeling so upset
Although I'm so tired, I'll have another cigarette
And curse Sir Walter Raleigh
He was such a stupid get

You'd say I'm putting you on
But it's no joke, it's doing me harm
You know I can't sleep, I can't stop my brain
You know it's three weeks, I'm going insane
You know I'd give you everything I've got
For a little peace of mind
---------------------------------------------------------
posted by kaori at 22:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

My Bonnie

『Back beat』を見てから、頭からこの曲が離れない。

私はビートルズがバックコーラスをしているトニーシェリダンの
My Bonnieを聴くずっと前からこの曲を知っていた。

なぜなら私の母が若かりし頃、英語の時間にこの曲を習ったらしく
私の幼いころからよく歌っていたからである。

元々はスコットランド民謡とのこと。
スコットランド軍に属していたPrince Charlie Stuart (1720-1788)の
ことを歌った曲だそうです。
原曲を聴くと、とてものどかな曲。

でも今の私は、民謡ののどかなMy Bonnieよりもアップテンポの
こちらのMy Bonnieの方がいいな〜!



----------------------------------------------
My Bonnie

Vocal:   Tony Sheridan
Back Chorus:The Beatles

My Bonnie lies over the ocean
My Bonnie lies over the sea
My Bonnie lies over the ocean
Oh bring back my Bonnie to me

My Bonnie lies over the ocean
My Bonnie lies over the sea
My Bonnie lies over the ocean
Oh bring back my Bonnie to me

Yeh bring back ah bring back
Oh bring back my Bonnie back my Bonnie to me
To me, to me

Yeh bring back ah bring back
Oh bring back my Bonnie back my Bonnie to me
To me, to me

Well my Bonnie lies over the ocean
My Bonnie lies over the sea
Hey my Bonnie lies over the ocean
Oh I said bring back my Bonnie to me

Yeh bring back ah bring back
Oh bring back my Bonnie back my Bonnie to me
To me, to me
----------------------------------------------

■マイボニー 歌詞と日本語訳
http://www.worldfolksong.com/songbook/others/mybonnie.htm
posted by kaori at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

お風呂オーディオ化計画

201107061904000.jpg

キッチンや給湯室だけでなく、お風呂でも一人で歌うことの多い私は、
ついに『お風呂オーディオ化計画』に乗り出しました。

amazonで購入したこの四角いスピーカーは、表面がシリコンカバーで覆われていて
防水効果はもちろん、iPod touchなどのタッチパネル操作も可能です。
半身浴しながら動画見たりネットしたりするのにも使えそう♪
この写真のように、iPod touchで歌詞も見れるから、カラオケもできるよ!

音質は私には必要十分な程度だと思います。
お風呂はエコーがかかるから音がより響いて◎

これでビートのかかった曲をツイスト&シャウトしながら
お風呂タイムを楽しめるよー!!!やったー!!!(∩´∀`)∩


・・・でも、それっていったいどんなお風呂タイムなんだろ(;・∀・)

TWINBIRD FMラジオ付防水スピーカー X ZABADY ホワイト AV-J122W-H
TWINBIRD FMラジオ付防水スピーカー X ZABADY ホワイト AV-J122W-H
ツインバード 2009-10-21
売り上げランキング : 4089


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by kaori at 20:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

Blue Note

201103012022000.jpg201103012022001.jpg201103012027000.jpg


今日は同期に誘われて、表参道のブルーノートに行って来た。
前から行きたいと思っていたので、楽しみにしていた。

月初で決して暇ではなかったけれど、
定時で仕事をあがり、表参道へと向かった。

ブルーノートは、高級ジャズライブハウスだった。
食事が高かったので、事前に駅で食事を済ませた私たちは
カクテル一杯しか注文しなかった(笑)

ジャズはあまり詳しくないけど、
生演奏はやっぱり良かった。
ドラムやコントラバスも迫力あったけど、
私はピアノがカッコいいと思う。

また機会があったらぜひ行きたい。

■ブルーノート東京
http://www.bluenote.co.jp/
posted by kaori at 21:24| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

ネットラジオのススメ

暇なとき、聴きたい曲がないとき、編み物などの作業をしているとき。
そんなときは、ネットラジオがおすすめです。

iTunesの「ラジオ」というメニューからジャンル別にラジオが聴けます。
かなりたくさんのチャンネル(iTunesでは「ストリーム」と呼んでいる)があるので、
その時の気分で好きなジャンル曲が聴けるし、時間無制限で無料というのもうれしい。

また、普段は聴かない曲が聴けるので、好きな曲が見つかることもあります。
私は早速2/14の夜に聴いたネットラジオでいいな〜と思った曲を
すぐにネットでタイトルを調べて、その翌日CDを借りてきました。

その曲がThe Beatlesの「To Know Her Is To Love Her」です。
これはTeddy Bearsの「To Know Him Is To Love Him」のカバーで
アルバム「The Beatles Live At The BBC」に入ってます。


ジョンの寂しげな声が曲の雰囲気にあってていいね〜。

2/14に聴いていたネットラジオは「Beatles Radio.com」でした。
■Beatles Radio.com
http://www.beatlesradio.com/
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

Eight Days A Week

毎日やらなきゃいけないことや、やりたいことがいっぱいありすぎて
あっという間に一週間が過ぎてしまう。

仕事に片づけに料理に旅行に編み物に飲み会にDVD鑑賞にお風呂にゲームに辞書読みに・・・

そんなことしてたら、うわーーーーーーー(゚∀゚ノ)ノもうこんな時間!?

一週間が8日あったらいいのに・・・。

てなわけで、お聞きください。『Eight Days A Week』!!!


posted by kaori at 23:38| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

現実逃避

私はいつも現実逃避してるな〜と思う。
いつかはぶち当たらないといけない現実という壁を避けてばかりいる。
今日も家に帰ってご飯を食べて、ギタコン片手に一人で遊んでた。

あ〜楽しい。ギター弾けないくせに弾いた気分になれるから不思議。
こんなに楽しい音ゲーは初めて。
ゲームなんて普段まったくやらないのに、このゲームは本当に楽しい!!!

CGや映像など、ゲーム自体もよくできているけれど、やっぱり音楽がいいんだろうな〜。
弾いてるだけだとあまり好きじゃない曲も、演奏すると楽しい曲があることを知った。
私は『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』に入ってる曲が楽しいと思った。

前から思ってたんだけど・・・
『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』のリンゴの曲



『With A Little Help From My Friends』の
「I get high with a little help from my friends」と歌ってるあたりと・・・

竹内まりやのアルバム『Impressions』に入ってる



『Forever Friends』の最後の方(3:53あたりから)がすごく似ている!!!
歌詞も同じなのでは・・・?
さすが竹内まりやの曲。ビートルズのファンだけあるわ・・・。
posted by kaori at 23:15| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

教祖様

やっとケーブルも届き、前に使っていたPCモニタで無事画面も映り、
音も重低音サウンドで、快適にビートルズの音ゲーができてます♪

ちなみにこのゲームとは、『The Beatles ROCKBAND』というゲームです。
日本では売っていません。(なにやら大人の事情があるようで・・・)

The Beatles: Rock Band(輸入版:北米)
The Beatles: Rock Band(輸入版:北米)
MTV Games(World) 2009-08-31
売り上げランキング : 3505


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今私がやっているのは、北米版のXboxです。
他にプレステ3、Wiiがあるそうですが、Wiiは日本版ではできないらしく
Xboxかプレステ3じゃないと日本ではできないそうです。

6時半から9時半まで3時間近くやってたら目が疲れましたが、感想は
とても楽しい!!!
音もとてもいいです。これは本当に良い!ビートルズファンは絶対やるべきです!!

映像はCGアニメですが、これがまたとても楽しい!!
特にSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandの辺りはサイケな感じでカラフルです。
そして、『Lucy in the sky with diamonds』を歌ってるジョンが宗教の教祖様のようです。

ああーーーーー楽しすぎる!!
ベースやボーカルも一緒に演奏できるので、興味ある人は我が家に集って一緒に演奏しよう!

■The Beatles ROCKBAND
http://www.thebeatlesrockband.com/
posted by kaori at 22:15| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

Sun King

朝からなぜかAbbey RoadのB面メドレーがずっと流れてる。

ビートルズの曲は朝・昼・夜それぞれの時間に聴くとちょうどいい曲があると思う。

『Sun King』はな〜んも予定のない朝に聴くのにちょうどいい。
私はこの曲を聴くと、穏やかな春の朝、波のない海から昇るあたたかいオレンジ色の太陽を想像する。




これになんとなく似てる曲で『Here Comes The Sun』があるけれど、
夏の朝、草原に風が通り抜けて、降り注ぐ日光がまぶしくて、草の朝露がきれいなイメージ。

posted by kaori at 11:25| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

ちょっと待って郵便屋さん

今日はなんだか調子の出ない一日だった。
今年の仕事も残りあと一日!
音楽でも聴いて気分転換しよう!!

最近、60年代の洋楽ばかり聴いている。
今日はその中から多くのアーティストにカバーされている
『Please Mr.Postman』を紹介しよーっと。

まずは、原曲の『The Marvelettes』(1961)から。



ゆったりとしたテンポで、女性の甲高いバックコーラスが印象的。

次は、『The Beatles』によるカバー。アルバム『With the Beatles』(1963)に入ってるよ。



男性から女性に向けての歌詞に変わっているそうです。私にはまだゆっくりに聞こえる。

次。70年代に入って、『The Carpenters』によるカバー。(1975)



なぜかディズニーランド(?)でのPVです。
70年代に入って、大分アップテンポになった。私はこのカバーが一番好き。

最後に、日本人『王様』によるカバー。(2005)メドレーの2曲目。



ちゃんと訳されているからすごい。演奏もかなりうまい。
ただ、歌い方がこぶしが効いているような気が・・。わざと?

皆さんはどのアーティストが一番気に入りましたか・・・?

今は電子メールが主流になって、手紙を出すことも少なくなったけれど、
お正月の時期は、年賀状を届ける郵便屋さんが待ち遠しくなりますよね。

■プリーズ・ミスター・ポストマン(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3
posted by kaori at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

Norweigian Wood

今日から『ノルウェイの森』の映画が公開されたらしいですね。
私はずいぶん前に小説で読んだことがありますが、独特の世界観を持った恋愛小説ですね。
この小説を読んだときは、本のタイトルがビートルズの曲名だとは知りませんでした。

日本の映画や楽曲で、ビートルズの曲のタイトルが使われているものって結構多いですよね。

例えば私が知ってるものだと、

<映画/小説>
・ノルウェイの森
・ゴールデンスランバー

<楽曲>
・It's Only Love(福山雅治)
・P.S I Love You(ピンクサファイア)

<アーティスト>
・Every Little Thing

があります。

『Norweigian Wood』っていうと、シタールの音が特徴的。
最初はなんとなく間延びしていてあまり好きじゃなかったけれど、
聴いているうちに神秘的な雰囲気が好きになりました。

そんなわけで、どんな曲なのか興味ある方はこちらをどうぞ。

posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

暖かな日曜

今日は12月とは思えない暖かい一日だった。

朝から散歩して、途中立ち寄ったパン屋で買ったパンと缶コーヒーの朝食をとった。
ぽかぽかとした日差しが心地よかった。。
猫のようにゴロンとその場で寝転んでいたかった。

最近、無性に『妖怪人間ベム』が見たくて仕方ない。
TSUTAYAに行ったけれど、「取り扱いがありません」とのこと。
DVDは廃盤になったと聞いたけれど、もう私は一生見れないのだろうか。
あのオープニングのおどろおどろしさと、妖怪の『ギャーーーー』という叫び声が好きなのに。

夕方、よそ見をしながら編み物をしていたら、目を落としてしまった。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
目を拾おうと思っても素人の私にはまったくわからず(ノД`)
仕方なく、そのまま続けて編むことにした。
今度先生に直してもらえばいっか・・・!

夜はにんにくラーメンを食べた。(ちなみに昼ごはんは無し)
さすが食べログで上位を獲得していているだけあって、濃厚なスープが美味しかったわ。
電車の中でにおうんじゃないかと冷や冷やしたけれど、大丈夫だったみたいね。

なんか話題が散漫なブログになってしまったわ。。。
最後に、電車の中で久しぶりに聞いたビートルズのアルバム『Magical Mystery Tour』から
私の好きな曲『Your Mother Should Know』を紹介しよう。



このステップがちょっと民○舞踊っぽいんだけど・・・。
階段を降りるジョンの足がもつれているね。
posted by kaori at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

カブトムシ外伝

今日は久しぶりに残業しちゃった。何日ぶりかしら???
たまには残業っていうのもいいわね。
『私って仕事してる!』という勘違いに浸れる。

ところで、『王様』ってしばらく見てないなぁ、、、って思ってたら
先週行った『CAVERN CLUB』のメニューの裏に載ってるじゃないの・・・。
それも、ビートルズの2nd Album『With The Beatles』のパロディで・・・。
その名も『カブトムシ外伝』。

カブトムシ外伝
カブトムシ外伝王様

ビクターエンタテインメント 2005-12-16
売り上げランキング : 83645

おすすめ平均 star
star王様バンザイ!
starこれは外伝でありまして
starなかなかの出来です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『王様』というと、洋楽を直訳して日本語丸出しで歌うのが有名だけど、
ビートルズまで歌っていたとは知らなかった。

それにしても、どうよ、この日本語のダサさ加減は・・・。
『月光おじさん』はなんか演歌っぽいし、
『お願い郵便屋さん』はお祭りの音頭みたいだよ。とほほ。。。
ビートルズ×日本語の組み合わせは、ビートルズの良さを損ねてしまう。

まずは聴いて笑ってください。
「げっこぉぉぉ〜〜〜〜〜おじさぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜ん♪♪♪」

posted by kaori at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

This Boy

先日の『CAVERN CLUB』の再訪以来、料理をしていても、仕事をしていても、ぼーっとしていても、
四六時中ビートルズが頭の中を流れている。

最近は『This Boy』が頭の中を流れている。

この曲は1963年11月発表の『抱きしめたい("I Want To Hold Your Hand")』のB面曲。
CDは『パスト・マスターズ Vol.1』に入ってます。

ちなみに、シングル盤発売当時の邦題は『こいつ』。
『こいつ』っていまどき言う?ちょっと乱暴すぎる表現なんじゃないかな。
『この僕』ぐらいに訳したらよかったんじゃない・・・?
1960年代当時としてはそれがよかったのかな?

まぁいいや。

曲調はイントロから懐かしい感じでいいですね。
ハーモニーがいいです。すごくいいです!!!
それと『Oh and,this boy…』からの盛り上がりが心に響きます。

この曲の内容を一言で言うと、「この僕(=This Boy)があの男(=That Boy)に彼女を取られたけど、
また僕のところへ戻ってきてよー!」という負け犬的な内容。
ビートルズの歌詞にはよくあるパターン。かな?

秋の夜に聴くと雰囲気が出て素敵です。
ぜひ聴いてみてください♪



■This Boy(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4
posted by kaori at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

CAVERN CLUB

20日は定時で仕事をあがり、久しぶりに六本木へ向かった。
目的地はビートルズ限定のライブハウス「CAVERN CLUB」。
今回は1年半ぶり、2回目。

1年半前は、ほとんど曲がわからなかったけれど、
今年の春からビートルズ全曲聴きこんでいるので、
今回はほとんどの曲がわかってとても楽しかったー!

席はステージすぐ前で迫力あるライブがよかった。
やっぱりただスピーカーから聞く音楽とは違って、
ドラムやギターやボーカルが体に響いて感動がより一層強まる!!

リクエストも、前回は「Yesterday」「Let it be」ぐらいしか書けなかったけれど、
今回は何を書こうか迷ったくらい。もちろんMAX3曲リクエストした。
私が昨日リクエストした曲は・・・

★The Night Before(Help!)
・The Fool On The Hill(Magical Mystery Tour)
・Not A Second Time(With The Beatles)


「CAVERN CLUB」へ連れて行ってくれたビートルズ歴●十年の彼のリクエストは・・・

・You're Going To Lose That Girl「邦題:恋のアドバイス」(Help!)
★I Don't Want To Spoil The Party「邦題:パーティーはそのままに」(Beatles For Sale)
★In My Life(Rubber Soul)


★はリクエストが採用された曲。
私のリクエストも1曲だけ採用された!!

昨日のバンドは、「WITHOUT」とキーボード奏者の方の5名だった。
ボーカルも渋かったし、ドラムも良かったけれど、
キーボードがとっても上手だった!
「Tomorrow Never Knows」のカモメの声も入ってたし、
「In My Life」の間奏もバッチリ弾いてたし!
「A Day In The Life」も迫力満点だった。

昨日の演奏曲目↓

▼1st stage set list(順不同)
From Me To You
Boys
Baby It's You
Roll Over Beethoven
I Wanna Be Your Man
Tell Me Why
The Night Before
I Need You
I'll Get You
Octopus's Garden
Get Back

▼2nd stage set list
1.Rock and roll music
2.Taxman
3.Birthday
4.Martha my dear
5.I saw her standing there
6.I don't want to spoil the party
7.Yellow submarine
8.Something
9.Revolution
10.Stand by me

今月はジョンの誕生日ということで、昨日の3rdステージは、ジョンレノン特集だった。

▼3rd stage set list
1.Starting over(Double fantasy)
2.Help!
3.Strawberry Fields forever
4.Sexy Sadie
5.A Day in the life
6.Whatever gets you thru the night(真夜中を突っ走れ)
7.Real love
8.Free as a bird
9.Jealus guy
10.Tomorrow never knows
11.Bad boy
12.All you need is love
13.In my life
14.Everybody's got something to hide except me and my monkey
15.Twist and shout

19時前からお店に入って、23時まで4時間もビートルズ漬け(ジョンのソロも少しあったけど)。
ジョン特集では、お酒が程よく回ったお客さんたちが「アンコール!」の掛け声も大きく、
「WITHOUT」の皆さんは、2回ほどアンコールにこたえてくれた。

最後の「Twist And Shout」では、「Ah」の重なるコーラス部分でお客さんたちの盛り上がりが激しく、
後ろにいたおじさんやお姉さんの身振り手振りがすごくて面白かった。

今回は全体的に私がまだあまり聴いていない「White Album」や「Past Maters」の曲が多かったので
もっともっと聴きこんで、研究して、また「CAVERN CLUB」を再訪したいなぁ。。。

■CAVERN CLUB
http://www.cavernclub.jp/
posted by kaori at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

ビートルズ限定カラオケ

午前中はフラワーアレンジメントのレッスンでした。
今日の作品は、秋らしくコスモスのアレンジです。
サイズが大きく、豪華な作品となりました。

NEC_0095.jpg

レッスンを終えた後は自宅でのんびりと過ごし、
夜は大阪のお土産で持って帰ってきた一口餃子を晩ご飯で食べました。

食事の後、急にカラオケに行くことになり、ちょうどカラオケ店の半額キャンペーンもやっていたので
21時半から23時半までずーっとビートルズばかり歌っていました。

その中でも一番気に入った曲が「The Night Before」です。
コーラス部分もカラオケの歌詞に入っているので
この曲を知っている人でパートを分けて歌うと、とても楽しいです!

posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

私は洗脳されている。

私はもう何か月も洗脳されている。
今から約50年も前にイギリス・リヴァプールで生まれたロックバンドに。
聴けば聴くほどはまってしまう。

昨年発売されたビートルズのデジタルリマスターステレオ音源の
オリジナルアルバムを先日全て聴き終えた。

私はこのアルバムを全部聴くまでは、「Yesterday」「Let it be」「Help!」ぐらいしか知らなかったけれど、
それ以外にも(いやむしろそれ以外のほうが)素敵な曲がいっぱい!

いろんなアーティストが影響を受けているのがよくわかる。
このあたりのアレンジはあの曲に似ている!とかね・・・。

今は曲の背景やエピソードをネットで調べてみたり、好きな曲の歌詞を書き出して意味を確認したり
とにかく私ははまっている。

201009112356000.jpg
私の歌詞分析ノート。昨日は「If I Fell」を分析した。曲の意味を考えると、実に奥が深い。

仕事に行くときも、帰るときも、昼休みちょっとした時間が空いたときでも、
頭の中に流れているあの曲を早く聴きたくてたまらなくて、iPodが手放せないくらい。

悩んでいる時や落ち込んでいる時でも、ビートルズの曲を聴けば気分転換になる。
私の最近のストレス解消方法のひとつにもなった。

ビートルズは最初聴いた時には「うーん、この曲イマイチ・・・」と思っていても、
何度も聴いているうちに、好きになる曲も多いので、これからもっと聞き込んで、
ときどきこのブログでも、私が気に入っている曲をご紹介したいと思ってます♪

私が先日全部聞き終えたアルバムBOX↓
ザ・ビートルズ・ボックス
ザ・ビートルズ・ボックスザ・ビートルズ

EMIミュージックジャパン 2009-09-09
売り上げランキング : 1494

おすすめ平均 star
star私の青春です!
star本当に泣ける
starまとめて買う価値はある

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by kaori at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

PC固まる困る

最近、自宅のPCが固まって動かなくなる。
特にFirefoxを立ち上げると固まる。困る。一体どうしちゃったの?
mixiの「サンシャイン牧場」で「畜産広場」に行くと、カーソルが動かなくなってしまうのでイライラする・・・。
もうメインのブラウザをChromeに変えようかと思っている。

それとも、もうこのPCのスペックが今のインターネットには追いついていないのかな?
2002年からもう8年も使っているし、そろそろ買い替えた方がいいのかも。

あまりにもイライラするので、今日も音楽を聴いてストレス発散。
今日突然聴きたくなったのはビートルズのアルバム「Help!」に入っている
「You're Going To Lose That Girl」(1965)。



急に頭の中でメロディーが浮かんできたのですが、何のアルバムのどの曲だったかがわからなくて、
「iTunes」で手当たり次第に確認しました。この曲もいいですね。その昔、日本でも人気があったそうです。

この曲の内容は、ある男子が友達に「君が彼女をデートに連れ出さないと彼女の気が変わっちゃうよ」
と一見、親切に恋愛アドバイスをしているのですけど、ただのおせっかいでもなんでもなくて、
「君が彼女に大切にしないなら、僕が奪っちゃうよ!」というオチになっています。

要するに彼女の奪い合いをしているということですね・・・。
もてる女は辛いのう・・・。( ・x・)y─┛~~~

posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

There's A Place

もうすぐ「The Beatles」の公式アルバムを全部聴き終わります。
聴いているうちにかなり好きになってきたので、
最近は英語の勉強を兼ねてThe Beatlesの歌詞を分析しています。

iPodで歌詞を聞き取ってノートにどんどん書き起こして(=dictation)、
ネットで歌詞を調べて、間違っているところや抜けている単語を赤字で追加/修正します。

さらに、わからない単語をネット辞書の「英辞郎」で調べて
青字で日本語訳をメモ的に英字の行間に書いていきます。
でも、簡単な英語なので、私でもわからない単語はほとんどありません。

最後にまたiPodで曲を聞いて、歌詞どおりに歌っているかを確認して(→当然だけどね!)
一緒に歌って、歌い方や発音などを真似します。

こんなことが楽しい私は、やっぱり英語が好きなんだなーと思いますヽ( ´ ∇ ` )ノ
先日実家に帰ったときに机を整理していたら、19歳の頃、NZのオークランドへ
ホームステイしていたときに通っていた語学学校のメモが出てきました。

そこには「洋書や歌などで、英語を楽しもう!」というようなことが記されていました。
それを14年後になって実践しているとは・・・。
私は今後、英語を実用的に使うことは、旅行以外にないと思いますが、
好きなものは好きなので、音楽や読書を通して自分流に楽しんでいきたいです。

ところで、今日分析したのはタイトルの「There's A Place」です。
この曲はファーストアルバム「Please Please Me」に入っています。
有名な曲も入っていますが、私はこの曲が一番好きです。
爽快なメロディーだけでなく、歌詞もとてもいいです。

特に前半の
There's a place where I can go
When I feel low, when I feel blue
And it's my mind
And there's no time
When I'm alone

が共感できます。

人間は落ち込んだ時に他人に頼ることもありますが、
自分の心自体が拠りどころになることも意外と多いんですよね。

落ち込んだり悩んだりする時は頭で考えるけれど、
心で感動することで、それが薄らいでいくのかもしれません。

私は最近、一人で本を読んだり、音楽を聴いて気分転換ができるようになってから、特にそう感じます。
これも「The Beatles」のおかげです。

Please Please Me (Dig)
Please Please Me (Dig)Beatles

EMI UK 2009-09-09
売り上げランキング : 6610

おすすめ平均 star
star記念すべきデビュー作
starステレオ万々歳!
starビートルズの、記念すべき《デビュー・アルバム》。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

I Am The Walrus

今日は仕事帰りにドタバタしてしていたら、なんか頭の後ろの方と首とおなかのあたりが痛くなってしまった。
帰宅後、少しでも気が楽になるようにと思って、いろんな音楽を聴いたりYouTubeで動画を見ていた。

そしたら、私が最近聴いているビートルズのアルバム「Magical Mystery Tour」の
6曲目に入っている「I Am The Walrus」(1967)の動画を見つけた。

この動画・・・かなり独特の世界観。。。
一昔前の言葉になるけど、一言で言うと「シュール」だね。
最初聴いたとき、歌詞も変だし途中で変な音も入ってるし怪しい歌・・・って思ってたけど、
動画を見たら好きになってしまった。
撮影しているのは一体どこ?こういうところに行ってみたい。



eggman(白い帽子をかぶった卵人間) とかwalrus(セイウチ?)とか
policemen(警官)とかウサギさんとかが出てくるんだけど、かぶりものがかなり不気味。
ウサギさんもセイウチもキャラクターなのに無表情ではっきし言ってかわいくない。
ぬいぐるみは頭だけかぶってるから、普通に7頭身だし・・・。でも動きがかわいい!
ジョンの目なんて上向いちゃってるし・・・これ絶対ドラッグやってるよね。

このアルバムは私の好きな曲が入っていて気に入っています。
特に好きなのは「The Fool On The Hill」と「Your Mother Should Know」と
「Strawberry Fields Forever」です。
みなさんも機会があったらYouTubeとかで聞いてみてください。とても良いです。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

Here, There and Everywhere

私はある人の影響で4月頃からビートルズにはまりだし、今では『Please Please Me』から
順番にアルバムを全部聴いているところなのですが、どのアルバムも個性があって
とても良いです。何度も聴いているとどんどん好きになってきます。

今は中期のアルバム『REVOLVER』を聴いています。
シタールの音など、少し怪しげな雰囲気が漂いはじめていますが、
その中でも私が「これは!」と心魅かれた曲が『Here, There and Everywhere』です。

メロディラインがきれいで甘くて、なんとも言えません。
歌詞も良いですね・・・こんなことを好きな人に言われたら、私はその場で倒れてしまいそうです(笑)
今まで聴いたビートルズのバラードの中では、一番好きかもしれません。
それくらい気に入っている曲です。

posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする