2014年08月09日

スローフード スローライフ

昨日まで精神的に参っていて、今朝は良く眠れないまま朝を迎えた。

土曜日は朝から掃除洗濯と家事をこなしているけれど、
こういう時は朝からテレビを見てぼーっとしてしまう。

NHKをずっとつけていたら、「アリスのおいしい革命」と言う番組が
雨で中止になった高校野球の代わりに放送されていた。

「アリス」とは、カリフォルニア バークレーに住むアリス・ウォータース。
バークレーに40年前から店を構えて、今はアメリカでも予約が取れないほどの
人気店なのだとか。
また、世界にオーガニック農業やスローフードを普及させた立役者とのこと。

この番組は、バークレーの自由闊達な街の雰囲気やアリスの素敵なキッチンや
緑いっぱいのお庭がきれいな映像で紹介されていて、荒んでいた心がほっとした。

アリスはカリフォルニア大学バークレ―校でフランス文学を学び、
フランスへ留学するうちにフランス料理に関心を持ち、バークレーで
レストランをオープン。
オーガニック食材を使った料理が評判で人気になったらしい。

センスの良いブルーのモザイクタイルで飾られたキッチンには、銅製のシンク。
アリスは使い込むほどキズなどで味が出ると話していて、木製のキッチン道具も
素敵なキッチンにとてもしっくりと合っている。

私はアリスほどの実業家にはなれないだろうけれど、将来はこんな素敵なキッチンで
庭で取れたハーブや野菜の食材を使って料理ができたらいいなぁ、と思う。
自然に囲まれて、庭のや地元の食材で料理をして、家族みんなで食事ができるような
スローライフを送りたい。

■アリスのおいしい革命
http://www4.nhk.or.jp/P2629/
posted by kaori at 22:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

結婚式の話

私は若い時から早く結婚がしたいと思っていたけど、
なかなか実現できずに今に至っている。

この歳になって、盛大な式をあげようとは考えていない。
親族だけでこじんまりとあげたい。

なぜこんな話をしているのかというと、
今も早く結婚したいと思っているからだ。

いつ実現するかはわからないけど、
そういう話ができる相手がいるのは
ラッキーだといえるのかもしれない。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

新年の決意

2014年度の決意表明をします!

1.体重を昨年同月の数値まで落とします。

2.10年住んだ地を離れ、どこかへ引っ越します。

3.40歳の節目に向けて、新しいことを学びます。

以上を決意しました。

2014.1.1 kaori
posted by kaori at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

近い未来と遠い未来

2年ぶりの異動で、ドタバタしているうちに
1週間が終わった。

この歳になると、新しいことがすっと頭に入らなくなる。
焦らずマイペースでいこう、と
日々自分に言い聞かせている。

今の仕事がすごく嫌だというわけではないけれど、
私はやっぱりやりたいことがある。
その道に進みたいのだけど、そのためには
たくさんの壁があって、それを乗り越えなくてはならない。

会社に入ったのは、自分の社会勉強のためだった。
でも、今は生活のために働いている。
だけど、やっぱりやりたいこともやってみたい。

時間を見つけて少しずつ、その準備を進めたいと思う。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

癒しのコデマリ

仕事から帰ってきて、疲れているところに
お花があると、とても気持ちが癒されます。

先日のお花のレッスンではまだつぼみだったコデマリが、
今はたくさん花を咲かせていて
とてもかわいらしいです。



コロンとした丸い形でかつ清楚。
かわいらしさと上品さを併せ持つ
そんなコデマリのような女性に
私はなりたい(笑)
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

30年後は・・・

今日は組合の集会があり、自分の将来について考えた。
30年後の私はどこで何をしているんだろう・・・。

気がつけば私も40代まであと数年。
先のことを考えすぎて身動きできなくなるのではなく、
将来を見据えながら今を充実させたいと思っている。

いろんなことを考えると、そろそろ結婚しなくちゃ・・・と考えたりもした。
残念ながら、そんな相手は私にはいないけどね。
(周りの人達はみんな私のことをすぐに結婚できる、と言ってくれるけど
そんなことは全然ないよ。だからこの歳になっても独身なんだし・・・)
posted by kaori at 23:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

仕事について

今日は一人で過ごしたんだけど、午前中は将来について一人で考えていた。

私は最近、仕事に行き詰まりを感じていて、自分が仕事に対して
どういう思いで取り組んでいったらいいのかわからなくなっている。

今の生活水準を保ちながら生きるのなら、仕事を替えることはできない。
しかし、本当に自分のやりたいことをかなえたいのなら、
生活水準が落ちることを覚悟しなくてはならない。

それで何年もずっと悩んでいて、早く結論は出したいのだけど
勇気が出なくてずるずると先延ばしになっている。

でも、そろそろ自分の中で結論を出さなくては、と思っている。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

30年後の私

今日は仕事を1時間休んで、組合の意見交換会に行ってきた。

会社が(というか国がそうしたいみたいね)
65歳まで働けるようにするとかという話で、
結局は給料を減らしてその分を
60歳以上の給料に割り当てるらしい。

正直なところ、私は65歳の自分がどんな生活をしているのか、
まったく想像ができない。

私は今の仕事が楽しくて仕方ない!絶対に辞めたくない!
という話なら別だけど、私にはそこまでの熱い思いはないし、
できることなら40歳には仕事を辞めたいと思っている。
(その時の状況が許せば、だけど。)

となると、新しい給料は私にとっては損。
今でさえ決して高くはない給料がまた安くなるなんて。。

辞める準備を進めるとするかな。
posted by kaori at 22:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

早朝のひらめき

今朝、祖母の家で目が覚めると、まだ6時前だった。
もう一度寝ようと思ったが、いったん目が覚めると寝れなくなってしまった。
そこで、祖母が起きる7時半までいろんなことを考えていた。

すると、私の中である「ひらめき」があった。
それが実現すれば、今の私の悩みが大方解消できる(はず)。

しかし、それを実現するには私が「主体的に」行動しなくてはならない。
自分の力で道を切り開くのは、相当な努力が必要だし、
いろんな人の手助けも必要となる。

でも、人生を変えるには、自分で行動するしかないと思った。
だから、明日からすぐに行動してみよう!
posted by kaori at 20:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

35歳過ぎると結婚はほぼ不可能

今朝、衝撃的なタイトルの記事を見たので紹介したい。

それは、『35歳過ぎると結婚はほぼ不可能 できたのは「男性で3% 女性で2%」』というもの。
2010年の国税調査の結果による数値なので、かなり信憑性は高い。

現在35歳の私にとって、これほど苦痛な記事はなかった。

この記事によると、

2010年の国勢調査によると、2005年に35〜39歳だった男性の未婚率は30.9%、5年後、40〜44歳になったときの未婚率は27.9%で、未婚男性の9.7%しか結婚に至らなかった。5年間で「3%」でしかないということになる。
女性も同様で、05年に35〜39歳だった人の5年後の結婚率は、未婚女性の10.8%、2%しかゴールインできなかった計算だ。40歳を超えると、状況はますます悪化する。男性は全体の0.4%、女性は0.5%で、45歳以上では、男女とも全体の0.1%しか配偶者を見つけられなかった。晩婚化というより、35歳を過ぎてからの結婚は、男女ともに不可能に近いことが分かる。


とのこと。

なんかこれ見たら、『もう無理かも・・・』と思えてきた。
不可能とか言われたら、ほんと衝撃的。
とにかく、本気で結婚したいと思ったら、
いますぐに動きなさい、妥協もしなさい、ってことだね。

就活も大変だったけど、婚活はもっと厳しい世の中なのかも。
結婚できなくても、独りで生きていけるかもしれない。
だけど、死ぬときには孤独でいたくないんだよね。
これを見ている誰か、いつか私の死を見送ってね。

■35歳過ぎると結婚はほぼ不可能 できたのは「男性で3% 女性で2%」
http://www.j-cast.com/2011/12/30117585.html?p=2
posted by kaori at 19:17| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

2012年よろしくね

2012年になりました。
入社してからもうすぐ12年か〜早いなぁ。

今年の目標は、

人脈を広げることと、肩の力を適度に抜くこと。

私はもう30代後半に入ったので、
自由のきく今のうちにいろんな人と
出会っておきたいと考えています。

あとは、私は職場や外を歩いているときは、
かなり警戒して肩に力が入ってしまうので、
もう少し方の力を抜いて、いろんな点において、
柔軟性のある人間になりたいです。ここから私の愚痴コーナー
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

遠い未来

なんか最近、遠い未来のことを考えると気が重くなる。
未来が怖くておびえているのかな・・・。

前はやりたいこと、ほしいもの、かなえたい夢もいっぱいあったけれど、
最近はなんだか見つからないんだよね。

知識や経験が増えれば増えるほど、夢がどんどんつぶされていって
生きる希望を失っていくみたい。
posted by kaori at 21:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

将来と時間とお金

どうしても将来のことを考えてしまう。
ちょっと他人に言われただけで気持ちがぐらつくとは弱い私です。
もっと「今」を楽しめば、人生楽しくなるんだろうけどね。

私はあと何年生きるのかなーとか、
10年後、20年後、30年後、40年後・・・どうしているんだろうとか。
そんなことばかり考えていました。

お金、お金と私の周りはお金のことばかり言う。
お金は確かに人生に大切だけど、必要最低限あればよくて、
大量にありすぎてもいいものではないと思う。

自分の人生は自分で選んできたつもりだけど
目の前の楽しいことばかりに追われているのではなく、
これからはもっと現実的に考えないといけないのかもしれない。
posted by kaori at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

結婚したくてもできない

私も30代になってから数年が過ぎ、周りの友人たちの半分近くが結婚している。
しかし、残り「半分」の友人たちはまだ結婚していない。

みんな独身を謳歌したいわけではない。
結婚したくないから、していないのではない。「したくてもできない」のです。

私は今日「男女同権は女性を幸福にしない」という本を読み終えた。
この著者の考えは、「男女共同参画社会」ではなく、「男女共生社会」を目指そうというものだ。
もっと具体的に言えば、男女はそれぞれの性差を尊重し、全くの同権ではなく、
男女それぞれの役割を果たして、共生していこうという考え。

私は「ジェンダー・フリー」を主張するような極端な男女平等主義者
(どっかの大学で教えているような女性学の先生とか)よりも、この著者の考えに近い。
政治参加という意味での男女平等という考えは良いけれど、
人間が生物である限り性差は必ずあるものだし
例えば雇用や労働という中で同権にするという考えは私は違和感を感じる。

今の「男女雇用機会均等法」や「男女共同参画社会」は、
元々存在していた男性社会に合わせたものなんだし、
それでいて男女平等という概念を出すのはおかしいと思う。
実際それで男女平等になったかといえば、まったくそうではなくて
結果としては優秀な一部の女性は正社員となり、
一見、男女平等になったかのように見えるけど、
私の周りにもたくさんいる派遣社員のように非正規雇用が多いという実態がある。

少子化対策にせよ、若年層の未婚化対策にせよ、あまりにも経済的なことや
国の競争力のことばかりに偏っているんじゃないのかな。

この2つは必ずしも同じ問題ではなく、それぞれ違う問題として対策を練った方が良いと思う。
若年層の未婚化については、私たちみたいに結婚したくてもできない人が多い理由を
考えてもらいたいです。その点を考えれば自ずと対策は限られてくるはず。
婚活が今流行ってるけど、もう周りからごちゃごちゃ言われるのに私はうんざりしてます。
結婚は一体何なのか?将来の日本を作るために私たちは子供を産むのか?
結婚に際して「歳を考慮しなさい」とか「妥協は必要だよ」とか言われると、
一体何のために結婚するのか、私はだんだんわからなくなってきます。

この本の著者は今の日本には「愛」が足りないと言っている。
以前、私の職場のある独身男性がこんなことを言っていた。
「恋愛は疲れる。気も遣うし、結構お金もかかるし。一人でいる方が楽しいし気楽でいいよ」
こういう人が最近多いような気がする。

私自身も結婚したくてもできない人の一人ですが、
やはり経済的なことが一番ひっかかっているのかもしれません。
こんな現実的なことを考えてしまう自分がとても嫌なのですが
その問題を乗り越えられるだけの「愛」があれば結婚もたやすいのかもしれません。

女性の社会進出って男女雇用機会均等法以降にこんなにメジャーになったんでしょうか。
私は短大の時に本気で学生結婚を希望していて、短大を卒業してもすぐに
就職せずに大学へ編入したということもあったほどだし(本当に当時も要領が悪い!)、
今でも結婚して子供ができたら会社辞めて家庭に入りたいと思っています。
その考えがフェミニズムを崇拝していた当時の彼とまったく違っていたので
意見が合わずに結婚できなかったんですけどね・・・。
posted by kaori at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

将来の理想と現実

昨日からちょっと5月病に入っている私です。。。

このGWの間、実家でのんびりと過ごしていたのですが、
納戸からホコリをかぶっているアルバムを引っ張り出して、古い写真を見ていました。

写真を見ているうちに、いかに私や弟が両親に愛されてきたのかがよくわかりました。
でも、私は両親からもう離れなくてはいけない年代になっているし、
いつまでもこの家に頼るわけにはいかないと思うと、少し物悲しい気分にもなりました。

前にもこの日記には書いたかもしれませんが、私には20歳頃から変わらない
理想の将来像があります。ここに書くと反響がありそうだから、書けないけどね・・・。

でも、現実は違うなぁ〜。難しい。本当に難しい。
今はこんな世の中だから、男性も女性も働かないと生活していけないだろうし
子供も育児だけでなく、お金がかかるから、きっと大変なんだろうなぁ。
それでも得られるものは大きいと思いますが・・・。

明日も悩みは続きそうです・・・。
posted by kaori at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

久しぶりに更新☆ - 毎日ひとりごと - 楽天ブログ(Blog)


しばらく書き込みしてなかったから、たまには楽天に書き込みしてみようっと♪
なんか楽天来るのって実は1年ぶりくらいかも。大分感じ変わったね〜。
本文記入欄もすっかりリッチ仕様になってるし。
へええ。。。絵文字も入れられるんだね。すごいっ!

私も早いもので、もうすぐ30になります。
仕事も慣れてきてそろそろ新しい仕事に変わりそうな予感です。
将来のことはまだまだ何もわからないまま。
それが一時期悩みの種になっていたけれど、今は逆にそれを前向きにとらえて
明日はどんな一日になるかな?と毎日楽しく過ごしています。

また1週間がんばるぞーーーーっと!
posted by kaori at 23:21| 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

10年前の私。10年後の私。

今日は仕事をさくっと終わらせて(というか投げ出して)
久しぶりに短大時代の友人と銀座でお食事してきました〜。

多分1年ぶりぐらいの再会かな?
話すことがたくさんあって、ご飯を食べた後もずっとしゃべってたら
今日はプランタンは停電で早めに終わってしまうとの事。
お店の人に半ば急かされるようにして、10時前にお店をでました。
(でも考えてみたら7時過ぎにお店入って2時間以上話してたんだなぁ・・・
時のたつのがあまりに早くて友達も私もびっくり。)

会話の内容は、同期が結婚した話、10年前を振り返って話。
パスポート今度また切れそう〜、、、10年にしたほうがいいかな?
いや今度も5年でしょー話、冬ソナはまりまくり話、今朝の地震怖かったね、
ねぇ〜!!!(激しく同意)話などなど・・・。
かなりバラエティに富んでいました。(笑)

中でも私がつい考え込んでしまったのが、10年前の私の発言話。
短大時代、10年前の18歳の私は友人たちの前でこう話していたそうです。
「わたしは〜、のんびり家にいてふつーに専業主婦してたいのね〜。それが夢なの。」
当時、私は人生初の大恋愛(?)をしていたのです。
それで当時の彼と絶対結婚すると夢見てたわけです。(しかも学生結婚を夢見ていた)
そっかー・・・私そんなこと言ってたのか。
私にもそんな純粋な時代があったのね。。。とつい振り返ってしまいました。

で、10年後の私はどうなっているかというと・・・。
短大時代の友人仲間ではおそらくNo.1の仕事バリバリ人間になってます。
専業主婦・・・?とんでもないっす。主婦どころか彼氏すらいないし。
posted by kaori at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

風邪療養中に考える事。

なんかこう一日中家に閉じこもっていると、
だんだん将来の事が不安になったり、自分は今後どうしていきたいのか
といったことについて考えてしまいます。

私は今の仕事よりも、やはり前の仕事のほうが好きです。
同じ時間を会社というところで過ごすのであれば、
好きなことを目一杯やったほうが幸せなんじゃないかと思います。

でも、だからといって何もかも自分の思うようにはいきません。
私をここへ連れてきてくれた課長の事もありますし、
元の職場へ必ず戻れるといった保証もどこにもありません。

先週、前の職場の人たちが作ったレポートを見たんです。
私がやりたいことがいっぱい凝縮されたレポートでした。
それを見て、私もこういう仕事がしたいなぁ、って強く思いました。
決して大会社のようなレポートではないけれど、
もっと磨けばもっと光りそうな気がします。
私は自らの手でそれを最高級のものに仕上げたいなぁ、、、と
そう思ったのです。

すると、今の職場にいる事に何となく違和感を感じてしまいます。
私はここにいるべき人間じゃないんじゃないかと。
もっとやるべきことは他にあるんじゃないかと。そう思うのです。

また、仕事そのものにも何となく疑問符がついています。
私は本来、自宅でのんびり仕事がしたい派です。
地味でも良いから、人々には感動を与える仕事がしたいと思っています。
そのためにはどうしたらいいのか。。。
考えれば考えるほどわからなくなります。

今回の風邪療養は私にとって、自分の生きかたについて再考する
機会を作ってくれたのかもしれません。

・・・が。まだまだ答えは出そうにありません。
posted by kaori at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

前向きな女性像2

なんだか、さっき書いた記事は本の紹介だけで終わってしまって
自分の気持ちがまだ物足りないのでもうちょっと追加。

宇野千代さんの本を読んで、
「あ〜これってまさしく私の理想とする女性像だなー」って思いました。

時代は違っても、女性の生きる道は無限大だなって思ったんです。
自分の気持ちの持ちようで人間はこんなにも人生を楽しむ事ができると・・・。
ましてや、今は宇野千代さんの時代と違って女性を取り巻く環境は大きく変化しています。
環境が変わり、女性の人生の選択肢はどんどん増えています。
昔のように、ただ女性は年ごろになれば結婚し、仕事をやめ、子供を生み、
子供を育てながら家で夫の帰りを待つという時代は終わったのです。

今は女性も社会に出て、男性と同様に社会に貢献できる地位を確保しています。
もちろん、全ての女性がそうだとは言い切れませんが、昔に比べれば確実にそうだと思います。
女性の選択肢が広がった、ということはそれだけ活躍の場も広がっているということです。
でも私は、社会に貢献する事が必ずしもその人の幸せにつながるとは考えていません。
女性は家にいても幸せを感じる事ができます。
子供を育て家事をすることはとても大切な事だし、それ自体価値あることです。
だから、女性は自分の幸せや感動を、自分の好きなところ(社会・家庭・自宅周辺など)で
見つけることのできるチャンスが多いんじゃないかな〜と考えています。

私は大学を卒業するまで、女性はかくあるべき、という理想像を持っていました。
それは仕事はあくまで腰掛けに過ぎず、結婚したら仕事をやめて専業主婦になる、というものでした。
でも、今はそのようには考えていません。
女性にも社会に貢献し、生き甲斐や幸せをつかむチャンスがあります。
宇野千代さんのように、好奇心をもって何事も前向きに行動して行けば
自分にも「何か」を成し遂げる可能性がある。
私は今、その「何か」という人生の目的を探しているところです。
そのためには、多くの物事を体験し、たくさんの本を読み
人間性を高めて行く事が必要だと感じています。

ちょっと真面目に語ってしまいました・・・。(^^;;
posted by kaori at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前向きな女性像

先日の記事にも書いたとおり、今年は本をたくさん読むことにしました。
そこでさっそく、今年は2冊を読了しました。
1冊目は私が最近興味を持っているハングル入門の本。
(マンガ形式で非常にわかりやすいです。)
2冊目は宇野千代さん著作の単行本です。
私は自分の気に入った言葉をメモ帳や手帳に
書きとめるようにしているのですが、
その中に、宇野千代さんの前向きな言葉がいくつか入っており、
近々エッセイや小説を読みたいなぁ、と思っていました。
それで昨日近所の本屋で単行本を購入しました。

今回購入したのが、以下のエッセイ2冊です。
「行動する事が生きることである」
「幸福が幸福を呼ぶ」
本のタイトルからして前向きな印象を与えてくれます。

昨日は「幸福が幸福を呼ぶ」を読みました。
この本は、これまで宇野千代さんが書いてこられた
いくつかのエッセイから、その一部をテーマ別に再編集したものです。
どの項目も前向きな言葉であふれており、
また彼女の行動力や芯のとおった考え方に感銘を受けながら、
半日で読み切ってしまいました。

その中でも気に入った言葉をいくつかご紹介すると・・・
「今、現れている能力は氷山の一角である」
「人は自分の思った通りの人になる」
「人間と人間はこちらが信じた分だけ相手も信じる」
などなど。上にある言葉は、
私が日頃生活している上で、行動や思考の指針としているものです。
このほかにも、「そうだよね〜うんうん。」という言葉がいっぱいありました。

また、私の最近のテーマでもある、恋愛や結婚、
また健康や長生きの秘訣についても考えを述べていらっしゃいます。
同じ女性として、自分の今後の生き方の参考になりました。
人生について考えているとき、気軽に読めるオススメの1冊です!
個々のテーマについては、また時間あるときに、じっくり語りたいと思います。
posted by kaori at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

おーっ。もう11月終わりですね。 - 毎日ひとりごと - 楽天ブログ(Blog)


早いものでもう11月終わりですね。
明日から師走です。
この1年、めちゃめちゃ早かったです。
猛スピードで終わった、っていう気がします。
年々早くなっていきます。1年が。。

このままどんどんスピードがあがっていくと
あっという間に、私も・・・(^^;

時間を大切にしたいと思います。
また、日々くいのないよう過ごしたいと思う今日この頃です。
posted by kaori at 23:51| 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月28日

家→教室→家 - 毎日ひとりごと - 楽天ブログ(Blog)


今朝も起きると外はとてもいい天気。
どっかドライブにでも出かけたくなるけれど、
今日はコート類を持って実家から一人暮らしの家に帰らなくてはなりません。

家を昼過ぎに出て池袋へ。
用事が済んでから家に帰りました。
5時前だというのに外はもう真っ暗です。

まだ早い時間だけど、もう1日が終わってしまったような感じがしてしまいました。

もう12月も間近。日が早くなるのも当然ですね。
posted by kaori at 22:04| 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

今日で28になりました。 - 毎日ひとりごと - 楽天ブログ(Blog)


今日で私も28になりました。
これで私も父が結婚した歳を上回ることになります。
さすがに両親も私のことが心配のようで、
最近は家に帰るたび、『○○ちゃんが結婚だって』話が多いです。
いつもこの類の話を聞くたび、私は怒っちゃうんですけど。

そこで、今日はちょっと真面目に結婚の話を。

私、10代後半ぐらいの頃、すっごくすっごく結婚に憧れていました。
幸せな家庭に憧れていたんですね。
私は自分の家庭がとても好きでした。
両親の仲もよく、お父さんもお母さんも弟も犬も私もみーんな仲良しでした。
休みの日は友達と遊ばなくても、家にいて家族と話すだけでも楽しかったほどです。
だから、自分も同じように明るく楽しい家庭が作りたい、そう強く思っていたんです。

そのためには、自分の父親のように、やさしくて楽しくて教養のある男性が必要だと思いました。
それで、私は自分の好みの男性を見つけるためにW大のサークルに入りました。
そこで私は「この人!」と思う人を見つけて好きになりました。
私は当時短大に通っていて、いずれはそのまま大学に進学することを考えていたので、
いつかはこの人とも別れて、自分は自分の大学でまた違う人と付き合うんだとなんとなーく思っていました。最初の頃は。
でも若かったからでしょうか、一度好きになると自分が思っていた以上にのめりこんでしまい、
この人以外には結婚はありえない!と思うほどになっていました。

その後、大学にも進学し、何事も思い通りに突き進んでいく
私の人生はすっごく快調だと信じきっていました。
半ばいい気になっていたのかもしれません。
彼が私のことを振るなんて、絶対考えられないような状況でした。
お互いの両親とも顔をあわせていたし、絶対このまま結婚するんだと、そう信じていました。

だけど、現実はそうも簡単にはいかないものですね。
私はあっさりと振られたし、彼は私のことは好きじゃないといいました。
ずっと忘れられない日が続きました。
消えてはまた浮かび、そして消えてはまた浮かび、の繰り返し。。
男の人が信用できなくて、悩んだこともありました。

昨年、久しぶりに新しい彼ができたかと思ったら
不思議なことに今度は私が結婚する気がまったく起きません。
以前のように、「この人!」と思える「何か」が足りなかったのです。
それでその「何か」って一体なんだろう・・・って考えました。
そしたら、わかったんです。その正体が。

私はずっと自分の「父親」を探しているんですね。
大好きな「第二の父親」を。
私と一緒に遊んで、笑って、知らないことをたくさん教えてくれて、時には叱ってくれて、応援してくれる。
私にとって、父親はそのまま私の理想の男性像だったのです。

つまり、父親に似ているところが多ければ多いほど、私はその人のことを素敵だ、と思う。その人と結婚したい、と思うようになる。
それが最近まで付き合っていた彼にはありませんでした。
彼には私の父親との共通項が見つからなかったのです。

そういえば、結婚を考えていた彼にいつかこう言われたことがありました。

『僕は君の「お父さん」じゃない。僕は「僕」という人間なんだ』と。

結婚と同時に離れていってしまう「お父さん」の代わりを
知らず知らずのうちに私は相手の男性に求めていたのかもしれません。

確かに、これまでに直感的に「この人いいな」と思える人たちは
みんな父親と少なくともどこかひとつとても似ている点がありました。
それは外見が似ているとかじゃなくて、「心」や「考え方」や「オーラ」なんですね。
決して外からは見えない「内面」のどこかが共通しているんです。

これからも私は父親の内面が似ている人を探すことでしょう。。
でも内面を探るには、実際にその人とじっくりと話してみないとわかりません。
だから、今後気になる人とは、じっくりと話し合う機会を作って、その人の内面をしっかり探っていきたいと思います。

以上、おしまい。

P.S これ書きながらつい泣いてしまいました・・・。どうしてでしょうね。

P.S2 今日お祝いしてくれた人、みんなに「ありがとう」。
posted by kaori at 23:18| 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

将来の目標を立てる - 毎日ひとりごと - 楽天ブログ(Blog)


今日は午後からテレビはまったく見ず、
ひたすら自分の将来について考えた。
まずやりたいことをずらずらと書き並べ、
それをカテゴリ別に整理する。

さらにそこから、それぞれカテゴリごとの目標を設定し、
その目標をクリアするための小目標を年・月・週・日単位で細分化していく。

今日はカテゴリの目標を設定するところまで。
私が一体何を目標としているのか、またやりたいことがはっきりとわかってきた。

あとさっきYahooに載ってたんだけど、これ面白そう。

「雲のむこう、約束の場所」

面白いかどうかは見てみないとわかんないけど、
絵がすごくきれいだったので気に入った。
最近のアニメは絵がきれいだね。ほんとに。
なんか、私は昭和初期の雰囲気が好きなので
こういうなつかしー感じがいいなーと思って。

早速ファミマの応募サイトで抽選に申し込んでみた。
当たりますように。。はずれても見に行きたいな、これ。
posted by kaori at 01:05| 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

よーし!!決めました!!!!!! - 毎日ひとりごと - 楽天ブログ(Blog)


私・・・・決意しました!

今日から一日一個、気になることをメモしたり
新聞から切り抜いたりして知識を蓄積することを。

そして熊谷さんの本に書かれてあったように、
手帳に自分の夢を記し、これからは常に持ち歩きます!
暇があればこの手帳にいつでも目を通し、
夢に向かって突き進みます!!!

考えてみたら、私が夢をかなえていた20歳前後の頃、
常に手帳を持ち歩きいつも気になることを書き込んでは
目を通していました。

彼との約束はピンクのペンで書いてたな〜!
お父さんの会社からもらったグレーの地味な
ビジネス手帳だったけど、シールをたくさん貼ったり
いろんな色のペンでかわいい絵を描いたりして
見てるだけで楽しい手帳でした。

初めての(ほんとは2番目?)彼と友達以上になりかけたとき、
この日が私の決戦日!って決めた日があって
その日はピンクの蛍光ペンで日付欄をぐるぐる囲ってました。

結果は、もちろん大成功。私の中で手帳を繰り返し見ることで、
自然と頭の中でシミレーションができていたのかもしれません。

だから、これからは手帳をあのときのように持ち歩き
暇なときはいつでも目を通すようにします。

まずは手帳探しから!熊谷さんオススメのFILOFAXがいいんだけど、
私がほしいクロスのデザインはかなり高いんだよなぁ。。

でももうすぐボーナスだし、思い切って買っちゃおうかな。
posted by kaori at 01:06| 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

日記のバックアップをとる。 - 毎日ひとりごと - 楽天ブログ(Blog)


この日記も12月に丸3年を迎える。

そこで、バックアップをとらなくちゃ・・・と思って
以前手動で試みたが、すぐあきらめた。

もしかしたら無料でネット徘徊してバックアップとってくれる
ソフトがあるんじゃないだろうか???と思い、早速検索。

・・・予想通りありました。。。
バックアップソフト。「巡集」っていうフリーソフトです。
ベクターからDLできます。

これ、すっごく便利です!!!
勝手にサイトの中を検索してバックアップをとってくれます。
私の700件以上の日記があっという間にフォルダの中に納まりました。

・・・というわけで、私の日記アーカイブ計画も着々と進めています。

何とか今年度末までには整理して、来年からは私だけのブログを作ります・・・。
今度は誰にも公開しない秘密日記にしちゃいます。
(今度こそはサーチにひっかかんないようにしとかなくちゃ・・・)
posted by kaori at 22:38| 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月12日

もう連Q終わりかー。 - 毎日ひとりごと - 楽天ブログ(Blog)


今日でもう連Qは終わりですね。
毎年体育の日は晴れる確率が高いといいますが、
今年の首都圏は曇り&雨でした。

私はこの連Q一体何をしていたのか?というと、
ずっと家に篭もっていました( ̄ー ̄)
今日はケーキを買いに外に出ましたけど。
(ロールケーキうまかった)

・・・とはいっても、私の連Qはまだ終わりません。
明日休みをとったから♪♪♪
だらだら〜っと過ごして家に帰る予定です。

それよりも今日も一日感傷的になっていました・・・。
(注:妄想してるだけなのでほっといてください)

今朝、変な夢を見たからなのです。
私は高層ビル(100階建て)に高速エレベータで上り、
途中50階で外の景色を眺めるというもの。
景色はすっごく綺麗だったんだけど、窓も柵もないところでこわかった。
次に場所が変わり、高所恐怖症で足がガクガクしている私を
ある男性が守ってくれるというものです。
きっと、この人が次に私の目の前に現われる男性に違いないわっ!!
・・・というわけで、こんなことで一日浸っていました。
(゜゜ )☆\(^^ ;)んなことあるわけない!

それでは、また明日〜!
posted by kaori at 01:05| 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

英語漬けの日 - 毎日ひとりごと - 楽天ブログ(Blog)


今日は朝起きたら雨降ってたので、
外へ一歩も出ないことを決意。
英語の勉強をしようと決心する。
昨日お買い物行っといて良かった・・・。
雨の日の買い物ほど憂鬱なものはないからねー。

ご飯を食べてお昼からひたすら勉強。
忘れかけてた文法を基礎からやり直す。
不思議なことに、ずーっと勉強してても全然苦痛ではなく、
むしろ早く勉強しなくては、と気持ちばかりあせっている。

結局6時ぐらいに疲れ果て、夕方寝をしてしまう。
起きたら8時だった。。。(いかにも一人暮らしの生活だ)
それからご飯を作って9時。
あるあるの血液型特集を見て
(O型はA型と相性がいいらしい。やっぱりそうか・・・
以前長く付き合えた人は2人ともA型でした。
B型と付き合ったときは3ヶ月で別れた。)
また単語の勉強。
やっと単語集が半分終わろうとしている。
どれだけ身についているかはさておき。

でも思ったより勉強が進まなかった。
こうなったら学校にでも通おうかと思っている。
しかーし、仕事が忙しいので今は無理・・・。
もうちょっと仕事が楽になったら行こうかな。
posted by kaori at 00:57| 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

女が結婚したいと思うとき。男が結婚したいと思うとき。 - 毎日ひとりごと - 楽天ブログ(Blog)


私の中でここ最近のテーマ(マイテーマ)は
もっぱら「結婚」である。

今日も仕事中、やたらと「結婚」という言葉が耳につき
(ちょうど隣の担当で結婚式で休んでた人がいたり、
別の担当で11月に結婚を控えている人がいるため)
自分の中で自問自答を繰り返していた。

いったい、結婚とは何なのか。
法律で決められた夫婦なのか。
もしくは愛する男女が共に家庭を作ることなのか。
あるいは女が男の経済力に頼って生活することなのか・・・。

私は法律で決められた夫婦とは一体何なのかが
よくわからないでいる。
法律で決められるということは、死後の財産が
家系に分配されることである。
では、経済力がない夫婦はどうなるのか。
法律で決められたから一体なんだというのか。
現代の世の中、女が男の経済力を頼る時代は過ぎた。
私の収入は同年代の男性とほぼ同じだろうし、
仕事の能率もほぼ同じだと思う。

・・・となると、結婚とは、
愛する男女が共に家庭を作ること。
やはりこれが正論なのだろう。
ところが、愛していても家庭を作ることはできない場合もある。
つまり、少なくとも家庭を支えるだけの経済力がその夫婦になくては結婚はできないのである。

私は結婚したいと思ったことがある。
でも、できなかった。
なぜか。
おそらく家庭を支える程度の経済力はあったはずだが、
彼がその気ではなかったのだ。
その気じゃないってどういうことか。
それは愛していないということ。
私の結婚願望が強まるにつれ、彼の気持ちは反比例していったのだ。

女が結婚したいと思うとき。
それはどんなときだろうか。
私の場合、「今」から逃れたかった。
どうしても逃れたかった。
なぜなら私は理想とする一流企業に入れなかったからだ。
その現実から逃れようと就職した会社は腰掛として
すぐにでも結婚して仕事をやめたかった。

今の私はどうだろう。
多分当時ほど結婚を強く望んではいない。
それは今の仕事が面白いし、今の職場に満足してるから。
現実から逃れたいときもあるけれど、
今こうして毎日周りの社員たちと論議したり他の部署の人たちと話していることがちょっと楽しかったりもする。

じゃ、男の人はどうなんだろうか。
私にはわからない。
時期が来たから仕方なく・・・?
子供ができたから仕方なく・・・?
何となく将来一人でいるのが寂しいから?

私は将来結婚する人にそんなことで
結婚したいと思わせたくない。

やっぱりこの人じゃなくちゃダメなんだと
そこまで愛してくれる人と結婚したい。
posted by kaori at 00:07| 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする