2012年04月24日

女子だけの学生生活

今月から始まったNHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」を見ています。
今、ちょうど主人公の梅子が女子医専の新入生になったところで、
私も短大に入った時のことを思い出します。

女子だけの学校という点が共通していますが、
班に分かれるというところも似ていて懐かしいです。
(私の学校ではクラスに分かれていました)

あの時の新鮮な気持ちは今でも忘れられません。
大学受験からの解放感、サークルの勧誘、新しい教科書、
古い校舎やクラスメイトとの会話など、懐かしいです。
もう17年も前の話になるんだな〜・・・。

短大のキャンパスでは、学食を食べたり、友達と空き時間に話したり
棲みついている猫と触れ合ったり、図書館で勉強したり
学生会館の2階から転げ落ちたり(笑)と思い出がいっぱいです。
またいつか行ってみたいなぁ。煉瓦に囲まれたあの空間が大好きです。
posted by kaori at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | なつかし話。昔話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/266619735
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック