2013年07月31日

歩きスマホ

自戒の念も込めて。。。

歩きスマホは危ない。
過って線路に落ちた人もいるそうだ。
スマートフォンはこれまでの携帯電話とは違い、画面をじっと見ることが多いため、
歩きながら操作をしていると周りが見えなくなるのだ。

私は今、ホームの両側が線路になっている駅を使っているのだが、
特にそういうホームで歩きスマホをしている人が怖い。
ドン、と人とぶつかることも増えた気がする。

私もついつい歩きスマホをしてしまう。
今日の帰り道、「いけない!」と思ってスマホをカバンにしまった。
スマートフォンは便利ですが、歩きながらの操作は危険です。
アメリカでは条例で禁止されているところもあるとか。

お互い気を付けましょう!!!
posted by kaori at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

新美南吉の童話

今日7月30日は、児童文学者である新美南吉の100回目の誕生日。
新美南吉というと、「ごんぎつね」や「手袋を買いに」が有名です。
先日、上野の国際子ども図書館で、日本の子どもの文学の展示を見た中にも
新美南吉の本がいくつかありました。

「ごんぎつね」は、小学生の時に体育館で映画を見ました。
いたずらぎつねのごんが、兵十を思いやって栗やまつたけを届けていたのに
兵十が火縄銃で撃ってしまうという悲劇的な結末だったので、
感受性の高い女の子は大泣きしていました。

「手袋を買いに」は、小学校3年生の時の国語の教科書に載っていました。
子狐は手袋を買うために片方の手を母狐に人間の手に化かしてもらったのに、
間違って狐の方の手を差し出してしまうところがとてもかわいかったし、
人間のやさしさと温かさを感じる良い話でした。

今は以下の青空文庫から無料で読むことができます。
28年ぶりに読みましたが、子供の頃に読んだ時とはまた違った感動がありました。
大人になってから、児童文学を読み直してみるのもいいものだと思いました。

■ごん狐
http://www.aozora.gr.jp/cards/000121/files/628_14895.html

■手袋を買いに
http://www.aozora.gr.jp/cards/000121/files/637_13341.html
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

運命数

運命数というのをFBで見て、ネットで調べてみたところ、
自分の性格が出てきて、結構当たっていました。

その結果↓

運命数 7
完全星(ニサ)
タロット:戦車(The Chariot)色:青緑
秘密・孤独・極め・鍛・武術・日本・個人・神秘・信用・宗教・誇り・精神・戦友
テーマは「極め」

古来から「7」は錬金術とも縁の深い数でもあり、自然界に潜む隠された神秘の数として知られてきました。
タロットでは「戦車」で表される「7」は、「真理」に突き進む若者の姿です。

そもそも、「7」は「3」と「4」を足した数でもあり、それぞれが「戦車」をひく2頭のスフィンクス(馬)の姿にも当てはめられます。
また、「7」の2倍「14」では、「節制」のカードを暗示し流れる川の石の如く角を取り除き、磨きをかける「魂の精錬」を意味します。
また、とても日本と縁の深い数字のようで、日本の性質そのものが「7」の性質を表しているとも言えます。
性格
人に弱みは見せず、自分の精神性に高い誇りを持つ数字です。
そして、信頼できる相手にしか自分の秘密を明かさず、一人の時間を大事にします。
また、その逆としてお笑いなどの「道化」に自分を演じることもあります。
価値観の確立のため、自分に厳しい戒律を引き、肉体改造や猛勉強をする人も多いのも「7」の特徴です。
運の悪い時には
「7」は高い誇りでとても傷つきやすく、「どうせ自分は第一人者にはなれない」と物事を始める前から
自分の精神性や才能に自信を持てず諦めてしまったり自分を卑下してしまったりすることがあります。
それを、脱するにはそのままの自分自身を受け入れ、自分に何が必要か見極め行動する必要があります。
恋愛・結婚
「完成された美しさ」を愛でる「7」は、精神性を含めた美しさに惹かれるようです。
ただ、その「7」の完全さを相手に求めすぎるとと幻滅したり、相手がついて行けなかったりする場合があります。
相性
「4」の安全星でも書きましたが、「4」と「7」と「9」は不思議に縁深く、
特に同じ「7」の人は、友人を大切にする「7」にとって特別な存在となるでしょう。
また、この「4」と「7」と「9」の運命数は良く占いにも興味を示します。
特に「7」は占いや宗教に関心が高く、のめり込む人も大勢います。
ただし、逃避のためにこれらを使うのは危険で、自分の成長のために使うことが必要です。
成長のためには
運命数「7」は、最も孤独で崇高な修行の時期です。
高い精神性と現実世界とを織りまぜる努力が絶えず必要です。
しかし、その修行も志を同じくする「戦友」を見つけることで、孤独感も弱まり、
より一層自分を高めることに繋がるでしょう。


運命数とは、自分の生年月日の数字をすべて足して1ケタになるまで
足すと出てきます。

こちらのサイトですぐに計算、運命数の詳細を見ることができます。

http://homepage2.nifty.com/smilesforest/kabbalah.html#hajimeni

なかなか当たっていると思いませんか???
posted by kaori at 22:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

谷中は楽しい

今日は国立科学博物館の深海展を見に行こうと思ったんだけど・・・
この暑い日中に長蛇の列!!!あきらめました・・・。
そしてそのまま谷中方面へ・・・。

ちょうどお昼時だったので、カヤバ珈琲でランチしました。
カヤバ珈琲は大正5年築の建物。
喫茶店は数年前にいったん閉店しましたが、NPOにより再び開店したそうです。

メニューが手書きのイラストでとてもかわいい!
外は昔ながらの建物で、中はレトロな雰囲気です。
ランチの味も良いけれど、珈琲がとてもおいしいのでおすすめ!
タマゴサンドは普通よくあるマヨネーズを和えたものではなく、
焼いた卵を挟んでいます。カヤバ珈琲の伝統メニューだそうです。

この珈琲店の近くには、谷中ボッサもあるし、
気になるカフェや雑貨店がたくさん。
谷中はのんびりとしていて、食べ歩きも楽しい♪
ときどきふと行きたくなる街です。

androidapp/44970130728231332600837866.png
posted by kaori at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

女性の優しさ

世間で男女平等が言われるようになってから久しい。
権利は平等ではあっても、やはり男女は別の生き物だと思う。
私は男女お互いの良さを尊重しあい、良いところは活かしながら
また、欠けているところは補完しながら社会を作るのが一番だと考えている。

男性顔負けに働いているバリバリのキャリアウーマンがかっこいいと、
一時期はもてはやされていたこともあったけれど、
私はそういう女性にはそれほど魅かれない。

私は女性ならではの良さ、長所を活かしながら仕事をしている人に
尊敬の気持ちを抱くし、私もまたそうなりたいと思う。

最近仕事をしていてよく思うのは、女性の性格の一番の特長とは、
「優しさ」ではないか、ということだ。
周りの女性の同僚には、とても優しい人たちがいて、困った時に
親身に相談に乗ってくれたり、探し物を一緒に探してくれたことがあったからだ。

もちろん男性にも優しさを持った人はたくさんいる。
でも、女性の優しさは男性の優しさとはまた違う。
なんというか、母親のような、包み込むような”あたたかい優しさ”なのだ。

その優しさを活かした仕事は、女性ならではの仕事だと思う。
育児(母親)、医療(看護婦)、教育(先生/講師)、心理系(カウンセラー)
はその代表的なもの。女性には、人を支える仕事が向いているのかもしれない。
ガツガツと前へ出るのではなく、一歩身を引いて人を支える。
そんな女性は素敵だと思う。

今の仕事は、「人を育てる仕事」。
女性ならではの”あたたかい優しさ”かどうかはわからないけれど、
以前、同僚から何度か「優しい」と言われたことがあった。
その優しさを活かして、あたたかい気持ちで人を育てていきたいと思っている。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

あっという間に一日が終わる

今日はあっという間に一日が終わった。

午後は外出をしたり打ち合わせがあったりで
ほとんど席におらず、気が付くと17時になっていた。

こんなとき、時間がもったいなかったと思うことがある。
これから老いていく私にとって、時間は大切なものだと
最近改めて実感している。
posted by kaori at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

顎が痛い

昨日から少し大きめに口を開くと、右の顎の奥が痛い。
旅行でご飯を食べるときによほど大きな口を開けたからなのか?
いや、そういうわけではない。

朝は顎を開くと「グキッ」と音が鳴るほどだった。
これはもしやいつぞやテレビで見た「顎関節症」ではないだろうか。
私はエラが張っているから、そんなものは無関係!と思っていたが、
顎は小さいからどうやら関係があったらしい。

このまま痛みが続くようであれば、歯医者に行こうかと思っている。
歯医者は治療が数週間にわたって長引くことが多いので、
本当はあまり行きたくないのだが・・・。
だけど、美味しくご飯を食べたいから、やっぱり早く治したいな。
posted by kaori at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

小笠原へ思いを馳せる

昨日、八丈島から戻り、「島旅行」にはまりつつある私・・・。
今度は小笠原に行こうかと思い、ネットで調べてみたのですが。。。

父島に行くには最低6日かかり、船便しかありません。
その船もフェリーではなく客船で、東京湾を出ると揺れが激しい模様。

しかも26時間という長時間の船旅。
私は乗り物に酔うことはありませんが、絶叫マシーンが大の苦手。
よく揺れる船体に耐えられるとはとても思えません。

しかし、それでも小笠原は魅力ある島が多いです。
できることならば、父島からさらに2時間かかる母島に行きたいです。
ここまで来ると、東京から相当離れたところにいることになります。

空から海を眺めると大変穏やかで荒れているようには見えないのですが・・・。
黒潮の流れは上空からは見えるものではないのかもしれませんね。
posted by kaori at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

八丈島旅行A

さて、2日目は朝5時頃の目覚ましで起こされました。
ふと気づくと彼が部屋のドアを開けてどこかから戻ってきました。
私は朝は苦手なのですが、「日の出がきれいだからおいで」と言います。

ウッドデッキに出ると、きれいな日の出!!!
ヤシの木が南国にいることを感じさせます。

androidapp/443941307232302531001825027.png

海の方へ散歩をしに行ったのですが、港の桟橋の方へ行くと、
テトラポットにぶつかる波の高さに小心者の私は恐怖を感じました。
また、山が海に入り込んでいる姿が雄大でした。

私はこのような雄大な自然を目にすると、畏敬の念と同時に
人間では太刀打ちできない、自然の怖さを感じるのです。

7時半に朝食をいただき、今日も早めに8時半に出発。
朝から向かうのは、もう一つの大きな山、三原山です。
昨日行った八丈富士とは異なり、こちらは古くからある山。
ゴツゴツとした男性的な山です。

くねくねと曲がる細い山道を登ったり下ったり。
普段車が通らないせいか、草木は伸びていて本格的な林道ドライブです。
山側は側溝があり、谷側は崖になっていてスリル満点!
私は絶対に運転できません!!!

途中、景色の良いところに止まって、昨日八丈富士から見た景色と
ちょうど反対側の景色を見ました。こっちの景色もきれい!

androidapp/44402130723222850-1798136617.png

その後もグルグルと山を登ったり下りたりして、遂に山を下りました。
次に向かう目的地は、裏見ヶ滝と裏見ヶ滝温泉です。

ほぼ同じ場所にあるので、先に10分ほど山道を散策したところにある
裏見ヶ滝を見に行きました。後から知ったのですが、裏から見れる滝だから、
「裏見ヶ滝」と言うのだそうです。
裏から滝を見るなんて、初めての経験です・・・。

androidapp/444091307232302581554154237.png
太陽の日に照らされ、きれいです。森はシダなど亜熱帯の植物に囲まれています。
本当にここは東京都なんでしょうか・・・???

短い散策も終わり、その後、無料の公衆温泉浴場の温泉へ。
水着での混浴となります。洗い場はなく、ただ浴槽があるだけ。
周りはシダなど亜熱帯植物のジャングルで何とも野趣あふれる温泉です。

なんと浴槽から外を見ると、滝が流れています!
まるでジュラ紀のような、大きなシダ植物が生えていたので
「あれは何だろうね?」と話していたら、地元のおじさんが
「あれはヘゴシダと言って、八丈島が最北端で生えているんだよ」と
教えてくれました。

水着とはいえ、やはり混浴は恥ずかしい・・・。
私の肉肉しい水着姿をおじさんたちに見られてしまいました(笑)

その後、古民家カフェへ。築150年以上だそうです。
さっぱりとしそジュースをいただきました。
座布団に座って縁側の近くで寛ぐと落ち着きます。

androidapp/44424130723222840-372282385.png

次は海の近くの「足湯きらめき」へ行きました。
この足湯からは、海が見えてきれいな景色が楽しめます。
冷え症の私は足湯が大好き。

androidapp/44488130723230241-53315680.png
たまたま肩にかけている手ぬぐいが海の色と同じでした。

この近くの港、「藍が江」は水がきれいで藍色に見えることから
名づけられているそうで、「八丈八景」の一つだそうです。
海をのぞいてみると、なんという透明度!青緑色をしています。
よ〜く見ると、縞模様の魚も泳いでいました。

androidapp/44439130723222844-1114910859.png
これぞ「八丈ブルー」!!!

さて、今日のお昼は「あしたばうどん」を食べることにしていました。
芸能人がよく訪れるという「合月」というお店へ行きました。
観光客がたくさん!翡翠色の麺をさっぱりと天ざるでいただきました。

androidapp/44447130723233159538666140.png
明日葉の天ぷらもついていました。

明日葉(あしたば)は、伊豆諸島に自生するセリ科の植物で、
『夕べに葉を摘んでも明日には芽が出る』ということから
名前が付けられているそうです。ほんのりと苦みがありますが、おいしいです。

午後は暑かったけれど、「南原千畳敷」に行きました。
ここは八丈富士の複数回の噴火により溶岩が何重にも重なって
海にせり出した黒い溶岩の独特の地形を作っているそうです。
ちょっと軽井沢の鬼押し出しに似てる気もしました。

その後、近くの「空間舎」という洒落たカフェで
レアチーズケーキとアールグレイのアイスティーをいただきました。
暑かったのでさっぱりしておいしかった〜。。

androidapp/44461130723230249-1239769682.png

まだ時間があったので、八丈富士の周りの都道をぐるっと周ってみることにしました。
途中、大越鼻灯台で景色を見ました。入道雲が浮かんでいて夏らしい海景色でした。
これが八丈島での最後の景色となりました。

androidapp/4447113072323024438033966.png

レンタカーを返し、空港へ送ってもらってからはまだ時間があったので、
お土産を買いました。会社へはミニ黄八丈サブレ。
着物のような形をしたかわいいお菓子です。

それと青ヶ島の塩と黄八丈の印鑑入れを実家用に買いました。
黄八丈は現代にも通用するいい生地なので大変気に入りました。
がま口のお財布は、風水的にも良さそうです。

帰りの飛行機(八丈島空港発17:20発(ANA 830) ⇒ 東京(羽田)空港着18:15着)
も行きと同様、安定したフライトで快適でした。
残念だったのは、雲が多くて三宅島や横浜が見れなかったこと。
行きは見れたのですが、右側の席が取れず、見れませんでした。

予定の時間より少し遅れて無事到着。
羽田で夜の空港を眺めながら夕食を取って、帰宅の途に就きました。

八丈島は思っていたよりもかなりいいところでした。
人も車も少なく、観光化されていないところもいいし、
食べ物もおいしいし温泉もあるのでまた行きたいです!
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

八丈島旅行@

3年ぶりの「島」旅行は、東京都の島です!

昨年の夏、大学時代の先輩が八丈島に行ったのをフェイスブックで見てから
ずーっと行きたいと思っていた八丈島。
ようやく念願かなって、今回行くことができました。

なぜそんなに行きたかったのかと言うと・・・

・近い(東京から飛行機で55分。実際飛んでるのは40分)
・温泉がある
・自然がいっぱい
・魚がおいしそう

そんな理由からでした。

22日と23日は夏休みを取っていたのですが、何も予定を立てておらず
18日の記事にも書いたように、急に思い立って同行者の彼を誘い、
3日前の19日に1泊2日の飛行機+宿のツアーを取りました。

そして出発の19日。八丈島への便は一日に3便。
私たちは一番早い通称「一便」の飛行機(07:30発(ANA 821) ⇒ 八丈島空港着08:25着)
に乗るため、朝は6時起床、6時半に家を出ました。 

飛行機は満席。観光客と地元の人たちが混在しているようでした。
天気が良かったため飛行機は全く揺れずに、
私たちは予定の時刻通りに山に囲まれた島に到着しました。

DSC_0077.jpg

予め予約していたレンタカー(舟山レンタカー)に迎えに来てもらい、
軽ワゴン車に乗って出発!道は少なく、車も人も少ない。
飛行機に乗ってたみんなは一体どこへ行っちゃったの???(;^ω^)

DSC_0065.jpg

まずは「八丈島歴史民俗資料館」へ行き、島を知ることからスタート!
島の場所から始まり、民俗や歴史について学びました。
それから伝統工芸である「黄八丈」も初めて目にしました。
渋くていい色合い、紺色と組み合わせると素敵な生地です。

DSC_0066.jpg

次に「玉石垣」を見ました。
玉のような丸い石を積んでできた石垣で、一つの石の周りに
6つの石が積まれているのが特徴です。
のんびり坂道を歩くといい雰囲気♪

androidapp/44278130723092853960857442.png

そして、資料館で見た島の地形のジオラマで館内のおじさんから教えてもらった
八丈富士のふれあい牧場へGO!天気がいいので、景色も良さそう♪
小さい車で山道をどんどん上がって行きます。

すると、予想以上の絶景!!!
黄緑色の牧草地で黒い牛やジャージー牛が草を食んでいる先に
島の下半分と太平洋が見えます!地球が丸く見える!すばらしいー!!

DSC_0092.jpg

日差しは強いものの、風はさわやかでとても心地いいです。
観光客はやはり少なめ。いいね〜。来てよかった!

絶景の感動の後、八丈富士を降りて、「八丈植物公園」へ。
へー・・・ここは「富士箱根伊豆国立公園」なのね。
静岡県っぽいけど、東京都か〜・・・。不思議。

ここでは私の普段フラワーアレンジメントで使っているお花が
いっぱい見れてうれしかったです。
タマシダにアンスリウム、モンステラ、クッカバラ、
タニワタリ、スパティフィラム等。亜熱帯地方の植物です。

DSC_0083.jpg
これは道で見つけたハイビスカス。

あと「キョン」もいたので見てきました。
小さいシカのような動物で目がかわいかったです。
オスとメスの2頭を見ました。

DSC_0109.jpg

この後、待ちに待った「島寿司」を食べに行きました。
予めお店を予約しておきましたが、私たち以外にお客様はゼロ。
島寿司とは、お魚を「しょうゆ漬け」にしたお寿司です。
アオダイやオナガダイ、トビウオなど、珍しい魚を食べました。

DSC_0113.jpg

午後は温泉に行くことに。
写真で見て行きたいと思っていた「みはらしの湯」へ。
露天風呂からは海の水平線と灯台がわずかに見えました。
とっても開放的な気分!!!

DSC_0116.jpg

お風呂上りはお座敷で扇風機に当たりながらくつろぎました。
もちろんこちらも海がきれいに見えます。

だんだん疲れも出てきたところで、甘いものが食べたい。飲みたい。
ガイドブックを見て「行きたいね」と話していたカフェへ行きました。
「グリーンポスト」という名前のとおり、緑色のポストが目印です。

androidapp/44349130723222823-698077692.png

きれいに手入れされた芝生の庭のオープンテラスで、コーヒーフロートを飲みながら
太平洋に浮かぶ八丈小島を見ました。贅沢です!!

DSC_0121.jpg
まるで海外の島にいるよう!

DSC_0084.jpg
これが八丈小島。

ただ、夕方になって少し雲が広がってきました。
夕焼けを見たいと思っていたのですが、少し難しいかもしれません。
今日は早めに16時に宿へチェックインしました。

宿に荷物を置いて、海へ散歩することにしました。
途中、猫に餌をねだられたりしながら、砂の道を歩くと
底土港と底土海水浴場がありました。

DSC_0126.jpg
にゃーん。お魚ちょうだい。

この砂の道と港の雰囲気は島独特です。
3年前に訪れた竹富島や西表島にちょっと似てるな〜と思いました。
海は結構波があり、溶岩と思われるゴツゴツとした黒い岩があります。
砂浜もありましたが、どうやら人工的に砂を入れているようです。

散歩から帰り、6時半から晩御飯をいただきました。
今日の宿泊客は私たちだけで、とても静か。
メダイのあら煮、アシタバのマヨネーズあえなど、
とてもおいしい味付けでした。

食後、ウッドデッキに出て月を見ると、ぼんやり雲のかかった
おぼろ月でした。マスターが部屋の照明を落としてくれました。
すると彼が調子に乗って「夢先案内人」を歌いました。

月夜の海に 2人の乗ったゴンドラが
波も立てずに すべっていきます・・・


この歌がリリースされたのは1977年4月。
私が生まれてからまだ5か月足らず。知らないのも当然です(;´∀`)

DSC_0133.jpg

その夜は選挙速報を見ながら、いつの間にか寝てました。
posted by kaori at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

待ちに待ったスーパー開店!

朝起きて、『あ、そうだ!今日から近所にスーパーが開店するんだ!』と
思い出し、ごみ出しのついでにスーパーを見学に行ったら、
ワサワサとおばちゃんたちが入って行った。ちょうど開店の時間だったらしい。

家に帰り仕度をして、すぐにスーパーへ出かけた。
今までにない生鮮品の品出し、ちょっと高級そうな商品。
スイーツ売り場には、普通のスーパーには置いていない商品。
お総菜売り場には、一人用のパックも売っていた。

これは使えそうーーーー♪
22時まで空いてるから、仕事の帰りにも寄ることができる。
ポイントのアプリにも5000円チャージしたし、これでポイントためようっと!

晩御飯はスーパーで買った食材で冷しゃぶにしました。

androidapp/434521307230928561097227716.png
てんこ盛りだけど・・・さっぱりしておいしかった!
posted by kaori at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

焼き鳥屋にて

今日は大学時代の旅行サークル仲間と1年ぶりの飲み会に参加しました。
前回も行ったことのある激安の焼き鳥屋さんです。

いろんな話をしていたけれど、中でも旅行の話は、
さすが旅行サークルだけあって、みんなの体験談が大変参考になります!
懐かしい話もたくさんしたなぁ〜。

それに久しぶりに会った人たちもいて、うれしかったです。
私は短大、大学と進学していており、サークルも2つ入っていたので
学内、学外でいろんな人と知り合うことができましたが、
その縁をいつまでも大切にしたいです。

androidapp/43422130723093916971188179.png
名物?野菜盛り。どどーーーーん!!!
posted by kaori at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

思い立ったら旅に行こう

来週の月火はプチ夏休みを取ったので、
どこかに出かけたいな〜。
それも行ったことのないところに!
と思って、つい昨日の昼休み、
ふと大学時代の旅行サークルの先輩が行ったという
八丈島のことを思い出し、ネットで調べたところまだ予約可能でした!

1泊2日という短い旅ですが、初めての
都内の島の旅にドキドキしています。
温泉や自然が多い島のようです。
とても楽しみです!
posted by kaori at 23:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

和ませシート

私はいい言葉には魂が宿ると信じています。
『いい言葉』とは何か?それはこんな言葉です。

・いいね
・良かったね
・きれい
・かわいい
・美しい
・偉いね
・素晴らしい
・すごい
・おつかれさま
・ありがとう

私たちはこんな言葉を見たり聞いたりすると、
嬉しくなるし、がんばろう!という気持ちになります。

大人になると、「がんばったね」「すごいね」と
褒められることが少なくなります。
だから、自分で自分を褒めることが大切なのです。

自分のことがすごく好き!と言う人なら、問題ありませんが、
私のように自分を責めるタイプの人なら、自分を褒める必要があります。

ちょっと汚いのですが、これを見てください。
自宅で9年間使ってきたミューズのハンドソープのボトルです。
母がおまけでついていたシールをランダムに貼り付けたものを
私が一人暮らしするときに持たせてくれました。

androidapp/42431130717232956-1844190482.png

私は家に帰ると必ず手を洗いますが、仕事から疲れて帰ってくると、
このボトルに貼られているニコニコ泡のシールの言葉たち
―「えらいぞ!」「ピカピカ!」「いい子だね!」
が私の心を和ませていることに、ふと、気づきました。

まるでその言葉が母が言ってくれた言葉のように思えて、
一人暮らしの私は元気づけられていたのかもしれません。
このシールを見ていると、不思議と心がほっとするのです。

先日、泡のハンドソープに切り替えたことをきっかけに、このハンドソープの
ボトルは廃棄することにしましたが、私に元気を与えてくれたこのシールだけは
捨てることができませんでした。

そこで、水道工事店の広告で入っていたマグネットシートにマスキングテープを貼り、
このシールを貼りかえて、『和ませシート』を自作しました!
左下の大きな泡からは、ふせんで私の疲れを癒す言葉も追加しました。

androidapp/43405130717232946-61410742.png

仕事で疲れた時も、このシートを見れば、ほっとします。
家に帰ってきても誰も褒めてくれる人がいないから、自分で褒める(笑)
自責傾向の強い、一人暮らしの私ならではの、自分を褒めてくれるシートなのです。
posted by kaori at 23:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

連続遺失物

今朝、定期を忘れた。
仕方なく、自腹で交通費を出した。
土曜日にフラワーアレンジメントのレッスンに行ってから
トートバッグに入れっぱなしだったのだ。

家に帰り、トートバッグを見たが、定期はなかった・・・。
パスケースには定期の他に、銀行のキャッシュカードも入っている。
顔が青ざめた。冷や汗も出てきた。

もう一度バッグの中身を出して確認してみたが、やはりなかった。
他のバッグも全部見たがまったくない。

落としたのかも・・・。

あせった私は駅に電話をしたが、届け出はなかった。
次に警察にも電話をしたが、やはり届け出はなかった。

どうしよう・・・。

もう一度最初に見たトートバッグを一つずつ物を出して
よ〜〜〜〜く見た。
すると、、、
スケッチブックの間にパスケースが挟まっていた。

ほっ・・・、よかった〜!!!

一安心したのもつかの間、今度は会社に持っていった
タオルハンカチが見当たらない。
もしかしたら会社に忘れたのか、落としたのか・・・。

遺失物はまだまだ続く!!!ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
posted by kaori at 22:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

商店街でかき氷

今日もあまりの暑さに朝からダラダラと冷房の効いた部屋で
ゴロゴロしていたのですが、昼からかき氷を食べに行こうと思い、
自宅からバスに乗って10分ほどのところにある商店街の
甘味屋さんで宇治金時を食べようとしたのですが・・・。

何と予想外の長蛇の列!!!でもここまで来て帰るのは嫌だったので
並びに並んで生醤油団子やいなりずしを食べながら1時間20分後、
ようやくお店の中に入れました。
数あるメニューの中から選んだのは、氷ミルク宇治金時!

androidapp/43256130715002347-1424325409.png

抹茶の味が濃くて甘くなく、甘さはミルクとあずきのみ。
ミルクを入れるとあずきの甘さがマイルドになりおいしかったです。
氷がふわふわで口の中に入れるとすっと溶けていくのと同時に
口から全身が冷えていくようでした。

ちょうど氷をいただいているその時、アーケードの上で
ピカっという雷光と同時に『ドカーン』とものすごい音が鳴りました。
夕立で雷が轟き、大雨になったのです。

商店街のアーケードは思っていたよりも長く続いていたので
晩御飯のお惣菜や豆腐やがんもを買っているうちに、
雨は小降りになりました。

昼には蒸し暑かったのに、雨が降ると涼しくなって
夕涼みがてら、自宅に着いたのでした。
天候もおやつも日本の猛暑らしい一日となりました。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

気温差でアレルギー

夜も暑いですね。クーラーなしでは過ごせなくなりました。
とはいえ、私はクーラーが少し苦手なのです。

つい先ほど、少し体が冷えてきたので、クーラーを消しました。
するとくしゃみ連発、水のような鼻水が出てまるで花粉症のよう!
気になったのでネットで調べてみると、私のような症状の方が
たくさんいることに驚きました。

それは、気温差によるアレルギー症状「寒暖差アレルギー」とのことです。
今回のように急に涼しいところから暖かい場所に出たり、
逆に、急に暖かい場所から涼しい場所に入ると鼻の粘膜が刺激され、
くしゃみや鼻水が出るそうです。

鼻の粘膜の刺激には個人差があるようですので、人によって症状の出る人と
出ない人に分かれるとのことですが、私はどうやら前者のようです(;´Д`)
うどんやラーメンを食べると鼻水が出る人はそのタイプとのこと。
確かにそうかも・・・。特に辛いうどんを食べるときとか。

対策はマスクをして、鼻の粘膜に刺激を与えないようにするといいそうです。
それと体を冷やさないように、足を温かくして、カーディガンを羽織るといいそうです。
敏感な体だからこそ、しっかり対策して鼻炎対策しなくちゃね。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

Newton

私は中学生の頃までは、理科が好きでした。
元々、空想の物より、現実の物に関心がある方でしたし、
物語を読むより、図鑑を見るのが好きな方でした。

父は化学専攻の理系出身です。大学時代の写真を見ると、白衣を着ていました。
子供の頃に、よく「Newton」という科学雑誌を買ってきて愛読していたので
私もペラペラと絵や写真を眺めていました。

この雑誌は絵もリアルだし、カラフルで写真もきれいなんです。
子供の頃の私には、相対性理論や遺伝子などよくわからない言葉も
いっぱいあったけれど、世の中にはこんなに不思議な世界があるのかと、
興味を持って見ていた記憶があります。

だけど、父は私が質問をしてもあまり答えてくれることはありませんでした。
そういえば、こんなこともありました。
子供の頃の私がお腹の中の胎児がどのように育つのかを数ヶ月おきに
表したイラストを見た時に、妊娠0か月の受精卵を見て、

『お父さん!赤ちゃんってもともとは卵だったの???』
と、父に聞いたところ、
『そんなこと聞かなくてもいいだろ!大人になればわかるよ!!!』
と、投げやりな態度で答えたのです。

その時の私はなぜ父が投げやりな態度を取ったのかわかりませんでした。
自分が何かいけない質問でもしたのだろうか、と悲しくもありました。
今思えば、性に関わる話だったから、子どもには答えにくかったのでしょうね。

だけど、私の大学時代の友人が同じようなことをお母様に聞いたところ、
後日、無言でそっと子供向けの性教育の本を友人に手渡したそうです。
私はできたらそういう母になりたいな、とその時、思いました。

・・・話がそれました(;´∀`)
先日その「Newton」が本屋の雑誌コーナーに置いてあったので
思わず久しぶりに赤い表紙を手に取りました。
なぜならテーマが「富士山」だったからです。

中を見ると富士山の成り立ちや富士山のきれいな写真がありました。
一冊1000円と少々高額ではありますが、写真やイラストをぼーっと眺めてもいいし、
解説も一般向きなので、興味を持っている個所をかいつまんで読むこともできます。

子供の頃にはよくわからなかった言葉も、今はなんとか理解ができます。
文系の私でも読める面白い科学雑誌です。

Newton (ニュートン) 2013年 08月号 [雑誌]Newton (ニュートン) 2013年 08月号 [雑誌]

ニュートンプレス 2013-06-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by kaori at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然/科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

新世代ベアーズ

さっきNHKのニュースで流れていたのですが、
今、北海道の知床では「新世代ベアーズ」という
人を恐れないヒグマが増えているそうです。

私が14年前に訪れた知床では、ヒグマは人を恐れるので
ほとんど出会うことはないと聞いていました。
年中北海道に行っていた旅行サークルの仲間の中にも、
ヒグマに出会ったという話は聞いたことがありませんでした。

しかし、人を恐れるヒグマは世代交代し、
銃で撃たれることがなくなった今のヒグマは、
街に出たり、道路の近くを歩いたりするそうです。

自然のマナーに無頓着な人たちは、パンを与えていました。
絶対にこのようなことはしてはいけません。
一度味を覚えたヒグマは、人を襲うことがあるからです。

また、子グマを撮影する人たちもいました。
これもとても危険な行為です。
近くに親グマがいる可能性が高いからです。

ヒグマはとても恐ろしい動物です。
その恐ろしさは、以下のウイキペディアを見ればわかります。
大正時代に起きた、ヒグマの事件です。

▼三毛別羆事件(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%AF%9B%E5%88%A5%E7%BE%86%E4%BA%8B%E4%BB%B6

私はこれを夢中になって読みましたが、
あまりの生々しさに背筋が凍る思いをしました。
ヒトの味を知ったヒグマは、何度も襲いに来る
執拗さと執着心を持っている動物なのです。

↓この本にもその事件の様子が書かれています。
羆嵐 (新潮文庫)羆嵐 (新潮文庫)
吉村 昭

新潮社 1982-11-29
売り上げランキング : 3885

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by kaori at 21:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然/科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

ネオクリッツ

androidapp/42173130710235730-269880739.png

お花のレッスンでは、デザイン画を描くとイメージが湧きやすいとの
先生の教えに従い、先日から色鉛筆を持っていくことにしました。
ところが、色鉛筆用のペンケースがなかったので、今日ハンズに寄って買ってきたのが、
このKOKUYOのネオクリッツです。



自立できるので、ペンたてとして使うことが出来る点が気に入りました。
色鉛筆は色を選んでから鉛筆を手に取るため、ペンたての方が使いやすいのです。
外出先でも場所を取らないので、気軽にスケッチに持って行けそうです。

私が買ったデザインは、外側がピンク、ファスナーが茶色で
中が茶色地にピンクのドットが入ったもの。
ピンクと茶の色の組み合わせが好きなので、とても気に入りました。

上半分を裏に返すと、マジックテープのついたポケットもあります。
また、手前にも小さいポケットがついているので、消しゴムなど
小物を入れるにも良さそうです。

化粧ポーチとしても使えます。
・・・が、文房具大好きな私はペンケースとして使います♪

■ネオクリッツ(KOKUYO S&T)
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/neo-critz/
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

炭酸水

最近ちょっとはまっている飲み物があります。
それが、このセブンプレミアムの炭酸水。

http://www.sej.co.jp/sej/html/products/7premium/2010/414111.html

ノンシュガーノンカロリーなので、お風呂上りに飲んでも
カロリーを気にする必要がないし、甘さがなくさっぱりとしています。

私は飲まず嫌い(?)で、今まで炭酸水を飲まなかったのですが、
このセブンプレミアムのであれば、レモン風味とグレープフルーツ風味があるので
爽やかな香りを楽しみながら飲むことができました。

お酒やサイダーはカロリーが気になるから飲みたくない。
でも、さっぱりしたものが飲みたい!っていうときにおすすめです!
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠い・・・

今日は昼間、ものすごく眠かった。
どうしても眠くて0.1秒は眠っていたかもしれない。
特に、打ち合わせ中に眠くなると耐えがたいものがある。

寝ても寝ても眠い。ならば少しでも早く寝よう。
では、おやすみなさい。
posted by kaori at 23:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

夏の昼下がり

梅雨明けして、外はカンカン照り。
日本の夏はただ暑いだけじゃなく、じとっとした
蒸し暑さがあるから苦手です。

でも、だからこそ、外から帰ってきて
冷房のきいた湿度の少ない部屋でソファーにごろりと横になって
お菓子やアイスを食べているととーっても快感♪

今日も午前中は、縁結びと子宝の大明神様のところへ行き、
午後は部屋の中でだらけてました。

次第に眠くなってきて、知らぬ間に寝ていたようです。
気付いたら夕方になっていました。

子供の頃から夏の昼下がりというと、プールの後の昼寝のイメージが浮かびます。
安心できる人のもとで寝ることができるのは、
大人になっても同じなのだと思いました。
posted by kaori at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

サラダ記念日

今日は7月6日。サラダ記念日ですね。

今朝、新聞でこんな広告を見かけました。



みんな上手に短歌を作りますね。
情景が目の前に浮かんできます。

▼関連記事
http://caorine.seesaa.net/article/135075671.html
posted by kaori at 15:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

転換点と昨日の私

今日は社内交流会があって、その中である女性の講演を聞いた。
どの話も大変面白く、実務のためにもなった。

その中で2つ、私が心に残る話があった。

ひとつは、その方の人生の考え方を変える「転換点」があったこと。
その方にとっては、1995年1月の阪神大震災だったという。
人生の積み重ねは一瞬にして消えてしまう、と感じて、
自分の「使命」というものを考えるようになったそうだ。

私にはまだ、そういうきっかけがない。
東日本大震災も私にかなりの衝撃を与えたけれど、
直接多大な被害を受けたわけでもないし、人生を転換するほどではなかった。

これから私にもそんな転換点きっかけがやってくるのだろうか。
いや、そうではない。きっと、自分が日頃考えている信念がなければ、
そのきっかけもやってこない気がする。
そう考えると、私は20代の頃のように信念を持って生きなくてはならない、と
改めて思った。

もうひとつは、自分の成長は、他人と比較するのではなく、昨日の自分と比較して
今日の自分がどれだけ成長したかを考えることが大事だという話。

私は子供の頃から、ずっと他人を意識してきた。
他人よりも優れているか、そうでないか。
親からもいつも言われていたし、私もいつも考えるようになった。

他人よりも点数が良い、他人よりも大人しい、そうやって
比較されてきて、今も私は他人と比較した自分を見つめている。
そして、自分のふがいなさに落胆することも数多くあった。
他人だけではない、動物や虫と比較することすらあった。

だけど、比べるのは他人ではなく、自分なのだということに感銘を受けた。
昨日の自分と比較して、何かができるようになった、何かを覚えた、
ちょっとしたことでもいいから、自分が成長できたら「すごい!」と
自分で評価することが大切なのだと思う。

大人になると、『すごいね』と褒められることは少なくなる。
本当は褒めてくれる人がいつもそばにいるといいかもしれない。
だけど、一番自分をわかっている自分が自分を褒めれば
たとえ褒めてくれる人がそばにいなくても、強くなれる気がする。

私は「自分には厳しく、他人には優しく」を信条として
今まで生きてきたつもりだけど、もっと自分に甘くていいのかもしれない。
敵は他人ではなく、「昨日の自分」なんだね。。。
posted by kaori at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

腹筋と足痛い

夏が近づき、毎週火曜日に行っているエアロビも人が増えてきた。
みんな痩せたいと思って来ているのだろう。

私は夏になると体重が増える体質なので、いつもに増して
下半身がやせるようにがんばろう!と意気込んでいる。

今日も腹筋を鍛えるトレーニングをしたのだが、もともと腹筋のない
私にとっては、結構過酷なものである。
おかげで、腹筋と足がとても痛い。

だけど、これも「美」のため!
きれいに洋服を着るためには、多少の困難は必要なものだと思って
これからも毎週エアロビと筋力トレーニングをがんばろー!!
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

気になること

最近、通勤に使っている地下鉄が混んでいる。
私がここに越してきたときには、まだ空いていた。
それなのに、最近は時間帯も早いせいか、ぎゅうぎゅう詰めである。

地下鉄が空いていて通勤が楽だったから、ここに決めてよかったと
思っていたが、最近は楽とは言えない。
しかも、山手線に乗り換えた後も混んでいる。

山手線は、内回りに乗っているが、池袋からはとても混んでいる。
新宿で人がどどーーーっと降りるのだが、同じくらいかそれ以上の人が
またどどーーーっと乗ってくる。これがものすごい。

ところが、同じ時間帯で原宿から外回りに乗った時には空いていた。
ということは、同じ山手線でも内回り、外回り、区間によっては
空いているところがあるということだ。

できることなら、空いている電車に乗って通勤したい。
平日の朝、山手線をぐるっと一周して、通勤の最寄駅まで
どの区間が空いているのかを調査してみようかな。
posted by kaori at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする