2011年11月30日

人生の棚卸し

昨日から、仕事が終わってからスタバに数時間こもって
自分の人生を振り返り、35年分の覚えている出来事を
すべてノートに書きだしてみた。

その後、私が得意なもの、不得意なものを考えてみたり、
これまでのブログで人生を振り返った時の記事を読み直したりもした。

なぜ私がこのようなことをしているのかと言うと、
残された人生で私はいったい何がしたいのかを自分自信に訊いているからだ。

私は人生を甘く見ている。過去、何人かの親しい知人、友人にも言われた。
私と言う人間は夢物語ばかり見ていて、現実を見ていないと。
現実はもっと厳しいということだ。

『毎日楽しく過ごせていれば、それでいいや。今さえ楽しめればいっか。』
と思ったこともあった。でも、本当にそれでいいのか。
一度しかない人生、このままでいいのか。

35歳という年齢はもう若くはないが、これから歳を取る一方だし
今だったらまだ行動できるギリギリの歳ではないかと思う。

私の大学時代の信条は『今しかできないことをする』だった。
しかし、今は年齢や現実の壁に押されて、それが揺らいでいる。
今しかできないことをするならば、私はここにいる必要はない。
posted by kaori at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

【パッチワーク】No.19 ログ キャビン



ずっと作りたかったこのパターン。
いかにもパッチワークらしくて好き!
布の配色もカントリーチックで気に入りました。

ログキャビンは名前の通り、丸太小屋です。
丸太小屋にある「まきストーブ」を暖かい家庭の象徴に見立て、
このパターンの中央には、炎を表す赤い布がよく使われるのだそうです。

暖かい家庭の象徴か・・・素敵ですね。
見ているだけでかわいくて、ほっとするパターンです。

P.S. どうしてもこのパターンが早く作りたかったので、
   ちょっと間をとばしちゃいました(;^ω^)
posted by kaori at 22:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

引きこもり

だんだん寒くなってくると、休みの日は家の中に引きこもりがち。

冷え症の私は外の冷たい空気が苦手なため、
金曜日や土曜日に買い物、掃除、洗濯などやることをすべてすませておいてから、
日曜日は自分の好きなことをするのが至福の時だった。3年前の冬までは。

今日は家の中でずっとパッチワークをしたり、旅行番組を見ていた。
布を切ったり、縫ったりする作業に飽きたら、手を休めてお菓子を食べる。
お腹がすいたら、食べたいものを食べる。(確実太ってるな、私)

昼は冷凍うどんを「かまたま」にして食べた。
味付けは玉子としょうがと白だしのみ。これがおいしい!
冷凍うどんはレンジで3分半あっためるだけ。
ゆでなくていいから鍋も汚れない。なんて素敵なレシピ!

夜はヘルシーに野菜のみのおかず。
里芋の煮物に、納豆に白菜としめじの味噌汁。
私にはこれくらいがちょうどいい。

母が高血圧と診断されたので、少し心配。
多分、運動不足と肥満がたたったのではないかと思う。
私の家で1か月一緒に生活すれば、確実にやせるのにな〜。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

35歳の決断

私も先日、ついに30代ど真ん中という節目の年になりました。
あっという間にこんな歳になってしまいました。
いつまでも夢ばかり見ていないで、もっと現実を見ないとね。

昨日、職場の人たちと『自分がしたいけれど、なかなか実現していないこと』
について話をしていました。
私はその時に「耳にピアスをあけたい!」と話したら、
「じゃあ、『35歳の決断』であけちゃおう!」と同僚に言われました。

そうか、『35歳の決断』ね・・・。
これをいいきっかけにして、実行に移すのも悪くないかな?

その時にも話していたのですが、私はずいぶん前に
『白い糸伝説』を聞いてから、ピアスの穴をあけるのをためらっていました。

私の世代なら知っている方も多いと思いますが、『白い糸伝説』とは、
「ピアスをあけると、耳から白い糸が出てくる。その白い糸を引っ張って
糸が切れると失明する」という意味不明のものです。
今考えると、なんで目の神経が耳にきてるの?わけわからんって感じですが・・・。

あと、もうひとつためらっていた理由が、「金属アレルギー」です。
私はもともとアレルギー体質で、金属もメッキなど安いものを
アクセサリーや時計で身に着けていると、すぐにかぶれてしまいます。
だから、私が身に着けているアクセサリーはプラチナや18金など、
極力不純物が入っていない金属なのです。

でも、ピアスってデザインもかわいいし、20代の頃からいいなーと思ってました。
職場でも小さなダイヤなどをつけていると素敵ですね。
これから中年に突き進むことだし、せめて顔の周りだけでも
キラッと光るような大人の女性になりたいなぁ・・・。

この前のフェアトレードのアクセサリー店に行って
素敵なアクセサリーを身に着けたら、ちょっとは外見も良くなるかしら。
posted by kaori at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

梅酒をたずねて三千里

仕事を定時であがった後、上司に倣って、1つ先の駅まで歩いてみた。
『うん、歩くっていい運動になるな、今度は3つ先の駅まで歩いてみよう!』

・・・と良い気分になった私は、重要なことをすっかり忘れていた。

それは、

『梅酒を買うこと』である。

その理由は、明日のフラワーアレンジメントに瓶を使うため。
梅酒の10cm程度の小さい瓶。
でもこれがなかなか見つからなかった・・・。

家に帰ってからそれに気づいた。
寒い夜にまた外へ行くのは超面倒だったが、仕方がない。
家の近所の酒屋へ駆け込んだ。大きな瓶のものしかなかった。

次に、ファミマに行った。やはり小さい瓶の梅酒はなかった。
そして、セブンに行った。またもや、なかった。
『もうこうなったら、スーパーに行くしかない!!!』と思い、
うちの近所で一番大きなスーパーに行った。

そしたら、あった(笑)
最初からスーパーに行けば良かったのだ・・・。

androidapp/1151111125212715-926813293.png

こうしてようやく手に入った梅酒だが、明日までに空にしなくてはならない。
私はまったくの下戸で、アルコールが手に触れただけで赤くなってしまう。
だけど、とりあえず空けなくてはね。

というわけで、早く消費すべく、ロックで飲んでる。
ああ、、、おいしい。ほんとにおいしい。
お酒が強ければいくらでも飲みたい。

でも、お酒に弱い私がこんなにたくさん梅酒を飲むなんて・・・。
明日は正常にアレンジメントできるんだろうか!?

androidapp/1152111125212729-1694445357.png
posted by kaori at 21:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

悩みぬいて得られたもの

今日は1時間だけ残業をして、その後急ぎ足で19時からの
フェアトレードコンシェルジュ講座に行ってきた。
早いもので、もう5回目。

この講座は、フェアトレードについて学ぶものだが、
私にとっては、毎回講演してくれる人たちの
開業に至るまでの話がおもしろくて、いつも話に引き込まれる。

毎回、講演者は異なるのだが、皆さんに共通していることは
大学時代に人生の進路に悩み、悩みに悩みぬいた結果、
自分の道を定めて突き進んでいるということだ。

そして、自分の道が決まったら、すぐに行動している。
とにかく意志が強くて、行動力があって、タフである。
私にはないものばかりだから、とても尊敬する。

『自分の命を何に使えるか?』という考えを持っていることに
とても感銘を受けた。
私は、自分の命が惜しくて、怖くて、だから行動できずにいるから。
傷つくことを恐れていては何もできない。
まず一歩を踏み出さなくては。。。

苦しいことも、きついことも、壁もいっぱいあるけれど、
堅い意志と行動力を持っていれば、困難なことでも成し遂げられるのだと
この講座の話を聴いていると、いつも感じている。

私は先日、もう30代半ばだから、転職は厳しいと言われた。
それは間違ってはいない。現実を見れば、当然のことだ。
だけど、夢をあきらめてしまったら、私は私ではいられなくなると思う。
私は私でありたいから、夢をあきらめたくない。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

何度目かわからない失恋

今日は上野動物園へ行ってきた。

動物園の門を入った時は二人で入ったのに、
動物を一通り見て、帰りの門を出た時には一人になっていた。

つまり、私はまたふられたのである。(これで何度目になるのだろう?)

今回も原因は特にないが、私はこの別れを予感していた。
なぜ、今日私は動物園へ一緒に出かけたのかもよくわからない。
『これで本当にいいのか』と自問していた。

彼は私のことがもう好きではないと語った。
それは間違いのない事実である。

私のことが好きでない証拠に、私が嫌いな煙草を吸いに行く回数が増えたのと、
7月頃からだろうか、彼は私に対して、特に仕事面に関して厳しく指摘するようになり
時には感情的に言われることも多くなった。

そのたびに私はぐっと胸が苦しくなるような気持ちになった。
その指摘は事実ではあったが、言い方がきつくて私には怖かった。
思わず、泣いてしまうこともあった。

また、彼は日によって気分が盛り上がる日、そうでない日が明確で
私に対して冷たい態度を取ることも、ずっと前から数多くあった。
それは、決して彼の持病のせいなどではない。

私はこの人とこの先ずっと一緒にいると、自分がつぶされてしまう、
彼のペースにふりまわされてしまう、そう思ったので、
もう今後連絡を取ることはないだろう。

すべては、私への愛情が薄れたために起こった出来事であり
彼自身の人間性を否定するつもりは全くない。
根は真面目で良い人だが、私の適当な考え、あいまいな点、
考えが定まっていない点が気に障り、言わずにはいられなくなったのだろう。
指摘はごもっともだと思うが、私はその言い方には耐えられなかった。

彼も知り合いの方々も、ご家族もとても良い方たちだった。
皆様と少しでも交流できたこと、お世話になったことを心から感謝したい。
どうかお元気で。
posted by kaori at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

【パッチワーク】No.16 ドランカーズ パス



やっとできたー!『ドランカーズ パス』。
曲線が縫いにくかったけどがんばりました。

不思議な幾何学模様に見えますが、パターンの名前の由来が面白いです。
酔っぱらいのおぼつかない足取りに見えることから、このような名前が付いたそうです。
日本では、「酔っ払いの小道」「千鳥足」などとも呼ばれるとのこと。

まるで誰かさんのようですね・・・(^^;

さ、どんどん先へ進まないとね!(あと4号分たまってるからね。。)
次回もお楽しみに〜!
posted by kaori at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

生とろプリン

 

昨日、別宅の主が買ってきてくれた
ファミマの『生とろプリン』がとてもおいしくて、
今日も無性に食べたくなり、寒い夜にもかかわらず、
20時過ぎに家から走って近所のファミマへ買いに行った。

わずか148円でこの味は絶対に「買い」ですよ、奥さん!
口当たりはとってもなめらか。
別添のカラメルソースは、程よい苦みとバニラビーンズが美味しい。

プリンのフタにはこんなことが書かれていた。

おいしさのヒミツ
とろ〜りなめらかな食感が引き立てる北海道産純生クリームの深いコク!

香ばしいカラメルソースをひとくち目から
味わえるように別添にしました。
お好みにあわせてお楽しみください。


ファミマのスイーツは男性向けのガッツリ系だと思っていたけれど、
このプリンの味は意外にも私好みだった。

androidapp/1126111121205818-1900373699.png

皆さんもぜひご賞味あれ〜。
posted by kaori at 20:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

模索ではなく行動

2日前に誕生日を迎えたばかりだが、これからは具体的に行動しないと
あっという間に40になってしまう気がして、気持ちだけがあせっている。

私は40を一つの節目に考えていて、特に仕事面ではいろいろと思うことがあるので
それまでに何とかしなきゃ、でもどうしたらいいんだろう、とあれこれ考えている。

高校生くらいの頃まで、私は「普通」ではないことはなんとなく感じていたが、
20代の時には「普通」であることを望んでいた。
しかし今ではその夢も絶たれ、新たな道を模索している。

30代前半ではその模索だけで終わってしまったので、
これからの5年で何とかしなくちゃ、という思いが強い。

頭の中であれこれ考えていても、結局そのうち考えるのをやめて楽な方に流れるので
明日からは真剣に自分の人生について考えて、行動に移そうと思っている。
posted by kaori at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

誕生日プレゼント

昨日誕生日を迎え、今日はプレゼントをいただきました。

プレゼント@
ガラスペン。


androidapp/11231111192324221707221237.png

前からほしかったのでプレゼントとしていただきました。
インクはきれいな水色とシクラメン色(ピンクの濃い色)。

プレゼントA
夜景のきれいなイタリアンレストランでのコース料理。


お店の大きな窓からはライトアップされた
服部時計店が見えて、とても素敵な雰囲気でした。

androidapp/11141111192324121498981781.png

料理はどれもとてもおいしく、ボリュームもかなりありました!
特にかきと生ハム、舌平目がおいしかった〜!

DSCF9029.JPGDSCF9033.JPGDSCF9043.JPGDSCF9041.JPGDSCF9037.JPGDSCF9039.JPGDSCF9035.JPGDSCF9045.JPG

なぜか???デザートはお皿が何枚も積み上げられた形で出されました。
どうやら私を喜ばせるための誰かの仕業のようです。。
デザートに書かれたイタリア語のメッセージは「よい誕生日を」という言葉だそうです。

店長がとても面白い方で、写真を撮るときに「君の瞳に乾杯!」という札を
こっそり見せてきて、思わず笑ってしまいました。

とても心に残るプレゼントをありがとうございました。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

ありがとう!



今日は私の記念すべき生誕35周年の日でした。

mixiやFacebookでお祝いの言葉をいただいたり、
メールをくれたり皆さん本当にありがとう。

サプライズでこんなに素敵な花束もいただきました。
赤のバラに白のバラ、オレンジや黄色のスプレーバラ。
カスミ草がちりばめられていてとてもきれいな花束で感動しました。

私のために、みんなありがとう。
心から感謝します。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

さらばアラサー

さて、今日で私もアラサーを卒業だ。
明日からは四捨五入すると・・・ぎゃーーーーーーーーー!!!
も、、、もうそんな歳になるの???Σ(゚д゚lll)

そんなわけで、私の30代前半を振り返ってみたい。

30歳 仕事と恋愛に模索していた。
31歳 仕事と恋愛に疲れ果て、新たな道を目指した。
32歳 前向きに生きようと思った頃、心ときめく出会いがあった。
33歳 理想と現実の狭間に思い悩んだ。
34歳 仕事が変わって心機一転したが、いろいろと悩みはつきなかった。

こ、、、これは。。。(;・∀・)
模索だらけの5年(=誤年)ではないかー!

こんなことじゃいけない!明日からの30代後半はもっと悩まず、建設的に行動しよう!
とりあえず何か目標を立てようかしら。
posted by kaori at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

YCセンターからのお届け物

夜帰宅しくつろいでいると、「ピンポーン」と音がした。
『こんな時間に誰だろう?』とインターホンの画面を見ると
肩に大きな荷物を担いだ男性がいる。顔は見えない。

普段なら居留守を使うところだが、宅配便だろうかと思い
インターホンに出てみると、
「YCセンターからのお届け物です」と言う。

明らかに怪しいが、オートロックを開けた。
すぐにうちのインターホンが鳴った。
ドアを開けると軽そうな青年がいた。
絶対にこれは宅配便の配達員ではない。

私の怪しいと思った予想は見事に当たった。
YCセンターというのは、読売新聞だったのだ。
そして、YCセンターからのお届け物はトイレットペーパーであった。

数年前、私は読売新聞に詐欺まがいの勧誘をされたことがあり
3か月ほど契約していたが、その情報を頼りに勧誘員は訪ねてきたらしい。

「こちらで契約していましたよね・・・?」と聞かれたが、
「いえ、知りません」としらを切り、すぐにドアを閉めた。

なぜ、読売はいつもこのような詐欺のようなことをして勧誘するのか。
前も「町内会からのお知らせです」と言われてドアを開けた時も読売だった。
まずは正々堂々と名乗るのが正しい営業方法ではないか。

私は読売新聞自体は嫌いではない。
しかし、営業方法が嫌いだ。
なぜこのような売り方しかできないのか。
このような売り方を続ける限り、新聞業界は下降の一途をたどるだろう。
もうこのような訪問販売をやめて、新しい販売方法に切り替えるべきだと思う。
posted by kaori at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

寒い日には



寒い日には、これ!
やっぱりおでんがおいしいよね。

トマトのおでんをはじめて食べた。
あっさりした和風だしが合う。 

北風が冷たくなってきた。
冬はもう間近。
あったかくしておやすみください。。

posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

もうすぐ年末

早いものでもう11月。
今年もあっという間に終わりそうだ。

子どもの頃は新しい年が来るとワクワクしたものだが、
私は最近、大晦日になるとふと、寂しい気持ちになる。

自分だけが同じ場所にずっといて、周りはどんどん変わってしまう、
そんな気がするから、寂しい気持ちになるのかな。

さて、そろそろ年賀状の準備もしなくちゃね!
来年は辰年か〜・・・。

posted by kaori at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

伊勢願掛け旅行(二日目)

朝起きると、今日も晴れ。
私は『晴れ女』だから、旅行の時は大抵晴れるのだ。

窓の外を見ると・・・
青緑の海の上に、ぽっかりといくつかの島が見えて良い景色!
山が海に落ち込んだようなこの景色は日本ならではだよね。

view.jpg

さて、今日は今回の旅行のメインとなる伊勢神宮へ。
伊勢市まで電車で移動し、まずは外宮へ。
私はここは初めての訪問(のはず)。

参道を歩くと、なんともいえない清々しい空気。
気温は割と暖かなのに、風が涼しく心地よい。
これが神社の空気なんだよね〜。
さすが日本を代表する「パワースポット」の一つじゃ!

geku.jpg
外宮の入り口。

外宮をさっと一通り回った後は、バスに乗って内宮へ。
ここは2回目。でも前と違って人がわんさか。
土日はこんなに混んでいるのね。

geku2.jpg

お参りするのにこの行列!なんということじゃ。。
ここで私は105円のお賽銭を入れた。
その意味は、『盛りだくさんのご縁がいただけますように』
もちろん男女関係なく、だよ!!!誤解なきように。

五十鈴川の流れも清らか。

river.jpg

isuzu.jpg
御手洗場では川の水に手を浸したよ。いいね。この場所、大好き。

このようにとても気持ちが浄化される伊勢神宮だが、不思議に感じたことが2つあった。

@ニワトリの放し飼い。なぜ???
tori.jpg

Aみんなが手をかざしていた3つの石。なんなのこれ・・・?
isi.jpg

誰かこの2点について、答えを教えて。
ググれば多分答えが出てくるんだろうけど・・・。明日調べよ。

内宮も回った後は、おはらい町&おかげ横丁に行った。
ここでお土産をいろいろ買った。
赤福はものすごい賑わいだね。

あおさ、めひび(めかぶ)、ほうじ茶。
食べ物ばっかだね・・・でもこれでいいのだ。
めひびは父がよく津に行った時に買ってきて美味しかったので買った。

お昼ご飯もおはらい町にあるうどん屋で食べた。
名物の「てこね寿司」と「伊勢うどん」のセット。
伊勢うどんは太いけど、讃岐うどんのようにコシがなくて、
ぶよぶよしている麺と、甘辛い黒いつゆが特徴だね。

lunch.jpg

その後豆腐屋さんで「おとうふソフト」を食べた。
やわらかくて、なめらかで、優しい味。
甘過ぎなくて、とてもおいしかった〜!
やっぱり旅先でのスイーツと言えば、ご当地ソフトだよね
(ん、ちがう!?いや、そうだ!!)。

soft.jpg

おはらい町の入口の脇の方に、眠り猫がいた。かわいい( ^ω^ )
こんなに賑やかなのに寝ているとは・・・なんという強者猫。
neko.jpg

2時半頃、内宮をあとにして伊勢市駅に戻った。
会社用のお土産を買って、また快速『みえ』に乗って名古屋へ向かった。
この間、四日市あたりまで私は寝ていたようだ。

帰りの新幹線もワイワイと女3人でしゃべっていたらあっという間に東京に着いた。
なんて早い子なの、『のぞみ』は!
名古屋の次は新横浜って早すぎる!すばらしい!!
帰りは700系だったよ。

今回の旅行は久しぶりの女3人旅だったけれど、無事願掛けもできて、
短大の同級生ならではのいろんな話もできて、とても楽しい旅行だった。
旅の最後に食べた蕎麦屋での私たちの結論は
あれこれ考え過ぎず『本能のままに生きる』ということだった。

それが私たちの夢をかなえる一番の方法なのであった(???)。
おしまい。

posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

伊勢願掛け旅行(一日目)

短大時代の友人2人に誘われ、1泊2日の伊勢への願掛け旅行に出かけた。

私は2004年3月に、伊勢、鳥羽、南紀の旅に出たことがあったが、
なぜか当時の記憶がほとんどない。
ん???それは都合が悪いから・・・?いえ、そんなことは断じてありませぬ!!!

今回は女3人ということもあり、『なんだか楽しい思い出になりそう♪』と思い、
この旅行を楽しみにしていた。

銀の鈴で珈琲を飲んでしゃべって時間をつぶしていたら、新幹線の時間まであとわずか!
席に座ったらすぐに発車で乗車ギリギリだった・・・のんびりしすぎw

新幹線の中ではずっとしゃべり通しで富士山も浜名湖も見ない間に
あっという間に名古屋。
こんなに東京と名古屋の間って短時間だったっけ?『のぞみ』だから?
私が高校受験に名古屋から東京に向かった時は3時間以上かかった記憶があるけど。
あ、でもそれってもう20年近く前の話だったわ・・・(;^ω^)

名古屋での乗り換え時間もわずかで、あわてて駅弁を購入。
本当は『とり弁当』が食べたかったんだけど、残念ながら売り切れ。
友人2人は『味噌かつ弁当』を食べていたけれど、
私は『なごや幕の内』にしたんだわ〜。
なぜなら私はあんまり味噌かつが好きでないでねぇ〜〜〜〜。
あら、いつの間にか名古屋弁になっていたわ。。。

bento.jpg
なごや幕の内弁当。これがうまいんだわ。

mie.jpg
快速『みえ』。近鉄ではなく、JRだよ。

人生2度目の快速『みえ』で四日市や津を通りながら、終点の鳥羽に到着。
鳥羽は子供の頃によくラッコを見に水族館へ来たものだった。
私たちは徒歩5分ほどのところにある、ミキモトの真珠島へ。

ここでは海女の実演を見たり、真珠の養殖の仕方などを見た。
真珠の総合博物館のようなところだった。
博物館の隣には真珠の売店もあり、もし私の母がここに一緒にいたなら、
目を輝かせて光り輝く真珠をくまなく物色したことだろう・・・。

ama.jpg
海女さんが船に乗って登場し、海に入って貝を採る実演をしてくれた。

kaku.jpg
皇族の方もよくいらっしゃったそうだ。このように説明してくださるのだ。

でも私は、真珠の成り立ちの方にむしろ興味をひかれた。
真珠の養殖はそれはとても細かい作業で、貝の中に「核」と「細胞」を入れて
養殖するのだとか・・・それを『核入れ手術』と呼んでいた。
道具も物々しいメスやピンセットが置かれており、
まるでそれは『外科手術』のよう・・・。

私も手術をしてみたよ↓
手術.jpg

夕方までのんびり見て、鳥羽駅に戻り、送迎バスでホテルへ向かった。
このホテルはかなり大きくて、お風呂やご飯を食べに行くのに少し迷いそうになった。
でも、大きな窓から見える海はとてもきれいで、部屋も静かだった。
お風呂も露天風呂があって気持ちよかった〜!

ご飯を食べた後は、これまた女3人でしゃべりまくり。
まるで修学旅行のように、時間を忘れて語り合ったね・・・。
『○○さんの生き方はすごい』とか、私はどうとかあの人はどうとか。
みんなそれぞれの人生を歩んでいるんだな、と・・・。

気づいたら1時近くだったので、あわててすぐに寝た。
私はやはりいびきをかいていたようだった。(ごめん)
posted by kaori at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

お母さんありがとう

水曜日に冬物の洋服を取りに実家に帰った。

翌日、母は私に韓国のりやかきやアメなど、いろいろ持たせてくれた。
私は荷物が重くなるのでちょっと嫌だった。
母は私が果物を食べるお金がないと思っているようで、
先日もわざわざお金を送ってきたのだった。

しかし、私は果物を買うお金がないのではなく、
一人だとなかなか果物を消費できないので買わないだけなのだ。
そのことで少し木曜日の朝に母にきついことを言ったかもしれない。

昨晩、それが気になっていた。
そして「ちょっときついことを言ったかもしれない。ごめんね」とメールをした。

すると、「そんなこと全然気にしてないよ。大丈夫!」と返信があった。
私は母に感謝をした。私のことを思ってくれる気持ちを
まず大切にしないとなぁ、と思った。
そして、母は私と違っておおらかな人だな、と思った。
父は神経質なところがあるから、母のような人と一緒にいると
落ち着くのだろうと思った。

私は自分が傷つきやすいから、相手の立場になって考えてみると
嫌な思いをさせてしまったのではないかと、つい気になってしまう。
だけどそれは大抵、今回のように気苦労に終わることが多い。

自分のような性格は傷つきやすいし、取り越し苦労が多く、疲れてしまう。
母のようなおおらかさな性格なら、前を向いて笑っていられるだろう。
そういう人って自分も他人も幸せにすることができていいな、と思う。
posted by kaori at 23:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

現場で得られるもの

今日のフェアトレードコンシェルジュ講座は
バッグや洋服を販売している会社の代表取締役兼デザイナーの方の話だった。

バングラデシュの工場で作成したバッグを日本で販売していて
現在は7店舗を経営しているとのこと。

まだ、30歳という若さで80人のスタッフを雇っていて
本当にすごいな、と思った。

今日聞いた話の中で心に残ったのは、これから起業や仕事をする人に向けてのメッセージだった。

それは、「自分の『現場』を見つけ、アンテナを張る」ということ。

この方は自分にしかできないことを模索していたそうだ。
そこで、バングラデシュの大学院に行き、
今の仕事のきっかけとなるジュートに出会ったとのこと。

私も現場(窓口営業)で得たことが、仕事を続けるモチベーション維持になっていた。
やはり現場で得られることは大きいと思う。

自分には海外に思いきって行けるような勇気はないけれど、
本当にやりたいことを見つけたら、会社の中ではなく、
現場に出て苦労もしながら、自分にしか得られないものを
見つけたいと思った。
posted by kaori at 20:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

遠い未来

なんか最近、遠い未来のことを考えると気が重くなる。
未来が怖くておびえているのかな・・・。

前はやりたいこと、ほしいもの、かなえたい夢もいっぱいあったけれど、
最近はなんだか見つからないんだよね。

知識や経験が増えれば増えるほど、夢がどんどんつぶされていって
生きる希望を失っていくみたい。
posted by kaori at 21:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

【パッチワーク】No.15 プロペラ



やっとできた。久しぶりのパッチワーク。

今回はそんなに難しいパターンじゃないんだけど、
この1か月ほど、いろいろと悩むことが多くて
ほとんどパッチワークが進んでいませんでした。

グレーとえんじ色と白の組み合わせは、
私の高校時代の制服を思い出させるからなのか、
ほっとするような落ち着く色の組み合わせです。

プロペラっていう名前なんだけど、
私には風車に見えるんだよね。。
みなさんは何に見えますか?
posted by kaori at 23:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

PMS

私はPMSがひどい。
ストレスが多いときは、うつ状態になる。

今月は特にひどかった。仕事のミスから来る自責の念や自殺念慮、
心の深読みや拡大解釈、心と体が分離しているような感覚までしていた。
昨日まで喉の奥に何かが詰まったようで、食欲もなかった。

それが突然、ぱたっと静まる。
胸のつかえがなくなって、気持ちがすーっと楽になる。
歌を歌ったり、ご飯を食べても美味しく感じられる。

女性の体はストレスに大きく左右される。
今日改めて、それを身に染みて実感した。
posted by kaori at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

ピアノコンサートへ

今日は友人Sちゃんのピアノコンサートへ行ってきました。

2年前にSちゃんたちが作ったピアノサークルのコンサートだったのですが、
こちらのサークルのブログ作成について、私が協力したこともあり、
私もこちらのピアノサークルの運営を陰ながら応援していました。

久しぶりのピアノコンサート、とてもよかったです。
私は5歳から高校生までピアノを習っていたので、
ジャンルを問わず、ピアノの曲を聴くのが好きです。

ドビュッシーのアラベスク1番やシューマンのトロイメライなど
私の好きな曲も聴けてうれしかったです。
男性は力強く、女性は優しい弾き方だったように思いました。

ピアノの難しいところは、技術的なことはもちろんですが、
いかに音を感情的に表現するか、というところだと思います。

私がピアノを習っていた頃は、よく先生に『もっと歌うように』と言われました。
この『歌うように』弾くというのが私には難しかったです。
これは感覚的なところなので、その人のセンスによるところも大きいです。

今習っているフラワーアレンジメントでも、先生が『雰囲気を生ける』
『凛と見えるように』というようなことを言います。
これも感覚的なところなので、頭で理解するのではなく、
感覚で覚えるしかないのですね・・・。ピアノと通じるところがあります。

絵も同様。私は水彩画や油絵、色鉛筆画も習いましたが、
技術的なところまでできたとしても、あとは「感覚」なんですね。
やはり、こちらもその人が持つ「センス」によるところが大きいです。

だから、芸術はどんなものでも、
「その人がどう生きていたのか、どういう個性を持つのか」によって作品が変わります。
同じものを創ったり演奏したりしても、全く同じものはないです。

その人の人生観や性格が色濃く出るから、
「世の中でたった一つの自分の作品」なのです。

ピアノの演奏にもそれがよく表れていました。
私が今、子供の頃に発表会で弾いた曲を弾いたとしたら、
いったい、どんな演奏になるのでしょうか・・・。

P.S ピアノサークル2周年おめでとう!今日はSちゃん、お疲れ様でした!!
posted by kaori at 21:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

中途半端な自分

改めて私は自分が嫌で仕方がない。
仕事も失敗ばかりだし、歳もとったし、
いろんなことが中途半端で考えもまとまってなくて、
良いところがない。まったく自信がない。

仕事は辞められないし、辞めても再就職できるような取り柄もないし、
この先もがんばるしかないのだけど。
なんか追い詰められた気分。
posted by kaori at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする