2010年08月31日

There's A Place

もうすぐ「The Beatles」の公式アルバムを全部聴き終わります。
聴いているうちにかなり好きになってきたので、
最近は英語の勉強を兼ねてThe Beatlesの歌詞を分析しています。

iPodで歌詞を聞き取ってノートにどんどん書き起こして(=dictation)、
ネットで歌詞を調べて、間違っているところや抜けている単語を赤字で追加/修正します。

さらに、わからない単語をネット辞書の「英辞郎」で調べて
青字で日本語訳をメモ的に英字の行間に書いていきます。
でも、簡単な英語なので、私でもわからない単語はほとんどありません。

最後にまたiPodで曲を聞いて、歌詞どおりに歌っているかを確認して(→当然だけどね!)
一緒に歌って、歌い方や発音などを真似します。

こんなことが楽しい私は、やっぱり英語が好きなんだなーと思いますヽ( ´ ∇ ` )ノ
先日実家に帰ったときに机を整理していたら、19歳の頃、NZのオークランドへ
ホームステイしていたときに通っていた語学学校のメモが出てきました。

そこには「洋書や歌などで、英語を楽しもう!」というようなことが記されていました。
それを14年後になって実践しているとは・・・。
私は今後、英語を実用的に使うことは、旅行以外にないと思いますが、
好きなものは好きなので、音楽や読書を通して自分流に楽しんでいきたいです。

ところで、今日分析したのはタイトルの「There's A Place」です。
この曲はファーストアルバム「Please Please Me」に入っています。
有名な曲も入っていますが、私はこの曲が一番好きです。
爽快なメロディーだけでなく、歌詞もとてもいいです。

特に前半の
There's a place where I can go
When I feel low, when I feel blue
And it's my mind
And there's no time
When I'm alone

が共感できます。

人間は落ち込んだ時に他人に頼ることもありますが、
自分の心自体が拠りどころになることも意外と多いんですよね。

落ち込んだり悩んだりする時は頭で考えるけれど、
心で感動することで、それが薄らいでいくのかもしれません。

私は最近、一人で本を読んだり、音楽を聴いて気分転換ができるようになってから、特にそう感じます。
これも「The Beatles」のおかげです。

Please Please Me (Dig)
Please Please Me (Dig)Beatles

EMI UK 2009-09-09
売り上げランキング : 6610

おすすめ平均 star
star記念すべきデビュー作
starステレオ万々歳!
starビートルズの、記念すべき《デビュー・アルバム》。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

cool green tea

昨晩、飲み水として冷蔵庫に常備している2リットル入りのペットボトルの水が切れてしまいました。
夜に買いに行くのも面倒だったので、お湯を沸かして急須でいれた緑茶をボトルに入れて水で冷ました後、
冷蔵庫でさらに冷やしました。

冷たい緑茶はさっぱりしていて暑い夏においしい!
今朝はサーモスのケータイマグに入れて、会社にも持って行きました。
魔法瓶なので、ずっと冷たいまま。
仕事中の気分転換にもちょうどいいです。

201008301957000.jpg

グリーンの色も清涼感たっぷりで目にも涼しいですね!
posted by kaori at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

目黒さんぽ

今日は昼頃まで洗濯をしたり掃除をしたり昼寝をしたりしていたが、
何もしないのは時間が勿体無いので、13時過ぎに目黒へ家具を見に出かけた。

目黒は久しぶり。仕事で行ってから何年ぶりになるのかな?
権之助坂を下った途中にある「ITOHya coffee shop 1952」という老舗珈琲店で
トーストされたセサミパンのサンドとコーヒーとサラダのランチを食べた。
さすが珈琲店だけあって、ブレンドコーヒーの香り、味ともに良かった!

その後、家具店に行こうとしたら・・・兼ねてから噂に聞いていた「あの」博物館があった。
それが、「目黒寄生虫館」である。

ずっと前のことだが、父がこの博物館に行ったことがあるらしく、
その不気味さを詳細に至るまで私に話をしたことがあった。(父は私が怖がる姿を見るのが好きなので)
無料で入れる有名なデートスポット(?)でもある。

そのときは『絶対に行かない!』と心に決めたはずなのに、いざそれを目の前にすると、
怖いもの見たさと、彼が私を促したためつい入館してしまった。
ちなみに2010年度特別展示は、「知られざるゴキブリの世界」とある・・・。
私の超超超×100苦手な虫なのにーーー!!。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

中は若い男女や子供でにぎわっており、ホルマリン漬けにされた回虫、条虫などの寄生虫がうじゃうじゃ。
「いやーーーー!気持ち悪い!!!」と言いながらも、つい見てしまう。
本来ならば、ここで彼にくっつくのがデートの定番のはずなのだが・・・。
ふと隣を見てみると、一緒に行った彼は顔が青ざめている。
特に男性に寄生した写真がインパクト大だったようで・・・。
ゴキブリの特別展示を見た後は「うわっ・・・(≧д≦)」と言いながら小走りで私のところへ駆け寄ってきた。

ホルマリン漬けにされている寄生虫たちの他に、寄生の経路や人に寄生した様子などが
写真やイラストなどでリアルに展示されている。
かなり貴重な資料だと思うが、それと同時にかなり気持ち悪い。
特に私がショッキングだったのは、全長8.8mのサナダムシ。
1986年に男性の腸から出てきたらしい(ぎゃーーーーーーーーーーーーー!!!)(T□T)

201008291538000.jpg
サナダムシがこのように展示されております。もっと見たい人はこの写真をクリックして拡大して見てください。

・・・この寄生虫たちを見てたら、麺類(特にそうめん、きしめん)は食べられないなって思った。

201008291518000.jpg201008291515000.jpg
もっと見たい人は拡大してね。。。
3DサナダムシのTシャツも売ってるよ。良かったら2F売店で買ってみてね揺れるハート

その後、気分を取り直して、目的地の「アムステーブル&チェアーズ」へ行き、チャーチチェアとか
デスクとかカップボードとかシェードとかいろいろ見てきた。
家具は素敵だけど、いいものは値段もそれなりにするね。

しかし、、、まだ寄生虫のインパクトは残っており、気分を変えるために、アムスの近くにあった
「はらドーナッツ」に寄って、2Fのカフェで豆乳ソフトクリームと「はらドーナッツ」を食べた。
「はらドーナッツ」はオカラと豆乳を使用したヘルシードーナッツで、甘さ控えめで豆腐の味がしておいしかった。
ここの2Fは、天井が高く、梁が見えている。ベランダから入る風が心地良く、BGMも私好みの癒し系。
私の好きな雑誌「天然生活」が置いてあったので、食べた後も長居してしまった。

それから雑貨屋さんに寄って皮製のヘアゴムを買ったり、試験管っぽい一輪挿しを買ったり、
カルピスのような白地に水色の水玉模様のマスキングテープを買った。
家具屋も今日見てきたカントリーの他に、アジアン、和、オールドアメリカン、モダンなど、
いろんなテイストのお店があり、いろいろのぞいてきた。
私はやっぱりカントリーか白にペインティングされたナチュラル系の家具がいいなぁ・・・。

目黒はプライベートでは初めて訪れた街だったけど、私の好きな古民家改築系の
雑貨店&カフェ&家具店が多い!
その一方で商店街など庶民的なお店もあり、目黒川から見る夕暮れもきれい!
だけど、不気味でちょっとグロテスクな「寄生虫館」もある。ぞーっとするから酷暑の今はちょうどいいかも?
大満足な散歩になりました(^^)!

<おまけ>
今日の晩ご飯は地元で刺身を食べましたが、彼は寄生虫館の影響により、エビを残しました。
「エビの背わたに寄生虫がいるかも・・・」とのこと。

■ITOHya coffee shop 1952
http://www.meguro.net/S69976.html

■目黒寄生虫館
http://kiseichu.org/default.aspx

■アムステーブル&チェアーズ
http://www.ams-tc.jp/

■はらドーナッツ
http://haradonuts.jp/

■la epice(ラ・エピセ)※私が寄った古民家改築した雑貨店
http://www.moda-inc.com/epice_top.htm
posted by kaori at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

1年ぶりのスパイラル

今日のフラワーアレンジメントのレッスンは、1年ぶりのハンドタイ(スパイラル)。
ラフィアという木の皮(?)さえあれば、お花だけで作れます。

今年は昨年よりボリューミーな感じ。黄色ベースの花束になりました。
S.Pマム(洋風の菊)が入っていて、ちょっとだけ秋の風情。
大きなオレンジのユリがきれいです。

201008281626000.jpg

さて、家にどう置こうかと悩んでいたら、先生が白くてきれいな花瓶を貸してくださいました。
花瓶に花束を入れてみると、私の家にはちょっともったいないくらい豪華です。
お花があるだけで部屋の雰囲気が明るくなります。

夜は冷蔵庫にあるもので簡単に晩ご飯を作りました。
鶏のひき肉が余っていたので、そぼろにして、いり卵を作って
じゃことかつおぶしに醤油を足したものをご飯の上に敷いて鶏親子丼にしてみました。

あとはなすと茗荷のお味噌汁(また???)に、熊本のお土産という「からしれんこん」を添えました。
この「からしれんこん」というものは初めて食べましたが、ピリッとからしの味がしてクセになります。
私はお酒を飲まないのに、こういうお酒のおつまみっぽいのが好きなんです・・・。

201008282008000.jpg
posted by kaori at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

何かを変えたい

何年間も同じような生活をしてくると、ときどき
「私はこれから先もこのままでいいんだろうか?」と
漠然とした不安感に襲われる。

私は何か目標がないと、生活に張りが出ないということは、
これまでの人生の中でよくわかっている。
今まで、いろんな目標を作ってきて、それをクリアしてきた。
(失敗したものもいくつかあるけれど・・・)

ところが、今の私には、何も目標がない。
まるで、目隠しをされて、広い世界を闇雲に歩いているような感じ。
前に何があるかもよくわからずに、とりあえず自分の手が届く範囲の物をつかんで
「これなら安全」と思った物だけを手に入れている。
でも、いつまでもそんな状態でいて、本当にいいのかな・・・???

今は目標がないから、環境を変えたら何かが変わるかもしれないと思った。
仕事を変えるとか、家を変えるとか、部屋の模様替えをするとか・・・。
果たして、それで私の気持ちは変わるのだろうか。

そんなことを妄想している一方で、
『そんなことで誤魔化さず、ちゃんと現実を見て、前に向かって突き進んでみたらどうなの?』
と言い続ける「別の私」もいる。
posted by kaori at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

自分の財産とは?

今日会社で貸し出しされていた本(関連会社の取締役が書いた本)を昼休みにざっと読んでみました。
その本の中に、良い言葉が書かれていたので紹介します。

「大きな家、高級な車、洋服やアクセサリーとたくさん買い揃え、身にまとったとしても、
大きな災害や事故に巻き込まれたとき、持って逃げられない。そして一瞬にして失ってしまう。
知識、教養、経験は、我が身に染み込んでいるので、持ち運び自由、置く場所にも困らない。
死ぬまで自らの財産となり、一生その価値を得ることができる。さらに、誰かと分け合っても減ることもない。


これは、著者のお母さんの言葉だそうです。
こんなことを教えてくれるお母さんってきっと知的な方なんだろうなぁ。
この言葉を読んで、『うん、確かにそのとおり!』と思いました。

私は基本的に物欲がそれほどありませんが、知識、教養、経験に対する欲があります。
何事も経験だと思って、その時にしかできないことに取り組んできたと思っています。
無駄なものは一つもなく、全て私の一部となっています。目には見えないけれど・・・。

ここ数年、同じような毎日の繰り返しで少々気持ちが低迷気味だけど、
20代の頃のように「日々勉強」の精神を忘れずに精進しなくちゃね。

最後に私の好きな言葉を。。

「一生勉強 一生青春」 by みつを
http://www.mitsuo.co.jp/museum/exhibition/e_29.html
posted by kaori at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

味噌煮込罠

201008251859000.jpg
今日は仕事を定時であがり、本郷三丁目の味噌煮込罠(みそにこみん)
というお店で味噌煮込みうどんを食べてきた。

私は高校で千葉に引っ越してくるまで、味噌煮込みというと、
赤い八丁味噌に固いうどんに鶏肉と玉子が入っているのが当然のものだと思っていた。

しかし、千葉に来てすぐに、Y市にかつてあった『味の民芸』といううどん屋に行ったとき、
味噌煮込みうどんを注文したら、白味噌ベースのものがきて、ガッカリしてしまった。

思わず、「これは味噌煮込みうどんじゃないよね!」と私は母に言った。

でも、今日食べたのは、私も認める正真正銘の味噌煮込みうどんだ。
東京ではなかなか口にすることのできない懐かしい味だった。

やっぱり味噌煮込みうどんはこうでなきゃ…!
posted by kaori at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

ゴーヤチャンプルーで夏バテ対策

休み明けの今日は、昨晩暑くて寝れなかったり
精神的に不安定で、なんだか不調な一日となりました。

以前、ストレス発散には料理をするといいと聞いたことがあったので、
ちょっと億劫な気持ちもありましたが、包丁片手に料理をしてみました。

昨日、実家の庭で取れた小さなゴーヤをもらってきたので、
今晩は久しぶりにゴーヤチャンプルーを作ってみました。

47148958.jpg

出来は・・・豆腐の水切りがイマイチだったのと、もやしを入れたので
水分が出てしまったのがちょっと失敗。
ゴーヤはわたを取り除いて塩もみしたんだけど、いつもより苦かったです。

でも、夏バテでぐったりしている体にはゴーヤの苦味と豚肉のビタミンB1が効きそう!
味噌汁はなすとみょうがでさっぱりと夏らしいメニューにしてみました。

posted by kaori at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

自宅が一番!

週末は実家に帰っていましたが、今日自宅に戻ってきました。
やっぱり私は自宅が一番ほっとします。

実家を出てからもう6年がたって、私にとっては今の家が一番落ち着ける場所になりました。
一人で暮らすようになってから、私はいろんなことが変わりました。

第一に変わったことは、生活習慣です。
実家にいた時は、食事も洗濯も掃除も母親任せでしたが、
一人で暮らしていると自分で全部やるようになって、生活にメリハリができました。

食事もその時に食べたいものを、食べたい量だけ自分で作ればいいのでストレスがありません。
自分に適量の食事ができるようになって、体重も5キロ以上やせました。
掃除も片付けも自分で全てやるようになって、自分なりの整理整頓術が身につきました。

第二に変わったことは、私の人生観です。
実家にいた頃は親の言うとおりに行動したり、親の考えに影響を受けていたところがありましたが、
今は習い事や勉強や友人、知人の交際など、自分のやりたいことを自由にできるようになり、
両親とは違う人生観、考えを持つようになりました。

私は実家に帰って、家族と話すと、自分だけが違う人間のように思えることがあります。
両親と弟は考え方や価値観が似ていますが、私はいつも独自の人生観や考え方を話すので
特に弟や父には嘲笑されることも多いです。
そういう話をしていると、私はもうこの家族の一員ではないんだな、とつくづく思います。

このような理由から、もう私は実家に戻ることはおそらくないと思っています。
私はもう実家の家族とは違う人生観を持っていて、生活も全く違います。
特にそう感じたのは、週末に部屋の整理をしていた時でした。

先日の日記にも書いたように、私は実家の部屋を整理していましたが、私の部屋はまだ片付いている方で、
他の部屋は雑然としています。とにかく私の実家は物が多すぎます。
今の実家は、私が20歳の時に両親が建てた家でした。庭も家も大きい方だと思います。
家の大きさにこだわった理由は、小さい家に住んでいた母の願いをかなえるためだったようです。

しかし、父も母も弟も片付けが苦手なため、せっかく大きくて素敵だった家も、今は雑然としています。
とにかく実家は物が多すぎます。物が多いと、その上にホコリがたまります。
私はハウスダストのアレルギーがあり、ホコリが大の苦手です。
実家に帰ると、私はいつもくしゃみや鼻水が止まらなくなり、体がかゆくなったり、咳が出たりします。
母は掃除機をかけてくれるのですが、物の上にあるホコリは当然ながらそれだけでは取れないです・・・。

私は子供の頃にピアノを習っていて、今も実家のリビングにおいてあります。
週末、久しぶりにピアノを弾こうと思って見てみると愕然としました。
ピアノの上には、せんべいの大きな箱、CDデッキの取り扱い説明書、コントローラー、
母の趣味で作っている大きな人形が置いてあり、それらを降ろさないとフタが開けられません(泣)。
父や母に言っても、父は「うるさい!」と言うし、母は言い訳ばかりなので何も言いませんが・・・。

そういう生活スタイルが全然違うし、アレルギーで体調も悪くなるし、母の知り合いの子供の結婚の話とか
孫がどうとか、本当に私にはどうでも良いことばかり。
一度そういう話はやめてほしいと怒ったこともあったけど、また再発しました。(>_<;)
いろいろと心配してくれるのはありがたいけれど、『本当に私の幸せを考えてくれているのかな?
それってただ自分のエゴなんじゃないの?』と疑問に感じることもあります。

知り合いの人と比べて自分はどうかとか、子供同士を比べられても困ります。
他人は他人。私は他人はどうでもいいです。
posted by kaori at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

無駄な物はいらない。

今日は一日実家で自室の片付けの続きをしていました。(一度火がつくと止まらなくなる私)
全然着ていない洋服や、本や文房具などを全部捨てることにしました。

それでもまだ部屋の片付けは半分も終わっていません。
クローゼットの中は何が入っているのかもわかりません。
私の部屋はいったいどれだけの物があるのでしょうか。。。

私はごく普通のサラリーマン家庭に育ちましたが、幸せなことに、
子供の頃から生活や勉強で物がなくて困る、という思いをしたことが一度もありません。
(おもちゃやマンガなど、ほしいものが手に入らないということはありましたが・・・。)

文房具はもう10年以上も使っていない物が、ペン立ての中からどっさり出てきました。
どれを見ても、私が小学生の時に使っていた物ばかり。
鉛筆の絵柄を見ると、いかにも80年代!というようなデザインです。

いくら思い出があっても、もう使わないもの、自分にとって価値のない物は、全部無駄な物です。
過去の自分には大切であっても、今の自分にとっては価値の無い物、無駄な物は、
誰かにあげるか、捨てるしか無いと思います。

私は、小さい頃から物をかなり大切にしていました。
小学校の低学年の頃に読んだ道徳の教科書に、「物には命が宿っている」というような話があって、
それ以来、物を大切にするようになったのと同時に、
なかなか物を捨てられなくなってしまったのです。(貧乏性っていうのもあるかも?)

けれど、この前の記事にも書いたように、今の自分が好きな物を置いていたほうが、
気持ちはすっきりとして、おだやかになります。
自分の身の回りには、必要な物と、好きな物だけ置いていれば良いと思います。

もしかしたら、「物」だけでなく、「人」も同じかも知れません。
自分にとって、気分を害するような人とは無理に付き合わない方が
精神衛生上も良いに決まっていますよね。
(仕事をしているとなかなかそういうわけにもいきませんが・・・)

私はあまり物を闇雲に買いません。
でも、良い物を吟味して、必要な分量だけ買います。
物で生活空間が埋められていくのが嫌いなんです。。
ただ、本だけはついつい買ってしまうので、
定期的にブックオフの宅本便に出さなくちゃ、と思っています。

<おまけ>
部屋を片付けていたら、どっかでもらったドリームキャストの
販促品の時計が出てきました。

ドリームキャストって。。。いつの時代よ?と思いました。
時計を分解してみると、厚紙が貼ってあるだけだったので、
時計の針をはずし、厚紙をベリベリとはがして、
家においてあったさくらももこの絵を木工用ボンドで貼付けてみました。

NEC_0075.jpg→→→NEC_0076.jpg

すると、時計がさくらももこの時計に変わりました!
ドリームキャストのよりずっとかわいい♪
ちょっと一手間加えるだけで、企業の販促品も
自分のお気に入り時計にリニューアルできちゃいます。
posted by kaori at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

実家の片付け

今日は久しぶりに実家に帰ってのんびりしてました。

最近帰っていなかったんだけど、
机の上や部屋がごちゃごちゃしていて、
いらないものもたくさんあったから、片付けました。

ほとんどが私が一人暮らしをはじめる前のものばかり。
今必要のないものは、とにかくどんどん捨てました。

この前、本屋で断捨離(だんしゃり)という本を立ち読みして
捨てることの重要性を感じました。
実行してみると、確かに不要なものが消えてすっきりします。
必要なもの以外は買わない、というのも片付けの大切なポイントですね。

この調子で明日も片付けます。
来週は自宅も片付けよう!!
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

I Am The Walrus

今日は仕事帰りにドタバタしてしていたら、なんか頭の後ろの方と首とおなかのあたりが痛くなってしまった。
帰宅後、少しでも気が楽になるようにと思って、いろんな音楽を聴いたりYouTubeで動画を見ていた。

そしたら、私が最近聴いているビートルズのアルバム「Magical Mystery Tour」の
6曲目に入っている「I Am The Walrus」(1967)の動画を見つけた。

この動画・・・かなり独特の世界観。。。
一昔前の言葉になるけど、一言で言うと「シュール」だね。
最初聴いたとき、歌詞も変だし途中で変な音も入ってるし怪しい歌・・・って思ってたけど、
動画を見たら好きになってしまった。
撮影しているのは一体どこ?こういうところに行ってみたい。



eggman(白い帽子をかぶった卵人間) とかwalrus(セイウチ?)とか
policemen(警官)とかウサギさんとかが出てくるんだけど、かぶりものがかなり不気味。
ウサギさんもセイウチもキャラクターなのに無表情ではっきし言ってかわいくない。
ぬいぐるみは頭だけかぶってるから、普通に7頭身だし・・・。でも動きがかわいい!
ジョンの目なんて上向いちゃってるし・・・これ絶対ドラッグやってるよね。

このアルバムは私の好きな曲が入っていて気に入っています。
特に好きなのは「The Fool On The Hill」と「Your Mother Should Know」と
「Strawberry Fields Forever」です。
みなさんも機会があったらYouTubeとかで聞いてみてください。とても良いです。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

アラフォーに見られる。

今日は午後から出社し、定時退社で銀座へ向かった。
Apple StoreでiPadを触り、その後に山野楽器でピアノの楽譜を買った。

帰りは有楽町まで歩くか、銀座から地下鉄に乗るかで迷った末、
歩くのが面倒だから銀座から丸の内線で帰ろうとして銀座駅に向かったその時・・・。

小さい女性に歩きながら声をかけられた。『またあやしい宗教?何?』と思ったら、
フジテレビの企画だというので、話を聞いてあげた。

それからは以下を参照。

caorine1118 / かおり
銀座4丁目を歩いていたら、フジテレビに声をかけられた。 at 08/19 18:57
caorine1118 / かおり
無人島に行くならどっちの芸能人を選ぶ?という番組の企画とのこと。 at 08/19 19:00
caorine1118 / かおり
で、ちなみに年齢は?と聞かれたから、33と答えたら、お若いですね〜と。ここまではよかった。 at 08/19 19:02
caorine1118 / かおり
実はこの企画が30代後半から40代前半の方が対象なんです…落ち着いていらっしゃったのでもしかしたらと思って。。またの機会にお願いします、と。 at 08/19 19:06
caorine1118 / かおり
つまりね、私はアラフォーに見られたってことねちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ダッシュ(走り出すさま) at 08/19 19:08
caorine1118 / かおり
わかりました、と冷静に答えたが、私の顔は引きつっていたに違いない。。 at 08/19 19:09
caorine1118 / かおり
年上に見られたのは小学生以来よ!これまで年下に見られることが多かったのにー!若返りしなくてはー!! at 08/19 19:12


ってことなんです。。。

銀座でテレビ関係者に声をかけられたのはこれで3度目。
1回目は10年くらい前に桜井よしこさんに声をかけられて住基ネットの署名をした。
2回目は5年くらい前に同期のTくんと歩いていたら「お二人は恋人同士ですか?」と聞かれて、「いやいや違います、ただの同期です」と答えた。
3回目が今回・・・。私がもしアラフォーだったらテレビに出ていたかもよ・・・。

実家では大学生に見られたこともある私としてはかなりガッカリ・・・。
そうか〜、私ってアラフォーに見られるのか・・・と軽く落ち込んだわ・・・。

でも、これって若返りをしなさい、っていう天からのメッセージよね!!

・・・と前向きに捉えます!!!
posted by kaori at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 落ち込み系。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

すし券でタダ寿司

エコポイントでもらったすし券を全部使って、寿司を食べてきた。

お店は母に教えてもらった有楽町と新橋の中間にある「美登利寿司」。
人気店だけあって、何十分か待ったけど、割と早く入れてよかった。
店内は満席。ワイワイガヤガヤとしていて、若い女性から中年のサラリーマンまで
いろんな人たちがお寿司を食べていた。

今日は「板さんおまかせにぎり」を食べてきた。
にぎり寿司13貫と玉子が2個の他に、味噌汁、茶碗蒸し、サラダ、デザートがついている。

NEC_0072.jpg

特においしかったのは、中トロと穴子。
中トロは本当に美味しかった。こんな中トロは久しぶりに食べた。
穴子はとても大きくて、ふわふわしていた。

このお店はリーズナブルで味も美味しい。
お店の中はワイガヤしているので、友達や同僚など気楽な仲間と
一緒に行くのに向いているかもしれない。

■美登利寿司
http://www.sushinomidori.co.jp/index.html
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

夏は好き?嫌い?

今日もとても暑かった。
出社時刻は18時をまわっていて、陽も落ちていたけれど、蒸し風呂のような暑さ。

でも、私は暑さには比較的強い方だ。
それには理由がある。
両親の方針で、子供の頃はクーラーをつけずに扇風機だけで育ったからだ。
そのおかげで、私は暑さに強い人間になった。

ところが、私は寒さにはとても弱い。
夏でもクーラーの効いている部屋に入るとすぐにくしゃみが出てしまう。
受験生だった中3の夏休み、冷房に強い友達と一緒に塾の冷房のまん前で勉強をしていたら、
体が冷えてしまい、風邪をひいて熱が出てしまったこともある。

お昼休みに、職場の子たちが夏が好きか、嫌いかという話をしていた。
ある女性は、「前は夏の暑さが苦手だったけれど、最近は夏ならではの
楽しみ方を知ったから、夏が好きになった。」と話していた。

私はその言葉を聴いて、その考え方がとても前向きで素敵だなぁ、と思った。
ずっと前だけど、私の後輩がこんなことを話していた。
「日本の季節や行事を前向きに楽しむことが大切」と。
その後輩は、一人暮らしをしていても、節分やバレンタインなどの行事を積極的に楽しんでいた。

一人で暮らしていると、家族と一緒に暮らしていた時には楽しかった行事も
なんとなく何もなく過ごしていることが多かっただけに、私にはその話がとても新鮮だった。
せっかく日本に生まれたからには、日本ならではの季節や行事を
もっと前向きに楽しまなくちゃね、と素直に思った。

さて、私は夏が好きか、嫌いかどっちなのかというと・・・。
春や秋には負けるけれど、夏も好き。
特に夏の夕暮れが好き。

夕暮れ時、小高い丘に登ると、涼しい風がどこかから吹いてきて、足元の草が音を立てる。
美しい夕日を眺めながらヒグラシの声を聴いていると、胸が締め付けられるような、切ない想いがする。
そんな時、私は日本に生まれてよかったなぁ、と心から思う。
posted by kaori at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

光化学スモッグ注意報

ちょうど今、家の前の公園のスピーカーから、
「本日発令中の光化学スモッグ注意報はただいま解除されました。」と放送があった。

私が6年前にここに引っ越してきて驚いたことの一つは、光化学スモッグの注意報が出るということだった。

子供の頃は名古屋とその郊外に住んでいて、高校生のときは千葉だったけど、
こんな放送を聞いたのは生まれて初めてのことだった。

そもそも、光化学スモッグって何だろう?

光化学スモッグ(こうかがく-)は、工場や自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が日光に含まれる紫外線の影響で光化学反応をおこし、それにより生成する有害な光化学オキシダント(オゾンやアルデヒドなど)やエアロゾルが空中に停留しスモッグ状になることをいう。

夏に多く、日ざしが強くて風の弱い日に特に発生しやすい。光化学スモッグが発生すると人の健康に悪影響を及ぼすため、大気汚染として問題となる。

日本の発生件数は1970年代をピークに減少傾向にあるが、ヒートアイランドや中国からの大気汚染の流入などの影響により増加している大都市地域もある。
(Wikipediaより引用)


ふむふむ、そういうことね。そして人への影響は?
* 目がチカチカする、異物感、流涙、痛み。
* 喉の痛み、咳など。
* 皮膚の発赤。
* 呼吸が苦しい(重症例)。
* 手足のしびれ(重症例)。
* めまい・頭痛・発熱(重症例)。
* 意識障害(重症例)。
* 嘔吐(重症例)。(Wikipediaより引用)


へええ〜〜〜、それは大変!で、こんな症状が出たらどうするの?
注意報が出たらどうしたらいいの?

こうした症状が出たときは、まず目を洗ったり、うがいを十分したりして、屋外での激しい運動は避け、屋内で休みをとりましょう。屋内でも、なるべく窓またはカーテンを閉めて過ごしてください。症状が回復しないときは、早めに医師の診察を受けましょう。

「光化学オキシダント注意報」が発令された場合、地方自治体では教育委員会、有線放送、広報車等を通じて住民にお知らせします。また、「光化学オキシダント注意報」の情報をテレホンサービスやインターネットで提供をしていますので、長い時間屋外で活動をしたり、イベントに参加したりするときは、これらの情報に留意しましょう。(政府広報オンラインより引用)


そうか、じゃ注意報が出たら、外に出ないで家で窓とカーテンを閉めてじっとしていればいいんだね!

帰り道に外を歩いてたんだけど・・・さっきシャワーも浴びたしまぁいいか。
光化学スモッグは、都会ならではの公害ということなんだね。
東京もきれいな空気になるといいんだけど、、、仕方ないかな。

■光化学スモッグ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%8C%96%E5%AD%A6%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%B0

■「光化学オキシダント注意報」が発令されたときの対処法(政府広報オンライン)
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200807/5.html

なんだか今日は自由研究チックな内容になってしまったわ・・・。
posted by kaori at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然/科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

豚肉ときゅうりのしそ炒め

NEC_0071.jpg

今日の晩ご飯は、薬局でもらったフリーペーパーに載っていた
「豚肉ときゅうりのしそ炒め」を作ってみました。

豚肉は良質なたんぱく質とビタミンB1を多く含みます。
ビタミンB1はご飯などやパンなどの炭水化物をエネルギーに変える際に重要な働きをする栄養素。
不足すると疲れやすく、集中力が減ってイライラしがちになります。
また、夏バテの原因は、ビタミンB1の不足から来ていることも多くあります。
(月刊ヘルシートーク8月号より)


とのことです。夏にはぴったりの食材ということですね!

作り方はとても簡単。

1.豚もも薄切り肉を一口大に切り、塩・こしょう・しょうゆをまぶして5分ほどおきます。
2.フライパンにごま油を熱し、1.を炒めます。
  肉の色が変わったら、4cmの長さに切り、ビニール袋に入れてあらくたたいておいたきゅうりを加えて
  さっと炒めます。
3.2.にポン酢しょうゆ(大さじ1)、豆板醤(小さじ1/2)、砂糖(小さじ1/2)を混ぜておいたものを回し入れ、
  仕上げに手でちぎったしそ(5枚分)を加えます。

私は今回豚もも薄切りではなく、肩の薄切り肉を使いました。
また、豆板醤がなかったので入れず、砂糖は甘い味が好きではないので入れませんでした。
今回の料理のポイントは最後のポン酢しょうゆと、しそです!

この2つが夏にちょうど良いさっぱり味を引き出します。
とても簡単だし、夏に必要な栄養も補給できるので、皆さんもぜひ試してみてね(^^)

おまけ:今晩のその他のメニュー↓↓↓
・ご飯
・小松菜と油揚げのお味噌汁
・梨(幸水・埼玉産)
・じゃこ(徳島産)
・味付け海苔(徳島産)
・熱い緑茶(魚がし銘茶)
posted by kaori at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

朝食年表

私にとって、朝食は絶対に欠かせない。

お腹が空くと頭がぼーっとしてしまうし、
今の職場はしーんと静かだから、お腹が鳴ると恥ずかしいし、
子供の頃からの習慣もあって、私は朝食をとっている。

私は低血圧気味で、朝は元気がない。
朝からご飯を食べるのはちと重い。
だから、私にとっての朝食は、量は少なく、早く食べられるものが良い。

私の『朝食年表』はこんなかんじ。

2004.6〜2007頃
スーパーで6枚切り一袋150円くらいの安い食パン1枚と、実家から送られてくる野菜ジュース

2007頃〜2010.3
近所のおいしいパン屋さんの1袋250円の食パンに切り替えた。野菜ジュースは継続

2010.3〜
ヨーグルト、コラーゲン、シリアル(フルーツグラノーラ&玄米フレーク)、野菜ジュースは継続


なぜ2010年3月頃から、こんなメニューに切り替えたのかと言うと、
肌をきれいにしたいという思いで、コラーゲンをとることにしたから。
野菜ジュースに入れてもいいんだけど、かき混ぜる手間もかかる。

だったら、美肌効果が高いといわれるヨーグルトに入れたらいいんじゃない?と思った。
シリアルにしたのは、栄養バランスが良さそうというのと、玄米はイライラを抑えたり、
精神状態を良くしたりする効果があると何かで読んだから。
ハチミツも体に良さそうだし、ヨーグルトに少しだけ入れるとちょうどいい味になる。

そんなわけで、今の朝食に切り替えてから、体の調子がますます良くなった。
よかったのは、パンを食べた時より少しだけ痩せた。
私の身長からいうと、今の体重は標準の真ん中。ちょうど良いので、このまま維持したい。

最近では、ヨーグルトは無脂肪のものに切り替え、ハチミツを少し入れている。
ヨーグルトは早く食べられるし、とてもおいしい。
肌も前よりきめが細かくなった気がする。

野菜ジュースは母が気を遣って、私が一人暮らしを始めてからずっとカゴメの野菜ジュースを送ってくれている。
これを飲むようになってから、なぜかあまり風邪をひかなくなった。

ヨーグルトとシリアルの組み合わせは、パンよりも腹持ちがすると思うし、
ご飯よりも軽いし、忙しい朝にも手軽だし、朝食を食べていない方にもオススメです!

農林水産省がこんなキャンペーンやってるみたい。そういや一時期TVCMもやっていたね。
このサイトでは、ご飯食をすすめていますが・・・(^^;

■めざましごはん(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/j/soushoku/kakou/mezamasi.html
posted by kaori at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

一匹もらって帰りたい。

さっきYouTube見てたら、こんなのを見つけた。



あああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
いいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
(*´д`*)ハァハァ かわいすぎてよだれが出そう・・・。

一匹もらいたい。もらって帰りたい。家で一人でじっくりさわりたい。
真ん中にで仰向けで寝ている子、おなかが丸見えでかわいい。
肉?皮?のたるみもいいよね・・・。

この子たちを見ていると、昔うちで飼っていた耳垂れ犬のチャッピー(雑種)を思い出すなぁ。
毛色と耳の長さが似てるから。毛並みはちょっと違うみたいだけど・・・。

今、実家で飼っている犬は白と茶のウェービーでロングヘアードな毛で
目が大きくておとなしくて「深窓の令嬢」のような雰囲気が漂っている(?)けれど、
私はこういう短毛で目がつぶらで鼻が黒くて耳が中途半端な長さで
口の周りがグレーの犬が本当は好きなんだよね。

それから最近の犬はきれいにひげを剃っているけれど、
私はやっぱり犬はひげが生えてたほうがかわいいと思う。
あと顔をペロペロなめる犬が好き・・・(←変態的?)

私の夢は大型犬をお座敷犬にすることです。
そして、犬を枕にして昼寝をしたいです。
posted by kaori at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 妄想のくずかご。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

すし券

ここ数日、元気がない私だけど、今日は先日エコポイントで申請していた
「全国共通すし券」が届いたので、少しうれしくなった。

封筒を開けると、中からかすかに魚の匂いがした。
送り手は「東京都鮨商生活衛生同業組合」となっており、
住所は築地市場内となっていた。どうりで魚の匂いがするわけだ。

今回、500円のすし券が10枚届いたので、5000円分。
東京都のすし券取扱店一覧も同封されていた。
私が行きたいと思っているお店もあったので、近いうちに行ってみよう。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

『怒り』の原因

今日は本屋で「怒らないこと」「怒らないこと2」を買いました。
この2冊は、私が以前読んだ瞑想法の本、「悩みと縁のない生き方」の著者である
アルボムッレ・スマナサーラというスリランカ初期仏教長老が書いた本です。

最近の私は、自分の意思ではどうにもならないことがあり、
心の中にどこか納得できない感情を抱えて、モヤモヤとしていました。

この「怒らないこと」を早速一章だけ読んでみましたが、その気持ちの原因が少しわかりました。
それは、私はまだ「完璧主義」だから、怒りの感情が出てくるということです。

私はいくつかの強いポリシーというか、信条のようなものを持っています。
それは『無駄なことをしない』とか、『人・物・動物を大切にする』とか、『嘘をつかない』とか、
『公私のけじめをつけて行動する』とか、『人とは誠実に付き合う』とか、いろいろあります。
自分ではその信条が『正しい』と信じているから、それに反したものが周りにあると、
イライラしてしまうのですね・・・。

普段生活をしていると、世の中には自分のポリシーに反するものが溢れています。
でも、それらの信条はあくまでも私の尺度であって、世の中の尺度ではないんですね。
だから、私がそれを目にしてイライラするのは、あまりにも低レベルなことではないかと本を読んで反省しました。

私はまだ「完璧主義」を捨て切れていないのだと、感じました。
世の中、「完璧」など、存在しないんですよね。
私を含め、人間も物も何もかも完璧ではありません。

だから、この本にも書かれているように、「自分にも他人にも完全な結果を求めない」という思考が、
この世の中で落ち着いて生きられる秘訣なのでしょうね。

私は周りの人たちから「怒ったところを見たことがない」とよく言われます。
確かにその通りだと自分でも思います。
外では目に見えて、怒りを露わにすることはほとんどありません。

でも、ここ最近の私の心の中では、絶えず『怒り』の感情を持ち続けています。
その『怒り』とは、他人に対する怒りでもあり、自分に対する怒りでもあります。
最近の私は、他人も自分も思い通りにいかないことで、怒りの感情を抱えているような気がしています。

それは、もしかしたら私の完璧を求めようとする堅すぎる信条が『怒り』を作っているのかもしれません。
信条は持っていても、鉄のように硬くなりすぎず、しなやかな柳のような信条でありたいです。

鉄は硬くて多少の風では揺れないけれど、潮風が吹けば錆びてやがて脆くなって自ら破壊していきます。
柳なら、多少の風が吹いたとしても、枝葉から風を逃がすことができるだろうし、
前後左右に揺れたとしても、折れることはないでしょうね・・・。

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)
怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)アルボムッレ スマナサーラ

サンガ 2006-07-18
売り上げランキング : 479

おすすめ平均 star
star同意できません
star通勤電車の中で
star馬鹿本。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)
怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)アルボムッレ・スマナサーラ

サンガ 2010-07-29
売り上げランキング : 584

おすすめ平均 star
star素晴らしい本です。
star幸福の道  限りないスケール
star慈悲の瞑想が有効

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

Here, There and Everywhere

私はある人の影響で4月頃からビートルズにはまりだし、今では『Please Please Me』から
順番にアルバムを全部聴いているところなのですが、どのアルバムも個性があって
とても良いです。何度も聴いているとどんどん好きになってきます。

今は中期のアルバム『REVOLVER』を聴いています。
シタールの音など、少し怪しげな雰囲気が漂いはじめていますが、
その中でも私が「これは!」と心魅かれた曲が『Here, There and Everywhere』です。

メロディラインがきれいで甘くて、なんとも言えません。
歌詞も良いですね・・・こんなことを好きな人に言われたら、私はその場で倒れてしまいそうです(笑)
今まで聴いたビートルズのバラードの中では、一番好きかもしれません。
それくらい気に入っている曲です。

posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

ホワイトリース

201008092012000.jpg

いつもは土曜日に行っているお花のレッスンですが、今日は仕事を定時にあがり、
初めて平日18時からのレッスンに行きました。

今日はお花のリース。
アリストロメリアという、ツツジにも似た白くて可憐なお花のリースを作りました。

アリストロメリアとトルコギキョウの白をベースに、
ところどころデンファレのピンクと、デルフィニウムのブルーを入れて、
爽やかで可憐な夏らしいアレンジにしてみました♪

今やっと帰りだから、帰宅時間は遅くなるけど、
家には待つ人のいない一人暮らしだから、気を遣うこともなし!
仕事の後のお花もいやされます(*´∇`)
posted by kaori at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

足るを知る

私が最近ときどき読んでいるブログに、「知足(ちそく)」という言葉が紹介されていました。

知足とは、足るを知る。常に己の分限を知って満足することです。

私は自分が足りているもの、それを未だに把握できずにいます。
子供の頃から、もっともっと・・・とさらに上、さらに上を目指して生きてきました。
でも、もうそんなことは自分には必要ないのでは、と思ったのです。

それを思ったのは、今日の晩ご飯を食べている時のことでした。

女とは、いろんな人生の分岐点があり、私と同じ世代でも
結婚していたり、独身だったり、子どもがいたり、いなかったり、
仕事があったり、なかったり、人それぞれの生活をしています。

私はこれまで、頭の中にずっとあった「ごく普通の女の人生」という固定観念に囚われていて、
『今ここにいる私の人生は、思い通りの人生ではない、だから私は不幸である。』とずっと思い悩んできました。

でも、今日彼にそのことを話していてふと気づいたのです。
もしかしたら、私は他人の人生を見て、ただ『ないものねだり』をしているだけではないのか、と。

私が例えば11年前に就職が決まらなかったとして、そのまま結婚をしていたとしたら、
きっと今頃は普通に主婦をして、子供を育てていたと思います。
でも、それで私は幸せだったのかというと、それはわかりません。

どんな人生の選択をしていても、自分の心が満足しているかどうか、
それが「幸せ」の鍵になるということに今さらながら気づきました。
その自分にとっての満足とはなにか、に繋がってくるのが、「知足」だと思います。

ブログに紹介されていた精神科医のサイトに、いい言葉が書かれていたので紹介します。

この知足は、単に「あるものでがまんする」など禁欲や節約精神を言っているのではありません。私は、今のある物の中に喜びや幸福を積極的に見いだすことだと思います。人は、昔からややもすれば欲が深く、人を妬み、モノを沢山ほしがり、次第に心が貧しくなり、その結果として不幸を背負うことになるのです。モノが豊かであればあるほど、知足の心を持つことが難しくなると古から言われ続けているのです。


私はこれまでのように、他人と比較して『ないものねだり』をするのはもうやめようと思いました。
そうではなく、今あるものに喜びや幸せを感じて、感謝をして、毎日を丁寧に生きること。
それこそが人が幸せに生きるうえで、大切なことなのだと思います。

今の日本はもっと上、もっと上を目指しているように見えます。
でも高度成長期はずっと前に終わり、経済的にはこれ以上の高い数字は望めなくなり、
モノを求める時代はもう終わっていると私は思います。
これからは、モノではなく精神の時代、個人個人の心の中の幸せを
求める時代になるのではないでしょうか。

■知足 その2(名言コツコツ)
http://meigen.ko2ko2.net/2010/08/0759.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+ko2ko2%2FYaNU+%28%E5%90%8D%E8%A8%80%E3%82%B3%E3%83%84%E3%82%B3%E3%83%84%29&utm_content=Google+Reader

■医療と内観 -知足(ちそく)-(やすら樹 No.70 2001 NOV.)
http://www.nsknet.or.jp/~hy-comp/else/profile/yasuragi4.html
posted by kaori at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

花火大会

今日は昼頃から浴衣の着付けを練習し、帯も何とか文庫結びができたので
準備万端で夕方から江戸川の花火大会に行ってきました。

浴衣ではそんなに歩けないだろうと彼が気を遣ってくれたようで、
タクシーを呼んでくれて、家の前から江戸川の会場近くまで移動しました。

本当は京葉道路を越えたところがよく見えるらしいのですが、
もっと手前でも見えるようだったので、京葉道路よりもかなり手前の草地に場所を確保し、
彼が持参してくれたレジャーシートと携帯用の椅子で夕焼けを見ながら、
これもまた彼が作ってくれたおにぎりを食べながら、開始時間まで待ちました。

きれいな夕焼けです!
きれいな夕焼けです! posted by (C)kaori

花火大会は7時15分から開始しました。
久しぶりに色とりどりの花火を見て、子供の頃に戻ったかのように感動しました。

今の花火は色も形もどんどん進化していますね!
色は昔ながらの白、赤、緑のほかに、ピンクや青、それに最近では黄色や水色もあるんですね。
真ん中から半分ずつ色が違うものや、色が時系列に赤⇒緑⇒青など3色ほど変わるものもありますね。
ひとつの花火の中に、赤や緑など、2色が混じっているものもあります。
形はハートマークなどの変わった形のほかに、☆型のキラキラが残るものや
その☆が四方八方にゆっくりと飛び散る変り種もありました。

私が好きなものは、☆型のキラキラの花火。
なぜなら、打ち上げ花火って、花火の後は次第に消えてしまうのでちょっと物悲しいけれど、
☆型のキラキラは、普通の打上げ花火よりも、もう少し長めに残っているから、好きなんです。
それにやっぱり、無条件にキラキラしてるものには魅かれますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

帰りは駅まで歩いたのですが、慣れない下駄で足が痛くなってしまい、タクシーを拾って帰りました。

今日は風もあり涼しかったので、花火を見るには最適でした。
素敵な夏の思い出ができました。

2010_080700021.jpg
浴衣の着付けはまったくの素人の私が結んだ帯です・・・。
この後、もう少し凝った形に結びなおして出かけました。

■江戸川区花火大会
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/chiikinojoho/event/hanabi8/
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

ざくざくラー油バーガー

木曜日のお昼休みに、会社の子がモスのラー油バーガーを食べていて
「おいしい」と話していたので、私も急に食べたくなった。

今回のラー油バーガーは2回目。前回の時はまだ期間中だと思っていたら
「もう終わったよ」と聞いてがっかりしたので、
今回はこの時を逃すまい!と思い、今日のお昼にいくことを決めた。

いつもは近所の大学生で混んでいそうなモスだけど、
夏休みに入ったこともあり、並ぶことなくすぐに入れた。

caorine1118 / かおり
お昼にモスのラー油バーガー食べたよー!前回のリベンジ達成… http://photozou.jp/photo/show/300162/45127888 at 08/06 17:40


ラー油バーガーは、その名の通り「ざくざく」していて、トマトとの相性がとてもよかった!
予想よりもちょっと辛かったけど、これくらいの辛さなら夏にはちょうどいいと思う。

数量限定のようなので、食べたい人はモスへ急げーーー!!!

■テリー伊藤のざくざくラー油バーガー
http://www.mos.co.jp/menu/hamburger/rayuburger/
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

6年前の私からのアドバイス

今日は空いている時間に、この前参加した「富士山エコツアー」の体験記を書いていた。
私はこのような体験記を過去に何度か書いているので、
会社のPCには、「体験記・合格記」というフォルダを作っている。

その中に「白紙の心」というタイトルの、私が2004年頃に書いた文章が入っていた。
当時、社内広報を担当している方から、社内誌に載せる文章を頼まれて書いたものだった。

私は6年前に書いた自分の文章を読みかえしてみた。
その文章は、『何事も先入観を持たずに白紙の心で取り組んでみると、
今まで見つからなかった新たな感動や発見があるよ』というような内容だった。
今読んでみると、文章はところどころ稚拙なところもあり、少し気恥ずかしかった。

書いてあることは割とありふれた内容だったけれど、当時の私はとても純粋だった。
自画自賛になってしまうけれど、その純粋さがこの文章の内容を引き立てていると思った。
私はそんなに純粋だった私自身に驚いた。
当時はいろんなことが思い通りになっていた時期だったので、きっと気持ちも良い方向に向かっていたのだろう。

当時の私はこう書いていた。

『自分自身に対しても、「白紙の心」は有効である。最初から心に箍(たが)をはめずに、行動してみよう』

そうだったよね。当時の私は、『何でも挑戦してみよう』と思っていた。
失敗したら失敗したときで考えればいい。失敗を恐れずに突き進んでいた。
思い立って突然週末に京都に遊びに行ったり、好きな人を遊びに誘ったり、
公募を出したり、後先考えず、とにかく手当たり次第に行動していた。

それが今の自分はどういうことだろうか・・・。
あれからいろんなことがあって、いつしか私は「白紙の心」をどこかに置き忘れてしまったのではないか・・・。
「私にはできない」「それは難しい」と失敗を恐れて、心に箍をはめて、最初から諦めていないだろうか・・・。

この文章を読み終えた後、当時の私に
『白紙の心を思い出して、失敗を恐れずにもっと前向きに行動したらどう!?』と言われたような気がした。
posted by kaori at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

ケータイソムリエ

午前中休みをとって、「ケータイソムリエ」の試験こと、
「MCPCケータイ実務検定」を受けに日本青年館へ行った。

最寄駅は信濃町。ここは私にとっては忘れられない思い出の場所。
あれから15年の時が過ぎて、私も変わってしまったけれど、
場所は全く変わっていなかった。

試験時間は1時間だったけれど、見直し含めて20分で終わってしまったので
30分過ぎたらすぐに途中退室して、すぐに職場方面に向かった。

ちょうどお昼より早めに駅に着いたので、前から行きたいと思っていた
「東京パリ食堂」でランチを食べることにした。
場所は東京大神宮のほど近く。

ここは「食堂」と名前がついているだけあって、
気軽に食べられるフレンチレストラン、という感じのお店。

私がお店に入ったのは11時半過ぎだったけれど、
12時を過ぎるとお昼休みに入った人たちであっという間に満席になった。

ランチは前菜とメインから1品ずつ選べて、食後にデザートとコーヒーがついて1260円。
今回、私は前菜に舌平目のムース、メインに鶏肉のコンフィを選んだ。

東京パリ食堂で早めのランチ。前菜は舌平目のムースです。
東京パリ食堂で早めのランチ。前菜は舌平目のムースです。 posted by (C)kaori

メインは鶏肉のコンフィです!
メインは鶏肉のコンフィです! posted by (C)kaori

どちらともおいしかったんだけど、炎天下の中、歩いたので体がバテ気味。
どんなにたくさん水を飲んでも、頭がぼーっとしていた。
ランチの後、お店のすぐ近くにあるフランス語の本しか置いていない本屋さん「欧明社」に寄った。

私はフランス語が全然よくわからないのに、なぜかフランス語が好き・・・。
フランス語の本を見て、意味もわからないのに、雰囲気に浸っている(???)。
4年前にフランスに行ってから、本気でフランス語を身につけたいと思ったものの、まったく勉強してないし(笑)
ヒマになったらやるかもしれないけど、いつになることやら・・・。

「欧明社」を出た後、普通の本屋にも寄って、カントリーの雑誌を見て
入間の平成ハウスって素敵だなーと思いながら、午後からは普通に出社した。

■東京パリ食堂(食べログ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13000185/
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

あと3か月の命

「あと3か月の命です。」と言われたら、あなたは何をしたいですか???

私が考えたのは、以下のとおりです。

すぐに仕事をやめて、彼の家へ居候します。
最初の1か月は日本中、世界中で行きたかったところに行きます。
次の1か月は、私の好きな食べ物の最高級のものを食べます。
あと小学生、中学生の時に仲の良かった友達や知り合いに会いに行きます。
そして高校と大学の友達、職場で仲の良かった人にも会いに行きます。
それと、以前付き合った人(で会えそうな人だけ)に挨拶をしに行きます。
最後の1か月は、1週間だけ家族と過ごして、残りは全部彼とのんびり過ごします。

なぜ、突然こんな話を出したのか言うと、
私が落ち込んだ時にときどき読む本の中に

あと3か月の命だと知った時に本当にやりたいことがあるなら、
今からでもなるべくその生活に近づけるほうが、人生、楽しいのではないだろうか。

と書かれていたからです。

冒頭の問いを自分に投げかけることで、自分が本当に大切なものを見つけることができます。
人生の方向性がわからなくなったり、自分らしい自分から離れているように感じたら、
この問いに答えてみると、気分が晴れるかもしれません・・・。

私は3か月でやることが多すぎるような・・・。
ちょっと欲張りすぎたかな。。。(;^ω^)

私がときどき読む本とはこちらです↓
落ち込んだ時に参考になります。
94のヒントがありますが、どこからでも気楽に読める本です。

気持ちの整理―不思議なくらい前向きになる94のヒント (知的生きかた文庫)
気持ちの整理―不思議なくらい前向きになる94のヒント (知的生きかた文庫)斎藤 茂太

三笠書房 2003-02
売り上げランキング : 5180

おすすめ平均 star
star自分に合うところから読もう
star94ヒント全てではないけど
starなんだろう、不思議な感じ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

3年前の不思議な缶詰を食べてみた

私のブログをずっと見てくださっている皆さんは覚えているでしょうか・・・。
3年前の暑い夏の日、私が秋葉原である缶詰を買いたいと言っていたことを・・・。

この日記です↓

■らーめん缶(2007年08月16日)
http://caorine.seesaa.net/article/94070005.html

私はいざと言う時のために、「非常用持ち出し袋」を作っているのですが、
たまに食品の賞味期限が切れていないかなどをチェックすることがあります。
そして先日、久しぶりに持ち出し袋から出てきたのがこのらーめん缶。

201008011241000.jpg

私はその存在を忘れていたので、すかさず賞味期限を見ました。
7月27日。数日過ぎているけど、まだ食べられるはず!!!
最近この持ち出し袋はすっかりタイムカプセル状態になっています・・・。

ドキドキしながら缶を開けてみると、こんな感じ。

201008011243000.jpg

なんか油が浮いてるよね・・・。これを常温のまま食べるとまずそうだったので
鍋にあけて火にかけてみました。ついでにネギと卵も入れてみました。

すると、まぁこれなら食べられそうかな、というレベルになったので、早速食べてみました!!!

201008011251000.jpg

味は・・・麺はこんにゃく麺ということを知っていたので、こんなものかな、と。
でも、メンマがなんか苦い!!!なんでこんな味?
チャーシューがひとかけら入っていましたが、これもうーん・・・微妙。

スープはしょうゆ味ですが、メンマの出汁?が出て、若干苦い。
食べた後もしばらく口の中に苦味が残っていました。

私の食べた感想は、

らーめん缶はおいしくない。でも、非常用には使えると思う。

ということです。

興味のある方は、ぜひ秋葉原に行って買ってみてください。
楽天でも買えるみたいなので、遠方の方はこちらからどうぞ。

posted by kaori at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする