2010年05月31日

電子タバコ

私はこのブログで何度も申し上げているとおり、タバコが大の苦手だ。
特にタバコの煙が嫌いで、まだあまり分煙がされていない時代に
喫茶店に入るときは、タバコを吸っていない人の近くのテーブルを選んで座っていた。
大学生の頃に、全面禁煙のスタバが日本にやってきた時は、
画期的なカフェができたものだ、と心から喜んでいた。

そんな私だけど、夢の中ではときどきタバコを吸っている。
一体、タバコとはどんな味がするのだろうか?
銘柄によってどのように味が違うのだろうか?
果たしてタバコを吸うと気持ちが切り替わるのだろうか?

タバコは嫌いだけど、一度だけでもいいから吸ってみたい。
でも健康に気を遣う私は毒の煙で肺を汚したくはない。
だったら、、、電子タバコを吸ってみようか。

ということで、つい先日、はじめて電子タバコを吸ってみた。
本物タバコは一度も手にしたことがないけれど、電子タバコはちょっと重い感じがする。

カートリッジにはいろんな味があるようだ。
私が吸ったのは、「マイルドセブン」と「メンソール」の2つ。

まずマイルドセブン。
一言で感想をまとめると、「線香花火」。
または、「しょっぱい灰」。
はっきし言って、まずい。

本物のマイルドセブンは吸ったことがないけれど、
これがもし本物と同じ味ならば、相当まずいと思う。
何度も吸えばこんな味でも美味しいと思うのかな???
(マイルドセブン愛好者の方、すみません・・・)

次にメンソール。
一言で言うと、「ミンティアまたはフリスクを薄くした空気」。
吸ったときはあまり感じないけれど、吸った後はすっきりする。
私はマイルドセブンよりこっちのほうがまだいいと思った。

2つとも共通して言えるのは、「吸うほどのものではない」ということ。
本物タバコは、ニコチンやタールが含まれているから、
もっと頭や体に『ガツン』とくるだろうし、もっと味も濃いのかもしれない。
たとえ本物でも、私はタバコを「美味しい」とか「また吸いたい」とは思わないだろう。

タバコの存在感は、ガム、ミンティア、お茶、コーヒーに似ているかもしれない。
吸ってみるとなんだか落ち着く、すっきりする、ほっとする、そんな感じだろうか。
依存性があるという点では、コーヒーにかなり近い。

ある喫煙者の言葉を借りると、タバコとは、
「銀紙をはがす」→「タバコを取り出す」→「火をつける」→「吸う」といった、
一連の流れがあるらしい。

コーヒーもそれと似ている。
「豆を冷凍庫から出す」→「豆を挽く」→「フィルタに入れる」→
「お湯を少しずつ入れて抽出する」→「飲む」という一連の流れがある。

私はタバコは吸わないが、数年前からコーヒー中毒で、必ず一日一回飲まないと落ち着かない。
だから今もこのブログを書きながら、コーヒーを淹れて味わっている。
もちろん、一連の流れを楽しんでいることは、言うまでもない。
posted by kaori at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

川沿いを歩く。

今日は午後から、川沿いをひたすら歩いていた。

川べりで、遠く建設中の「東京スカイツリー」を眺めた。
今でもこんなに高いのに、もっと高くなるのだから、
きっと東京近郊の景色も一変するんだろうな、と思う。

堤防では、ジョギングをする人、ウォーキングをする人。サイクリングをする人。
川の近くでは、野球をする少年たち、バーベキューを楽しむ人たち。
川の上では、水上バイクをとばしている青年たち、ボートのラジコンを楽しむおじさんたち。
川沿いを歩くだけで、様々な休日の過ごし方があるのだな、と思った。

c2e7.jpg

古い橋を渡って、海側を見ると、釣り用のボートがいくつも並んでいた。
手漕ぎボートとは違って、釣り仕様のボートは、棒か柱のようなものが、
船体にいくつも突き刺さっていた。
そのボートが群れる様は、どこか郷愁を感じさせた。

私は海の近いこの土地がかつては漁で栄えていたのだろうな、と想像した。
今は寂れた木造のボート乗り場があるだけで、漁をしている人の姿はなかった。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

バラ園へ

今はちょうどバラの咲く季節。

私が知っているバラ園は2つある。
1つは千葉県習志野市にある、谷津バラ園。
もう1つは千葉県八千代市にある、京成バラ園だ。

今日は京成バラ園に出かけた。
ここは10年程前にリニューアルして、大きなバラ園になったと話には
聞いていたが、実際に訪れたのは今日がはじめてだった。

予想通り、バラは満開で、広大な敷地には、赤、白、ピンク、黄色、
オレンジ、ブルー、紫など、色とりどりのバラで埋め尽くされていた。

高校生の時に、母親と谷津バラ園へ行ったことがあるけれど、その時は今ほどの感動はなかった。
当時、バラはそれほど好きな花ではなかったからかもしれない。
でも、今はフラワーアレンジメントでバラによく触れるようになって、
いろんな形、色があることを知り、好きになった。

私はどちらかというと、大きな花弁のバラより、小さなバラが密集しているものが好きだ。
特に、イングリッシュガーデンにあるような、アーチに絡ませてあるバラがとても好きで、
将来は自分の庭にもバラを植えたいと思っている。

2010_05290003.JPG2010_05290009.JPG2010_05290010.JPG
2010_05290007.JPG2010_05290080.JPGrose3.jpg
2010_05290053.JPG2010_05290056.JPG2010_05290042.JPG
2010_05290062.JPG2010_05290064.JPG2010_05290103.JPG

rose.jpg

■京成バラ園
http://www.keiseirose.co.jp/
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

iPadに夢中

今日はiPadの発売日でしたね。

私は先日、実物を手にしていますが、思ったより大きくて重いです。
電子書籍を読むツールとしては、私にはちょっと重いかな。

この前見つけた、私の好きな動画を紹介します。
猫の手がかわいい〜!!!猫

posted by kaori at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

防火・防災講習会

caorine-2010-05-27T21 28 48-2.jpg

今日は午前中、牛込消防署の「新入社員等防火・防災講習会」に参加した。
牛込地区の企業から80名が参加していた。
このあたりの企業って、出版社が多いみたいね。
ちなみに、「新入社員」とあるが、私の会社からの参加者4名には
新入社員はいなかった模様・・・。

講習内容は、「防火・防災概論」「起震車」「消火器・内栓・消火マスター」
「応急手当要領」「AED取扱要領」の5つ。

「防火・防災概論」は座学で、消防署の課長がスライドを使って説明をしてくれた。
特に地震については、詳しく話をしていただいた。
首都直下型地震は30年以内に起こる確率が86%とのこと。
死者は6413名、建物全半壊は47万棟を想定しているらしい。

非常時の備えとして、自分の分だけでも確保しなくてはならない。
地震があった場合はすぐに帰宅行動が取れないため、会社にいることになる。
そのため、「水」「食糧」を自分の机の下や中に常に置いておくと良いと話があった。

また、いつどこで何が起こるかわからないので、
その課長は「ラジオ、タオル、軍手、時計、iPhone」をいつも持ち歩いて、防災仕様にしているそうだ。
(iPhoneを買うのに災害時にGoogleマップが見やすいから、という理由で
『我が家の事業仕分け人』に説得をした、と話していたのがおもしろかった)

その後は、班に分かれて体験と実習。

まず、私たちの班は、AEDの取扱いについて講習を受けた。
この「AED」は最近、駅やビルの中で目にするようになった。
私もどうやって扱えばいいんだろうとずっと思っていた。
でも、実際に操作をしてみると、音声ガイドがついているので、とてもわかりやすかった。

心臓停止は3分放置されると、死亡率は約50%に、
呼吸停止では、10分間放置されると死亡率が約50%になる。
従って、救命にはその場に居合わせた人による応急手当が必要である。

私は今回、気道確保、心臓マッサージ(胸骨圧迫)、人工呼吸(のまね)、AED操作をやってみた。
実際に人が倒れている時に、できるかどうかはわからないけれど、
今日学んだことで人の命が救えるのなら、ものすごく重要なことを勉強したと思う。

201005271005000.jpg

次に、体験したのは、起震車。
私は初めての体験だった。今回は、関東大震災の揺れを体験。

201005271024000.jpg

・・・。すごい!こんな地震は今までに体験したことがない!
とても立っていられない。縦横に揺れてどこかにつかまらないと。

今回の体験では、テーブルや家具が固定されていたけれど、
実際の揺れだと、テレビがスライドして、ケガをする人が多いらしい。
うちはテレビがないけど、大きなテレビがある人はしっかり固定しましょう。

次に消火器、消火栓の体験。これは先週の体験とほぼ同じ内容だった。

201005271046000.jpg

201005271051000.jpg

最後に応急手当について実習をした。
三角巾で止血をする方法と、骨折の際に固定する方法を学んだ。
普段、三角巾を持ち歩くことはないので、ネクタイやスカーフなどで代用するといいらしい。
また、骨折の固定には、雑誌や新聞紙、ダンボールなどを使って
上からネクタイなどで固定すると、しっかりと動かなくなる。

最後に修了証をもらった。
実用的でとても有意義な講習会だった。
こんなに中身の濃い講習なら、お金を出してもいいから、
消防署から会社に来てもらって、全員に学んでもらうと良いと思った。
posted by kaori at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

緩まないネジ

私は本当に真面目な人間だなぁ、と思う。
真面目すぎるがために、余計に悩むことも多い。

今日会った友人に、「もう少しネジを緩めてもいいんじゃない?」と言われた。
同じようなことを以前にも誰かに言われたことがある。

確かにそうだね。自分でもよくわかっている。
でも、私のネジはなかなか簡単には緩めることができない。

ネジを緩められたらもっと楽かもしれない。
だけど、自分では緩められないんだよね・・・。

誰か私のネジを緩めてください。
それとも、このネジはもう二度と緩まない、スパナで固く取り付けられたネジなのかな。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

9時間睡眠

昨日は本当に眠くて10時半に就寝。
今朝は7時15分に起床。

約9時間も寝ていたことになる。
これだけ寝ると、仕事中も全然眠くないし、仕事がはかどった!
それに電車の中で本を読んでもページがどんどん進んでいく。

やっぱり睡眠は十分にとるのが一番!!

・・・というわけで、今日も早くねまーす!
posted by kaori at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

出会いは自ら作るもの

最近、私は『人との出会いは自ら作るものだなぁ』とつくづく思う。

元々、私は臆病で消極的で内弁慶な性格のため、子供の頃から
自分から誰かに声をかけるということができなかった。
だから、幼稚園でもずっと一人で、周りの子どもたちが
遊んでいる様子をただじっと眺めている大人しくて不思議な子だったみたい。

でも、自分から声をかけないと、いつまでも「一人ぼっち」なのだ。

『どうせ私はこんな人間だし・・・』と自分を蔑んだり、
『断られたらどうしよう・・・』と傷つくことを怖れていては、
いつまで経っても、友達も恋人も作ることはできない。

私が『これからは少しずつ周りの人たちに自分から声をかけてみようかな』、と思ったのは、
今から15年前の短大入学の時だった。

鉄門を通り、桜の並木道を歩きながら、
『このままの私じゃだめだ、私は今日から人生を変える!』と
堅く決心したのである(大げさ???)。

短大で初めて声をかけたのが、休憩室にいた国文科の子だった。
もう名前も忘れてしまったけれど、知的で大人びた雰囲気の彼女は
浪人を経て入学したため、私よりも1歳だけ年上だった。
偶然にも、予備校で習っていた先生が一緒だったりして、話が盛り上がったなぁ〜。

その次に声をかけたのが、同じクラスのSNちゃんである。
すると、次第にRちゃん、RYちゃん、Mちゃん、Sちゃんと交流の輪が広がっていった。
この時は本当に自分に革命が起こったと思った。
『私の人生は今日ここから始まったのだ!』と。

波にのった私は、友達を増やすことから、彼氏を作る方向へと
思考が向いていった(なんという勢い・・・これが若さなのだろうか)。

恥ずかしながら、私は今まで付き合った男性のうち、
約半分は自分から声をかけている。(もてないから仕方ないね(^^;)
でも、あまりガツガツしていては、相手にひかれてしまうので(笑)、
適度にエサをまいておいて、食いついてくるのを待つという感じかな(なんか生生しい表現だなぁ・・・)。

では、突然ですが、ここから『エサのまきかた』実例をご紹介します。

短大時代の私はPCの電子メールすら使ったことがなかったので、
自分なりに作戦を立てました。まず最初にしたことは、

「相手と直接会う回数を増やす」

ということです。

当時の私は相手の空き時間を把握し(現状把握)、
そのタイミングを見計らって(要因分析)、
某所に通いつめました(対策立案&実行)。
そして、運がよいとターゲットはエサに喰らいついてきます(目標達成!)。
さらに運がよいとそのまま結婚ってパターンもあるかも(波及効果)。
あらまぁ、いつの間にかQC活動の流れになっちゃったじゃないの〜。

もし不運にもエサをスルーされた場合は、また別のターゲットに
エサをまけばよいだけのことです。落ち込んでいるヒマはありません!

今はメールという文明の利器がありますので、これを有効活用しましょう。
エサをまく段階では、携帯メールよりもPCへのメールの方が
適度な距離感があって私は良いと思います。

最後に、通信教育のテキストに書いてあった良い言葉を紹介します。

「人生において、多くの人が何をすべきかを知っているが、その知っていることを実際に行う人はほとんどいない。知っているだけでは不十分だ。あなたは行動を起こさなければならない」

― アンソニー・ロビンズ―


さて、独身のみなさん、『全然出会いがない』とは言わずに、
お互いがんばりましょうね!(自分への激励も含めて・・・)
posted by kaori at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

雨の一日

今日の東京は朝から雨でしたね。

せっかくの日曜なのに雨なんてちょっと嫌だな、と思っていましたが、
朝、窓を開けて、外の空気に触れていたら、
今日の雨はじっとりと蒸し暑いものではなく、
程よく涼しくて適度な湿度があったので、なんだか心地よくて、
朝遅くまで寝ていたにもかかわらず、また眠くなってしまいました。

洗濯や掃除や買い物をして、ドーナツを食べてコーヒーを飲んだり
お茶を飲んだり、のんびり過ごしていました。

夜は冷蔵庫の中にあるものでいくつか簡単に料理を作って、
「うふプリン」を食べながらDVD(南極料理人)を見ていました。
雨の休日だったけど、充実した一日でした。

201005232233001.jpg
キャトルの「うふプリン」。卵の殻に入っている。彼が東京駅で買ってきてくれた。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

迷える女たち

今日からフラワーアレンジメントは『専科』に進級。
『基本科』は前回で終わったので、修了証をもらいました。

今までの『基本科』では、基本の形を学んできたけれど、
今日からは基本形をベースにしたアレンジで、
自分なりのセンスでの生け方が求められるようになります。

今日はフラットなアレンジでした。
大きなダリヤが入っています。これまでにはなかったお花も
花材として扱えるようになって嬉しいです。

P10007161.jpg
上から見たところ。

P10007171.jpg
斜め前から見たところ。

私の行っている教室は、皆さん20代後半から30代くらいの年代で、
独身者も既婚者もいるのですが、当然ながら生徒は女性のみです。

・・・となると、決まって出る話題は、「結婚」「恋愛」「芸能界」の話。
今日のメインテーマは、結婚と恋愛についてでした。

その話に発展したのは、ある生徒さんの妹さんが50歳の方と
結婚された、という話を先生がしたのがきっかけでした。
私たちの話の中では、「年が離れてても、本人たちが幸せならそれも
アリよね〜」みたいな話になりました。

その後、「私も50歳とはいかないけれど、結構年上の人と付き合ってるんですよ」
という話をしたら、
周りの人たちに「へええ〜〜〜〜というか、kaoriさんは何歳なの?」と言われました。
「33です」と答えたら、「へえ〜〜〜〜見た目より上なんだね」と言われました(泣)。
「そういう人とはどこで知り合うの?」と聞かれたりもして・・・。

また、別の人の話では、10年以上付き合っている人がいるけど、
彼に結婚願望がなく、今は1か月に1、2回の頻度で会っているとのこと。
先生は「それはないわよ〜、別れなさい」と言っていましたが、
本人たちのペースだろうし、どうなんでしょうかねぇ・・・。

私もいろいろとアドバイスをいただきましたが、、、
最後に言われたのは、「33(歳)って迷うよ」という言葉でした。
ええ、確かに迷います・・・。微妙な歳だと思います。

意外と35歳あたりを超えると執着(?)が取れて、気持ちが楽になるのかもしれません。
でも、今の状態で35を超えてもいいものだろうか・・・。

「出会いがない」と言っている人もいたし、(私もそうだったけどね)
結婚や恋愛の悩みは本当に人それぞれです。
私も相当悩んでいますが、迷える女は私だけではないようです。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

最近の私

この1年というものの、私はそれまでの私とは変わった。

まず、私は自己啓発に対する意識がなくなった。
今の自分にある程度の自信が持てるようになって、
必要以上に自分を変えようとは思わなくなった。

1年前までの私は、自己啓発本を読んだり、語学を勉強したり、
資格を取ってみたりと、自分に付加価値をつけることばかりに力を入れていたけれど、
今はどんな自己啓発本を読んでも全部同じ内容に思えてくるし、
上には上がいるんだから、今の自分でよいと思えるようになった。

自分を必要以上に磨くことよりも、『今を楽しもう』と考えるようになった。
だから、外に出かけたり、旅行をしたり、きれいな草花を眺めたり、
好きな人と会ったり、DVDを見たり、小説を読んだりして、
自分の心が喜ぶようなことをしていたと思う。

私はその時その時で、楽しい、おもしろい、興味深い、と思ったことは
『私にはできない』とは思わずに、何でもまずは実際にやるようにしている。

それが結果として、失敗に終わるかもしれない。傷つくことになるかもしれない。
でも、実際やってみないと、何も得ることができないから、結果を恐れずに、
まずは行動することが大切なんだと思う。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

通学路を歩いてみよう

ブログのネタ検証のためにGoogleマップで調べ物をしていたら、
ストリートビューが開いてしまって、久しぶりに遊んでしまいました。
本当にすごいよね、ストリートビューって。全然飽きない!

特に面白かったのは、私が小学校2年まで住んでいたところが
ストリートビューで見れるようになっていたこと。

せっかくなので、当時の通学路をストリートビューでたどってみることにしました。

パビリオン本郷1.jpg

こちらが私が1985年3月まで住んでいたマンション。
私が生まれた年にできたと記憶しているので、築30年以上ってことですね。


気になる木2.jpg

『この木何の木気になる木』です。私はこの木が好きでした。
風が吹くとざわざわと音がして、葉の緑が青空に映えていました。
なんという種類の木なんでしょうか・・・?今も謎です。


ツカサ1.jpg

ここは私が通っていたピアノの教室があったマンションです。
通学班の集合場所でもありました。
この右側の坂道で、友達にチェッカーズの『ジュリアに傷心』を
覚えさせられました。(古い!!)


無題1.jpg

右側の赤丸のあたりに、大きな側溝があるんですが、
小学校の帰り道に、私は誤ってここに左足を踏み入れてしまい、
膝の少し下に大きな擦り傷を負いました。化膿してとても痛かった・・・。
この傷は今も残っています。


幼稚園1.jpg

私と弟が通っていた幼稚園。今も当時とほとんど変わっていません。


ケーキ屋がない2.jpg

幼稚園の前にケーキ屋さんがあったのですが、
今はシャッターが下りていました!!!
当時はここにケーキ屋さんがあって、よくソーダ水やクリームソーダをオーダーしました。
口ヒゲをたくわえたマスターが、ソーダ水の色を日によって
赤、緑、水色に変えてくれて子ども心にとてもうれしかったものです。


そして次は・・・衝撃の現場です!!!!!

FK現場1.jpg

本邦初公開、私のファーストキス現場です!!!
今も忘れない、1年生の時に、クラスの男子にはめられて
私が好きだった男子(花の水遣り係が一緒だった)と無理矢理キスをさせられたのです。。。
周りの男子たち・・・なんと罪深い子達だ!

味は給食のソフト麺でした。ああ、、、なんという非ロマンティックな現実であろうか。
そしてその男子は間もなく東京へ引っ越していった。今はどこでどうしていることやら。


上社小学校1.jpg

最後に私が2年の頃まで通っていた小学校。
この小学校は場所柄、サラリーマン家庭の子が多かったため、
転校生もやたらと多くて、東京や大阪から毎学期いろんな生徒が入ったり出て行ったりしていました。
そして私も3年になる直前に転校していきました。

その他にも、友達の家とか勝手に見に行ったり、プールや公園も行って見ました。
これはおもしろいですね!本当に行った気分になれます。

■Googleマップ
http://maps.google.co.jp/
地図の左端にある黄色の人を地図上にあるブルーのラインに持って行けば、ストリートビューが見れます。
※ブルー以外の道は見れません。
posted by kaori at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | なつかし話。昔話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

においビジネス

NHKで19:30から放送されている「クローズアップ現代」が面白いです。

以前は『堅そうな番組だなぁ。。。』と思って、19時のニュースが終わったら
すぐにチャンネルを切り替えていたんだけど、見てみるとトレンド情報が
わかりやすく解説されていて、興味深いものも多いです。

昨日は「においビジネス」について紹介されていました。

面白いと思った事例がいくつかありました。
今、スーパーのカレールーの売り場では、「カレーの香り」が置いてあるそうです。
これは人口の香料らしいのですが、これを置いたところ、売り上げが3割も増したそうです。

その他にも、三菱自動車のショールームで四万十川のヒノキのにおいをさせて、
「環境にやさしい」企業のイメージを高めるという事例もありました。

香りは、直接気持ちに訴えて、過去の素晴らしい体験や記憶を呼び起こす作用があるそうです。

そういわれると確かにそうだなぁ、と思います。
夕方、どこの家からか、晩ご飯のいいにおいがすると、子供の頃の懐かしい記憶がよみがえってくるのと、
単純に「おなかすいた」という気持ちになるし(笑)。

その他にも香水の香りとかね、草むらのにおいとかね、ピラ校のにおいとかね・・・。
いろいろと思い出がよみがえってきますね。

私はにおいだけじゃなく、「音楽」も人の気持ちを動かす作用があると思っています。

以前、窓口で働いていた時に有線をかけていたのですが、
一時期、洋楽のロックやポップスを流していた時がありました。

普段はクラシックをかけていたのですが、ロックやポップスにすると、
いつもよりもクレームのお客様が増える、とみんなが言うのです。
どうやら、待ち時間に聞く音楽にはクラシックが向いているようです。
イライラしている人の心を落ち着かせる効果があるんでしょうね。

つまり・・・「におい」+「音楽」をプロモーションに使えば、人の気持ちに直接訴えることができて、
売り上げUPにもつながるんじゃないでしょうか・・・?

例えば、、、スーパーや八百屋でじゃがいもを売るのに、
肉じゃがの実演販売でいいにおいをさせておいて、
母親のあたたかさを想起させる音楽を流す。(選曲は何がいいでしょうか?)

他には、スキーは今や40代の人がやることが多いので、
スキーグッズ売り場ではバブル時代にスキー場でかかっていた音楽を流して、
当時はやってた香水をおいておくとか・・・。
それで、懐かしいなぁ、という気分にさせて、物を買わせる。(厳しい?)

においの可能性はまだまだ広がりそうです。

■クローズアップ現代
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/index.cgi
posted by kaori at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

イチゴミルクシェイク

201005182349000.jpg
マジックブレットでイチゴミルクシェイク?を作ってみた。

イチゴを乱切りにして、牛乳とハチミツを加え、
10秒ほどマジックブレットで混ぜるだけ。

ミルクがフワフワとしていて、ほどよい甘さで美味です!

こんな深夜に一人、イチゴミルクシェイクを作っている私。。
posted by kaori at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好奇心旺盛!

私は自分にあまり自信が持てないでいる人ですが、唯一自信を持っているところがあります。

それは「好奇心旺盛」であるということです!!

今日の午前中、職場のビル会社主催の避難訓練があったのですが、
その後に行われる初期消火訓練への参加者が急募されました。
私は気分転換のために・・・じゃなくて(汗)、
自分の身と周りの人の安全を確保するために、手をあげました。
ところが、総括担当以外の参加者は、私だけ・・・。

強い日差しの中、Iビルの屋上で消火器と消火栓のデモンストレーションを見て、
自分自身も実際に体験しました。

消火デモンストレーションは、小学生の頃に何度も見たけれど、
もうすっかり忘れてしまったし、自ら実践するのは今回が初めて。
いざ、というときに、消火器が使えないのは困るので、今日参加して良かったと思いました。

先週出かけたクラウドコンピューティングの講演会と展示も、
直接自分の仕事に関係するわけではありませんが、
いろんなものを見ることによって、自分の知識となり、
結果として仕事にも活かすことができると感じました。
しかし、これも参加者は職場の中で、私と上司だけでした・・・。

私は日々生きている中で、『学べるものは何でも学んでおこう』という思いがあります。
だから、『仕事が忙しいから自分とは関係ないイベントに参加するのはやめておこう』ではなくて、
仕事を含めて、いろんな体験を通して、自分自身が成長できるといいなと思って生きています。

そういえば、私が元々社会人になった理由も、お金を稼ぐためというよりも、
社会に出て人生勉強をするためでした。

私の好きな宇野千代さんの言葉を最後にご紹介します。

「今、現れている能力は氷山の一角である」

人間には、無限の能力があるということを私も信じています。
posted by kaori at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

たばこ大幅値上げ賛成

知人のmixi日記を読んでつられて書きたくなりました。。。

たばこの価格が10月1日から上がるそうですね。
私はこれに賛成、大賛成です。
ヨーロッパを旅行したときは、たばこの価格はもっと高かったです。
特にイギリスでは、かなりの課税がされていると感じました。
だから、日本も今回の値上げに甘んじることなく、
もっと値上げしてもいいんじゃないかと思います。

約10年前の大学時代、コンビニでバイトしていたときには、マイルドセブンが260円でした。
今は300円になっているそうですが、これが10月1日からはなんと410円になるそうです。

一日一箱吸う人にとっては、一か月9000円だったのが、値上げによって12300円になるわけだから、
年間にすると、147600円となり、現在よりも39600円も高くなるというわけです。
年間で約40000円も高くなるってすごい値上げですよね。

というか、たばこに年間14万も払うって、そっちの方が驚きだけど・・・。
ほんの僅かな精神的安定を得るために、多額のお金を払って
自分の体を害しているのだから、喫煙って勿体無いことです。

お金がなくて、たばこをやめたい人は、これを機会にやめるのが賢い選択だと思います。

私は今日初めて知人の日記で「電子タバコ」なるものを知りました。
たばこをやめたい人はこれを使えばいいのではないでしょうか?
動画を見ましたが、これは不思議ですね。

火もつけず、煙も出ず、吸った後で口から煙(?)が出てきます。
体に害がないのであれば、私もちょっと試してみたいです。

■10月1日、たばこ大幅値上げ 4カ月でスパッと禁煙!(日刊ゲンダイ2010年5月14日掲載)
http://news.livedoor.com/article/detail/4773194/

■煙草 VS 電子タバコ(禁煙実践ブログ)
http://www.all-around.jp/vs.html
posted by kaori at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

谷根千で食べ歩き

今日は久しぶりに谷中・根津・千駄木散歩をしてきました。

私は一番下の過去ログにもあるとおり、「谷根千」が大好きです。
あの明治〜昭和のノスタルジックな雰囲気と、
それにマッチしたカフェや雑貨屋さんが好きです。

今日は日暮里を起点に、
御殿坂→谷中霊園→嵯峨の家→旧吉田屋酒店→カヤバ珈琲→言問通り→
丁字屋→へび道→三崎坂→いせ辰→よみせ通り→谷中ぎんざ→夕やけだんだん→
日暮里というルートでまわってみました。

嵯峨の家は『谷中ボッサ』のすぐそばにある大正3年創業の老舗のおせんべい屋さん。
堅焼きせんべいを1枚買いました。明日会社で食べよう♪

201005170052000.jpg

『吉田屋酒店』では、半纏を着て商人を気取ってみました。
中で写真も撮れるなんて、今まで知りませんでした!

DSCF25441.jpgDSCF25651.jpgDSCF25681.jpg

江戸操り人形のパフォーマンスもあって、面白かったです。
糸だけでこんなに細かい動きができるとは驚きます。

DSCF25421.jpg

その後、『カヤバ珈琲』であんみつを食べました。
この珈琲店、前も知っていたけれど、一度閉店して、
昨年の秋にリニューアルオープンしたんだとか。
外見はそのままの懐かしい雰囲気だけど、中は改装されていてきれいです。
昭和的な落ち着けるカフェになっていました。

DSCF25771.jpgDSCF25811.jpg

次からは私のいつも行っている定番コース。
『丁字屋』で手ぬぐいを見て、へび道でところどころにある小さなお店を見て、
『いせ辰』で千代紙を見て、よみせ通りで10円饅頭の横を通って、谷中ぎんざへ。

DSCF25901.jpg
丁字屋さんの店内。手ぬぐいがずらり!

でも、谷中ぎんざで初めてメンチカツを食べました!
ジューシーなボリュームたっぷりの谷中メンチ。1コ150円也。
食べ歩き用の袋に入れてくれるので、食べやすいです。
お店のすぐ横にあるベンチ(?)に座って食べました。

DSCF26021.jpg
メンチカツ、おいしかった〜!

その後はお惣菜屋さんで、焼きおにぎりと焼き鳥1本買って、
夕やけだんだんの脇の階段に腰掛けて、夕陽をみながら食べました。

帰りの御殿坂で売っていたいちごのパックを買ったので、
家で食べたら、もうおなかがいっぱい。夕食は食べれませんでした。
しかもその後、眠くなって6時半から8時まで寝ちゃいました(^^;

今日は久しぶりの『谷根千』でしたが、新しいお店もたくさんできていたし、
新しい発見もいっぱいあって、楽しい散歩となりました。

DSCF25981.jpgDSCF25971.jpgDSCF25961.jpg

≪関連過去ログ≫
■富士見坂(2008年10月14日)
http://caorine.seesaa.net/article/108081895.html

■手ぬぐい(2008年09月20日)
http://caorine.seesaa.net/article/106929902.html

■谷中散歩with母(2008年07月05日)
http://caorine.seesaa.net/article/102281537.html

■谷根千さんぽ(2008年04月26日)
http://caorine.seesaa.net/article/94784253.html

■ナスカ(2006年04月22日)
http://caorine.seesaa.net/article/48255508.html
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

結婚パーティー

あ〜、珈琲が美味しい喫茶店
挽きたての豆で淹れる珈琲ほど美味しいものはない。

珈琲にはコクのあるチーズが合う。(決して煙草は合いません!)
今、『明治北海道十勝スマートチーズ』に凝ってる私。
これもまたおいしい。一個では足りない。二個、三個と食べたくなる。

国産原料チーズからこだわり、明治乳業独自の「うまみ乳酸菌熟成」が全く新しいチーズのおいしさを作りました。
薄型スマートタイプなので、手軽にスマートに新しい食感をお楽しみ下さい。
smrt_im_001.jpg
明治北海道十勝スマートチーズ


今日は朝から美容院でストパ&カットに行き、
午後からは大学時代のサークルで知り合った先輩の結婚パーティーに出席しました。

私はクロークで荷物受け取り係を担当することになったので、
ちょっと早めに会場に着き、お手伝いをしました。

今日の結婚式の新郎新婦のお二人は顔の広い方なので、きっと大勢の参加者がいるんだろうなぁ・・・
と予想はしていましたが、なんとこのパーティーには200名超の方が参加されていたようです!!
荷物置き場の札もどんどんなくなるのも当然ですね。さすがだ。すごいや。

さて、パーティーに私の知り合いはいるのだろうか・・・と少し不安に思っていましたが、
荷物を受け取っていたら、その中で、ある若い女性から、
「kaoriさん???お久しぶりです!」と声をかけられました。
私は一瞬「?????」だったのですが、その女性の
「前にメガネをかけていました・・・」という言葉で、大学の後輩のMちゃんだとわかりました(^^)

7年前、広報部時代の忘年会で踊らされた時、衣装とビデオを
親切に貸してくれたのよね〜・・・。その節はありがとう。
その他にも後輩2名がいました。みんなきれいになってるから
久しぶりに会うと、全然私わかんないわ〜〜〜〜(←おばちゃんぽい)

今回のパーティーは立食形式だったため、初めて会う方ともお話できました。
私がいたテーブルはほとんどサークル関係の方でしたが、少しうろうろしていると、
違う分野の方もいて、普段知り合うことのできない人ともお話できて楽しかったです。

思いがけず、生演奏隊も登場してきたので、みんなで大きな輪を作って踊ってしまいました(*^^*)
FD未経験の方も見踊りで踊っていました。
知ってる人も、知らない人も、みんなで手をつないで踊ると、急に仲間になれるから不思議。
言葉ではうまく表現できないけれど、『みんなで踊る一体感の楽しさ』がクセになるのよね。
これぞ、FDの醍醐味です!
それにしても、みんな踊り上手すぎ!!!なぜそんなに覚えてるの???

新郎新婦のお二人は私の1年先輩になりますが、年齢は私と同じで、
昨年10月頃にみんなで食事をしたり踊ったりしたこともありました。
あの頃から『きっとあの二人はお付き合いしているに違いない・・・』と
私は密かに思っていましたが、
今日お二人の幸せそうな姿を見て、『よかったなぁ〜』と思いました。
改めて、ご結婚おめでとうございます。
posted by kaori at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

カーズ

昨日ブログ書くの忘れちゃったから、後追いだけど書いておこう。

この日は先週土曜日に借りていたピクサーの映画『カーズ』を見た。
この映画は、以前弟がおもしろいよ、と言っていた映画だ。

私はこれまでなんとなく、ピクサーの映画は見ていなかったんだけど、
昨年末に見た『カールじいさんの空飛ぶ家』を見てから、なんだか感動してしまい、
それ以来ピクサーの映画を見ることにしたのだ。

私は性格が単純なので、映画も複雑怪奇なものより単純明快、暗いものより明るいもの、
バッドエンディングよりハッピーエンディングが好きだ。

ピクサーの話はおそらく子供が見てもわかりやすくできているため、
単純で、明るくて、ハッピーエンドだ。加えて、絵がかわいい。
それに、大人が見ても面白いと思える演出がところどころにある。

今回見た『カーズ』は、擬人化された車が出てくるのだが、
車体の古いものがおばあちゃんだったり、おじいちゃんだったりして面白い。

私が気に入ったキャラクターは、タイヤ屋さんのフォークリフトのグイド。
イタリア語しか話せないので、きっとイタリア移民という設定なのだろう。顔もかわいらしい。
↓この子
cars_12.jpg

映画の根底に流れている大きなテーマは、『アンチ時短』『アンチ近代化』って感じだろうか。
時間短縮のために、高速道路を作ったけれど、それに伴って
ルート66(旧道)でかつては栄えた街が寂れてしまった様子が出てくる。

この辺は子どもが見てもあまりわからないんじゃないかな。
きっと私の親ぐらいの年代にはわかる話だと思う。

私はこの話を見て、ものすごく「ルート66」に興味を持った。
昔懐かしいアメリカが今もそこに残っているかもしれない。
車の国際ライセンスを取って、サンタモニカからシカゴまで、
ルート66の旅なんて、ちょっとかっこいいな、と思う。

カーズ [DVD]
カーズ [DVD]ジョン・ラセター

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-11-08
売り上げランキング : 982

おすすめ平均 star
star素晴らしい、の一言です
starピクサーの最低ライン
star個人的にはレース好きの人にオススメします。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

五月病?

4月に入ってからいろいろと環境が変わり、精神的に疲れが出ているみたいです。
昨日はちょっとしたことでカッとなったり、今日はクヨクヨと悩んだり落ち込んだり。。。

今日は晩ご飯を作るのもなんだか億劫だったので、
急で申し訳なかったのですが、別宅にお邪魔させていただきました。

私はそこで心温まるものを拝見しました。
それは、別宅の主のお父様からの手紙でした。

チラシの裏に書かれたもので、

「身体に気をつけてがんばって 父より」

とだけ書かれていました。

私はこの手紙を勝手に読んでしまい、心に熱いものが流れ、涙が出そうになりました。
手紙の字を見て、お父様はきっと実直で素朴なお人柄だと思い、
また、息子を思う父の気持ちがこの短い手紙に込められていると感じたのです。

その一筆の手紙を大切に、クリップで目のつくところに留めている
別宅の主の、お父様に対する思いも感じられて、
素敵な親子関係だな、、、と感動しました。

どんなに遠く離れていても、息子や娘を思う親の気持ちは、
いつでも、どこでも、どんなときでも、皆同じなのでしょうね。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

午後から珍しく外出

クラウドっていう言葉、最近流行りになりつつありますね。
今日は午後から、会社から無料招待券をもらっていた
『第1回 クラウド コンピューティングEXPO』に行って来ました。

13:40〜15:40は『Web&モバイル マーケティング EXPO 特別講演』で
ソフトバンクの副社長の話や夏野さんの話を聴いて、その後ブースを
17:30頃までまわってきました。

特別講演は無料ということもあって、とにかくすごい人でした。
本会場では人が入りきらなかったようで、サテライト会場まで用意されており、立ち見の人もいました。

ブースでは私の興味のある分野をいくつか見てきました。
以前、野村総研さんの本を読んで感銘を受けたので、
商品のブースを見ていたら、そこに著者の方もいらっしゃったようです。
とてもいい内容の本だったので、著者の方と話しておけばよかったかな・・・。

会場で偶然にも(なんと1年ぶり!)知り合いの方にお会いしたので、
お台場のモンスーンカフェで食事をしてから帰りました。

ab6f.jpg73cc.jpg49df.jpg
大好きな生春巻きが2本も食べれて満足でした。

81fd.jpg
お台場の夜景がきれいでした。

■第1回 クラウド コンピューティングEXPO
http://www.cloud-japan.jp/
-Web-2 特別講演
http://www.web-mo.jp/jp/conference/conference.phtml#1
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

英語と私

私は英語が好きだ。

「なぜか?」と訊かれても、うまく答えられない。
好きなものは好きなのだ。

でも、英語の実力が優れている、と言うわけではない。
ペラペラ話せるわけでもない。

それでも、好きなのである。

幼少の頃、母に英単語を覚えさせられたからだろうか。
私は英語に対して抵抗がなかった。

中学に入学する直前の小学校6年の時、初めて塾で英語を勉強した。
それ以来、英語の勉強が面白くて仕方が無かった。

だけど、高校に入ってからは受験英語に偏ってしまって、
英語をあまり楽しむことはできなかった。
それと同時に、実力の方も今ひとつ伸び悩んでしまったみたい。

それでも私は英語が好きである。
なんというか、英語を勉強しているのが好きである。
もしかしたら、『英語を勉強している自分』が好きなのかもしれない。

今は無き短大では英語専攻だった。
私の短大では一番厳しい専攻と言われていた。
(ちなみに一番楽なところはパラダイス○○○と言われていた)

毎日のように出される課題と発表。
図書館司書の資格も取っていたので、一年の時の時間割は
月曜から土曜までぎっしり講義が埋まっていた。

発表というのは、『LL』と『ドラマ』の二種類があった。
『LL』というのは、その名の通り、リスニングなのだが、
あれはリスニングの授業ではない。(と私は思う)

英会話みたいな英文を数ページに渡って暗記し、
二人一組でペアになってみんなの前に出て発表するもの。
内容は非常に日常的なもので、医者に行って頭が痛いと言ったり、
パーティーに出て自己紹介をするといったもの。

『ドラマ』も同じような感じで、アメリカのドラマのセリフを数ページ覚えて、
やはり二人一組でみんなの前に出て発表するのである。
こっちは物語になっているから、読んでいて多少面白かった。

この2つの発表には周到な準備が必要で、しっかり覚えてこないとみんなの前で
何も言えなくなってしまい、『シーン・・・・・・・・』と気まずい沈黙が流れる。
そして相手の人にも迷惑をかけることになる。

先生は何も手助けしない。クラスのみんなも助けてくれない。
準備を怠った学生は、ひたすら『シーン・・・・・・・・・』という沈黙に耐えねばならない。
時には、『シーン・・・・・・・・・』のまま、チャイムが鳴ることもあった。

だから、発表の前になるとみんな必死になって覚える。
私も自宅の机に向かって、何度も英語をつぶやいていた。
『こんな暗記して意味あるのかな・・・?』と思いながら。

毎日朝早くに家を出て、ぎゅうぎゅう詰めの東西線に乗って疲れ果てて教室に入り、
発表では冷や汗をかいて、帰りは家に帰るまでの東西線の中で
テキストを広げて一生懸命英文を暗記したなぁ・・・。

東西線が地上に出る頃にはぐっすり寝てしまうことがほとんどで、
終点の西船橋で周りがいないことに気づいて慌てて降りたこともあったわ。。
(昼間の東西線は乗っているとものすごく眠くなる。)

他にも厳しい課題はいっぱいあった。
英語でノートに日記を書いたりとか(これは結構好きだった)、
英語の本をとにかくたくさん読んで、ページ数を報告するんだけど、
そのページ数を累計で棒グラフにされて張り出されたりとか。
サボっていると、一目瞭然(><)

その短大の授業の厳しさで、私は英語に対するやる気が失われてしまい、
大学では政治学科に編入したんだけど、
今思うとあれほど英語を勉強したのはあの時だけだった。
もっと課題をしっかりやっていれば、実力はついたのかもしれない。

とにかく当時の私は勉強と恋愛に全力を尽くしていた。
今思うとすごいパワーだ。それも若さゆえなのだろうか。
posted by kaori at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

言葉の魔力

今朝も眠かったけれど、それほど不快な目覚めではありませんでした。
なぜなら、とても面白い夢を見ていたから。できればずっと寝ていたかったなぁ〜。。。

この夢の内容の紹介は、ここではやめておきます。
いつかお話しできる機会があったら、それはまた別の場所で・・・。

ところで、今、私は尊敬する宇野千代さんのエッセイを読んでいます。
一篇が短いので、私の短い通勤時間にも気軽に読めます。

私の幸福論 宇野千代人生座談 (集英社文庫)
私の幸福論 宇野千代人生座談 (集英社文庫)
集英社 1996-07-19
売り上げランキング : 140591

おすすめ平均 star
starいいです
star幸せ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


長い人生を歩んできた著者の達観した人生論は参考になりますし、
前向きで穏やかな人柄が感じられて、私はいつも心が和まされます。

今日読んだところで、心に残った文章を紹介します。

言葉は思考の表現です。自分で暗示にかかるだけでなく、人の心をもその方向に持っていけるのです。
(中略)
人の心を明るくするのも暗くするのもあなたの発する言葉次第、どうぞ、人にはやわらかな言葉で話してくださいね。
そして、くれぐれも否定語をつかわないでくださいね。
あなたの言葉は相手を幸せにするか、不幸な気持ちにさせるかの鍵なのですから。

これを読んで、「そうだ!そうだ!」と思いました。
私も自分の発する言葉にはいつも気をつけています。

職場では「疲れた」「嫌だ」「面倒くさい」などのマイナスの言葉は使わないことにしています。
どんなに疲れていても、嫌でも、面倒だと思っていても、です。

なぜなら、それを発することによって、自分自身はもちろん、
周りのモチベーションを下げてしまうことになるからです。
宇野千代さんが言うとおり、言葉は人の心を簡単に動かします。

それから私は、仕事で最初から「できない」とは言いません。
(もちろん時間的、物理的にできないときは言いますが・・・)
試してもいないうちに「できない」と言ったら、人間そこで終わりなのです。
仕事だけではなく、何でもそうです。

「私はもてないから素敵な恋愛ができない」
「私は内気だから人を引っ張っていく仕事ができない」
「私は運動神経がゼロだから、スポーツを楽しめない」

そんなことは仮に心の中で思っていたとしても、決して口に出してはいけないと思います。
それを口に出したとたん、現実のものとなり、自分はそれ以上、成長できなくなります。
その言葉は、自分を深く傷つけないための『防御柵』にすぎないのです。

私は結果はどうであれ、何かを「できる」ために努力することが大切だと思います。
人間は、結果だけでなく、過程も重要なのではないでしょうか。
大切なのは、失敗しても、成功しても、そこから「自分が何を学ぶことができたか」
だと私は考えています。

あとは、自分が聞いて嫌だと感じた言葉は絶対に使いません。
どんなに嫌な人がいたとしても、その人を罵倒したり、悪口を言うことはしないようにしています。

言葉は魔力を持っています。プラスにもマイナスにも働く魔力です。
でもできることなら、人の気持ちを穏やかに、明るくするために使いたいと思っています。

このブログでもこの機会に、今まで以上に言葉を選んで、大切にして、
毎日ひとりごちていきたいと思います・・・。
posted by kaori at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

隅田川サイクリング

今日は玄関をリニューアルしてもらった。
フロアマットを敷いただけなのに、雰囲気が一新!
本当はテラコッタを直接敷きたかったけど、
今までの灰色の玄関に比べると大分明るくなった。

201005092101000.jpg
灰色の玄関からテラコッタ調の玄関へ。

午後からは1年以上乗っていなかったクロスバイク(愛車:SORA号)を出して隅田川をサイクリング。
隅田川と言っても、かなり上流の方で、新田橋〜新神谷橋付近。

tizu.jpg
道端に設置されていた地図を撮影したもの。今日通ったのは、水色部分。

f4d6.jpg
なんと、ここから水上バスでお台場まで行けるんだって!(でも2時間かかるらしい)

隅田川は荒川とは違ってカミソリ堤防(川面に対して直角に造られたコンクリート製の堤防)が多いのが
殺伐とした印象を与える川だが、今日最後に通った新神谷橋付近は緑の多い堤防になっている。

tizu.jpg
新神谷橋付近にて。隅田川を眺めて我、何を思う。
ここは私が好む、景観を意識した堤防。カミソリ堤防は嫌い。

ちなみに、新神谷橋は、1965年(昭和40年)に造られた古い橋で、
水門橋を除けば、隅田川で最も上流の橋とのこと。

隅田川の橋(Wikipediaより)上流から下流へ
(荒川) - 岩淵水門橋 - 新神谷橋 - 新田橋 - 新豊橋 - 豊島橋 - 首都高速道路中央環状線隅田川橋梁 - 小台橋 - 尾久橋 - 東京都交通局日暮里・舎人ライナー隅田川橋梁 - 尾竹橋 - 上水千住水管橋 - 京成電鉄隅田川橋梁 - 東京電力隅田川送電橋 - 千住水管橋 - 千住大橋 - JR常磐線隅田川橋梁 - つくばエクスプレス隅田川橋梁 - 日比谷線隅田川橋梁 - 千住汐入大橋 - 水神大橋 - 白鬚橋 - 桜橋 - 東武花川戸鉄道橋 - 言問橋 - 吾妻橋 - 駒形橋 - 厩橋 - 蔵前橋 - 蔵前専用橋 - JR総武線隅田川橋梁 - 両国橋 - 首都高6号線両国大橋 - 新大橋 - 清洲橋 - 隅田川大橋 - 永代橋 - 中央大橋 - 佃大橋 - 勝鬨橋 - (河口)

思えば、私の祖父母のあった家(父の実家)の近くにあったのは、ここからずっと下流の両国橋。
祖父が子供の頃に関東大震災で逃げてきたのは、私の住んでいる街の大きな公園。
今住んでいるこの街には、何かの『縁』を感じる。

44a1.jpg3485.jpg
8144.jpgcb4c.jpg
新神谷橋周辺の民家に咲いていたお花がキレイだった。

■新神谷橋(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%A5%9E%E8%B0%B7%E6%A9%8B
posted by kaori at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

I BELIEVE

今日はフラワーアレンジメント基本科の最終日でした。

記念すべき最後の作品は、「トピアリー」。
刈り込みを意味する言葉だそうです。

器のオアシスからサンゴミズキの枝をまっすぐに立てて、
ミリオというツクツクした葉を上部の球体のオアシスに丸く挿していきます。
グリーンの合間に入っている花はカーネーション赤とピンク、スプレーバラの白と薄紫色のスターチスです。
赤と白とピンクの組み合わせってなんとなくイギリスのイメージです。

周りの人たちから、
「イギリスの庭園のようね〜」
「アリス・イン・ワンダーランドに出てきそうな庭園のイメージね」
と言われましたが、確かにそんな雰囲気の作品となりました。

P10007141.jpgP10007151.jpg

お花の教室では、いつも癒し系のインストゥルメンタル曲がかかっているのですが、
ときどき懐かしい曲がかかることがあります。

今日はビートルズの『Something』や、パフィーの『アジアの純真』、
井上陽水の『少年時代』などが流れていました。

その中で、私の頭をグルグル回って仕方のない曲がありました。
それが華原朋美の『I BELIEVE』です。
懐かしいわねぇ・・・。歌広(カラオケ)でよくみんな歌ってたよねぇ・・・。

昔は小室系嫌いだったけど、癒し系のインストゥルメンタル曲になると
この曲も結構いいですね。



それにしても、朋ちゃんって今どうしていることやら。。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

捨てる!

捨てる!捨てる!今年こそ絶対に捨てる!

と決意したのは、この布団。

201005071943000.jpg
どーん!!!
上に載っている冊子は区のゴミ捨てブック(勝手に命名)。

この布団は、「ダニゼロックS.P」というものだ。
その名の通り、ダニがゼロという、ダニ防止の布団である。
私はダニの死骸やほこりが原因のアレルギー性鼻炎のため、
このダニゼロックを買ってみたのだが、この布団、とにかく重い!!!

私は寒がりなので、真冬はこの重い布団に、毛布を載せて、さらに夏布団をかけて、3枚がさねで寝ている。
さらに、肩が寒いから江戸時代の裃(かみしも)のような襟周りのふとんみたいなのをつけて寝ている。

この布団群が重すぎるがために、寝返りを打つと、布団がベッドの外にずり落ちてしまう。
そして私は冬の朝、寒さで目が覚めるのだ。
あの時の寝起きはたまらなく不快である。

そこで、私はもうダニゼロックS.Pとは別れることにした。
ダニゼロックは私を引きとめようとしているけれど、私の決心は堅いわ!
捨てます。ええ、捨てますとも!!!
6年も付き合ったんだからもう充分でしょ!!!

この家も6年住んでいるので、不要なものが多くなってきた。
いらないものはどんどん捨てて、必要最低限の物だけに囲まれた
すっきりした生活を送りたいものだ。

次に整理するもの
↓↓↓
・雑誌(見てないものは中を見ないまま捨てる)
・本(読んでいない本は売る)
・服と下着(着ていないものは捨てる)
・ぬいぐるみ(全て神社に持っていくか、実家に送る)
・物置の中(いらないものは捨てる)
posted by kaori at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

香りの洗剤

私は最近、とても気になっていることがある。

それは、香りが強調されている洗濯用洗剤が増えていることだ。
もう数年前からいろんな洗剤が販売されているよね。

今さら何???って感じかもしれない。
けれども、つい最近まで、液体洗剤ではなく、「トップ」や「部屋干しトップ」などの
粉洗剤を使っていた私には、香りのする洗剤は未知の世界だった。

先日、家に帰ったとき、母が洗面所下から出してきた
液体用洗剤のボトルがあまりにも多くて私は驚愕した。
こんなにもたくさんいろんな香りの洗剤が販売されていたとは・・・。
私はそれからいろんな薬局で香りのリサーチをするようになった。

よく「香り玉」みたいなのが、洗剤の近くに香りのサンプルとしておいてある。
でも、私はあれでは物足りない。今ひとつよくわからない。
だから、(こんなことしちゃいけないかもしれないけれど)ふたを開けて、直接匂いを嗅いでいる。
こうすると、やっとその香りそのものを実感することができる。

香りというのは人それぞれ好みがあるから、どれがいいとは一概には言えないけれど、
私は爽やかだけどちょっと甘さが入っているくらいの香りが好きだ。
今は「香りつづく トップ Fresh Camomile」を使っている。
この香りは、爽やかで少し甘い。雨の日に着ると香りが強くなる。



ちなみにこの洗剤には、ピンク色の「香りつづく トップ Sweet Harmony」というバージョンもある。
こちらもふたを開けて匂いを確認してみたが、私には甘すぎる。
フルーティーな香りが好きな人はこちらを使ってみてはいかが?



そして今注目しているのが、「ボールド香り長続きジェル」だ。
ボールドは日本製だが、期間限定でアメリカ製の柔軟剤、ダウニーの香りがするものが販売されていた。
私の実家では、このダウニーの香りのボールドを使用していた。

しかし、私はこの香りはアメリカンな感じであまり好きではなかった。
確かにいい香りだが、外国(特にアメリカ)にいるような感じがする。
外国気分を味わいたい方は、ダウニーを使ってみたらどうかな?



ボールドは今、日比谷花壇とのコラボ商品も出してるみたい。
香りにこだわってて、すごいね・・・。こういう商品開発っておもしろそう。



でも、私はボールドは一番シンプルなあおぞらソープの香りが好き。
彼の家の洗剤もこれにしてもらった。



母によると、実家周辺の小学生たちは、みんなダウニーの香りがするのだとか。
若い奥様の間で流行っているらしい。
ダウニー派の人たちも多いんだろうね。

私は仕事でイライラしていた時、ふと自分の服から洗剤の良い香りがすると、
心が安らいだことがあった。
香りは気持ちを落ち着かせる。洗剤は「精神安定剤」にもなり得ると思った。
香水はちょっと・・・という人でも、洗剤なら気軽に香りを生活に取り込むことができる。
ぜひ皆さんも試してみてね(^^)(っていうかみんなもうふつーに使ってるよね・・・)

皆さんの使っているオススメの洗剤があったらぜひ教えてね!

■香りつづくトップ(ライオン)
http://top.lion.co.jp/products/kaori/index.htm

■ボールド(P&G Japan)
http://jp.pg.com/products/laundry/bold/index.htm
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

蚊帳タオル

今日は実家の近くにある『Rodina』という雑貨屋さんに行ってきました。

ここは私が最近購読している雑誌『私のカントリー』に載っていたので、
以前から行きたいと思っていたお店でした。

某ホームセンターの隣に住宅展示場を兼ねたかわいらしい茶色の家があります。
ここが『Rodina』です。

201005051406000.jpg
こんな感じのかわいいお店。ナチュラル系雑貨が多いです。
照明も私のほしいものばかりでした。

母と一緒にお店に入ったのですが、いつものように母は見ているうちに
「あら、これいいわね〜」「あら、これ素敵ね〜」と呟きながら、
リネンや服など、いろんな雑貨がほしくなってしまったようです。

その結果、母は綿の蚊帳タオル4つ、チェック地の大判リネン、
リネンのハギレセット、リネンのレースなど合計8,000円ほど購入していました。
母は大判リネンを幅の狭い窓のカフェカーテンにしたいようでした。

でも私は内心、『あのクラシカルな雰囲気の部屋にこんなに
ナチュラルな雑貨が似合うんだろうか・・・』と思いました。

そこで母に、「部屋のテイストがクラシカルとナチュラルで
ごちゃ混ぜになりそう。統一したら?」と言ったら、母は、
「いいのいいの!お母さんが良いと思ったら一部分でもいいの!」と言っていたので
『私の家じゃないんだし、ま、いっか・・・』とそれ以上何も言いませんでした。。。

そんなわけで、私の実家のリビングは、家具はクラシカル(濃い茶色の家具とフローリング)、
雑貨はナチュラル(リネンなど)、小物はカントリー(母の趣味で作成しているアメリカンカントリーな人形)、
ところどころなぜかアジアン(マレーシア製の電話台)など、様々なテイストが入り乱れているのです。

母が買った雑貨類の中で、私にくれたものがありました。
それが『蚊帳タオル』です。
グレーと晒(白)がありましたが、私は晒(白)をもらってきました。

値段は800円と少し高い気がしますが、先ほどお風呂で使ったところ、
とても柔らかくて使い心地が良かったです(^^)
赤ちゃんの肌にもいいかもしれませんね。

201005051708000.jpg201005051708001.jpg

ふんわり柔らか中川政七商店の蚊帳タオル(綿100%)


私のカントリー No.72
私のカントリー No.72
主婦と生活社 2010-03
売り上げランキング : 74239


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■Rodinaホームページ
http://www.rodina.jp/
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

ブックカバー第二弾&第三弾

今日は朝からブックカバー第二弾と第三弾の作成に取りかかった。

その訳は、我が家にはミシンという文明の利器がないため、
実家に帰った際にまとめて作業することにしているからだ。

今回は、前回の反省点をふまえて作成した。
その反省点とは、

1.薄い布だとぺらぺらして少し頼りなく、本が滑ってしまう。
→改良点:接着芯をつけたほうがしっかりする。

2.両端をバンドで止める形にしたら、本が安定しない。
→改良点:カバーの横幅をもう少し小さくする。右側折り返しを固定する。

3.刺繍が雑である。
→改良点:刺繍の腕を上げるべく、日夜努力する。



この3点を考慮して、今回は接着芯を貼り、ブックカバーの幅をちょうど良い幅に調整し、
右側折り返しを縫い付けて固定させ、刺繍をがんばってみた。(まだまだ雑だけどね。。)
また、先日買ったフリーファブリックについていた生成色のリボンを「しおり」としてつけてみた。

その結果は・・・

一作目に比べて、二作目はより素敵なカバーに仕上がったー!!
やはり文明の利器『ミシン(*1989年製)』はすばらしい〜!!!

では、ここですばらしい出来(←自画自賛)のブックカバーをご紹介します。

201005041535000.jpg201005041536001.jpg201005041539000.jpg
二作目は抹茶のような緑色のカバーです。
サイズは縦の幅を2cm増やして、出来上がりを18cmの新書サイズにしました。
裏地は花柄です。生成色だったので、左折り返しのバンドは生成のレース、
右側の表面には、前回と同様に生成のレースをつけてみました。
左折り返しには、お花の刺繍を入れてみました。
サイズは新書にちょうどぴったり!
実用性も高いので、すぐに使いたいです。

201005042107000.jpg201005042105000.jpg201005042242000.jpg
そして調子に乗った私は、勢いに乗って、三作目も作りました。
こちらはクリスマスに彼に作ってあげた水筒カバーの余り布(赤と青のチェック柄)を表にして、
大学時代の衣装の余り布(えんじ色)を裏にしました。

一作目と二作目は姉妹のようなかわいらしいデザインだったけど、
三作目はチェックを表面にしたので、アメリカンカントリーな雰囲気のカバーになりました。
『赤毛のアン』の文庫本を入れたら、カバーの雰囲気にぴったりでした。

このくらいのレベルなら、オークションでも販売できるかしら・・・?
いくらだったら売れるかな〜?なんちって。。。

≪関連過去ログ≫
■手作りブックカバー(2010年4月16日)
http://caorine.seesaa.net/article/146710535.html
posted by kaori at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

海浜幕張今むかし

連休4日目の今日は幕張の「見浜園」という日本庭園と幕張海浜公園に行ってきた。

見浜園の存在は以前から知っていたが、これまで入ったことはなかった。
日本庭園の背景に、高くそびえ立つビル群の組み合わせが独特の風景だ。

niwa.jpg
初めて入った見浜園。巨大化した鯉が餌をほしがっていた。

幕張海浜公園の幕張の浜の手前にちょっとした広場があるんだけど、
かつては近未来的な印象だった木製の遊具や階段も今ではすっかり
朽ち果てており、使用禁止となっていた。

以前は海辺のシンボルのように幕張の旗を吊していた白いポールは
旗がとりはずされて意味のない姿で残されていた。

学生の時には西船経由でよく訪れた海浜幕張だったが、
今では『当時最先端のビジネス街』といった雰囲気もなくなり、
何年か前にオープンしたアウトレットも勢いが一段落した様子。
(幕張在住の方、すみません・・・!)

高校の時、土曜日の学校の帰り(当時はまだ完全週休2日ではなかった)
に海浜幕張駅で待ち合わせをして
両親とステーキ食べ放題に行った幕張プリンスもいつの間にか
「アパ」になっちゃってるし。。。

幕張海浜公園も当時は若いカップルの巣窟(?)のような印象だったが、
今では家族連れも多くなり、平和な雰囲気に変わっている。

当時この公園を訪れた若者達が、今は家族連れで訪れるようになったのだろうか。
いつまでも変わらないのは、ここにいる私だけなのかな、、、と
少しもの悲しい気分になった。

hirune.jpg
今日も外で昼寝してしまった。
posted by kaori at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

緑の季節

今日は午前中に映画を見て、午後から公園のベンチで昼寝をした。

目には新緑が眩しく、合間に見える青空が一層青く見えた。

201005011517000.jpg

夜はエンドウ豆を買ってきて、豆ご飯を炊いた。
ぶりの切り身は照り焼きにして、春らしい和食メニューに。

dinner.jpg

201005012223000.jpg

食後はコーヒーと一緒に抹茶ロールケーキを食べた。
平和で快適なGWを過ごしている。
posted by kaori at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする