2009年11月29日

年の瀬を実感した日曜

今日は銀座へ髪を切りに行った。
ストパをかけて、バッサリと。
1年数か月ぶりのショートにした。

帰り道、並木通りのイルミネーションがかわいくてきれいだった。
金色と銀色のかわいらしいデザイン。

ソニービルの前には大きなツリーの電光があった。
銀座の街も一気にクリスマス仕様に変わっていた。

宝くじ売り場のチャンスセンターの大行列を見て、
『あー、今年ももうそんな時期がやってきたか』と年の瀬を実感した。

2009年もあとわずか。今年はどんな年でしたか?
と聞くにはまだちょっと早いかな・・・?
posted by kaori at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

香りとブーケ第二弾

今日は昼からNACSのCS研究会主催のCSサロンの講座に行ってきた。
テーマは「くらしに生きる香り」。
香りと調香について、花王の研究員の方から興味深い話を聞いたり、
実際にいろんな香料の香りをかいできた。

私は小さい頃から鼻炎のため、あまり鼻が利かない。
母が作った料理も、鼻詰まりがひどいと、どんな匂いなのか全くわからなかった。
だからこそ私は「香りとは一体、人にとってどんな効果があるのか?」ということに関心がある。

香りって脳に直接刺激を与える。
本能にとても訴えかけるものだと思う。
時に香りは、いろんな記憶を呼び起こす。

夏の夕暮れ時に実家の近所を散歩していると、どこからか漂う夕飯の香り。
ほっとするような、なつかしいような、心があたたかくなる香り。

梅雨の蒸し暑くなりかけた頃の雨の降る道路と排気ガスの香り。
胃が重くなるような苦い記憶がよみがえってくる香り。

記憶に残る香りって、いろいろあるよね・・・。
香りは言葉や数値では表せないけれど、体で覚えているんだね。

私が今日嗅いだ香りの中で、好きだったのは「MDJ」というフローラル系の香り。
爽やかで透明感があって甘くて酸味もある。
香水によく使われているらしい。

みずみずしいお花の香りが好きっていうことかなぁ・・・。
自然に囲まれて育ってきたし、緑やお花の香りが好きなのかもしれない。

200911290134000.jpg
いろんな香りを観察してきた。

200911282333000.jpg
帰りにバブをもらった!早速今日のお風呂に使ってみたよ。

お花つながりってことで・・・。
その後、軽くお茶をして夕方からフラワーアレンジメントに行ってきた。

今回はブーケ第二弾!!
小滝のように流れるブーケ。

200911282027000.jpg

前回とはまた違った雰囲気で、これもなかなか気に入ったよ(*^^*)
空気感があってすっきりしているし、流れ落ちるお花がゴージャス・・・かな?

これで違った感じのブーケが作れるようになったよ!
はやく誰か結婚してよー!私にブーケを作らせてよ〜〜!!
(・・・っていうか、自分こそはやくブーケ持つ立場になりなさいって感じだよね。。)
posted by kaori at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

面白い心理テスト

私はGoogle Readerはてなブックマークの「Lifehack」を登録しているんだけど、
このはてなブックマークでは、レシピや健康情報、掃除の方法や整理術、ビジネスに役立つ情報など、
実用的なサイトをはじめとして、質が高くておもしろいサイトが見つかる。

今日見つけたのは、心理テストを紹介しているサイト。
最近はこういう面白い情報もどんどんいろんな人がUPして共有してくれるから楽しいね。

テストの方法は簡単。
指定された6つの図形を紙に書いて、それに自由に絵を書いていきます。
さらにその絵を表すような形容詞を書き込んでいきます。
その結果、今の自分自身のことがわかるというものです。

★ここからはちょっと種明かしになるから、心理テストをしたい人は後で見てね!
ちなみに私の結果はこんな感じ・・・。
恥ずかしいけど絵も載せちゃおう!

200911272026000.jpg
「明るい恋人 かわゆいSEX きれいな人生 人なつこい私 楽しい仕事 美しい家族」
なんじゃこりゃ〜〜〜!!!o(>□<*)o
全然あたっておらんではないか!!!
当たっているのは、「明るい恋人」「きれいな人生」だけかな・・・。他は違うわ。

なんと6〜7割は当たるであろう心理テストなんだそうです(???)
まずはみなさんもやってみてください。

■かなり当たる!?ちょっと面白い心理テスト
posted by kaori at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

『美肌』

最近、平日だけは出勤前に駅の売店で新聞を買っている。
どの新聞を買うのかは、あえて決めていない。
新聞の見出しをざっと見て、気になる新聞を買うことにしている。
でも、私はたいてい一般紙なら読売、経済紙なら日経を買うことが多い。
ただ、自分の会社で報道発表があった日の翌日は日経を買うことにしている。

今日は日経を買った。一面の左端に「ニッポンの農力」という特集記事があった。
その記事の中には、コメが主食以外にも、化粧品や飼料、燃料などに使われていることが
書かれていた。

私はそれを読んで、あることを思い出した。
昨年、カウンセラーの講座を受けていたときに、同じクラスで勉強をしていた女性の話だ。
その女性はいつも肌が白くてとてもきれいだったので、周りの女性たちがどのような肌の手入れ
をしているのかを聞いたところ、
「日本酒を化粧水代わりにしているのよ」
と答えたのである。
それを聞いて、私たちはその女性が日本酒が好きなことを以前から知っていたので、
「やっぱりお酒なんだ!」と笑っていたのだが、確かに日本酒は肌に良い効果をもたらすようだ。

新聞にはこう書かれていた。
夏は漁師として生活する杜氏(とうじ)の赤銅色に日焼けした肌が、冬の酒造りを終えると白くすべすべになる。
(中略)
コメの発酵液の成分を調べると、肌を保湿するアミノ酸や肌を白くするアルブチンなどを豊富に含むことがわかった。

そういえば、先日実家に帰ったときも母が「日本盛」が販売している化粧水のサンプルを注文したと話していたような記憶もある。

そう思ったら、私も日本酒の化粧水をつけたくなってきた。
思ったら即行動、早速ネットで調べたら、『美肌』という名前の純米酒がいいのだそうだ。
クチコミサイトの「@cosme」でも2008年に化粧水部門で第2位を獲得したのだとか。
これは買うしかないでしょう!!!

人気のある商品らしく、到着は来週になるけれど、これで一段と肌を磨いて
本物の『美肌』になりたいものだわ。。。

■富翁 純米酒 美肌(@cosume)
http://www.cosme.net/product/product/product_id/271119
posted by kaori at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

一瞬あせったこと。

今日は思わず心の中で「危ない!」と思ったことがあった。
どういうことがあったかというと・・・。

私の職場の斜め前の席にいる男性に、仕事のことで話していたときのこと。
「あのさ〜それって・・・」と私が話を切り出したとき、その男性の名前を呼ぼうとしたのだが、
私の頭の中では、なぜか彼の名前を呼ぼうとしていたのである。

一昨日までの旅行でずっと一緒だったのと、今朝も一緒にいたからなのか、
どうやら私の頭の中では「○○さん」と呼ぶ男性のデフォルト設定が
彼の名前におきかわってしまったようだ。

彼の名前が口元まで出掛かって心の中で『危ない!』と思って口をつぐんでから、
何事もなかったように、その男性の名前を呼んだ。

いやー、これは本当にあせった。
まちがって彼の名前を呼んでいたら、周りから「???」と思われたことだろう。
危ない危ない。。。
今後このようなことがないよう、これからは彼の呼び方も変えなくちゃいけないかな?
posted by kaori at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

「LL」の時代へ

21日に「ニンテンドーDS」のサイズが一回り大きくなった新型機
「ニンテンドーDSi LL」が21日に発売されたそうですね。

液晶画面が現行機「DSi」の3・25インチから4・2インチに拡大し、
視野角を広げて、みんなで画面をのぞき込んで楽しめるとのこと。
タッチペンも実際のペンと同じ大きさになったそうです。

今までの新型の機種は、小型軽量化がほとんどでしたが、
機能が増えずに形が大きくなるのは初めてだそうです。
なぜでしょうか・・・?
それは字が大きくなって高齢者にも使えるようにしたからです。
任天堂は高齢化社会に対応した機種を出したということですね。

今日読んだ毎日の記事にも書かれていた通り、
家電を含めた機種のデザインは
高度成長時代の「重厚長大」⇒バブル期の「軽薄短小」
⇒少子高齢化社会の「LL」へと変わって行くかもしれませんね。

何もかも軽くて小さければいいというものではないと思います。
その時代のニーズに即した、使いやすい商品が良い商品なのだと私は思います。
posted by kaori at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

憧れの生き方

14時過ぎに駅で友達と別れて、14時半頃の新幹線で東京へ帰りました。
新幹線の中では、彼が買ったイギリスの田舎の本とアンティーク雑貨や家具の2冊の本を
読みつつ、ときどき居眠りをしていました。
夢うつつの中で、私も本の著者の女性たちのように、思い切って海外に行ってみたら、
どんな人生になるだろうか、と思いました。

なぜ私がこんなに海外在住に憧れるのか。
晩御飯に東京駅で買ったまい泉のカツサンドを食べながらぼーっと考えていました。

それは、私が幼い頃に育った環境と母の影響が強い気がします。
私の母は好奇心が強く、社交的な人です。いつでもどこでも誰とでも友達ができます。
幼い私はそんな母の陰にいて、いつも大人しく後を追ってばかりいました。

母はその好奇心の強さから、いろんな趣味をとっかえひっかえしていました。
籐工芸や布花作りやといった工芸から、ヨガやエアロビクスにテニスといったスポーツ、
紙粘土や刺繍やパッチワーク、編み物といった手芸まで。

その関係で知り合った人たちの中には、外国帰りの方も多く、
普通の日本の家ではあまり見かけないような、ちょっと個性的でセンスの良い
素敵な家や家具に囲まれて暮らしていました。
私も実際にそのお宅にお邪魔することもありましたし、
学校などで行けないときには、母がその様子を事細かく話していたのです。

ある時、私は母から知り合いの専業主婦だった方がだんなさんの仕事の転勤で
海外で住んでいたときに学んだ手芸(ビーズだったかな)を活かして、帰国後に教室を開き、
NHKのTV講座に出演したり、手芸本を執筆したという話を聞きました。
私はそれを聞いて、その女性のような生き方に強い憧れの思いを抱きました。

その話を聞いた時は、「私にはそんなのとても無理。将来のだんなさんが海外に行くなんて
絶対にありえないし」って諦めていたけれど、それは他力本願の考えだったかもしれません。
自分の強い思いさえあれば、思い切って一人で海外に行くこともできますよね。

できない理由はいくつでも見つかります。
できる方法を考えた方がずっと前向きだと思いました。
posted by kaori at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1年2か月ぶりの再会

今日はプチ旅行の最終日。
1年2か月ぶりに幼なじみのKちゃんと会いました。
お正月に生まれるという大きなおなかで駅まで会いにきてくれて、
駅の近くで一緒にご飯を食べました。

Kちゃんも健康そうで、赤ちゃんも元気そうで安心しました。
はやく元気な赤ちゃんの顔が見たいなぁ、という思いが強まりました。

私は友達の赤ちゃんを見るのが好きです。
赤ちゃんを見ていると生命の息吹を感じるし、赤ちゃんの世話をしている
友達の母親ぶりを見ていると、それまでの友達の姿とはまた違った人になったみたいで
その変わり様になんだか不思議な気持ちになります。

はやく赤ちゃんに会いたいなぁ(^^)
Kちゃんは私にとって妹のように親しい存在だから、特に楽しみです♪
posted by kaori at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

秋の香嵐渓

200911221208000.jpg

20年ぶりに足助町の香嵐渓にやってきた。
真っ赤な紅葉と渓流と赤い橋がきれいだったなぁ。
晴れていたら川面に赤が映ってもっときれいだったと思う。

昔に比べ、ずいぶんと観光化されていた。
有名になった分、渋滞もすごかった。。。
迂回路で途中から渋滞を避けたけどね。

その後、岡崎へ移動して岡崎城に行ってきた。
そういえば、ここは私が見ていたドラマ「純情きらり」の舞台だった。

晩御飯には、子供の頃よく食べに行っていた「いずみ庵」で
鶏と野菜の蒸し鍋と卵とじうどんを食べてきた。
posted by kaori at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

紅葉

200911211626000.jpg

200911211556000.jpg

200911211549000.jpg

プチ旅行中。
20年ぶりに来た山あいの温泉で
のんびりと過ごしています。
posted by kaori at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

HEATTECH

明日からプチ旅行のため、ユニクロに行って着る服を調達してきました。

今日買ったのは、水玉のジャガードTシャツ、黒のヒートテックタイツ、
紫色のギャザータートルネックTシャツ、ダークグレーのケーブルニットダッフルコートの4点。
これでトータル7,980円だから本当にユニクロって安いわ!!!

最近はユニクロもデザインもかわいいのが出てきたし、
これなら普段着や旅行に行くにはちょうどいいね。

200911210013000.jpg

家に帰って、巷で騒がれているヒートテックのタイツをはいてみたら、
これが薄くて軽いのにあたたかくてびっくりしました!
タイツとはいえ、足首まで長さがあるので、レギンスのようなかんじです。

どんどん防寒下着も安くていいものが出てきたね〜。
寒がりの私にはうれしいことです。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

モテ値3

私は6年ほど前に、同じ職場の人から
「kaoriさんって、男になったら、結構いい顔になりそうだね〜・・・」と言われたことがある。

それってどういうこと?女じゃいけないってこと?
それとも、元々の顔が整ってるってこと?

ほめられているのか、けなされているのかよくわからず、
複雑な気持ちで回答に困った記憶がある。

そんな私だが、性転換したらどれくらいモテるかを顔写真から診断してくれるサイトを見つけた。

それがタイトルの「モテ値3」。

モテ値3は、性転換したらどれくらいモテるのかを顔写真から診断し、数値化したもの。利用者が顔写真をメール送信すると、顔画像認識技術をもとに性転換後後の顔を判定し、結果をメールで受け取れる。女性は mote3f@heroz.jp へ、男性は mote3m@heroz.jp へ顔写真をメール送信すればよい。


とのこと。
私も早速やってみた。

結果は・・・

「かおり」さんの顔は

男性


性転換(モテチェンジ)したら、
★モテ値:98点★
ハリウッドスターばりの目力が誘惑的で素敵な『セクシー★イケメン変身美男子』だね♪

★ランク:Aランク★
★全国ランキング★
436067位/1億2千万人中!

どうやら、男性っぽさが
★100%★
あるみたいですよ♪


すごい・・・さすが男になったらいい顔になりそう、と言われただけのことはある!

なんだ〜!こんなことなら男に生まれるんだった!!
そしたらかわいい女の子と遊んでモテモテ人生が送れただろうね。

遊びたい人は携帯からこちらへどうぞ!

■モテ値3
http://heroz.jp/motechi3/

■性転換したらどれくらいモテるかを顔写真から診断――「モテ値3」(ITmedia + D mobile)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0811/21/news047.html
posted by kaori at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

素敵な誕生日

今日は私の33歳の誕生日。
さくっと定時であがり、広尾にあるイタリアンレストラン「IL Buttero(イル・ブッテロ)」で
彼に誕生日のお祝いをしてもらった。

レストランでは、グラステラスという総ガラス張りのテラスの席についた。
赤いキャンドルがゆらゆらと光って、落ち着いた大人の雰囲気。
誕生日にこんなところにつれてきてもらったのは初めてだった。

gras_teras.jpg
私たちが食事をしたグラステラス。

食事は前菜、スープ、リゾット&パスタ、魚料理、肉料理、
最後にデザートとコーヒーという盛りだくさんのボリューム満点のコースだった。
味も本場のイタリアン、という感じでとてもおいしかった。
お店の人に聞いたところ、場所柄、外国人のお客さんが多いからボリューム大目にしているとのこと。

2009_11180014.JPG2009_11180022.JPG2009_11180030.JPG2009_11180032.JPG

そろそろデザートがくるかな、というときに、わらわらとイタリア人や日本人の
お店のスタッフが私たちのテーブルに集まってきた。
「もしかして???」と思ったら、3つのキャンドルをさしたケーキを持ってきてくれた。

彼は元気よく跳び上がり、お店のスタッフからさりげなく花束を受け取って
いつもの笑顔で私に「誕生日おめでとう」と手渡してくれた。

その後、彼が「ハッピバースデイ・・・」と歌い始めたら、
周りのスタッフたちがイタリア語でバースデイソングを歌ってくれた。
お店のスタッフだけでなく、その時お店にいたお客さんからも拍手をしてもらって
ちょっと恥ずかしかったけど、うれしかった。

ロイヤルハイネスという淡いピンクのバラ(生産年が彼の誕生年と偶然にも同じ)に
添えられたカードには、愛情のこもったあたたかいメッセージが紫のペンでしたためられていた。

200911182355000.jpg
ロイヤルハイネス。原産地:アメリカ
淡いピンクの世界的な銘花。花形、香りともに最高級。

それにしても、広尾駅で待ち合わせした時には、彼は花束を持っていなかったのに、
いつの間にお店のスタッフと打ち合わせをして、サプライズを仕込んでいたんだろう???

■IL Buttero
http://www.il-buttero.com/
posted by kaori at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

32歳最後の夜

今日は32歳最後の日。
明日にはぞろ目、33歳になってしまいます。
(うわーーーぎゃーーーいやだーーーー!)

いくらわめいても叫んでも時は戻らないのです。
せっかくなので二度と来ない32歳を振り返りましょう・・・。

32歳の前半の半年間は、あいかわらず一人だったけどそれなりに楽しんでいました。
冬には友達や家族と鍋を囲んだり、雪国ボランティアに出かけたり、
仕事の悩みも特になく、平和に暮らしていたと思います。

後半の半年間は、5月に数年ぶりにちゃんとお付き合いのできる彼ができました。
仕事に余裕ができたのをいいことに1週間に何度も会ったり、休みの日には散歩をしたり、
旅行に行ったりして、なんだかドタバタとしていたけれど、
前半の半年間に比べてものすごく密度の濃い半年間でした。

そして不思議なことに、この後半の半年間が「あっという間」に過ぎたような気がしないのです。。。
彼とお付き合いをはじめた5月が随分遠い昔のことのように思えるし、
8月に温泉に行ったり、9月に北海道旅行へ行った時のことが、つい数ヶ月前のことなのに
もう半年以上前のことのように感じます。
それだけ私にとって、この恋愛は中身の濃い恋愛なのだと思います。
posted by kaori at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

白菜と豚肉のチーズ鍋

今日は目覚めが悪かった。
なんだか気分も悪いし、食欲もない。体がふらふらして重い。

やらなきゃいけない仕事もあったから、ちょっと遅れて行くことにした。
横になっていたら少し気分も良くなったので、思い切って家を出たけれど、
出社後も気分は晴れないままだった。

仕事を定時であがって、まっすぐ家へ向かった。
食欲がなかったから、お昼ご飯は簡単にすませたんだけど
夜はちゃんと食べようと思い、先週「きょうの料理」で見た枝元なほみさんのレシピ、
「白菜と豚肉のチーズ鍋」を作ることにした。

一人用鍋に白菜をぎゅうぎゅうに詰め込んで、間に豚のもも肉薄切りとベーコンを入れていく。
チキンコンソメ1コを2カップのお湯に溶かしたスープを鍋に入れる。

これを20分ほど煮込んだら、仕上げに真ん中にカマンベールチーズを切ったのを入れて、
チーズがあったまったらできあがり!

200911162040000.jpg

味はそうねぇ、ロールキャベツっぽい味かな。
チーズがまったりと豚肉や白菜に絡んで、一部はスープにも溶けている。
〆にテレビで放映されていたとおり、固めにゆでたパスタを入れてみたらこれがおいしい!

白菜の鍋っていうと常夜鍋が定番だけど、いつもと違う白菜鍋を食べたかったら
こういう洋風の鍋もおいしいよ。ぜひお試しを!

詳しい材料と作り方はこちらから↓
■白菜と豚肉のチーズ鍋(みんなのきょうの料理)
http://www.kyounoryouri.jp/recipe/9277_%E7%99%BD%E8%8F%9C%E3%81%A8%E8%B1%9A%E8%82%89%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA%E9%8D%8B.html
posted by kaori at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

皇居散歩&サイクリング

今日は東京大丸で彼に誕生日プレゼントを買ってもらった。
私がアガットのネックレスがほしいといったのだが、
「どんなのがいいのかわからないからついてきて」というので
私が良いと思ったのを買っていただくことになった。

アクセサリーコーナーでいろいろ見ているうちに
組曲のコーナーで限定のキラキラしたきれいなものがあって
いいな〜と思ったんだけど、値段もそれ相応。

あまり高価なものは悪いから、私は遠慮してもっと安いものを、と
思ったんだけど、彼が「これがいい!これにしよう!」と言うので
申し訳ないなぁ、と思いつつ買ってもらった。

どんなのかと言うと、ダイヤの小さいわっかにお花のような
小さいチャームが組み合わさっていて、かわいらしく上品なデザインのもの。
キラキラしているところが気に入ったぴかぴか(新しい)

200911152307000.jpg
チェーンの長さも調節できるし、わっか部分とお花部分それぞれで使うこともできる。

その後、前にも紹介した「LE BIHAN(ルビアン)」でごまのついた
ドイツパンやフランクフルトの入ったパンやイチジクのパンや
焼き芋パンやわさびツナパンを買って、和田倉噴水公園へ。

今日はとーーーってもいい天気だったから、太陽の下で食べるパンは
本当においしかったです。公園にはたくさんの若い人や子供や
おじさん、おばさんがいて、日本って平和でいいなぁ〜ってしみじみ思ったわ。

パンを食べた後は、大手門から皇居東御苑に入って、
14日から開催されている「御即位20年記念特別展」を見ました。
皇室フリークの私にとっては、良い展示だった・・・。
館内は、ほとんどがおじいさん、おばあさんでゆっくりとは
見れなかったけど、いいものを見て目を養うって大切だよね。

その後、ずっと前から行きたいと思っていたパレスサイクリングでレンタサイクルしたよ〜!!
内堀通りを車両通行止めにしていて、祝田橋〜平川門間の
往復約3kmが自転車で通れる。なんと無料!

いつもは車しか通れないところを自転車で走れるなんて最高ー!
風を切るのがあまりにも気持ちが良くて一生懸命こいだら
あとでグッタリしてしまった・・・。

私が乗ったのはタンデム車という2人乗り自転車。
初めて乗ったけど、後ろの席はバランスを取るのが難しいね。

皇居周辺って緑も多いし、芝生もきれいで寝転べるしいいところだね。
夜はお堀に街の明かりが反射する夜景が素敵だけど、昼間も緑が多くて広々としていておすすめ!
そういえば皇居ってパワースポットと言われているし、
なんだかいい気分になれるのはそのせいかもしれない。

2009_11150002.JPG2009_11150008.JPG
銀杏の黄金の絨毯がきれい。              お堀の前で。          
2009_11150005.JPG2009_11150013.JPG
皇居の前で。                        2009/9/3にできたという丸の内ブリックスクエアで。

■御即位20年記念特別展
http://www.kunaicho.go.jp/20years/higashigyoen/higashigyoen.html

■パレスサイクリング
http://www.cycle-info.bpaj.or.jp/japanese/cycling/ps1.html
posted by kaori at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

ブーケ

今日はフラワーアレンジメントでブーケを作ったよ♪

200911141339000.jpg
教室で撮影。

200911141635000.jpg
自宅で撮影。

200911141623000.jpg
手に持ってみた。


パステル調で私好みの色合いに仕上がりました(*^^*)

これでいつでも結婚式のブーケ作れるよ!誰か作ってあげるよ〜!
私もはやくドレス着てブーケ持ちたい・・・ぅぉぉーーーん・・・あせあせ(飛び散る汗)
posted by kaori at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

スイスに行きたい!

今とてもスイスに行きたい。
とーーーーーーっても行きたい。

なぜそんなに行きたいのかというと・・・
「アルプスの少女ハイジ」を見て、影響を受けたから。
(→すぐに影響を受ける私って単純だなぁ。。。)
45話まで見た。もう話も終わりに近づいてきている。

このアニメは本当に良くできている。
マイエンフェルトの街並み、デルフリ村の雰囲気、都会のフランクフルトの様子。
アニメの制作にあたりスイスを取材しただけあって、実際に近い景色が描かれている。
特に山の美しい風景が出てくると、私も実際にこの山を見てみたい!と強く思う。

私はこれまでにヨーロッパに3回行ったけれど、スイスにはまだ行ったことがない。
いや、スイスを旅行先にはあえて選ばなかった。
スイスは私にとって一番大切な人と行く場所だと、20歳頃からずっと決めているからだ。

できれば登山列車に乗ってゆっくりと山の景色を眺めたい。
青い空に白い雲、雪をかぶった高い山、緑の草原に色とりどりのお花畑・・・。
きっと天国のような景色なんだろうな。

今、私の手元には、FUJIFILM SQUAREでもらったスイス政府観光局の
「スイス絶景ルートの旅」というパンフレットがある。
そこにはたくさんのきれいな山や湖の景色の写真が載っているけれど、
実際に行けば、きっともっと感動は大きいと思う。

swiss.JPG

■スイス政府観光局
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/home/
posted by kaori at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

kindle

アメリカでは、老舗グルメ雑誌の廃刊や、新聞業界の落ち込みによって
オバマ大統領が公的資金による新聞救済法案を検討しているという。

先日、日本でも私も学生の時よく読んでいた
角川の「ChouChou(シュシュ)」が廃刊になってしまったし、
新聞購読数も落ちてきているようだし、日本の雑誌も新聞もアメリカと同じ道を
たどるのも時間の問題のような感じだ。

確かに新聞や雑誌はインターネットで充分足りるようになってきた。
私が学生の頃は、電車の中で雑誌や新聞を読んでいる人がたくさんいた。
今、電車の中を見てみると、文庫本を読んでいる人、ゲームをしている人、
それから一番多いのは携帯をいじっている人だ。
雑誌や新聞を読んでいる人はほとんどいない。

新聞は生き残るのに苦労すると思う。まず訪問販売はやめた方がいい。
あれは新聞社のイメージを下げるだけ。私も過去に詐欺のようなひどい目にあった。
新聞の購読数を上げるには、インターネットの記事を有料にするしかないと思う。
実際に、アメリカの地方紙ではこれが成功している。

雑誌は専門誌なら残るんじゃないだろうか。
ただし、同じような雑誌は淘汰されてくるだろう。

私は最近新聞や雑誌を読んでみてわかったのは、多くの情報をインプットするには
確かに良い媒体だと思う。新聞は特に一覧で見れるのが良い。
インターネットは見出しだけで読むかどうかを判断してしまうので、
まったく興味のないものは情報が入ってこない。
雑誌は興味のあるものだけその都度買えば、専門的な知識が得られる。

でも新聞も雑誌も欠点としては、どんどんたまっていくことだ。
これを片付けるのが面倒な作業。

その問題を解消できるのが、電子書籍だと思う。
先月海外にも販売を開始したamazonのkindleはアメリカで大変な人気とのこと。
携帯電話と同じ通信機能を持っているが、通信料金はamazonが負担している。
読みたい本があれば、オンラインからいつでもダウンロードでき、
しかも購入金額は本より安い。
電子ペーパーだから、目も疲れにくいらしい。

kindle-2_convert_20090210231124.jpg
kindle。デザインもシンプルでステキ。

今は英語版しかないけれど、そのうち日本でもこのような端末が出てくるだろう。
今日の日経にはこんな記事が書かれていた。


講談社や集英社など出版社50社は2010年1月、雑誌のデジタル化の実証実験を始める。11日までにKDDIやシャープ、ソニー、パナソニック、楽天など44社の「パートナー企業」も参加を表明。11年をめどに携帯電話やパソコン、テレビなどへ電子雑誌を有料配信する体制を整える。独自の電子書籍端末の開発や、日本の雑誌が人気のアジアなど海外への配信も目指す。


早く日本でも電子書籍販売しないかな?
そのうち販売されたら、本も雑誌も新聞もぜーんぶペーパーレスで読めるようになって
家に本を積むスペースが必要なくなるといいんだけどな。

今、アップルがタブレット型PCの開発を進めているらしい。
来年1月に発表、6月には発売されるという。
なんか電子書籍も兼ねそうな予感。日本でも早く発売してほしいな。

■電子書籍の「黒船」 キンドルって何だ?
http://www.asahi.com/digital/digitre/TKY200911100278.html

■Kindle Wireless Reading Device
http://www.amazon.com/dp/B0015T963C
posted by kaori at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

自分の将来像は?

今日、上司から「自分が今後、この会社でどのような方向へ進みたいのか」
「自分の将来、5年後、10年後にどういう自分でありたいかを考えるように」と言われた。
つまり、そろそろ自分の将来像、ビジョンを明確にするように、ということ。

それを聞いて、「うーーーーーーん・・・・・・」とうなってしまった。
私は、今の会社でどうありたいか、ということは今までそれほど考えたことがなかった。
でも、この会社で働く以上、このことは避けては通れないことなのだろう。

今思えば、大学を卒業して就職してからこれまでの数年間というものの、
私は仕事だけでなく、自分自身の進むべき道も見えずに
いつも右往左往しているような気がした。

失恋しては仕事に打ち込み、仕事に疲れたら買い物に走り、
買い物に飽きてきたら、ヒマだから勉強でもしようと思い、
勉強したらせっかくだから資格も取ろうと思い、資格をとったら、
寂しさを感じて恋愛に走り・・・とその繰り返し。

この会社で何をしたいのか?を考えることも大切だけど、
自分はこの人生で何を本当にしたいのか?を考えなくてはいけない。

でも、私には何ができるんだろう?何がしたいんだろう?
そんなことを考えていると、よくわからなくなってくる。

私ももうすぐ30代ぞろ目の歳。

自分がどういう人生を送りたいのか、真剣に考えて行動していかないとね。。。
posted by kaori at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

人が変われば、会社が変わる

久しぶりにNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見た。
今日は小売りの再建・大久保恒夫さんだった。
大久保さんはイトーヨーカ堂の出身で、その後コンサルとして独立し
ユニクロや無印良品の経営改革などに携わり、大きな成果を上げた。
現在は成城石井の社長をしている。

社長にもかかわらず、週の半分は店の売り場へと足を運び、
自らの目で現場をチェックする。
品切れ、掃除、あいさつという小売りでは当たり前のことばかり。
でもこの当たり前のことができていない店舗は多い。

私がこの番組を見て、大久保さんが言っていた言葉が心に残った。
正確ではないけれど、こんなことを言っていた。

「成果主義は数字を追うだけだから、自分の部門の数字ばかり良くしようとして、
他の部門は見なくなってしまう。
小売りはチームで店を良くしていくものだから、成果主義ではなく、
他の部門とも協力をして店全体を盛り上げていくことが大切。
すると次第に自分の部門だけでなく他の部門も良くなってくる」

私はこの言葉を聞いて、小売りだけの話ではないと思った。
成果主義は、自分の部門の数字を良くしようとするため、
社内で利害が発生することもある。
そのため、何度も打ち合わせをすることが時間や稼動のロスだと
私は常日頃感じていた。

成果主義の考え方は「部分最適」。
でも、会社としては部門の成績を良くしていくのではなくて、
会社全体で売り上げや利益を上げていかなくてはならない。
最終的には「全体最適」にならないといけないのだと思う。

あともう一ついいな、と思った言葉があった。

「人を変えるのではなく、人が変わるのを待つ」

人は自分の思うように簡単に変えることはできない。
でも、変えるきっかけを与えたら、あとはその人が
自主的に変わろうとするまで待つことが大切なのだと思う。

人を無理に変えようとすると、リーダーも部下もストレスが
たまってしまう。だから、部下が自主的に動けるように
上手にヒントを与えることがリーダーの勤めだと感じた。

■プロフェッショナル 第129回 小売り再建・大久保恒夫
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/091110/index.html
posted by kaori at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

出逢いは必然

今日帰り道に地下鉄の駅でもらってきた私が毎月愛読している
フリーマガジン「metropolitana」11月号のエッセイのタイトルに目が留まった。

「出逢いに偶然はない?」というタイトル。

このエッセイの一部には、精神科医ブライアン・L・ワイス博士の
インタビューの言葉が引用されていた。

「私たちの人生に"偶然"はありません」
 彼は力を込めて、そう言い切ったのである。
「私たちには運命があり、また自由意志があります」
 博士は穏やかな表情とやわらかな声で静かな口調だった。

 人生というバスがあり、停留所がある。どこで乗るかは運命だが、
バスの中で何をするか、その行為と選択は本人の自由意志にかかって
いるのだそうだ。


最後の言葉がとても心に響いた。
人生というバスに乗るのは運命。
でも、バスの中で何をするかは本人の自由意志次第。

これまでの人生もまさにそうだったのだと思う。
親や友達、先輩、後輩、先生、恋人との出逢い、
犬や猫などの動物や色とりどりの花や緑など植物との出逢い、
仕事との出逢い、きれいな景色や好きな絵や感動する詩との出逢い。
全ては「偶然」ではなく、自分が選んだ「必然」なのだ。

人生「受け身」ではもったいないよね。
自分がワクワクすること、面白いと感じたこと、興味あること、感動することを、
自分の足で見つけに行かなくちゃ!
posted by kaori at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

のんびり日曜

今日は一日DVDを見たりTVを見たりして、のんびりと過ごしました。
見た映画は「ベンジャミン・バトン」。
今年の初めごろだったかな?変わった話だと思って気になってた映画だったんだよね。
特殊メイクがすごい!
それにしても、若返るなんてうらやましいわ〜。

どっかでかけるのもいいけど、こういう一日もいいものですね。
これから冬に入るし、寒がりの私としては、DVDをたくさん借りて
自宅に篭るのもいいかもしれないですね。

今年はホットカーペットも買ったしね♪
週末にはおいしいものを買い込んで、外へ一歩も出ずに
自宅でじーっと過ごすのも冬の楽しみの一つですね。
posted by kaori at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

箸袋

200911072359000.jpg200911072353000.jpg

箸袋を作りました。

簡単だった割に、なかなかかわいくできました。

今回はキットで作ったけど、
作り方を覚えておけば、自分の好きな布で
オリジナル箸袋が作れそう!
posted by kaori at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

味噌汁処分

鼻炎の具合が悪いため、今日は急遽実家に帰ることにしました。

しかし、昨晩うっかりしていて、大量に味噌汁を作ったことを思い出しました。
朝から味噌汁処分のため、ひたすら2杯分の味噌汁の具を食べました!
お腹いっぱいになったので、勿体ないけど、途中で汁は捨てました。

味噌汁処分に気を取られていた私は
いつもより家を出る時間が遅いことに気付きました。

やばい!!


が、既に時遅し。。
電車に乗り遅れました。

駅に着いたのは、なんと始業5分前!
ぎゃーーーw(°O°)w

急いで走ったら、1分前に着いた。。。
助かったわ。

最近の私、気が緩んでいるみたい。
気を引き締めて、早寝早起きを実行しなくては!!
posted by kaori at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

鼻炎が悪化

10月頃から、くしゃみ・鼻水・鼻づまりがひどく、鼻炎は悪化の一方。
私は元々アレルギー性鼻炎なのですが、ここまでひどいのは花粉症の時期以来。

先週休みをとって家の近所の耳鼻科に行ったのですが、
もらった薬が全然効かず、仕事中も鼻がつまって苦しくて
今日も一日仕事にまったく集中できませんでした。

そういえば!実家の近くに評判の良い耳鼻科があることを思い出しました。
ここは点鼻薬ももらえるから、鼻づまりがひどいときに効くからいいかも!!
明日7時から予約開始ということなので、7時前に起きて7時ジャストに
耳鼻科に電話をしてみよう。
もし行けそうなら明日のうちに耳鼻科に行きたい。
この調子では、薬を大量にもらってしばらく飲まないといけないでしょうね。

あーーーー!!!子供の頃からこの鼻炎には本当に悩まされます!
何とかしてこの鼻炎を根本的に治す方法はないものでしょうか。。。

苦しいことばかりでなく、うれしかったことも書いておこう。
今日家に帰ったらamazonで注文したバレエシューズが届いていた。
安かった(1980円)からどんなものかな?と思ったら、
ベルベットっぽい感じで意外とかわいくてうれしかった。

こんな感じのかわいいバレエシューズです↓
41EcgFeTQrL._SS400_.jpg 
posted by kaori at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 落ち込み系。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

eco勉強会

今日は定時で仕事をあがり、同じグループ会社の組合が主催する
eco勉強会に参加してきました。

参加費は500円でしたが、プルタブを25個持っていけば無料になります。
いつもプルタブとペットボトルのふた集めに余念のない私は
もちろんしっかり25個以上持って行きましたよ♪

第一部は、砂漠緑化活動の紹介、実際に砂漠へ行って来た人からのボランティア体験談。
第二部は、国内の森林整備と間伐材でマイ箸を作ろう!という内容。

NPO法人の緑化ネットワークの方がメインで説明してくれました。
私は一生懸命、メモをとってφ(.. )
マイ箸もカッターでヒノキを削ってがんばりましたよ!
でも、時間がなくて中途半端に終わってしまった。。
説明してくれたNPO法人の方が、「余った木でヒノキ風呂にもなりますよ」
と話してくれました。ヒノキって手触りも香りもいい木ですよね。

200911042244000.jpg
今日のアジェンダと私のメモ。

200911042200000.jpg
マイ箸キットと、手づくり箸袋のセット。ミシンがな〜い!

砂漠の原因や国内の森林事情について、楽しく勉強させていただきました。
posted by kaori at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

小石川植物園

昨日の夜の嵐も過ぎて、今日はとてもいい天気!
東京でも昨晩木枯らし1号が吹いたということもあり、
雲ひとつない晴天でも、風はとても冷たい一日でした。

でもこんなにいい天気だから、出かけないのはもったいない!
そうだ!前から行きたかった小石川植物園に行ってみよう。
お弁当を作って外で食べたら絶対おいしいだろうな。
思い立ったら即行動!玉子焼き、ウィンナー、ほうれん草のお浸し、トマトを用意して
小さいおにぎりを何個か作って家を出ました。

後楽園で降りて、小石川の坂道やお寺を散策しながら、小石川植物園まで歩きました。
途中、道の真ん中に聳え立つ大きな木や、由来のある坂道標を見ながら散策しました。
下の写真は、「こんにゃくえんま」と呼ばれている源覚寺です。
こんにゃくがお供えされてるのがおもしろかった!

1328156190_166.jpg
こんにゃくえんまさまへのこんにゃくのお供え。

小石川植物園は前から行きたかった場所です。
でも、駅からちょっと歩くので、それほど自宅からは遠くなかったのですが
これまで一度も訪れたことはありませんでした。

小石川植物園は、とても大きな木がいっぱいで、見上げると木の葉の合間から見える
青空がとてもきれいでした。風に揺れて枝や葉がざわざわと鳴る音も心地よかったです。
紅葉にはまだ少し早かったけど、ところどころ赤や黄色に色づいている木を見れて
一足早く紅葉を堪能できた気分です。

1328156190_20.jpg 1328156190_250.jpg

夕方帰る頃には、すっかり冷え込んできました。
なんだか急に秋が過ぎて冬になった感じがします。
今日は毛糸の帽子にストールを巻いて出かけましたが、手が寒い!
手袋が必要な季節になってきましたね。

■国立大学法人 東京大学大学院理学系研究科附属植物園(通称:小石川植物園)
http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/
posted by kaori at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪魔城脱出ゲーム

今、昔もらった誕生日プレゼントのことを思い出していたんだけど、
幼稚園くらいの頃だったかな、「悪魔城脱出ゲーム」っていうのをもらったことがありました。
悪魔の城があって、てっぺんからボールを落として転がってさまざまな難関を乗り越えながら
下のほうのゴールにたどりつくというゲームです。

なぜ幼稚園の女の子がこんなおぞましい(?)おもちゃをほしがったのでしょうね。
私は不思議と女の子っぽい遊び、着せ替え人形やままごとには全く興味がなかったのです。

シルバニアファミリーも家とかうさぎとかくまも持ってたけど、
私がほしいって言ったんじゃなくて、うちの親やおばあちゃんが勝手に買っていたんです。
うさぎもくまもかわいかったけど、私は暖炉とか、テーブルとかなぜか家具がほしかったわ。

今も変だけど、昔から変わった子だったのかね。。。
posted by kaori at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | なつかし話。昔話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

セーフ!

今日は昼過ぎから図書館に行こうと思っていたんだけど、
なんだか怪しい雲行きになってきた。

4時に出かけて、図書館まで歩いて片道20分。
5時閉館だから、読みたい本だけ借りてきてすぐに帰ってきた。
家に着く直前に雨が降ってきて、ぎりぎりセーフ!よかった・・・。

今日借りた本は、前から読みたいと思っていて
amazonのほしいものリストに入れていた本ばかり。
私は基本的に、買うほどではないけど、読んでみたい本を図書館で借りるようにしています。
あと文庫本はあまり借りません。なぜなら買ってもたいした金額じゃないから。
amazonでも中古なら1円から売ってるものも多いからね。

読みたかったのは、「おいしいハンバーガーのこわい話」と
「ファストフードが世界を食いつくす」というエリック・シュローサーが書いた本2冊です。
前者は、子供向けの本だから読みやすそう。
この2冊の本を読み終えたら、おそらく2度とマックのハンバーガーは食べられないと思います。
それほど衝撃的なことが書いてありそうな予感がします・・・。

その他に、「川島屋百貨店」というのも前から読みたくてたまたま見つけたので借りてきました。
この本の著者は、川島蓉子さんという伊藤忠の関連会社でマーケティングマネージャーを
やっている人です。読売新聞の日曜版にコーナーを持っていて、
いつも質の高いもの、センスの良いものを紹介しています。
この本はその日曜版で紹介したものプラス、書き下ろしのものが載っています。

あとは、中学3年生の国語の教科書(平成17年検定済)。
国語の教科書って今はどんなのだろう?という興味と
久しぶりに国語の教科書を読みたいという好奇心から借りました。
私が使っていたのは光村図書だったんだけど、私が中3だった1991年当時に比べると
随分サイズが大きくなった!A4くらいの大きさかな。字も大きくなったわ。

内容は変わったのかな?と思いきや、意外にも私のときと同じ詩や物語も載っていました。
魯迅の故郷や森鴎外の高瀬舟などはイラストもそのまま同じものでした。
ただ、論説文は時代に合わせて内容が変わっていました。「携帯メディア」とか出てました。

国語の教科書って少しずついろんな文章が載ってて面白い。
飽きっぽい私には長い小説よりも、これくらい短い方があっているのかも。
私はいつも授業で扱う前に休み時間や家で先に読んでたので、授業中は退屈でした。

国語と算数は社会に出てから、本当に必要だと実感しています。
もし私に子供ができたら、この2つだけはしっかり勉強させたいです。
将来の目的がちゃんとあれば、理科や社会も必要ですけどね・・・。
posted by kaori at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーチングバンド

最近なぜか頭の中をぐるぐる回っている曲がいくつかあります。

それは、小学生のとき4年生から5年生の秋まで入っていた部活動、
「マーチングバンド部」で演奏していた曲の数々です。

私は4年生の時はピアニカ(カッコ悪くて嫌だった・・・)、ベルリラ(重い)、
5年生の時はトランペットを担当していました。
密かに小太鼓とトロンボーンに憧れていたけど、平凡にトランペットを選択しました。

曲目は、こんな感じ。

・こんにちはラッパ君(ソラシドだけで済む簡単な曲)
・平和の歌
・タッチ
・ルパンV世のテーマ
・ダンシングヒーロー
・CHA-CHA-CHA
・YMOメドレー
・小学校の校歌
-----------------------------------------------
・卒業(斉藤由貴)←6年生が卒業の時に演奏してくれた

ルパンV世も古いけど、定番だからなのか、そんなに懐かしいとは感じないですね。
でも、タッチ、ダンシングヒーロー、CHA-CHA-CHAって時代を感じさせますね。
なんといってもYMOですよ!古過ぎですよね・・・。
卒業は斉藤由貴の方です。尾崎豊の方ではありません。

特にCHA-CHA-CHAが頭を回って困っています。
食事の後に洗い物をしているときに、「まち〜でーうわーさーの〜」とつい口ずさんでしまう。
そういえば、小学生の時も変なフリをつけて歌って踊っていたような記憶がある。
さっきようつべで見たら、随分色っぽい歌詞じゃないの・・・。
当時は全然意味わからなかったけどね。



誰か80年代〜90年代限定カラオケに行こうよっ(゜▽゜)/♪
posted by kaori at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする