2009年10月30日

ホームページ

あれは私が大学4年の頃だったでしょうか。
当時親しかった人が旅行記のホームページを作っていました。
私はヒマをもてあましていたので、その人から作り方を教えてもらって
WORDをHTMLに変換したり、メモ帳にHTMLを記述するところから
ホームページを作り始めました。

でも、そのうちワケがわからなくなってきて、学割でホームページビルダーを買って
自宅で一人コツコツと作っていました。
社会人になってからはMIDIを作ったりして、休日は一人で楽しんでいました(暗い!!!)。

マイミクの中にも当時の私のホームページを知っている人がいるかもしれませんね。
その時の主なコンテンツは、民族舞踊、旅行、エッセイだったと思います。
ジャバスクリプトを使って、「民舞人度チェック!」というのも作ったな〜。これ↓

check.JPG

7問の質問に答えて、判定ボタンを押すと、民舞人度がパーセンテージが表示されるもの。
なぜ10問じゃなくて、7問なのだ・・・?>当時の私

その他、フレームを上と左で分割したり、ダイナミックHTMLを使ったり、バナーやロゴを
作ったり、「iNTERNET magazine」を見ながら、いろいろ工夫したのが懐かしいです。

実は数年前までそのホームページを残していたのですが、
昨年プロバイダを変えたため、ホームページは必然的に削除されてしまいました。

そのうち作ろう作ろう・・・と思っているうちに早1年半。
いろいろ載せたいことも増えてきたので、全面改装して復活させようと思います!

元々mixiは日記を書くために使っていたんだけど、最近日記を書くには
インターフェイスが使いづらくなってきたなぁ、と感じています(mixiアプリのせい?)。

もしかしたらmixi日記での更新はいったん終わりにするかもしれません。
とはいえ、やめる前に日記が書きやすいブログサービスを調べないといけないんですけどね。

また詳細が決まりましたら、お知らせします!
posted by kaori at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

空から日本を見てみよう

晩御飯を食べた後、暇だったので、TVをてきとーに見ていたら、
テレ東で面白そうな番組がやっていた。

それが、タイトルの「空から日本を見てみよう」という番組。
まるで雲に乗った感覚で、日本の街を上からのぞいていくという紀行番組(になるのかな?)。

tongari_img.jpg

街を案内するナレーターで出てくる「雲」キャラが2人いて、
おじいさんの「くもじい」と若い娘の「くもみ」。
この「くもじい」の声が仙人のようでたまらなくいいですなぁ・・・。

今日見たのは「神田川 河口から源流へ」。
私自身、神田川にはとてもなじみがあるので、興味深く見ました。

河口から程近い浅草橋は、私の出身地である東日本橋から歩いて15分ほどのところ。
そのまま源流に向かって、秋葉原を抜けて御茶ノ水。
御茶ノ水からは、私のお宮参りをした神田明神が紹介されていました。

水道橋、東京ドームを通って、小石川後楽園を過ぎた辺りで右へ曲がります。
ここで川は首都高に覆われてしまいます。(もったいない!)
印刷会社のたくさんある江戸川橋付近は私の職場からも歩いていける距離です。
私の行きたいうなぎ屋の「石ばし」もこの辺にあるんです・・・。

江戸川橋から目白台へ。椿山荘に聖カテドラル教会、神田川から少し離れたところには
今とても人気があるという「鳩山会館」。一番の人気は「はとバス」のツアーなんだとか(笑)。
この辺の神田川は、私にとっては短大時代の思い出いっぱいの場所です。
桜並木もきれいだったし。秋の紅葉も雰囲気いいし。人も少なく、静かでいい散歩道ですね。

早稲田を通って、面影橋(この地名が好き)を過ぎ、高田馬場に出て落合、中野へ向かいます。
しばらくすると、西新宿。今ビル街のあるところは、その昔「淀橋浄水場」でした。
「ヨドバシカメラ」や「淀橋」交差点に今もその地名が残っています。
そういえば、弟の大学もここら辺にあったなぁ。

新宿の次は中野坂上、高井戸の辺りを通ります。
この辺は私、詳しくない・・・。丸の内線や京王線沿線なのかな?

そして、ついに神田川の源流に到着!
なんと源流は意外にも、井の頭公園でした。
「水門橋」という小さな橋から先が神田川なんだそうです。
水が沸いているところは下流と同じ名前の「お茶の水」といって、
お茶をいれるのに美味しい水という理由で、徳川家康が名づけたそうです。

こういう地味系の散歩番組ってシンプルでおもしろいわ。
ところどころ、面白い建物をクローズアップするのもいいね。
ちょっとNHKの「世界ふれあいまち歩き」に似ているかな?

飛行機は苦手だけど、空から見える風景が地図どおりに見えるのが好きです。
成田空港に到着の時はいつも「あの湖は霞ヶ浦?北浦?」と、探ってしまいます。

毎週木曜日の夜7:58からやっているそうなので、見たい方はぜひどうぞ〜。
次回は京都らしいですよ!京都大好き。いいねぇ。行きたくなってきた!

■空から日本を見てみよう(テレビ東京)
http://www.tv-tokyo.co.jp/sorakara/index.html
posted by kaori at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

東京パン案内。

今日は仕事を定時であがって、コンビニに寄ってHanakoを買ってきた。
なぜなら、今回の特集は「東京パン案内。」だったから。

私はパンが大好き。おいしいパンと香りの良いコーヒーがあれば幸せ。
パンそのものももちろん好きだけど、パンのある風景がもっと好きかもしれない。
古びた白木のテーブルの上にチェックやリネンのテーブルクロスを敷いて
籐のカゴの中においしそうなパンを並べた写真を見ているだけでも、ワクワクする。

今でも忘れられないパンは、大阪の梅田の阪神百貨店にある
「LE BIHAN(ルビアン)」のいちじくの入ったハードなパン。
あれは大学の夏休みの頃だったかな?
大阪駅へ行く途中に買って、新幹線の中で食べた。
堅い生地をかじると、いちじくのプチプチとした種の食感が
たまらなくおいしくて止まらなくて一気に食べてしまった。

それから、2001年に軽井沢の旧軽を観光していた時にたまたま入った
「ブランジェ浅野屋」のパンもおいしくて忘れられない。
ここにはレストランなのかな?食べられるところが併設されていて、
石釜で焼いたパンを食べたような記憶がある。

四谷にお店があったので、うちからも近いし一度行かなくちゃ・・・と思っていたら
さっきHP見たら平成18年(2006年)に閉店したとのこと・・・。がっかり。
お店は自由が丘に移ったそうです。我が家から遠くなってしまった。。

さっきまで雑誌を読んでいたけれど、東京には本当においしいパン屋さんがいっぱいある!
お店の外観や内装も洒落ているし、独特の雰囲気を味わうのもパン屋に行く楽しみの一つ。

それにしても、雑誌にあった「沿線パン案内」の特集に書かれていたのは、
田園都市線、東横線、中央線・・・私の憧れの沿線ばかり。
この辺はパン屋だけでなく、洋菓子も充実してるんだよねぇ。。

どのお店もすっごくおいしそうだし、看板や黒板の置き方も欧風調で洗練されている!
カフェのアンティークな家具も素敵だし・・・。

うわーーー・・・見てたらいろんなパン屋に行きたくなってきた!
これで最高においしいコーヒーがあったら、家でカフェできるわ。
休日の一人カフェもゆったりできて、なかなかいいものだ。

■LEBIHAN(ルビアン) →池袋にもできたから行かなくちゃ!
http://www.lebihan.jp/

■ブランジェ浅野屋
http://www.b-asanoya.com/

■Hanako No.958(東京パン案内。)
http://magazineworld.jp/hanako/958/#contents
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

フロー

今日読み終わった本に、次のようなことが書かれていた。

---------------------------------------------------------------------------
心理学者のミハイ・チクセントミハイは、人が何かに没頭しているときの
純粋な快楽状態を「フロー(流れ)」と呼んだ。

これは、時が止まっているように感じられたり、実際には何時間も経っているのに
ほんの一瞬に感じられたりして、完全に集中している精神状態のこと。

ペンシルバニア大学ポジティブ心理学センターによれば、「フロー」を生み出すような
活動をしているとき、お金のためといった外的要因が目的ではなく、単にその活動自体が
目的で行っているのだが、結果、人間はそのことで大きな満足を得られるという。
---------------------------------------------------------------------------

私はこれまで、どんなときに「フロー」を感じていたのだろうか?
晩御飯を終えてから、そんなことをずっと考えていた。

幼い頃からの記憶をたどってみると、「フロー」状態だったいくつかのことが思い出された。

・消しゴムハンコを作っているとき
・HPを作っているとき(特にMIDIを作っていたとき)
・編み物や裁縫をしていたとき
・絵を描いているとき
・文章を書いているとき
・お花を生けているとき
・パズルを組み立てていたとき
・わっかをつなげるパズルをしていたとき
・ブロックで遊んでいたとき
・プラモデルを組み立てていたとき
・コレクションの消しゴムを並べて眺めていたとき
・シャドーBOXを作っていたとき
・興味のあるテーマ(ノンフィクション)の本を読んでいるとき
・文房具・雑貨を見ているとき
・切手、シールを見ているとき
・地図(地形図・住宅地図・路線図など)、年表を見ているとき
・好きな動画、写真を見ているとき
・生活を便利にするグッズやシステムを知ったとき

他にももっとあるような気がするけど、思いついたのはこんなものだった。
これらをまとめると、私がフローを感じるときは以下のようなものらしい。

★何かを手作業で作り上げている時(絵、文章、ハンコ、裁縫)
★解決困難なものを解決しようと思考をめぐらせている時(パズルなど)
★デザインや色がさまざまなものを眺めている時(切手・シール、動画、写真)
★歴史的・地理的に空想にふけっているとき(地図や年表)
★生活を便利にするものに出会えたとき(新しい携帯、インターネット、Webサイトなど)
★尊敬できる人物・言葉に出会えたとき(ノンフィクション、伝記)

つまり、形のあるものを完成させる手作業で、色やデザインがあって
歴史的・地理的に広がりがあって、生活を便利にするもので、
尊敬できるものに出会えることが、私を活き活きとさせるもののようだ。

この中で今の生活にあるものは、フラワーアレンジメントと仕事くらいかな?
私はどうやら人によって作られた架空の世界よりも、現実世界に関心があるらしい。

たまにはこうして立ち止まって、自分のことを客観的に考えてみることも、
自分の人生や将来を考える上で大切なことだと感じた。
posted by kaori at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

家に帰れなくなった

今日は夕方には家に帰ろうと思ったんだけど、
わけあって帰れなくなってしまった。

明日は午前休をいただいているし、
今日は簡易宿泊所で早めに寝て、明日に備えることにしよう。
posted by kaori at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

立川散策

今日は彼に誘われて、西立川から徒歩7分の
東京都農林水産振興財団立川庁舎(旧農業試験場)で
行われていた「東京農林水産フェア」に行ってきた。

正門から入ると、大きな並木が出迎えてくれる。
建物はレンガ造りで、北海道大学のキャンパスのような雰囲気だった。

ここでは、様々な樹木や花が植えられている。
十月桜や、かわいい赤い実のついた木も良かったけれど、
一番私の心に残ったのは、とても大きなヒマラヤ杉だった。
このヒマラヤ杉は、なんとこの農業試験場ができる前からあったらしく
樹齢100年を越えているそうだ。

39713969_2364282400s.jpg
ヒマラヤ杉。

この大きなヒマラヤ杉を使って、今日は木登り体験が行われていた。
子供たちがロープを頼りに、上へ上へと上って行く様子を見て
高所恐怖症の私は、よくあんな高いところに上れるなぁと感心した。

39713969_68790770s.jpg
本館の花展示にて。

13時15分からは「秋の樹木観察」というイベントに参加した。
ガイドの方が「新樹種園」というところで、木々の説明をしてくれた。
この樹木園は、新種の樹木が日本に導入される前に実験しているのだそうだ。

私はフラワーアレンジメントを習い始めてから、樹木や緑にも関心
を持つようになったので、ガイドの話はとても興味深かった。

39713969_1319664599s.jpg39713969_2886832363s.jpg
39713969_4078122384s.jpg39713969_3600478715s.jpg
39713969_3908194691s.jpg

ススキ一つにしても、「シマススキ」「タカノハススキ」
「イトススキ」と3つも種類があったり、「世界三大紅葉樹」や
「世界三大庭園樹」を教えてもらったりした。
サンシャイン牧場でおなじみの「カラタネオガタマ」もあったよ!
花はバナナの香りがするとのこと。

最後に見たのは、いくつかの生け垣だった。
定番のツゲやコニファーもあったけど、
私は赤紫色の生け垣「トキワマンサク」が素敵だと思った。
きっと洋風の家に合うんだろうなぁ。。。

その後、立川庁舎を出て、いったん西立川の駅に戻り、
まだ時間があったので、国営昭和記念公園に向かった。

39713969_3696953314s.jpg39713969_4234189647s.jpg

この公園、前から存在は知っていたけれど、行くのは初めてだった。
とても大きくてきれいな公園で、水鳥の池では、ボートに乗った。
お花畑ではコスモスを見ていたのだが、雨が降ってきたので
引き返して西立川駅に帰ろうと思ったら、どうやら様子が違う。

周りの人たちが向かう方向に合わせて歩いていたら、
西立川駅ではなく、立川駅に向かっていた。

でも、立川口にある噴水の近くにある銀杏並木はとてもすばらしかった!
11月末が紅葉の時期とのことなので、また行きたい。

広大な自然と緑の木々とかわいいお花や実に触れあうことができて、
日頃のストレスもどこかへ吹き飛んでしまった一日だった。

■東京農業水産フェア
http://www.tokyonogyo.jp/index.asp?ctg=9&number=2291

■国営昭和記念公園
http://www.showakinenpark.go.jp/
posted by kaori at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

犬の名前ランキング2009

11月1日は「犬の日」なんだそうです。へー。。。知らなかった。
ワンワンワンね、なるほど。猫の日と同じノリで。(2月22日)

それにちなんで、犬の情報サイト「アイリスペットどっとコム 犬といっしょ」で、
サイト会員2591人を対象に飼い犬の名前ランキングを実施したとのこと。

さて、今年人気の、愛犬の名前とはなんでしょうか?

「モモ」 だって。2007年から3年連続で1位に輝いているそうです。

最近の流行りでは、「和風」や「スイーツ」を連想させる名前が多いんだって。
「チョコ」「アズキ」「ココア」「マロン」「ミルク」などなど・・・。
甘そうだけど、確かにかわいいね。
あ、、、実家の犬も「キャンディ」だから一応スイーツだ!!

総合ランキングを見ると、「ナナ」「ハナ」「サクラ」あたりは昔から定番だよね。
うちの実家の近所にもいたような気がします。
注目したいのが、1歳以下ランキングの7位に「ポチ」が入っていること。
昔ながらの名前だけど、私も「ポチ」ってかわいいと思う。

犬の名前や子供の名前って、その人の趣味が出るから面白いよね。
私の実家の犬は、これまで飼ってきた2匹とも母が名づけているんだけど、
どことなくネーミングセンスが70年代な気がします。
(ちなみに、1匹目の犬は、耳が茶色かったから、「チャッピー」(こういうアニメあるよね)、
今買っている犬は、そばかすのような模様があるので、某少女漫画から取って「キャンディ」)

かわいそうなのは、男の子なのに、女の子っぽい名前をつけられている子。
完全に飼い主の趣味ですよね〜。
あと、面白かったのは、「○○さん」と「さん付け」されている犬。
(「めぞん一刻」の「惣一郎さん」もその類?)

実家の近所にかわいい白柴が2匹います。
名前が「マロン」と「ミルキー」です。両方とも外見とぴったりでかわいい〜!!!
白柴の毛色は、背中のあたりが少し黄色がかっていて、
まさにミルキーだし、マロンっぽくもあるんです。

やっぱり私も名づけるなら、自分も好きな洋風「スイーツ」系がいいかな?

■2009年 総合ランキング
http://news.walkerplus.com/2009/1020/13/photo01.html

■2009年 女の子ランキング
http://news.walkerplus.com/2009/1020/13/photo02.html

■2009年 男の子ランキング
http://news.walkerplus.com/2009/1020/13/photo03.html

■2009年 1歳以下ランキング
http://news.walkerplus.com/2009/1020/13/photo04.html

■「犬の名前ランキング2009」1位に輝いた名前は?(Walkerplus)
http://news.walkerplus.com/2009/1020/13/

■犬の名前ランキング 大調査!2009(アイリスペットどっとコム 犬といっしょ)
http://www.iris-pet.com/wan/event/ranking2009/5.html
posted by kaori at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

迷った時は

昨日の夜からちょっと迷うことがあって、夢の中にも出てくるほどだった。
昼休みになっても、どうしようかと真剣に悩んでいた。

家に帰ってもその迷いは取れず、晩御飯を作りながら考えていたので
コンロの火を止めるのも忘れそうになってしまった。

その時思ったのは、先のことをあれこれと頭で考えるのではなく、
「今」自分がどう感じるかで決めよう、ということだった。

それに従って、今の気持ちのまま、素直に行動してみたら
意外とその悩みはあっさりと解けた。

これからも迷った時は今の気持ちに素直になって行動してみよう。
私は先にも過去にも生きてはいない。「今」を生きている。
だからもっと「今」を大切にしよう。そう思った。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

眠い一日

昨日は私にしては早い11時15分に寝たので、私の最適睡眠時間は何時だろうと思って
目が覚めたら、5時45分だった。つまり、6時間半で目が覚めたことになる。
その時、ぱっと起きれば良かったのに、低血圧の私はそのまま2度寝をしてしまい、
次に目が覚めたのは7時15分だった。

その2度寝のせいか、今日は一日中眠くて仕方がなかった。
眠気を抑えるめちゃめちゃ辛いガム(ブラックブラックガムの辛い版)を噛んだり
渋いお茶を飲んだり、冷たい水を飲んだりして何とか一日が終わった。

最近読んでいる脳の本には、こんなことが書かれていた。
アーユルヴェーダーの医師によると、
「気持ちが落ち込んだ時には10時就寝(できれば9時就寝)を3日間続けると、
3日後には世の中が違って見え、身体にエネルギーがあふれ、
元の明るい自分に戻る」とのこと。

試しに今日から10時就寝を試してみることにした。
もし効果があったらここにレポートしよう。

タイトルと全然関係ないけど、昨日「セーラー服と機関銃」と
「時をかける少女」の歌が混在したのでメモ代わりに載せておきます。





こう比べてみると全然違う歌だった・・・。
共通しているのは角川映画という点だけでした。
posted by kaori at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

週末の出来事

この週末はいろんなことをした。以下、時系列でまとめ。

◆17日(土)◆
10時〜14時
フラワーアレンジメントに行ってかぼちゃのアレンジを作った。(昨日の記事参照)

15時頃
昼食、洗濯、掃除を済ませて、部屋を冬仕様に変更。

1314053156_51.jpg

やっとホットカーペットとカバーが届いた!!!
2つあわせても15000円しなかった。

18時〜19時
家を出発。彼の家へ遊びに行く。

19時半頃
家に到着。晩御飯を作っていただく。

20時頃
ハンバーグとほうれん草のバター炒め、トマトのサラダ、
豆腐と葱のお味噌汁を作ってもらったので、おいしくいただく。

1314053156_150.jpg

焼き加減も味も良かったし、なんと言っても、手際が良い。

21時頃
DVD鑑賞(バブルへGO)六本木に森永LOVEがあったことを初めて知った。

1時頃
就寝

◆18日(日)◆
9時
起床

10時頃
朝ご飯を作ってもらって食べる(シリアル、トマトの残り、目玉焼き、コーヒー)

11時頃
DVD鑑賞(ハイジ) ハイジはいい子だけどちょっと頑固で無茶をしすぎる。

13時頃
お昼ご飯を作ってもらって食べる(ミートスパゲッティ)

14時
マツキヨでズビズバを買った後、京葉線に乗る。
数年ぶりに葛西臨海公園に行く

1314053156_118.jpg

秋の風が心地よかった。相変わらず家族連れとカップルが多かった。

16時半
再び京葉線に乗って自宅へ帰る。
晩御飯を食べて、片付けて今に至る。

とても気楽で充実した2日間だった。(ご飯全部用意してもらったし・・・)
今週は私にとって12月以降の生活を変えるかもしれない大きなイベントがある。
想定問答集を用意して、自分をしっかりアピールしたいと思う。
posted by kaori at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

ハロウィン

もうすぐハロウィン。
今日のフラワーアレンジメントは、
ハロウィンアレンジでした♪

今年はかぼちゃが不作とのことで、
形も数も昨年に比べて小さいようです。
それでも顔を付けたらハロウィンっぽくなった!

お花がかなりもりもり盛りだくさんだけど
赤茶色で渋いし、山シダで怪しさも出てるし
赤い実もいっぱい入れたし、
秋の雰囲気になったかな?

8191267_3092494256s.jpg
posted by kaori at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

低燃費少女ハイジ

最近、TSUTAYAでDVD半額になると、いつもハイジを借りてきて一人で見ています。
アルムの山のかわいいヒツジとかヤギとか鹿、ハイジやペーターを見ていると
素直でいい子たちだわ〜、と心が洗われます。

ところで・・・先日実家に帰ってTVを見ていたら、かなり奇妙なハイジが。
この絵は、明らかに「GOLDEN EGGS」ですね・・・。

ハイジは全然かわいくない!ペーターはおやじ!!です。
声も変だなー、と思ってたら、ハイジは友近、ペーターは
次長課長の河本が吹き替えしてるようです。

最近はクララも登場して、なぜか空中ブランコしてるし・・・。バカっぽくて笑えます。
ユキちゃんもかわいくない・・・。おじいさんのしゃべり方も変。
感動的なアニメとは全然違うわ!



■低燃費少女ハイジ スペシャルコンテンツ
http://www2.nissan.co.jp/NOTE/E11/0801/index.html
posted by kaori at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

光と影

物事には必ず光と影があって、一時期の私は影の部分だけ見ようとしていた。
でもちょっと視点を変えて、光の部分も見ていかないと、と思った。

いつも光の部分ばかり見ていると、超ポジティブ、空気の読めない、勘違いな人
になってしまうけど、影ばかり見ている人は自分も周りも面白くない。

自分と似ている人と話すのも気楽だけど、
時には自分とは全く逆の人と話すことによって、
自分には見えていなかった光の部分が見えてくると
新しい道が開けたような気持ちになる。

いろんな人とコミュニケーションを取ることは、自分では気づかない「何か」を
気づかせてくれるという意味でも、とても大切なことなんだな、と思います。

・・・というわけで、明日は久しぶりに同期とランチしに行きます♪
posted by kaori at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

準備万端?

ホットカーペットの上に敷く絨毯っていうかカバーも購入することにしました。
これで冬の準備は万端・・・。のはず。

毎年寒い寒いと言っていないで早く買えばよかったのだわ。
防寒対策はできてきたので、今度はめんどくさくてずっと買ってない
包丁、すりこぎ、すり鉢、片手鍋、フライパン、フライパンの透明のふたを買おう。

かっぱ橋道具街へLet's Go!!!(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/オォォォ−−−
posted by kaori at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

今年こそ

毎年冬になると部屋にあるエアコンだけで乗り切ってきたのだが
今年こそはホットカーペットを買おうと思って、昨晩ネットで2畳サイズを注文した。
毎年寒いと言っていたが、これでようやく今年は寒い思いをしなくて済むはず・・・。
あとは上に載せるカーペットを買わなくては。

子供の時からそうなんだけど、私は暖房と言うものが好きではない。
特に灯油ファンヒーターは臭いも嫌だし、何より寒い日に外に出て給油をするのが辛い。
頭もぼーっとするし、暑くなってくる。
だから小学校高学年くらいから高校生くらいまで自分の部屋では
暖房は使用せず服の上から「半纏」を着て、雪だるまのような体型になり、
足は靴下の上からさらに毛糸の靴下を履いていた。

よく家族に「田舎の子」とか「どてら娘」とかひどい言葉を言われたものだった。
私は家の中では着るものはパジャマじゃなければ何でも構わないと言う適当な人なので
誰に何を言われようが気にせず、机に向かって本やマンガを読んだり、ゴロンと横になったり
たまに勉強したりして冬を過ごしていた。

残る冬準備の最大の課題は「布団」である・・・。
私の使っている布団はとても重い。重くてうなされる。
だから今年こそ布団を買い替えて軽くてあったかい羽毛布団にしようと思っている。
でもいつもの癖で、面倒だから買うのを先延ばしにしてしまう。
なんで私っていつもすぐに買わずに放置してしまうんだろう。
posted by kaori at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

鳥飼玖美子さん

昨日、実家に帰って読売新聞を読んでいたら、
「時代の証言者」というコーナーに鳥飼玖美子さんの
これまでの人生を記したエッセイが載っていた。

鳥飼玖美子さんという人物を、私はこの記事を読んで初めて知ったのだが、
同時通訳者で有名な女性のようだ。
大学2年から同時通訳を始めており、アポロ11号の月面着陸の時にも同時通訳をしたらしい。

10月11日で既に話が中盤に入っていたのだが、最初から読みたいな、と母に話したら、
わざわざ第一回目の9月15日の新聞から昨日までの新聞をどっさりと用意してくれた。

そこで、今日は昼間に9月15日の初回からこれまでの分を全部読むことした。
あまりに話が面白くて読み始めると止まらなかった。

この女性のすごいところは、誰にも指示されず、自分の力で人生を切り開いていったところだ。
両親は英語が堪能で、自宅も赤坂の檜町という今のミッドタウンがあるところで
外国人が多く住んでいたこともあり、小さい頃から英語が身近な環境ではあったけれど、
親から「英語を勉強しなさい」と言われることはなかった。

自分の意思で、外国人の女の子と友達になろうと思い、英語を勉強したいと思い、
留学をしようと思った。小学校の先生の言葉の通り、「意欲的に」勉強をするために
親を説得して英語の学校にも通い、AFSの試験に合格して渡米した。

留学後は大学に入り、それでも英語を忘れないために、通訳ガイドの試験を受けて
実際に外国人を鎌倉に連れて行ったり、英字新聞でバイトを探したり、
全部が自主的なところがすごいなぁ、と思った。

一時期は大阪万博のテレビ番組で司会をしていたり、メディアへの露出も多かったようだ。
ところが、結婚して出産、育児をする時期になると、突然テレビからその姿を消してしまう。
周りからは「突然どうしたの?」と聞かれることも多かったという。

育児も一段落した頃、出身校の東洋英和から依頼が来て、今度は教育の世界に入った。
それも英語教授法を学ぶために大学へ入り、大学院まで進んだそうだ。
その時、既に41歳だったというから驚いた。
今は立教の大学院で教えているらしい。

「自分で自分の道を切り開く」
最近の私が考えている命題に、この人の生き方は一つの良い例を示してくれた気がした。
私は今後どんな人生を生きるか、今も暗中模索の状態だが、誰にも指示されず、
鳥飼さんのように、自分の意思で自分の道を切り開いていきたいと思う。
posted by kaori at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

秋のてづくり市

今日は母と品川で10時半に待ち合わせをして、
京急新馬場から徒歩すぐの品川神社で月1回開催されている、
「品川てづくり市」に行ってきました。

1307962300_202.jpg

ここに来たのは、おリバーさまと5月に来たとき以来。
あの時とはまた出店も違っていて、毛糸を使った秋冬物が多かったです。
私は秋冬物の小物が好きなので、見ているだけでも心躍りました♪
今日ここで買ったのは以下の4点。

・リネン(?)のバルーンバッグ 2000円(母からのプレゼント)
・リネンの印鑑入れ(朱肉付き)700円
・レース編みされた純銀クロッシェ&乳白色のスワロフスキーの指輪
 3000円
・丸い羊毛フェルト(?)のヘアゴム 500円

1307962300_146.jpg 1307962300_122.jpg

他にもかわいいもの、おしゃれなものがいっぱいで、
いろいろほしかったんだけど、てづくりだけに結構高いのです・・・。
ブックカバーもほしかったけど、布さえあれば私でも作れそうだな、
と思って買うのをやめました。

帰りは前も行った「クロモンカフェ」に寄ったんだけど
なぜか開いておらず、、、とても残念だったのですが
そのまま北品川まで歩いて、品川でお昼ご飯を食べて帰りました。

<参考記事>
■品川→白金散歩(2009年5月10日)
http://caorine.seesaa.net/article/130515383.html
posted by kaori at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

旧古河庭園

三連休初日の今日は午前中曇っていたけれど、
午後からはすっきりとした秋晴れになっていい気分♪
家にいるのは勿体無いので、駒込方面を散歩しに行くことにしました。

駒込駅で下車し、徒歩で旧古河庭園へ向かいました。
以前にも訪れたことがありますが、ここは何度来てもいいところですね。
大正6年(1917年)に造られた庭園です。古河財閥の古河家の所有だったそうです。

9898.jpg

鹿鳴館やニコライ堂、旧岩崎邸を手がけたコンドルの設計した
石造りのゴシック建築の洋館では、披露宴が行われていました。
いいなぁ、洋館での披露宴・・・憧れます。

8191267_4024377023.jpg

洋館のすぐ目の前には、洋風庭園。ここにはバラ園があります。
バラの開花にはちょっと早かったけど、ところどころ咲いているものもありました。
階段を下りると、日本庭園もあって、池や滝、枯山水を眺めることもできます。

697c.jpg

庭を散歩した後、駒込の商店街を歩いてケーキ屋さんへ行ったり
天然酵母のパンを買って、ドトールでお茶して帰ってきました。

今は散歩するのに最高の季節ですね!
明日も母と散歩します。

<関連記事>
■旧岩崎邸(2007年5月14日)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=433795107&owner_id=2142052
posted by kaori at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

面白い人と楽しい人

今日は昼頃からなんだかとーーーーっても眠い。
休憩室に行って、何度あくびをしたことか。

今、私が眠いのもいくつか理由があって、その一つはここ数日悩んでいた問題が
解消されたってこともあります。きっと安心したんでしょうね。

何日かご飯を作れなくなったり、適当に作ってみても、不思議とご飯の味が
しなくなったりしていたのですが、これでいつもの自分に戻れることでしょう。

ところで、話は全然変わりますが、今日職場のチームメンバーとこんな雑談をしていました。

Aさん「私、誰かに笑われたり突っ込まれるとうれしくなっちゃうんですよね〜」

Bさん「あ、俺も結構そうかも」

私「それは2人とも芸人根性があるってことだよ」

Aさん「え、それは困ります。面白い人と楽しい人は違うんです!」

Bさん「そうそう、付き合うなら面白い人より楽しい人!(笑)」

私「面白い人もいいじゃない、私は好きだよ。でも、なんか言ってることわかる気がする」

ここでAさんとBさんの言っていることは、「面白い人」っていうのは、
いつも話していることや行動が笑えるんだけど、付き合うんだとしたら、疲れそう・・・。
付き合うなら面白くなくてもいいから、一緒にいて「楽しい人」がいいよね!ってことです。

うーん、私だったら面白くて楽しい人がいいな。

・・・って欲張りでしょうか?
posted by kaori at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

一日中

今日は朝から一日中悩んでいました。

これからどうしたらいいのかなぁ、と・・・。

仕事をしていれば気分も晴れると思っていたけど
接客業の時とは違って、そうは簡単にいかないみたいです。

とりあえず、先ほど話し合いをして問題は解消されましたが、
まだ不安は完全に消えてはいません。

すぐに結論を出すと言うことでもないし、自分の気持ちに任せてみようと思います。
posted by kaori at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

創パ

今日は久しぶりにGFDCの創パに参加してきました。

風のうわさで、最近人数が少なくなってきていると聞いたので、
一度様子を見に行かなくては!と思ったのです。

今日は張り切って午前中から参加し、
初めて本女キャンパス内に侵入しました。
第一体育館の場所がわからず、守衛さんに行き道を教えてもらいました。

うわさには聞いていましたが、やっぱり人は少なかったね。。
でも、元気の良い一年生もいたし、少人数ながらみんな楽しくやっていたので安心しました。

デモは私が2年の時にやった踊る喜びでしたよ。
あれはもう12年前なのね。
懐かしいわ(´Д`)
若かりし20歳の頃ね。。
あの移動リフトが苦手だったなぁ〜。

踊りは忘れてるかな、と思ったけど、意外と体が覚えていたわ。
それよりもきつかったのは体力のなさ!!
そして足がつりそうになった!

自分が30代であることを痛感しました。^ロ^;
でも後輩の主催のパーティー、くたばってはいられない!頑張って踊った!
23曲は踊ったわ。。

踊った曲一覧↓
・ドボルジャンスカ・レカ
・ソルティドックラグ
・マソレット
・オプサッサ
・キャバリートブランコ
・スノーバード
・マケドニアンスーツ
・ラボコジィジョルシュチャルダッシュ
・ブルピッツァ
・クリハルマ
・ペントザリー
・ゾラバル
・シャレード
・ルーマニアンメドレー
・オルロフスカヤ
・セルビアンメドレー
・ヤブロチコ
・ラブソングチャチャ
・ソトマリタンツォーク
・ヨベ・マライモメ
・ダルダンス
・バルタンツ
・ショタ
・ディエボチカ
・マジャールチャルダッシュ
・JBミルン
・ラストワルツ
・タタロチカ
・ハーモニカ

あれ、、29曲だった(^^;
足がガクガクしてます。
明日は絶対筋肉痛だ。
posted by kaori at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

オリンピック

1299712368_74.jpg

今夜2016年の場所が決まるそうですね。

東京タワーも5色です。
posted by kaori at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

アルプスの少女ハイジ

先日見たスイスの写真展に感化されて、
今さらですが「アルプスの少女ハイジ」のDVDを見ています。
1話目からもう泣けてきました・・・。

ハイジやペーターなどちょっと変わった名前だな〜と子供の頃は思っていましたが、
このアニメの舞台はスイスの中でもドイツ語圏のようですね。
人の名前って言語によって呼び方が変わるから面白いです。

それにしても日本のアニメはすばらしいですね。
あの絵は現実に忠実に描かれていて本当にすごい。
話も名作を基に作られているし、世界に輸出しているだけのことはあります。
今のアニメのことはよくわかんないけど、30年前も高い技術を持っていたんですね。

でもこれは「世界名作劇場」ではないみたいですね。
私が子供の頃は「世界名作劇場」を日曜日の夜7時半から見ていました。
(ちなみに日曜夜7時からはタッチを見ていました。なつかしい・・・)
次の日からまた月曜日で番組が終わると寂しい気分になったことを思い出します。

どうやら私は「ペリーヌ物語」あたりから見ていたらしいのですが、全く記憶にありません。
記憶にあるのは「ふしぎな島のフローネ」からです。
「南の虹のルーシー」や「牧場の少女カトリ」も見てました。
その後もずっと見ていて、中学卒業まで見ていた気がします。

世界の名作をこのようなアニメにすると、原作にも興味がもてるし、
世界の国の文化もよくわかるし、良い話が多く感動して心を養うことができるので、
こういう素晴らしい作品はできることなら自分の子供にも見せたいです。
(私に子供ができるかどうかわからないけどね・・・)
posted by kaori at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする