2009年04月30日

頭の中のカチカチ音

あーーーーーーーー!!!!もう心配で仕方がないよーーーーーー!!!

何週間か前のこと。会社の帰り、K坂をいつものようにてくてくと下っていたら
歩くのと同時に頭の後ろの方から、「カチ・・・カチ・・・」と規則正しい音がする。

私はかなりの慢性的肩凝りで、「あれ?肩凝りの音かな、そのうち治るだろう」と思っていた。
ところが・・・今でも外を歩くと「カチ・・・カチ・・・」という音が頭の後ろの方で鳴り続けている。
頭の痛みもないし、体調も別に悪くない。でも、なぜ・・・???

今日は会社のオフィスを歩いていても、「カチカチ」が鳴っていたし、
あーーーーーーうっとうしい!!!なんなのこれ!!!って思って
さっき家に帰ってきて、ネットで調べてみたら、私と同じ症状の人がいたいたーーー!!!
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0181378341085328.html

これによると、どうやら「緊張型頭痛」のようですね・・・。
そういや、ちょっと前に、朝気分が悪くなってめまいがしたので、変だな?どうしたんだろう?
と思っていたんです。
多分、肩凝りで、筋肉が固まってしまってどうしようもなくなっているんでしょうね。

でも!!!もしかしたら何か別の病気かもしれない!!!!
すごく心配になってきたから、明日午前休とって、大学病院に行ってきます!!!
posted by kaori at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

山手西洋館巡り@横浜

今日は学短時代の友人、さんちゃんと横浜へ西洋館巡りに行ってきました。
大の洋館好き!の私は、目を凝らして7つの洋館を見学してきました。

12時半に石川町の駅で待ち合わせをしたら、
あたたかい太陽の日差しと気持ちのいい風にあたりながら、
ちょっときつめの坂道、大丸谷坂を上って、イタリア山庭園へ。
ブラフ18番館、外交官の家を見学。無料です。素晴らしい!

31433569_2445716885.jpg
@ブラフ18番館:大正末期に建てられた外国人住宅。
平成3(1991)年までカトリック山手教会の司祭館として使用されていた。
出窓萌え(*´Д`*)ベイウィンドウーーーー!!!(台形の出窓)

31433569_3386908853.jpg
A外交官の家:東京都渋谷区南平台にあった外交官・内田邸が移築された。
アメリカン・ヴィクトリア様式を基本としている。
す・・・住みたい。2階の奥様のサンルームで一日を過ごしたい。

31433569_699746880.jpg
★イタリア山の庭園。ツゲの木がきれいに手入れされています。
ここからの景色もみなとみらいや関内が見渡せていいねぇ〜。

次に、石で舗装された山手本通りをカトリック山手教会や
フェリス女学院辺りを眺めつつ歩いて、ベーリック・ホール、エリスマン邸、山手234番館へ。

31433569_2938344427.jpg
★山手本通りの歩道に敷き詰められたこの石は、かつての横浜市電の軌道の敷石を
再利用しているとのこと。

31433569_2697525955.jpg
Bベーリック・ホール:貿易商ベリック氏の邸宅。スパニッシュスタイルを基調とした建物。
写真は「パーム・ルーム」と呼ばれるサンルーム。窓からパームツリーが見えるから。
大広間でピアノの生演奏をしていた。なぜかベートーベンの月光。
爽やかな4月の午後だから、もっと明るい曲を演奏したらいいのにな〜と思った。

Cエリスマン邸:貿易商エリスマン氏の私邸。A・レーモンドの設計。
この洋館にはやたらと見学者がたくさんいた。なぜだろう?

31433569_3654881618.jpg
D山手234番館:外国人向けの共同住宅。1Fは見学コーナー、
2Fは展示場や会議場になっている。この表札(?)が素敵だったので撮影した。

山手外国人墓地を左手に見て、「港の見える丘公園」へ。
ここには10年以上前に誰かと来たことがあるが、あまり記憶に残っていない。
最後に、横浜市イギリス館と山手111番館を見学。

E横浜市イギリス館:英国総領事公邸として建築された建物。
丸い窓がいいですね。建物の脇に背の高い椰子の木があって、
「頭上の椰子の実に注意」という張り紙が。
(でもそんなの一体どうやって注意すればいいの???)

31433569_3851375559.jpg
F山手111番館:J・Hモーガンの設計。スパニッシュスタイルの赤瓦と白い壁が美しい西洋館。

31433569_2043852535.jpg
★今日見学した西洋館にはスタンプまでありました。
私、つい昔の習慣でスタンプを押す癖がありまして・・・。

歩きつかれた私たちは、「港の見える丘公園」へ行き、
カップルの間のベンチに座って近況を語りました。

帰りは元町通りを歩いて、紅茶店に入り、紅茶のシフォンを食べてアイスティーを飲んで
一息ついてから石川町から帰ってきました。

今日は本当に楽しい一日だったよ!さんちゃん誘ってくれてどうもありがとう!
あ〜〜〜長かった。ここまで読んでくれた人も、ありがとう。
おしまい。

<おまけ>ブラフって一体なんだろう?という私たちの疑問の答え・・・
ブラフとは「崖」のことだそうです。山手地区は通称ブラフと呼ばれていたそうです。
http://books.google.co.jp/books?id=S5RBk4armi4C&pg=PA190&lpg=PA190&dq=%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%95%E3%81%A8%E3%81%AF&source=bl&ots=UQ22XKlVLk&sig=KrJKd-8bHu6HycB6eNhLAhebFEQ&hl=ja&ei=1Vn4SezFC6Xa6gPR59H4AQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=10

<おまけ2>どこかの洋館で、うちの実家にあるリビングボードと全く同じものが置かれていた。
posted by kaori at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

過去

人間やっぱり過去は捨てきれないのかなと思う。

多分、誰もが一生に一度は本気で好きになった人がいて、
この人だったら、年老いても一緒にいたいと思う人がいる。

私にも過去にそういう人が1人だけいて、最後に会ってからもう7年が経っているし、
いつの間にかその人は既に結婚しているし、もちろん私は連絡を取っていないし、
最近ではすっかり忘れたものだと思っていた。
でも、なかなか彼以外の人を本気で好きになれないのは、
今でもその人のことが忘れられないからなんだと気づいた。

自分の頭からは記憶を消去したつもりでも、
コンピューターのように跡形もなく消すこともできないし
人間は心というものを持っているから、いつまで経っても忘れることができない。

私の潜在意識の中で、男性の基準というのが全てその人であって
知らず知らずのうちに、自分の中でフィルタがかかっているようです。
本人には失礼ですが、今思うと、大して魅力ある人のようにも思えないけど、
若い頃の恋愛というのは、純粋だったから、ずっと心に残っているみたい。。。

嬉しいことに私は最近、何人かの人から食事に誘われたりとか、
遊びにでかけたりとかしているけど、みんな本気で私のことが好きだから
誘っているわけではなくて、きっと変わり者の私という人間への興味とか、
友達として好きだから会おうとか、ただ彼女がほしいからとか、
そんな理由ではないかと思う。

私のような変わった人間に少しでも好意を持ってくれる人がいるだけでも
感謝しなくてはならないのに、私は心のどこかで寂しい思いを抱えている。
その理由が、過去にあることが今日やっとわかった。
posted by kaori at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

妄想恋愛

恋愛の話はあまり書きたくないのですが、
婚活もしなくてはならない歳になってきたので、この際、恥を晒して書きます。

今日は上司の送別会でした。
本当は主役の上司と話をしたかったのですが、席が遠くてなかなか話せず・・・。

周りの席であれこれと話していたら、飲み会でお決まりの恋愛話になりました。
そんで、これまた定番の質問。

「好きなタイプってどんな人ですか?」

「あーーー・・・。うーん・・・。年上で頼りがいのある男性」と、とりあえず答えておきました。

私は一見しっかりしているように見られますが、実はそうではありません。
普段は結構がんばっています。我慢の限界まで我慢して耐えられなくなると、
気持ちが小枝のようにパキっと折れてしまいます。
そうなると本当に脆くて弱い人間になるので、私の悩みや話を真剣に聞いてくれて、
的確なアドバイスをいただけるような、精神的に支えてくれる方が良いのです。

あとは私の知らないことをいっぱい知っている人がいいです。
私は日々感動できることを探しているので、常に刺激を与えてくれる人が楽しいです。
さらに、私が知っていることを教えて、お互いを高めあっていける関係が最高に良いです。

それから、私は多趣味で飽きっぽくてやりたいことを自由にやりたい人間なので
束縛を好みません。お互いを尊重し、やりたいことを自由にやっていきたいです。
趣味や礼儀作法に関してあれこれ注意されるのも嫌です。

また、私はプライドが高く、人前で感情を見せるのがとても恥ずかしいので
いくら付き合っているとは言え、公衆の面前でベタベタするのが苦手です。
若かりし頃は、街の中で手をつなぐことさえ抵抗がありました。

ここまで読んだ方の中には、
「もう条件多すぎ!!!もういい年なんだからいい加減にしなさい!!!」と
怒っている方も多いことでしょう。。。そうだよね。本当に自分でも飽きれます。

こんな条件を満たす人はおそらくいないかと思います。なので、「妄想恋愛」してます。
リアルの恋愛は複雑な感情がストレスになって疲れてしまうので・・・。
(ってこんなこと言ってるから、いつまでたっても相手が見つからないんですよね)

もしこれぐらいだったら、いい人がいる!って言う人がいたらぜひ紹介してくださいね。
婚活の一環にしますので・・・。ちなみに、私はかなり老成していますので、
もう若い頃のような恋愛はできませんのであしからず。
posted by kaori at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

日本文化を発信しよう!

私は20代前半頃まで、欧米至上主義者でした。
「日本の文化はかっこ悪い!ヨーロッパとかアメリカの文化はかっこいい!」
みたいに思っていました。(だからヨーロッパの踊りに魅せられたのかしら・・・)

でも、社会人になってからいろんなところへ海外旅行をしているうちに、
『やっぱり日本っていい国だな〜』って思うようになってきました。

国民の人柄も笑顔が多くて穏やかだし、気候も四季がはっきりしていて景色もきれいだし、
魚や野菜やお米等のご飯もおいしくて健康的だし、お菓子も和洋とも甘さがちょうど良くて、
食文化は本当にレベル高いと思う。そして何より、平和なのが一番いいね。

昨年の9月、上海に出かけた時に思ったのは、外国人観光者が多かったこと。
でも、日本もこんなにいい国なのに、中国よりも外国人観光者が少ないことに
私はなんとなく疑問を感じていました。

『もしかしたら、日本の良いところがあまり外国人に伝わっていないのではないか・・・?』
『オタク文化以外にも、もっと自信を持って海外に紹介できるものが日本にはあるのに・・・。』
『じゃあ、どうしたら、日本のいいところを海外に発信できるかな?』
そんなことを上海旅行の後、ずっと考えていました。

そんな疑問をずっと持ち続けていた私にぴったりの、いい番組を見つけました!
NHK教育の火曜午後11:10から放送されている「トラッドジャパン」は、
日本の文化を英語で外国人に発信していこう、というコンセプトの番組です。
外国人向けに日本文化を紹介する「Begin Japanology」という番組をもとに作られています。

09465042009.jpg tv_trad.jpg

毎回一つのテーマが決まっていて、例えば、「すし」「友禅」「東京タワー」
「弁当」「畳」「抹茶」など、日本の文化が5分のビデオクリップに収まっています。
ちなみに英語は私が苦手とするイギリス英語です。

テキストも普通のNHKテキストではなく、ペーパーバックと同じ大きさに作られており
装丁もすっきりとしています。表紙の後にある写真もとてもきれいです。
内容は英語学習に関することだけでなく、日本文化の豆知識も盛りだくさんです。

200904261355001.jpg
表紙の次にある写真。さすがNHK、写真も映像も美しいです。

私自身、日本人なのに知らないことも多く、英語学習と合わせて
日本文化を改めて学ぶことができる、とてもよい番組だと思っています。

■トラッドジャパン
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/trad/
posted by kaori at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

雨の一日

私は出かける時に大抵晴れている「晴れ女」なんですが、
今日は残念ながら雨の一日でした。

でも、雨には、晴れにはない長所があります。
いつもは人がわんさかいる場所でも、人が少ない!
歩行者天国の広い通りを堂々と歩くのは気持ちがいいものです。
それに、グレーの空に並木の緑が青々と映えて綺麗です。

また神楽坂の話だけど、私は雨の神楽坂が大好き。
しっとりと濡れた石畳が光って、街により一層大人の雰囲気が出ます。
雨に散歩をするのも、いつもとはまた違った気分になっていいかも。

参考日記:雨の神楽坂(2007年5月31日)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=451303369&owner_id=2142052
posted by kaori at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

カトリーヌ

先週の土曜日、2回目のフラワーアレンジメント教室からの帰り道。
時刻は確か13時半頃だったと思う。
お腹がすいてきた。「神楽小路」で適当に何か食べよう。

あ、「き(七が3つの漢字)作亭」だ。懐かしい!
スパイシーなカレーがわずか500円で食べれて、味もおいしいんだけど、最近食べてないなぁ。
久しぶりに入ってみようっと。

ドアを開けると・・・。

「イラッシャイませ〜・・・(ちょっと高めの声)」

と小太りの白人女性が現れた。

あれ???ここって確かおじさんみたいな人がマスターだったはずなんだけど・・・。
いつから白人女性の店員さんになったんだろう???

店員さん(以下「店」)「なニにナサいますカ〜・・・?」

kaori(以下「k」)「今日の日替わりって何ですか?」

店「えート、キョウの日替わリは、ブタの○×△(なんて言ってたか忘れたw)デス〜」

k「辛さはどれくらい?」(注)このお店は辛さが★3つまでで示されている

店「2コくらい」

k「それじゃあ、キサクカリーにトッピングで温泉卵つけてください」

店「カシコマリましタ〜」

お店には私以外に男子学生っぽい人が一人。
なんだか、不思議な雰囲気・・・。
それにしても、この店員さん、一体誰なんだろう???
あのマスターはどこへ行ってしまったんだろう???
もしかしたら、マスターはこの不景気でお店を譲り渡したのだろうか?
そして、この白人女性がお店を買い取ってしまったのだろうか?
いつもの私のクセで、いろいろと妄想が広がってしまう。。。

でも、出てきたカレーは以前と変わらずスパイシーなカレーだった。
お店を出る時、私は大きなお花を抱えていたのですが、
白人女性の店員さんはお店のドアを開けてくれて、大荷物の私を送ってくれました。
「アリガトうゴザいマシタ〜」

実家に帰ると、私はこの白人女性について、家族に話しました。

「ちょっと太った白人女性だったんだけど、あの店員さん、何人かな?
どうもイントネーションが英語っぽくないんだよね・・・」

すると父が、

「それはロシア人だ!!!意外とロシア人は日本に来て飲み屋の仕事をしている人が
多いんだよ。ちょっと歳を取ると飲み屋では働けないから、きっとカレー屋で雇っているんだ。」

それを聞いた私はすぐに真に受けてしまい、

「そっか〜、そういえばロシア人って太った中年女性が多いよね!
言われてみるとイントネーションもロシア語っぽく思えてきた!」

と、我が家では「きさく亭」の女性店員を勝手に「ロシア人」と決め付けてしまったw

そして今日。私は仕事帰りに駅ビルの本屋に立ち寄った。
何気なく入口近くに積んであった、ドラ・トーザンさんの神楽坂の本を手に取った。
その本をパラパラとめくってみると・・・あーーーーー!!!!きさく亭が載ってる!!!
しかもあの白人女性まで!あっ!!隣にいるのはマスターだ!!

実はそのお二人・・・。夫婦だったのです!!!
旦那さんの健作さんは沖縄県、奥さんはロシア・・・ではなく、フランスの出身という
国際結婚カップルだったのです。

白人女性のお名前はカトリーヌさん。
勝手にロシア人にしてしまって、ごめんなさい。
さすが東京のプチ・パリと呼ばれる神楽坂のお店だけあって、フランス人だったのですね。
あー、確かにあのイントネーション、今度はフランス語のような気がしてきた(笑)
フランス人と事前にわかっていれば、ドアを開けて送ってくれたときに
「Merci.」と言えたのになぁ。。。

この前親切にドアを開けてくれたカトリーヌさんに会いに、今度はいつ「きさく亭」に行こうかな?
posted by kaori at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

バーリュー

最近B○○K ○FF(ぽこりんの日記のコメントから拝借しましたw)で買った
600円の新古本の快眠術の本がきっかけで、同じ著者の人生戦略の本を
amaz○nのマーケットプレイスで88円で購入しました。

これは人生でやることを見失っていた私には参考になる良い本でした。
よくありがちな人生哲学本には、「他人は変えられないから、自分を変えよう!」っていうことが
書かれているんですけれど、この本には「自分を変えなくてもいい。自分という人間を
自分に適したフレームにおこう」と書かれていました。

ただ、このフレームを見つけるには、まず自分を知らないといけない。
この本では、「自分の人生で何をやりたいのか?」というゴール、
「何に感動するのか?」という自分を理解するための問い、
「何を人生で大切に思っているのか?」という人生の価値観であるバーリュー、
バーリューを元に新しい自分のフレームを作る、リフレーミング、
人生における使命であるミッション、自分の使える資源であるリソース、
人生戦略となるストラテジーなど、人生を考える上でのいろんな概念が紹介されています。

私がこの本を読んで特に共感できたことが一つありました。
それは、「人には2つのタイプがある。一つは、人生を旅に例えると、目的地は関係なく、
その時の風景や仲間との時間、旅行そのものを楽しむ旅人タイプ。
もう一つは、どこに行くかをはっきりさせたい目的地重視タイプ。」という内容でした。

私は断然、後者の「目的地重視タイプ」です。
もちろん、旅行に行くまでの時間も好きだけどね。
学生の時は、仲間との旅行も好きだったけど、一人で時刻表を見ながらパズルのように
電車の時間を合わせて、きっちり計画して旅行をするのも好きでした。
人生においても同じく。目的がはっきりしていないと意欲が出ません。
ちょっと前までは、いつも目的を定めて突き進んできたけれど、ここ数年は全くない。

そこで、今日は晩御飯の時間をずらしてでも、人生のバーリュー(価値観)を探しだそう!と
思って、ミスドで100円ドーナツを買ってきて、自宅に帰るとすぐに
コーヒー片手に、ポンデを食べつつ、メモ帳のA5ノートに書き出しながら
2時間ほど考えていました。(なんという変わった独身女性のアフター5の過ごし方w)

コーヒーが飲み終わる頃には、私は自分の価値観がはっきりとわかりました!
いや、実はもう随分前から私は知らず知らずのうちにバーリューを持っていたんです。

それは、「今しかできない経験を通じて、自分を高めること」。
私の価値観は、これに尽きます。これで私の行動のほとんどに理由がつきます。

フラワーアレンジメントを始めたのも、雪国ボランティアに行ったのも
エコツアーに申し込んだのも、本を読むのも、友達や恋人と付き合う理由も多分これです。
あと、働くことの最大の理由もこれです。経済的な理由はその次です。

ここには恥ずかしくてとても書けませんが、人生のミッション(使命)もはっきりと決めました。
別に決めなくても人生楽しく生きていけますが、私は「目的地重視タイプ」だから、
この機会に決めました!

今日2時間考えてみて、やっぱり良かったです。
ここで考えておかないと、きっとすぐに行動できない私のことだから、
だらだらとした日常生活の波に飲まれて、いつまでたっても決められないだろうから・・・。
明日から人生の目標に向かってもっと前向きに行動していきます!!
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

決まったー!

先週、迷いに迷って、思い切って申し込んだ、組合のエコツアー。
今日、30名以上の申し込みの中、10名の抽選枠に見事当選いたしました!!

行き先は、『太平洋の真珠の首飾り』と呼ばれる、マーシャル諸島です。
場所はオーストラリアとハワイの中間ぐらいにあります。
こんなところです↓
http://www.majuro.jp/

出発日は、6月12日。19日までのちょうど1週間の旅行です。
日本からの直行便はないので、夜の便でグアムまで行き、空港で仮眠をとった後、
朝の便でマーシャル諸島に向かうようです。

一応、今回はツアーだから同じ組合の人はいるけど知ってる人はいないだろうし、
実質、生まれてから初めての『一人で海外』です!
なんか不安と期待が入り混じった落ち着かない気持ちです。

今回も雪国ボランティアに引き続き、抽選で1/3の確立に引っかかりました!
なぜかわからないけど、私は昔から結構運が良いです。
ジャンケンは弱いけど、人生の局面では比較的幸運に恵まれています。

小さい頃の夢だった煙突付きの家にも住めたし、
大学受験で模試でD判定しか出ていなかった学校にも合格したし(短大だったけど)、
大学時代、両親と出かける朝、朝眠くて気分が乗らないという理由で行くのをやめたら、
その車が事故ったときもあったし、
編入試験の時は、事前に予想していた問題が2問とも的中して合格したし、
親会社への出向の時は、40人の応募の中、2人の枠に採用されたし、
雪国ボランティアの時は、同じ会社の応募者3名の中から選ばれた!
あと、旅行に出かける時は、ほとんど天気は晴れ!!

運が良い時のパターンとして、大抵試験など事が終わった後に、くよくよと後悔せず、
「もう終わったことだし、あとは野となれ山となれ!」と一切そのことを考えないことが多いです。
「あーどうしよう。もうだめだ・・・」と思って後悔している時は、大抵落選したり不合格ですw

南の島への旅行はハワイ以来、10年ぶり。
今回は、私がとても気になっているエコをテーマにした旅行。
マーシャル諸島の環境問題をこの目でしっかりと見て、
地球規模で環境について深く考える機会にしたいです。
それから、きれいな景色と海を楽しんでこようと思います♪
posted by kaori at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

最近考えてること

父が3月に退職してから、実家に帰ると、家に父がいることが多い。
昨日も過去に勉強していた英会話のテキストを全部捨てる、と言っていた。
それを聞いて、「あー本当に仕事を辞めてしまったんだな」と実感した。
もう父の七三分けも、ストライプのネクタイを見ることもなくなってしまったのだな、と。

私は今一人暮らしをしているけど、そのうち実家に帰ろうと思っていた。
でも、父が退職した今、実家には戻りづらいな、と感じている。
母はずっと専業主婦だし、父はこの退職で年金生活に入ってしまったわけだから、
経済的に甘えることはできない。(それに弟の世話もしているし・・・)

実はちょっと前までは、近いうちに仕事を辞めてもいいと考えていた。
仕事を辞めて、実家に帰って、1年くらい本当に自分が何がしたいのかを
じっくりと考えようと思っていた。
ところが、3月の父の突然の解雇で、それも難しくなった。

私は一見、しっかりしていて独立しているように見えるかもしれないけれど、
精神的にはとても他人依存傾向が強い人間だ。
他人依存傾向が強いために、家族など親しい人たちを頼って甘えてしまう。
でも、もう若くはないのだから、家族からも精神的に独立して、
自分の力で生きていくことを具体的に考えていかないと・・・と思っている。

18歳頃から、自分はこういう風に生きたい、とある程度人生計画を建てていたけど、
今この歳になってみると、当時の計画からは大分変わってしまったので、
今後自分はどう生きていけばいいのかを、もう一度よく考えてみる必要がある。

1年ほど前、友達に「35になっても独身だったらマンションでも買おうかな」と話した。
そしたら、友達に「そんなことは考えなくていいよ!」と怒られてしまった。
私はただ具体的に今後のことを考えて発言しただけだったんだけど、
友達にとっては「女の独身=悪」だから、怒られたのかもしれない。
でも、よく考えてみると、それは彼女の価値観であって、私の価値観ではない。
別に私が怒られる必要性はなかったんだけどね。。
posted by kaori at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

貝あわせ最中

今日は船橋の和菓子屋、白妙の貝あわせ最中が
食べたくなったので、お店へ買いに行きました。

1142716772_6.jpg

あさり、はまぐり、さくら貝の3種類で、
味や色がそれぞれ異なります。
私が今日食べたのはあさり。
胡麻風味の最中に粒餡をはさんで食べます。
食べるのは今日で2回目だけど、
これは本当においしい!

皆さんもC葉を訪れる機会があったら、
ぜひ試してみてください。
posted by kaori at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

プードル&キャバリア

今日はフラワーアレンジメントの日。

母の日が近いということで、カーネーションプードルと
ジュートフレームでプリザーブドフラワーのアレンジ。

1141912908_129.jpg

1141912908_226.jpg

せっかくなので、実家に帰り、母にプレゼントしました。

我が家の愛犬も気になっている様子。

1141912908_22.jpg
posted by kaori at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

本日のアフター5

さすがに週末旅行に出かけて休みなしで残業ばかりの毎日を送っていると、
週末のこの時間は眠い。。。

今日は簡潔にまとめます。

5時半。定時で仕事をあがる。6時まで休憩室で携帯などを見て時間つぶす。
7時から雪国ボランティアの飲み会があったから
6時半までゲーセンで時間をつぶす。
お財布の中の小銭が尽きるまで挑戦したが、見事全敗。
これがほしかったのにー↓
p9-225.jpg
http://item.rakuten.co.jp/et-cn/p9-225/
デビガチャピン&デビムック テレビ椅子〜かぶりもの編〜

あああーーーーーーーーこれほしいほしい!!!この不気味さがいい!!
できればムックのかぶりものしてるガチャピンがほしい。
誰かプレゼントしてください。TV椅子に使います。

その後、気分転換にポップンミュージック初心者編をやる。
キャンディキャンディ→ガンダム→ルパンV世
な、、、なんという古さ。歳がばれてしまいそうです。

その後赤坂へ行き、飲み会参加。私がかつてよくランチに行っていた「黒座」の向かい。
赤カレー鍋と白ちゃんこ鍋を食べる。おいしかった!
紅白でめでたい!しょうごさんと「魂」や「宿命」について熱く語る。
「魂が浄化されている」と言っていただいて、うれしかったです。

最後に記念撮影。若々しくダブルピースなどをしてみた。
お店を出たところで、しょうごさんに「kaoriさんの全てを知っている!」と言われた。
そして、みんなでしょうごさんをハサミで切り取って、消しゴムで消した(笑)。

雪国ボランティアの人たちは、みんな笑顔でいい人ばかりです。
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

さわやか3組

今日仕事をしていると、職場の男性がぼそっと
「『さわやか3組』の歌が頭の中でぐるぐる回っている」と呟きました。

しかし、私は「さわやか3組」はそんなに見たことがないのです。
主題歌もよくわからないなぁ〜。
うちの弟はよく歌っていたので、私より下の世代かな。

その前に放送されていた「みんななかよし」の時はよく見ていました。
こちらの歌はわかります。
「口笛ふーいーてー空き地へいったー」って言う歌です。
特に幼稚園の頃、熱を出して休んだ時に見ていた記憶があるなぁ〜。
あとは学校の道徳の時間とかね。

道徳はやっぱりやっておいた方がいいです。
私は断然、道徳賛成派です。いい話って感動するし。
小学生の頃は道徳の教科書が結構好きで、授業で音読するのが
ペースが遅くて嫌だったので、先生に当てられそうにない時は
授業より先にいろんな話を黙読していました。

上記とは関係ないけど、過去に見た泣けるフラッシュをまとめていたら、
下のフラッシュを見てまた泣いてしまった。これは本当に泣けます!
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6133

私は普段から滅多に泣かないのですが、他に泣いたのは
ドラえもんの「ドロン葉」です。今は動画消されていて見れません。
posted by kaori at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | なつかし話。昔話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

交通事故と血液型

日本には血液型占いを信じている人は多いですが、
あれはあまり信憑性のないものだそうです。
私は飲み会などで、周りと話を合わせるために、
血液型による性格診断の話に付き合うことがありますが、実はあまり信じていません。
(だってO型の私はよくA型に間違われるし・・・)

でも、交通事故と血液型には相関があるそうです。
この前伊豆へ旅行に言った時に、参加者の人たちから話を聞きました。
きちんとした調査結果も根拠として残っているとのこと。
生物学の先生も話していたそうです。

その話によると、最も交通事故を起こしやすいのはO型だそうです。
特に、人身事故を起こしやすいらしいのです。

あ、、、そういえば、私の家族は全員O型なのですが、
私以外の家族はみんな事故を起こしています。
しかも、3人とも車を廃車にするほどの事故でした。
人身事故ではなく、車同士の衝突事故でしたが・・・。
廃車にしているのに、みんな生還しているから、かなりの強運ぞろいだと思うw

とても気になったので、帰宅してからネットで調べてみたらこんなページが出てきました。
http://www.human-abo.org/databank/traffic.html

やっぱりこのAIUの調査結果を見ても、旅行で聞いた話と全く同じだ!!!
なぜO型は人身事故を起こしやすいんだろう・・・。

そして、なぜO型の私は事故を起こしていないのか?
・・・それはただ単に車を運転していないからです(笑)
posted by kaori at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

一年目の手紙

今日で付き合ってからちょうど1年。って、かおりのことだから言われなくても分かっているとは思うけど。
節目なので総括の意味も込めて、珍しく手紙を書きます(笑)。

さて、何から書こうかな。
あー、これ結構言いにくいんだけどさ、かおりのブラひもってねじれてないことがないよな…(苦笑)。
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないか。この話はナシ(笑)。

最近わりと不穏な空気になるよね、うちら。この前も、おれがかおりと会う約束をキャンセルして、他の飲み会に行ったことでものすごく怒ってたね。「好きじゃないならさっさとふって」とまで言われたし…。
なんていうか、かおりって思い詰めすぎだよ。不安なのかもしれないけど、むしろ不安になってるかおりからおれは逃げたくなるんだよなぁ。

正直言えば、ここのところ、おれは疲れていると思う。おれなりに一生懸命付き合っているつもりなんだけど、あまり信頼されていないし、かおりの笑顔も最近は見てないし、窮屈な気分だよ。感謝もされないし、文句ばかり言われているようなイメージ…。
かおりはかおりで、自信がないんだと思うんだよね。昔からそうだったし。でもおれは、そうやってかおりの弱さの問題をおれにぶつけてくるのが不満。おれはかおりのそばにいないよりいるほうがいいはずなのに、なんでこんなに文句言われるんだろうって思うよ。

てか、記念日のわりに内容がひどいな…。話題が暗すぎる…。
よし、良い方向に話を変えよう。

なんだかんだ言って、おれはかおりには感謝してるんだ。
おれにとってかおりのイメージは、洗いたてで乾燥機から出したばかりのタオルみたいなんだよね(笑)。ふわっふわっとしているところとか、いいニオイがするところとか。あらためて振り返ってみれば、この一年間はタオルに包まれているみたいに居心地がよかったと思う。

かおりが言ってくれた「時間は止められないけど、私たちは変わらない絆を作ろう」っていうセリフをおれは今でも大切にしているから、これからも手探りながらに少しずつ信じるものを増やしていけたらと思うよ。かおりもあのときの気持ちのままでいるだろうか。そうだったらいいけど。

これからもたくさんすれ違いとかあると思うけど、二人なりに、支え合いながら進んでいこう。あ、それと、10万ぐらいで買わされた壺をおれに転売しようとしないでくれ(苦笑)。

では、これからも末永くよろしく。かおりがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.デート中に、道端の食べられそうな植物を探すのはやめてくれ。
--------------------------------------------------------------

ちょっとした恋愛診断ですが、結構あたってますね。
みなさんもよろしかったらこちらから、ぜひどうぞ。
http://tegami.hanihoh.com/

私の結果↓
http://tegami.hanihoh.com/r/?k=09041311449e344fe1776c

#食べられそうな植物って・・・つくしとか?よもぎとか?そんなの探したことないよ。
それにこんなネガティブな人とは付き合いたくない!
でも、この手紙で書いてることと同じことを感じていた過去の彼はいたと思いますw
posted by kaori at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

オットセイ現象

たまたまNHK見てたら「コンカツリカツ」っていうドラマがやっていたので
ぼーっと見ていたら「オットセイ現象」という用語解説が出てきて思わず笑ってしまった。

この「オットセイ現象」とはどういう意味かというと、
「もてる一人の男の周りにたくさんの女が群がる
オットセイのようなハーレム状態を表す現象」らしい。

ドラマの中では、「お見合い足湯」のパーティーで、一人の持てる男性に
女性がわらわらと集まっている様子で描かれていました。

あーでもこれ、現実にもあるある・・・って思いました。
会社の飲み会とかでも、かっこいい男性の周りに女性が集まるって言うのはよくあります。

オットセイは一夫多妻だから、ハーレムでいいんだけど、
日本では法律で決められている以上、そうはいかないからね〜。

でも、実際のところは、やはり人間もオットセイな気がする(^^;
posted by kaori at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

【リベンジ】いちごジャム

今朝は早起きして(と言っても7時)、
2年越しのリベンジ、いちごジャムを作りましたよ!
なんでリベンジなの?と疑問を感じた方は、
2007年3月1日の日記をご覧ください。

1133268073_231.jpg
砂糖をまぶして一晩置いた後のいちご。

1133268073_143.jpg
ル・クルーゼで煮ている途中。

前回は残念ながら失敗、私はとても悔しい思いをしました。
昨年は気力低下していたため、ジャムなど作る余裕がなく
ようやく今年は作ることができましたー\(^O^)/

そして出来上がりは見事成功!(^^)v
2年前のようにどす黒いジャムではなく、
きれいな赤い色に仕上がりましたよ〜♪

食べかけで見苦しいのですが、雑穀入り天然酵母パンにつけた写真を載せました。
味見をしてみたら、程よい酸味といちごの果肉がおいしい!!

1133268073_234.jpg

前日に砂糖とレモン果汁をまぶして一晩置いておき、
当日に煮るだけという簡単な作り方なので、
ぜひ皆さんもこのいちごが安い時期に試してみてね!
小粒のいちごがオススメです。
posted by kaori at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

泣ける漫画

最近、漫画を読んでないです。
私は漫画を読み始めると、第一巻から最終巻まで一気に夜通し読んでしまうという
体に悪い習癖があるので、体調を万全にしてから読むようにしています。

どうせ体に負担をかけて読むなら、それ相応に感動できる漫画を読みたいものです。
漫画を読んで泣いたことって多分今までに一度もないと思うんだけど、
『Q:あなたがこれまでに読んだ漫画本(コミック)の中で、「泣ける漫画」は何ですか。』
というアンケート調査があったので、興味深く見てみました。

全体 N=6399
順位   票
1 ONE PIECE(尾田栄一郎) 350
2 SLAM DUNK(井上雄彦) 185
3 タッチ(あだち充) 181
4 あしたのジョー(高森朝雄、ちばてつや) 139
5 ベルサイユのばら(池田理代子) 138
6 キャンディ・キャンディ(いがらしゆみこ、水木杏子) 131
7 はだしのゲン(中沢啓治) 109
8 エースをねらえ!(山本鈴美香) 107
9 生徒諸君!(庄司陽子) 105
10 ドラえもん(藤子・F・不二雄) 95
11 天使なんかじゃない(矢沢あい) 92
11 NANA(矢沢あい) 92
13 北斗の拳(武論尊、原哲夫) 85
14 赤ちゃんと僕(羅川真里茂) 84
15 巨人の星(梶原一騎、川崎のぼる) 74

これは意外な結果・・・。ONE PIECEって泣ける漫画だったの???読んだことないけど。
この中で読んだことがあるのは、SLAM DUNK、タッチ、ベルサイユのばら、ドラえもんだけだよ。
SLAM DUNKは最終巻まで読んでないし。ドラえもんも然り。
タッチは泣くほどまでいかないけど、感動するね。ワイド版で全巻持ってます。
あと、ベルサイユのばらもすごく好き。世界史の勉強にもなりますよね。
ドラえもんも泣ける話があるよね。おばあちゃんの思い出とかね。

でも、私がまだ読んでいない漫画の中で、どーーーーしても!!読みたい漫画があります。
それは、「キャンディ・キャンディ」です!!!
高校のとき、よくみんながまわし読みしてました。私もあの時借りておくんだった!
今、単行本は絶版になっているようだし、一体どこで読めるのでしょうか?
文庫版で売ってないかな?

「はだしのゲン」も読みたいけど、トラウマになると弟から聞いたので、読まないと思います。
ちょっと前に、描写がそれほど激しくないといわれているアニメ版を見たんだけど、
それでもダメでした。。。

このランキング見てると、大分年代に差がある感じですね〜。
私の世代のランキングもありましたので、載せておきます。

30代男性 N=924
順位   票
1 ONE PIECE(尾田栄一郎) 55
2 SLAM DUNK(井上雄彦) 40
3 タッチ(あだち充) 37
4 北斗の拳(武論尊、原哲夫) 35
5 あしたのジョー(高森朝雄、ちばてつや) 25
5 ドラえもん(藤子・F・不二雄) 25
7 はだしのゲン(中沢啓治) 21
8 がんばれ元気(小山ゆう) 14
8 めぞん一刻(高橋留美子) 14
10 寄生獣(岩明均) 13

30代女性 N=1378
順位   票
1 ONE PIECE(尾田栄一郎) 101
2 キャンディ・キャンディ(いがらしゆみこ、水木杏子) 61
3 生徒諸君!(庄司陽子) 54
4 ベルサイユのばら(池田理代子) 45
5 タッチ(あだち充) 44
6 ホットロード(紡木たく) 35
7 赤ちゃんと僕(羅川真里茂) 34
8 BASARA(田村由美) 31
9 エースをねらえ!(山本鈴美香) 29
9 花より男子(神尾葉子) 29
9 はだしのゲン(中沢啓治) 29

私と同世代の方、どうですか、これ・・・。時代を感じますよね。
特にホットロードあたり。私は読んだことないけど、好きな子多かったです。
あーーー、「めぞん一刻」が入っているのは同感です。これは泣けます。

こう見ると、知ってるけど読んでない漫画って結構あるなぁ〜。
これだけは泣けるから読んでみて!っていう漫画があったら、ぜひ教えてください!

■Q:あなたがこれまでに読んだ漫画本(コミック)の中で、「泣ける漫画」は何ですか。(自由回答)(ネットリサーチ ディムスドライブ)
http://www.dims.ne.jp/rankingresearch/101_150/138/001.html
posted by kaori at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

ブログの改善点

実は私、ちょっと前からこのブログ全体の記事を分析しています。

自分がどんなことに関心があるのか?
どんなことを書いているのか?プラスの話題?マイナスの話題?
よく使う言葉は?1か月を通したバイオリズムは?

そんなことをあるサイトのサービスを使って分析しています。
おそらくテキストマイニングによる評判分析システムを使っているのだと思われます。

その分析の結果、私の日記は・・・

感情の状態:

「おいしい!と感じていること」32%・・・おいしい、食べる、料理、チョコ、ランチ

「清い感じ」・・・7%賽銭、神社、不景気だ、縁、お寺

「落ち込んでる感」・・・7%落ち込む、景気、悪化、励ます、気分

「カワイイー!」・・・7%与六、かわいい、子役、猫、(*´д`*)

「その他」・・・47%


話題の属性:

「食べ物」12%・・・ワイン、焼き魚、和食、中華、酒

「経済」・・・7%経済、景気、危機、不景気だ、悪化

「学び」・・・6%卒業、給食、受験、式、中学校

「ボランティア」・・・6%ボランティア、寄付、活動、会、雪

「その他」・・・69%

・・・となりました。

なんか食べ物とかおいしいとか、そんなのばっか!!!
もう食いしん坊丸出し日記、ということがよくわかりました。

そこで、もう少し話題を変えようと思っています。
でも、どうしても皆さんに見せる日記は内容を考えてしまうんですよね〜。

この日記を見てくれている人は実際には普段会うことがほとんどない
学生時代の友人や先輩や後輩、元同じ職場の仲間など、私の大切な人たちばかりなので、
必要以上に心配をかけてしまう内容やあまり差し障りのない、影響度の少ない内容、となると
食べ物とか、料理とかそんな内容に偏ってしまうようです。

さてと、明日からどういう内容にするかな・・・。
食べ物以外にもアンテナを張って、何か面白いことを探してこよう!
posted by kaori at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当の自分

昨日の日記のコメントを書いているうちに、「本当の自分」がわからなくなってきました。
「あ、そういえば、先日見つけたサイトにこんなのがあったな〜」と思い出しました。

それは、「本当の自分」を見つけるエクササイズ。
Existential Therapy(実存主義療法)というカウンセリングの療法を用いたものだそうです。

さて、そのエクササイズとは以下のような質問に答えることです。
かなり抽象的な質問なので、じっくり考えてみてください。

---------------------------------------------------------------------------
1. あなたの生きている意味はなんでしょう? なぜそう言えますか?

2. あなたの人生が74年で終わるとします。今現在のあなたの年齢から計算すると、
 人生の何パーセントを生きたことになりますか?

3. 今までの人生で、本当に意味のあることを成し遂げたことがありますか?

4. あなたが今日死んだとして、お葬式であなたの周りの人は、
 あなたについてどんなことを話してくれると思いますか?

5. 将来へのプランはありますか?

6. 5番で答えたあなたのプランは意味があると思いますか? それはなぜですか?
---------------------------------------------------------------------------

私も考えてみましたが、1番と3番はすぐには答えられませんでした。
今も考えていますが、よくわかりません。

私が生きている意味って何だろう?????????????
意味のあることを成し遂げた?????????
それって何を基準として???

みなさんも自分を見失ったら、時間のある時に
ぜひこのエクササイズをどうぞ〜。

「本当の自分」を見つけるエクササイズ(lifehacker[日本版])
http://www.lifehacker.jp/2009/04/post_684.html
posted by kaori at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

愛されトーク術

先週の土曜日の深夜に見た、NHK教育の「めざせ!会社の星」という番組で
みんなに好かれるトーク術―「愛されトーク術」が紹介されていました。
私は今一つ自分のトークに自信がないので、メモを取りながら見ました。

まず、基本は以下の2点。

#1 とにかくたくさん質問して相手を知る
#2 自分の素(す)を出す

この2つ目がなかなか難しいんだけどね〜。
私はよほど心を許せる人じゃないと自分の素を出さないので・・・。
職場で素を出せる人っていいよね。

あと、自己紹介などで弱い自分を先に見せておくと、
相手が話しやすくなるっていうワザも紹介されてました。

発展編としては、以下の2点。

#1 とにかくほめて、相手をいい気分にさせる
#2 話のきっかけを作る(例えばお菓子などを職場の人たちに配るとか)

私はできるだけ誰かと話すときは、その人のいいところをほめるようにしています。
相手もいい気分になるだろうし、ほとんどの人が笑ってくれるからです。
私は人の笑顔を見るのが好きなんです。
但し、自分が心から感じたことしかほめません。
そうじゃないと、全部が嘘っぽく聞こえて、信用を失ってしまいそうだから。。。

ちなみに・・・私自身もほめられるのが好きです。
それが例え嘘であっても構いません。この場合、害のない嘘ですから。
一時的にいい気分になれるのなら、嘘でも構わない、というのが私の考えです。
ですから、ほめられた時は「いえいえ!そんなことないです!」と謙遜はせずに、
嬉しい気分にさせてくれた相手への感謝の気持ちも込めて、
「そう言われるとうれしいです。ありがとう!」と言うようにしています。
でも、いつも嘘ばかりついていて、陰で真逆を言っている人は信用できないですけどね〜。

皆さんもぜひこのトーク術を活用してみてください!

1130733329_74.jpg
この写真は、昨日うちのベランダに落ちていた桜の花びらです。
白いノートの上において携帯のカメラで撮影したら、きれいなピンク色に撮れました。
posted by kaori at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

たけのこご飯

この週末は桜が満開で、あたたかくて、洗濯物も良くかわいて、本当にいい気分でした。
あたたかくなると、ワクワクした気持ちになるのはなぜでしょうか?

昨晩は予定していた通り、「たけのこご飯」を作りました。
確か昨年作った時は、味付けが薄くて、イマイチな味でガッカリしたんですけれど、
今年は具を事前に煮たので、しっかりとした味付けになって大成功!

具はたけのこのほかに、油揚げとにんじんの千切りも入れてみました。
しめじを入れたらもっとおいしかっただろうな、と後から思いました。

200904042108000.jpg

その他に作ったのは、豚肉と小松菜の七味炒め(勝手に命名)、かぶとかぶの葉のお味噌汁、
かぶの皮のピクルス(皮を厚めに切ったものを酢に漬けて塩を振っただけ)、
納豆(これは作ったとは言わないか・・・)です。
野菜がいっぱいの健康的な食事になりました。

ちなみに・・・今晩もまったく同じメニューですw
posted by kaori at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

「お花」日和

今日はミサイルが飛んでくるかと思ったけど、何も来なくてよかったよかった!
外は暖かくて、桜も満開で、いい一日でしたね〜!!

私は今日からフラワーアレンジメントのレッスンに行くことにしました。
月2回、土曜日の3時間ほどのレッスンです。

初の作品(体験レッスンを含めると2作目)は、バーティカル型です。
縦にまっすぐ伸びる形で、垂直、直上のデザインです。
こんな感じに完成しました↓

30315611_1301934534.jpg

私は与えられたお花をいっぱい使うタイプのようです。
お花の組み合わせを考える時、いつも料理を作る時にあれこれ食材の組み合わせを
考えるのとちょっと似ているかもしれないな〜、と思いました。

帰りは、お堀の方へ寄って、桜を見ました。
今日は満開!!!とってもきれいでした〜!!!
千鳥が淵ほどの豪華さはないけど、外堀の桜もきれいですよ。↓

8191267_3108843814.jpg
posted by kaori at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

たけのこ

昨晩、たけのこゆでてみた。昨年の春に続いて2回目。
小さい静岡産のたけのこ298円を激安スーパーで買ったのです。

1127642232_105.jpg

たけのこは穂先を斜めに切ったら、縦に真ん中あたりまで切れ目を入れて
大きな鍋にまるごと水からゆでます。
スーパーでもらってきた、おがくず・・・じゃなかった、ぬかをどさどさーっと入れて
1時間ほどゆでました。(いつも「ぬか」のことを「おがくず」と呼んでしまう変なクセがあります)

1127642232_137.jpg

ゆでた後はそのまま朝まで放置。そうすると味がまろやかになるそうです。
朝、ぬかだらけの鍋からたけのこを取り出し、水をはったボールに入れ替えて
冷蔵庫へ入れておきました。(今日は昼間暖かくなりそうだったから)

そして、今晩はたけのこ半分を使って、若竹煮にしてみました。
わかめとたけのこの煮物です。しょうゆとお酒であっさりと味付け。
たけのこのお刺身も作ってみたら、これもさっぱりしておいしかったです。

1127642232_153.jpg

明日は残りのたけのこで、たけのこご飯を作るぞー!!!
posted by kaori at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

失恋直後にご飯は食べられる?

今日はなぜか長い打ち合わせの休憩中に失恋の話になって、
「失恋後、ご飯が食べられなくなるかどうか?」という話題になりました。
うわー、なんか女子短大時代の会話っぽいなぁ・・・懐かしいわ。

私の他にAさん、Bさんという年下の女性2人と数分話していたのですが、
2人とも、「失恋後であっても、ご飯は普通に食べれる。」とのこと。
むしろ、Bさんにいたっては、「すっきりした!!!」という気分になるらしい。

それを聞いて、「へぇ〜、うらやましい。」と思いました。
私も相手によりますが、「すっきりした!」と思ったのは過去2回のみです。
その他は「すっきり!爽快!!」という気分にはなりませんでした。

一番ひどかったときは(既にご存知の方もいるかもしれませんが)、
数日ご飯が喉を通らず、寝られず、廃人のようになっていました。
それを話したら、2人の女性から「なんで?」と聞かれました。

私は、「胸がつまる感じがして、ご飯が食べられないんだよ」と答えました。
なぜ胸がつまる感じがしたか?というと、私は悲しくても大声で泣くことが
できなかったからなのです。人間、ショックすぎることがあると涙が出なくなるのですね。

涙を流して泣くことで、胸のつかえがなくなります。カタルシス効果です。
だから、失恋直後は泣いて泣いてめちゃめちゃ泣くのが一番いいと思います。
そうすれば、心への負担も、体への負担も軽くなるのです。
by 産業カウンセラー kaori
posted by kaori at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

おちゃらけな自分

今日はエイプリルフール。
振り返ってみると、昨年も一昨年も3年前も、私はふざけた嘘をついていましたね(笑)

2008年4月1日
http://caorine.seesaa.net/article/94070229.html

2007年4月1日
http://caorine.seesaa.net/article/48255898.html

2006年4月1日
http://caorine.seesaa.net/article/48255481.html

でも、今年はもう嘘はつきません。
過去3年連続で皆さんをだまし続けた反省として、
「おちゃらけな自分」を分析してみようと思います。

私はとても真面目でふざけることがない、と思っている方は多いと思います。
しかし、子供の頃から20代前半頃までは、ふざけたり、いたずらが好きな人間でした。

小学生の時は、家に帰るとそーっと玄関のドアを開けて家にいる母を驚かせたり、
水泳帽にサングラスをかけて、父のネクタイを締め、バスタオルをマント代わりにして
奇抜な変装をしてみたり、先生のモノマネをしてみんなを笑わせたり。。。

但し、私は子供の頃からとってもプライドが高いので、
こんなことをするのは、家族やかなり親しい友人など、気を許した人たちの前だけです。
もし、ふざけた私を知っている人は、私との仲のよさが「レベル5」ですね!(笑)

なぜこんなことを思ったのかというと、今日、職場で隣の席にいる女性が、
おもしろいしぐさ(一発ギャグ?)をしていたからです。
私はすっかりそれが気に入ってしまい、職場では珍しくそのしぐさをまねてみました。
(どんなしぐさだったのかというと、ダブルピースを目の高さでして、
「いぇいいぇい」と言いながら、ピースの指を折り曲げて、目をいやらしそうに右斜め上に寄せる)

すると、彼女から「まだ目の表情がついていません!」と指摘が。
言われたとおり目の表情もつけてふざけてみると・・・。
なんだか気の詰まっていた心がすーっと開放されたのです。。。

そっか〜、実は私ずっとふざけたかったのかもしれない、とその時思いました。
そういえばこんなに自分を捨てておちゃらけたのは随分久しぶりのことでした。

これからも、時々こうしてふざけてみることで、自分を解放してあげなくちゃね。
posted by kaori at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする