2017年09月08日

イヤリング

今年のGW後、肩まであった髪をばっさり!切りました。
トップを重めにして耳から首まわりを短くしたヘアスタイル。
周りからも似合ってるよ!前よりいい!と好評。私もなかなか気に入っています。

髪を切ってから『耳を出しているからイヤリングをしたら素敵かな』
と思っていました。
私はピアスの穴を空けていないので、イヤリングしかできません。。

でも、最近はお洒落なものも多くなったと聞いていますし、
NHKの有働アナウンサーもいつも素敵なイヤリングをしていますよね。

そこで、ネットでいろいろ調べてみたところ、
デザインがシンプルでかつ外れにくく、それでいて痛くないという
「ete」というブランドを見つけたのです。

■ete ONLINE STORE
http://www.eteweb-shop.com/


世代的には私より若い人たちがターゲットのお店かもしれませんが、
7月頃に勇気を出して(?)有楽町のルミネにあるお店へ行ってみました。

私は純度の高い金属しか体が受け付けないという高級な体質
(つまり金属アレルギー)なので、お店の人に18Kのイヤリングを
何点か試着させてもらい、シンプルかつシャープなデザインの
ピンクゴールドのライン型イヤリングを購入。

あら、すてき・・・。全然痛くないし、外れにくい。
これなら仕事中でも使えそうです。
鏡の中の私は、なんだかちょっとオサレな女性管理者(じゃないけど)みたい・・・。
今でもときどき、お洒落にしたい時には耳につけて愛用しています。

女性は40歳を過ぎたら、顔周りにキラキラしたものを身につけると
素敵な雰囲気になると聞いたことがあったので、また少しずつ、
かわいいイヤリングを集めていきたいと思っています。

今度はパールのイヤリングがいいかなぁ。。。
(実は持っていたけれど壊れてしまったので)
posted by kaori at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | しあわせ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

書きたいこと山盛り

今年はいろんなことが山盛りで、たくさん書きたいことがあるんだけど、なかなか時間がなくて。。
(いや、ただ仕事で疲れてだらけてるだけ)

そういうわけで、書きたいトピックスを箇条書きにします。

○人生二度目の局所麻酔手術
○ソフィアAでPMSから解放される
○合理的かつ効率的な病院の予約システム
○ネットで海を越えた英会話レッスン
○バスって楽
○スーパーソングLOVEその2
○今更ながら世界史を学び直す
○英語が好きな理由
○ダンシングベイビー(と旦那氏の変な踊り)
○楽(らく)を買う

そんなところかな。まだある気がする。
気が向いたら書きます。
posted by kaori at 18:27| 東京 🌁| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

TOEIC終了

今回はListeningがあまりできなかった。
Readingは多少手応えあり。

とりあえず結果を待つとして、1月の本番に向けてまた勉強しよう!
posted by kaori at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

40歳

私もとうとう40になってしまった。
人生もあと半分か、と思うとなんだか感慨深い。

20代の頃に思い描いていた40歳とは、
大分かけ離れた人生になっているけれど、
まぁ、これもありかな、と思うようになった。

ただひとつ、いまこの時を大切にしよう、と改めて思った。
だから、しばらく書けていなかったこのブログを
また毎日書こうと思う。

仕事はマネージメント力をつけようとか、英語はTOEICで最高得点を取ろうとか、
家庭では貯蓄を増やそうとか、具体的な目標はあるけれど、
それらとはまた別の目標として…。

「今」このときを思い出せるように
また日々のいろんなことを毎日綴っていきたい。
  • 20161119005103263.jpg
posted by kaori at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

ユーモラス

うちの旦那様はユーモラスな人である。
家にいると歌う。踊る。ときどきにこっとする。
猫パンチ。ラスカルの鳴き真似。
夜中に孤独のグルメを見て、もだえる。
枕を折りたたんで抱えて寝る。

どこでも寝る。外でも寝る。
ひたすら寝る。
ハートのブランケットをかぶって眠る。

自分と違うものを食べていると、
「ちょっとちょうだい。」と小声で言う。

私にはないユーモラスがそこにはある。
posted by kaori at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

My The Beatles TOP25

旦那様が2日連続飲み会、しかも深夜帰宅でむかつくので
こんな時間に好きな音楽を聴きまくっている。

久しぶりにPCのiTunesを開いたら、トップ25と言う項目があったので
眺めてみると私の再生回数の上位25曲が並べられていた。

全部ビートルズの曲だったので、以下、再生順に列挙してみようと思う。
※()内はアルバム名。
意識していないけど、結局私の好きな上位25曲ってことになるのかな。

1.If I Fell(A Hard Day's Night)
2.You're Going To Lose That Girl(Help!)
3.It Won't Be Long(With The Beatles )
4.Think For Yourself(Rubber Soul)
5.Nowhere Man(Rubber Soul)
6.The Word(Rubber Soul)
7.Don't Bother Me(With The Beatles )
8.Little Child(With The Beatles )
9.Not A Second Time(With The Beatles )
10.Day Tripper(1)
11.We Can Work It Out(1)
12.Eleanor Rigby(1)
13.All I've Got To Do(With The Beatles )
14.Till There Was You(With The Beatles )
15.I Feel Fine(1)
16.I'm Happy Just To Dance With You(A Hard Day's Night)
17.Can't Buy Me Love(A Hard Day's Night)
18.The Night Before(Help!)
19.I Saw Her Standing There(Please Please Me)
20.You Won't See Me(Rubber Soul)
21.In My Life(Rubber Soul)
22.All My Loving(With The Beatles )
23.Eight Days A Week(1)
24.Paperback Writer(1)
25.Penny Lane(1)


なんか上記によると、私が好きなアルバムは「With The Beatles」
「Rubber Soul」「1」あたりの様子。
posted by kaori at 01:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

世界一のレシピ

最近ものすごくショックだったのが、体重増加。
結婚してからの一年で、3キロ近くも太ってしまった。

昨日の帰り、運動のためにひと駅前から歩きながら、
「今日の晩ご飯は何かなぁ…。旦那さんの作るご飯だから肉かなぁ。カロリー高いかな。」
…なんて考えていた。

家につくと、キッチンでガサゴソ音がした。
食卓代わりのローテーブルを見ると、
旦那さまが作ってくれたのはやっぱり肉料理だった。

でも、よく見ると厚揚げに豚バラ肉が巻いてある。
「今日はやせるレシピで作ったよ!高タンパク質の厚揚げに豚バラ肉を巻いたのと、
舞茸ともやしの炒めものだよ。」

私がずっと悩んでいた様子を見て、クックパッドのやせるレシピを選んでくれたのだった。
味はとても美味しかった。どのレシピよりもずっと。
その気持ちがうれしくて、うれしくて、胸がいっぱいになる。

そしてそこまで考えてくれたことに心から感謝をした。
旦那さま、本当にありがとう。
がんばってダイエット、成功させるね!

やせるレシピの本はこれ↓
20151217211451391.jpg
posted by kaori at 21:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

ありがとう守護霊さま

私には子供の頃からすごく不思議なことがあって、
あ、この人ちょっと苦手かも(^_^;)と思う人が自然と疎遠になったり、
この人なんか好きかも(*^_^*)と思う人と身近な関係になることがある。
それから、私をいじめたり、泣かせたり、悩ませたりしたことのある人は、
いろんな形で痛い目にあっている気がする。

別にそれを心から念じているわけではない。
なんとな〜く思っていると自然にそうなる。

子供の頃に引っ越したばかりの頃、同じクラスの女の子にいじめられたことがあった。
鉛筆を取られたり無視される程度だったけど、とても嫌な思いをした。
その後しばらくしてから、その様子を見ていた別の女の子が先生に言いつけて、
いじめた女の子は放課後に先生からこっぴどく怒られて泣いていた。
いじめはすっかりなくなって、その女の子と仲良くなった。

社会人になってからは、それが人事異動という形で顕著に現れた。
苦手な上司、同僚、取引相手など、自然と去っていく。
自分が異動になって、疎遠になることもある。
15年半の社会人生活で、数えてみたら思い出すだけでも
4人はいる。いや、もっといるだろう。

もしかしたら、いつか霊視のできる人に言われた
守護霊さまのおかげなのかもしれない。
生きていると本当にいろんな人たちに出会う。いい人ばかりとは限らない。
でも、そういう人たちに負けないで自分をしっかり持っていれば
守護霊が助けてくれるからきっと大丈夫!
などと考えていた週末でした。
posted by kaori at 20:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

カスタマイズ

昨晩、仕事で疲れて帰ってくると、休みだった旦那さまが
手料理を用意して待っていてくれた。

肉じゃが、冷奴、シーチキンご飯、麩のお味噌汁。
味もちょうどよく、肉じゃがはおかわりしてしまった。
結婚して一年を過ぎ、一人暮らしのときは料理ができなかった
旦那さまだったけど、ここまで上達して本当にすごい!

仕事でちょっと気持ちが落ち込んでいたけれど、
ご飯を食べているうちにだんだん気持ちが楽になってくる。
不思議なものだわ。(いや、私が単純なだけ?)

思い返してみれば、旦那さまと初めて会ったときは、
『この人とは何もないわ』と思っていたのにね(笑)
髪も伸ばし放題、ときどき無精髭、資料の提出が遅い!
そしてどこか頼りなげ…。

でも、人のやりたくないことを率先して手を上げたり
素直でまろやかな人当たりが気に入った。
子供や動物が好きだという優しさも気に入った。

実際、一緒に住んでみると、迷ったことはお互い相談しながらじっくり決めていけるし、
わからないことも教えるとわりと素直に取り入れてくれるので、一緒にいてとても気が楽に過ごせている。
そして私が怒っていても泣いていても優しくなだめてくれるのが一番良い点。

髪は毎月美容院で短くしてもらい、ひげは電気シェーバーを買って休みの日でもスッキリさせた。
目が見えないというので、メガネをかけさせた。
本や洋服やゲームは定位置を作って、片付けてもらった。
運動不足だったので、ジョギングを始めさせた。

多少、生活習慣や外見が乱れていても、性格が素直な男性なら
カスタマイズはできるものだなぁ、と実感した。
私が今まで付き合っていた男性は、自分の生活スタイルが確立された人が多かったけれど、
そういうことに無頓着な人ほど、妻の手ほどき次第で変わるのかもしれない。

料理や洗濯には、心からたくさん感謝。
あまり小言ばかり言わないようにして(^_^;)、
旦那さまが楽になることはなんでもしてあげたいと思う。
posted by kaori at 08:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

限りある命

こんな時間に起きてしまった。
ふと思うことでも書いてみよう。

昨晩、母と電話で話していたときに以前の住まいの近所に住んでいた方の死を知った。

その方は、母の知り合いであり、私の高校時代のピアノの先生でもあった。
それまでのクラシカルな曲ではなく、ポピュラーミュージックを初めて弾いてみて、音楽を奏でるの楽しさを教えてくれた人だった。

母より若く、おそらく50代後半だったのではないかと思う。
あまりにも急な報せに驚いた。

親戚や知人で早世された方の話を聞くたびに感じることは、命とは誰もが限りあるものである、ということだ。
当然のことだが、私たちはこの当たり前のことを忘れがちである。

人はなかなか死なないよ、という人もいるが、死ぬときは思いもよらないときに、あっという間で、
元気な私たちは意外と死と隣り合わせなのだとも思う。

だから私はこういう話を聞くといつも思う。
自分は後悔なく毎日を生きているか?と。
自分のしたいこと、大切に思うこと、それを優先にしてる?と自分に問いかける。

今の時点では、半分くらい、というところかな。
余生がどのくらいかはわからないけれど、平均年齢からすれば人生もう半分近く生きている。
そろそろ自分のやりたいように動いてみてもいいかもしれない。
posted by kaori at 05:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする